グローバル投資ファンドAntler株式会社の代表取締役を退任

  • URLをコピーしました!

世界6大陸27都市で展開するアーリーステージに特化したグローバルベンチャーキャピタル(投資ファンド)のAntler株式会社の代表取締役を本日退任させて頂きました!Antlerの特徴でもあるAntler Cohort Program第1期第2期が終了して初めてのDemo Dayを開催したので2年間走りきった成果が見えたと思います。

思い返してみると・・・2022年2月コロナ禍でしたが、Antlerに参画してロンドンでオンボーディングを行い、韓国インドネシアシンガポール本社など様々な拠点のAntler Cohort Programを勉強しながら日本にカスタマイズを行いました。

日本のAntler Cohort Programでは900人以上の起業家リクルーティング行い、私自身は400名以上の面接を行い、中から120人以上の起業家を選抜して、56のチームが組成され、最終的に6社への投資を行いました!さらにプレシリーズAラウンドにて異例の外部投資をSollective社に行いました!

Yap株式会社(第1期Antler Cohort Program、#Pharm Tech)
株式会社iiba(第1期Antler Cohort Program、#Parent Tech)
Lombard Standard株式会社(第1期Antler Cohort Program、#Prop Tech)
株式会社Kukulcan(第2期Antler Cohort Program、#Agri Tech)
UpToU株式会社(第2期Antler Cohort Program、#Healthcare Tech)
株式会社Tempo Japan(第2期Antler Cohort Program、#Market Entry)
株式会社ソレクティブ(外部投資、#HR Tech)

正直立ち上げは本当に大変でした・・・周りには絶対上手くいかないよと言われながらも・・・Antlerの知名度が日本ではない中、ファンドの資金調達、Antler Japanチームの採用、Cohort Programのリクルーティングからプログラム設計、ピーク時は平均して4-5時間ぐらいしか寝れず、会議も15-20件、とにかく毎日をこなすのに必死でした。ただし、これだけ多くの起業家と出会えて、創業前から10週間のCohort Programで各チームと100時間以上ブレストなどを行いながら会社立ち上げをご一緒できたので、努力してやりきった達成感を感じてます!

Antler株式会社(Antler Cohort Program運営会社)の代表取締役は退任しましたが、年内はAntler株式会社のExecutive Adviser・最高顧問 兼 Venture Partner、Antler Japan Fund(投資ファンド)の取締役としては継続します。今後は引き続きCohortProgram第1期と第2期や外部投資の投資先のサポートはしつつ、少し休みながら新たなチャレンジを探そうと思います!

Antler Cohort Programは創業前から人に対して投資を行う=世界で誰よりも早く投資をしているのでとてもいいプログラムだと思いますので、是非これからもAntlerの応援をお願い致します!!!

Last but not least、ファンドに出資頂いたLPの皆さま、Antlerの立ち上げから手伝って頂いたAdvisory Board Member及びAdviserの皆さま、サポート頂いたパートナーの皆さま、起業家の皆さま、Antler Global及びAntler Japanチーム、大変貴重な経験をありがとうございました!

Antlerについて
Antlerはアーリーステージに特化し起業家を支援する世界最大規模のグローバルベンチャーキャピタルです。2017年にシンガポールで設立し2018年以来、卓越したスタートアップを輩出するAntler Cohort Programを全世界27都市で展開しています。これまでに280,000人以上が応募し、8,000人以上の起業家と1,000社以上のスタートアップを支援してきました。

Antlerは創業前の”Day Zero”から人に対して投資を行う”Day Zero Investor”です。Antler Cohort Programを通して、創業前・アイディア段階の“Day Zero”から起業家を支援しています。共同創業者探し、チームビルディング、事業アイディアの精微化、2,000万円のプレシードラウンド出資、事業拡大支援、フォローオンのシリーズC出資まで一気通貫で支援を行っています。約10週間のAntler起業支援プログラム期間中、Antler投資チームのオフィス滞在時間は約400時間、そして起業家候補の方々と接する時間は100時間以上です。 プレシードラウンドにおける投資までの間、起業家候補の方々と最も時間を共にしているグローバルベンチャーキャピタルです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ryoのアバター ryo 何でも屋

10年間にわたるフィリピン滞在を経て、上智大学・比較文化学部を卒業。学生時代から様々な事業の立ち上げに携わり、サラリーマン、起業、国内+外資系企業社長、取締役、顧問、株主などをスタートアップ及び上場企業で経験。

目次