グローバル投資ファンドのAntler Koreaオフィスを訪問

  • URLをコピーしました!

今年の2月から参画した世界6大陸25都市で展開するアーリーステージに特化したグローバルベンチャーキャピタル(投資ファンド)Antler(アントラー)のKorea(韓国) オフィスを訪問してきました。

なんと!韓国政府がベンチャーキャピタルやスタートアップ支援のために用意したビル。Kitchen “Incubator”という名の食堂やイベントホールなども完備している。

創業者むけのスペースではステージもあり、様々な起業家、アドバイザー、投資家などがオフィスでパネルディスカッションなどが頻繁に行われている。

起業家向けにスナックバーも用意されています!

創業者同士がチームを作り、様々な机の島を占拠して事業づくりをしている模様。さらに奥にはビール会社がスポンサーとして付いて大量に届いたのが山積みにされてました。

Antler KoreaのPartner(パートナー)・代表のJiho Kangと色々と議論できて+アドバイスもいっぱい頂きました。大変有意義な出張でした〜!

Antlerについて

Antlerは、アーリーステージに特化し起業家を支援する世界最大規模のグローバルベンチャーキャピタルです。 2017年にシンガポールで設立されたAntlerは、現在世界25都市で展開しており、これまでに3,000名以上の起業家と、600社以上のスタートアップを支援してきました。 Antlerの特長は、従来のベンチャーキャピタルなどが行なってきた投資スタイルとは異なり、『Antler Cohort Program』を通じ、創業前・アイディア段階の“Day-1”から起業家を支援していることです。 創業メンバーのチーム作りをはじめ、事業アイディアのブラッシュアップ、創業資金の出資、事業拡大支援、フォローオンの出資まで、ありとあらゆる支援を行ってまいります。 「イノベーションを起こし、社会の課題を解決したい。」「時代をリードする日本発のグローバル企業を生み出したい。」Antlerはそのような起業家を支援したいと考えています。 

Antlerは世界で最も優れた人材が明日の会社を創るための支援を行い、投資によって世界を根本的に改善する(Fundamentally improve the world by enabling and investing in the world’s most exceptional people building the defining companies of tomorrow)事をミッションに置いてます。

これまでAntlerは30業種にわたり世界的に400社以上の企業に投資してきました。その企業のうち40%は少なくとも1人の女性共同創業者が含まれ、創業者の国籍は70カ国以上にのぼります。Antlerのスタートアップ企業のポートフォリオには、HomeBaseReebeloQashierVolopayPathzeroMarco FinancialXanpoolPowerXXailientが含まれます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ryoのアバター ryo 何でも屋

10年間にわたるフィリピン滞在を経て、上智大学・比較文化学部を卒業。学生時代から様々な事業の立ち上げに携わり、サラリーマン、起業、国内+外資系企業社長、取締役、顧問、株主などをスタートアップ及び上場企業で経験。

目次