Hospitalized in Setagaya Shimoda Hospital

フットサルのプレー中に前十字靭帯を損傷し、再建手術を受けたのは約1年半前、2012年8月の事でしたが、今週、再建箇所に固定していたボルトを除去する再手術を受け無事に成功しました。靭帯の再建手術では膝の内側にある「膝屈筋腱」の一部を抜き取り、膝の部分に穴を開けて、靭帯のように紐状に束ねてボルトで固定し移植していたので今回はその固定用のボルトの除去と経過観察を目的に全身麻酔下で内視鏡を使用した視下手術を行いました。

再度入院して、2回もメスを入れられるのは嫌だったのでボルトを抜かないという選択肢もありましたが、体内に異物が残ったままになるのがそれ以上に嫌だったのと、再建した靭帯の状況確認も行えるため再手術を決断しました。ボルトを固定したままにしておくと、その周りを骨が覆い始め癒着が進んでしまうため、取るのであれば癒着が始まる術後1年くらいのタイミングが望ましいのですが、昨年の8月頃はバタバタしていたので1回目の手術から1年半程たったこのタイミングでの除去手術となりました。

Desk in Setagaya Shimoda Hospital

今回の主治医も前回と同様、福島一雅先生にお願いしました。米国ピッツバーグ大学整形外科スポーツ医学センター客員研究員であり、オリンピックのナショナルチームやプロサッカーチーム東京ヴェルディのチームドクターなどを歴任されているスポーツドクター界の第一人者です。今回も前回同様、福島先生が唯一手術を行う世田谷下田総合病院に入院させていただきこちらも前回同様、PCやWifiルーターを病室に持ち込んでの万全の体制で事環境を作りました。

Injection for drip infusion

入院スケジュールとしては手術前日の14:00から入院して、レントゲンなどの諸検査を行い、手術をする脚部分の剃毛、点滴用の針挿入等の処置を行いました。

Food in Setagaya Shimoda Hospital

その後夕食を摂り、翌朝に手術を控えているため00:00から水分補給含む飲食は禁止となりました。

Titanium bolt for ACL

手術当日は6:00に起床、検温などがあり、朝から点滴を開始して、10:30にはさらに抗生物質の点滴を行いました。手術は予定通り11:00から全身麻酔で行われ、1時間程で終了したようです。手術室で麻酔をかけられて、気が付いたら病室のベッドの上で酸素マスクを付けている状態でした。全身麻酔の影響で、午後まで意識が混濁していたのでベッドで寝ていましたが、徐々に意識もはっきりし始め、18:00頃から水分及び食事の摂取が可能になりました。上が摘出したチタン製のボルトです。記念に福島先生にもらいました。1年間以上お世話になったボルトなので、近々ネックレスでも作ろうかと思います。笑

After removing ACL bolt

前回に比べると腫れも痛みも少なく、夜間も我慢できる程度でした。多少熱を持っている感じはありますが、アイシングを行い対処しています。手術の次の日(本日)はトレーナーに脚の状況を確認してもらい終了。2泊3日の短期で退院し、退院後は歩いて帰宅することができました。数日は安静にする必要がありますが、今後は福島先生のライズシティクリニックで経過観察をしてもらい、2週間程度で抜糸できる予定です。今回の入院費用は10万円弱でした。

Regenerated ligaments after ACL surgery

上の写真に写っているのが再建した靭帯で、経過確認の為に引っ張ってもびくともしなかったそうです。手術とはお医者さんに命を預けてメスを入れてもらうということなので、今回も福島先生のように実績があり、知識も経験も豊富で信頼が置ける医師に手術してもらえて本当に良かったです。福島先生に改めて感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!


Tags: , , , ,



Reader's Comments

  1. ゆず | June 17th, 2014 at 3:17:45

    投稿読ませていただきました。とても参考になります。私は昨年前十字の再建手術と半月板の縫合手術を行いました。その後経過が良くなく、感染してしまい洗浄する手術をすぐに受けました。ですが、まもなく一年経つにも関わらず、走ることとしゃがむことが痛くてできません。また、ばきばき音がして不安です。そして、今年ボルトを抜く手術と半月板除去の手術を受けることになりました。これからのことが不安です。ボルトを抜けば、なにか改善するのでしょうか。また、半月板除去のことについてなにかご存知でしたら教えていただきたいです。

  2. ryo | June 23rd, 2014 at 7:20:02

    残念ながらあまり良い状況ではなさそうですね。。。
    ボルトを抜いたのは摘出手術の際に経過確認ができるのと、個人的には異物を体内に残したくなかった理由です。
    半月板除去に関しては詳しくないですが、東京に住まれているのであれば私が通っているお医者さんをご紹介可能ですが、いかがでしょうか。

  3. YUI | December 5th, 2014 at 16:01:36

    前十字靭帯再建手術を検索していたらryoさんのブログを見つけました。息子が11月に前十字靭帯断裂および半月板一部損傷しまして、再建手術を受けたいと希望しており、いい先生を探しておりました。仙川在住なのですが、今でも下田病院で福島先生の手術を受けることは可能でしょうか?可能でしたら、ご紹介していただくことはできますか?

  4. ryo | December 8th, 2014 at 21:52:08

    返信が遅くなりまして申し訳ありません、先生に確認をしたところOKでしたのでメールにて詳細を送らせて頂きました!

  5. kara | February 25th, 2015 at 7:33:03

    初めまして。
    息子が来月、前十字靭帯のボルトをぬく手術を行う事になりました。
    ある程度情報は取得してましたが、今回の手術での情報を検索しているうちに、ryoさんのブログに辿り着きました。
    息子は一昨年の1月にラグビーの試合で膝の内側側副靭帯損傷という診断でしたが、3ヶ月経って戦列復帰して2戦目、タックルにいった際に同じ膝を痛めました。
    そこの病院から紹介状をもらい、負傷して4ヶ月目にして別の病院で検査。
    その(大学)病院では、MRIの予約が1ヶ月先になるのと、手術後の入院期間が1ヶ月になるとの事で、そこでも紹介状を頂き、息子の学校(当時は高校3年生)近くの病院(埼玉県加須市)へ行きました。
    そこの病院には幸運といえるかと思いますが、靭帯再建術に長けた非常勤の医師がいまして、当時は週2回外診療に来ていました。
    東京大学医学部附属病院に籍があり、関東労災病院にもお名前を連ねてる医師で、コンサドーレ札幌のチームドクターも勤めてた方でしたので、手術は安心してお任せでした。

    手術をしたのが一昨年の10月でした。
    経過は良好なのですが、ボルトを入れっ放しにしていましたので、術後ちょうど1年半経つ3月初旬にボルトを抜く(手術の説明にはスクリュー抜去術と書いてました)手術を行います。
    今回の日程は2泊3日と説明を受けています。
    ryoさんの抜去手術の事、息子にも伝えました。
    「やっぱり痛いのか…」と少し凹んでますが…
    ryoさん、ボルト抜去後の膝の状態は如何でしたでしょうか?
    参考程度にお聞かせ頂けると嬉しいです。

  6. ryo | February 26th, 2015 at 15:50:14

    メールさせて頂きました!

  7. risa | March 31st, 2016 at 17:18:42

    はじめまして!ブログ読ませていただきました。3/21スキーで転倒し今は東京の大岡山の東急病院にて診察MRIをしました。結果、半月板の損傷、前十字靭帯断裂しており自然治癒では治らないとのことでいろいろ調べていましたらたどり着きました明日金曜日は術日を決めるとのことですが、担当医にまだ会ったことがなく色々不明点があり不安でいっぱいです。術後の傷跡とかも良ければ今はどんな感じですか?教えていただきたいです(>_<;

  8. ryo | March 31st, 2016 at 22:42:59

    メールさせて頂きましたが、今の状況は下記になります。
    他にご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい〜
    http://bit.ly/1ObKyql

Leave a Comment