LinkedInを使うと世界とつながる!

  • URLをコピーしました!

以前LinkedInのユーザーインタビューに出演させて頂きましたが、Linkedinは2006年7月、大学3年生の時から愛用してます。海外とのやりとりが増えたので最近は益々利用してます。海外との電話会議で先方と初めて会話する場合、プロフィールを事前にLinkedinでチェックしておくとバックグラウンドや共通の話題が話せるので会った事なくても親近感がわきます。更に、プレミアムアカウント(有料)に登録しておくとネットワーク外の方でもプロフィールの詳細がチェックできます。

LinkedinはTwitterやFacebookのように毎日開いてますが、最近愛用しているのがmixiのような足跡機能(誰がいつプロフィールを見たか)及びアナリティックスのツールです。無料アカウントにも付いてますが、有料アカウントだと上記のようにアナリティックスの詳細が見えるようになります。アクセス頂いた中で知り合いがいれば、連絡を取る機会にもなるのと同じ業界の人で面白い経歴を持たれている人の足跡を見てInMail経由で連絡してみるとレスポンスの率が高いです。上記のデータを見ると、アクセス数の約半分が海外なので日本人がよりグローバルにビジネスをするにはLinkedinは欠かせないツールだと思います。

上記がつながっている人のネットワーク数値になりますが、1,000万人のプロフェッショナルにリーチができるサービスは他にはないと思います。直近ではパスワードの流出問題で騒がられてますが、これからも引き続き利用しようと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ryoのアバター ryo 何でも屋

10年間にわたるフィリピン滞在を経て、上智大学・比較文化学部を卒業。学生時代から様々な事業の立ち上げに携わり、サラリーマン、起業、国内+外資系企業社長、取締役、顧問、株主などをスタートアップ及び上場企業で経験。

目次
閉じる