LinkedIn

LinkedIn創業者Reid Hoffmanのワークショップ

前回に続きLinkedInネタですが、先週の日曜日にLinkedIn創業者Reid Hoffmanさん(リード・ホフマン)の半日ワークショップに参加させて頂きました。 イベントはLinkedIn Japan株式会社日本法人代表代理のキャサリン・ポーターさんとLinkedIn創業者Reid Hoffmanさんのパネルで始まり、通訳を務めさせて頂きました。 LinkedInのサービスが全てを語りますが、ネットワーク(人脈)はビジネスで大変重要な要素とReidさんが語りました。Reidさんも資金調達時、ビジネス拡大、採用時などには常にネットワークに頼っております。 当日パネルの内容 ・LinkedInのサービス当初は最初100万人を目指していた、100万人いればサービスが拡張できる ・最初の100万人は400日程でリーチしたが、今では100万人は7日毎に増えている ・スタートアップの3大要素はスピード、技術とリスクテイク ・会社やサービスは10倍の差別化が必要 ・スタートアップを成功に欠かせないのは投資家やアドバイザーやなどの人脈や協力者で囲むこと ・最初の10人の採用があとの100人の採用につながるので、最初から採用に関して妥協してはいけない ・採用に関してはネットワークをフィルターに使う(採用する際はネットワークにメールで10点満点で評価をしてもらい、7~9点のフィードバックがもらえた際候補者と実際に会ったりなどして次の採用プロセスに入る) ・常にネットワークは拡大して、良いリレーション作りをしている 他にも色々なお話ができましたが…(通訳するのにあたまがいっぱいなので全ては書き出せませんでした…T.T)、一番印象に残ったのはスタートアップはスピードが重要で、例えれば崖から落ちながら飛行機を作り上げてジェット機のように飛ぶことと言われたことです。まさに複雑なタスクを限られたメンバーで実施するのがベンチャーの楽しい部分で表現されていて刺さりました。w その後、グループに別れてグループディスカッションのモデレーターを務めさせて頂きました。グループは左からLinkedIn Japanの長谷川玲さん、nanapiの古川健介さん、ロフトワークの林 千晶さん、Hub Tokyoの槌谷詩野さん。グループでジュースを作る課題で、「Green Magic」と題するジュースを作りました。その後の課題ではnanapi社の強みであったり海外戦略について議論しまして、今後nanapi社は外人を積極的に採用する結論に至りました。w LinkedInは2006年から愛用しているので創業者Reid Hoffmanさんとお会いして、アントレプレナーシップについて色々と語って頂き大変楽しい時間でした。 最後にロフトワーク社のFabCafeにて懇親会が行われました。LinkedInの2パターンのT-シャツが配られておりまして、2枚のT-シャツをくっ付けるとLinkedInになるとのことで、株式会社アトランティス(グリー株式会社に売却)の木村新司さんと早速試してみました。苦笑

LinkedInを使うと世界とつながる!

以前LinkedInのユーザーインタビューに出演させて頂きましたが、Linkedinは2006年7月、大学3年生の時から愛用してます。海外とのやりとりが増えたので最近は益々利用してます。海外との電話会議で先方と初めて会話する場合、プロフィールを事前にLinkedinでチェックしておくとバックグラウンドや共通の話題が話せるので会った事なくても親近感がわきます。更に、プレミアムアカウント(有料)に登録しておくとネットワーク外の方でもプロフィールの詳細がチェックできます。 LinkedinはTwitterやFacebookのように毎日開いてますが、最近愛用しているのがmixiのような足跡機能(誰がいつプロフィールを見たか)及びアナリティックスのツールです。無料アカウントにも付いてますが、有料アカウントだと上記のようにアナリティックスの詳細が見えるようになります。アクセス頂いた中で知り合いがいれば、連絡を取る機会にもなるのと同じ業界の人で面白い経歴を持たれている人の足跡を見てInMail経由で連絡してみるとレスポンスの率が高いです。上記のデータを見ると、アクセス数の約半分が海外なので日本人がよりグローバルにビジネスをするにはLinkedinは欠かせないツールだと思います。 上記がつながっている人のネットワーク数値になりますが、1,000万人のプロフェッショナルにリーチができるサービスは他にはないと思います。直近ではパスワードの流出問題で騒がられてますが、これからも引き続き利用しようと思います!

no image

LinkedIn Japanのユーザーインタビューでました

上記動画、長谷川玲さん( リンクトイン・ジャパン株式会社、シニアマーケティングマネージャー)にお誘いされてLinkedIn Japanのユーザーインタビューに出演させて頂きました。LinkedInは2006年7月、大学3年生の時から愛用してます。きっかけとしては大学生の時のインターン先、ジェイ・シード株式会社の社長ジェフリーや小会社Robert Leonard Consultingのマネージングパートナーのゲリーなどが使っていてオススメされたのがきっかけでした。 当時は主にイベント等で名刺交換やビジネス上やりとりしている方とLinkedIn上繋がっていただけですが、最近では多様な方法で使っております。例えば… ・名刺管理の代わり ・転職された方への連絡 ・LinkedIn Groupでの情報共有、情報交換 ・初めて会う方の経歴確認 ・特定企業のLinkedIn 2nd contactや3rd contactに連絡する際 ・海外の方に初めて連絡する際Linkedinのプロフィールを添付する ・業務連絡 ・その他色々と… 上記のシーンなどでLinkedInは大活躍中です。LinkedInは様々な利用シーンがあると思いますが海外での打ち合わせ中に先方がLinkedInのプロフィール及び共通のコンタクトを見ながら会議された事が何度かあり、海外では相手を判断する重要な一つツールにもなってます。世界共通で会社は人で成り立っていて、LinkedIn上誰と繋がっているまたは誰にLinkedIn上でRecommendationされてるかはキーになると思います。特に最近では日本人のユーザーが増えてきたので益々LinkedInのネットワークが広がって役に立ってます。 あと、サクセスストーリーでも取り上げて頂きました。 海外にサービス展開など考えている人はLinkedInは必需品だと思います。LinkedInを活用してグローバルプレゼンスを広げてみるのはいかがでしょうか。