Youth Venture Summit主催の「シリコンバレーと台湾の急成長ベンチャートレンド」のイベントレポート

Youth Venture Summit(インキュベイトファンドの木下慶彦さん主催)イベント、に参加してきました。

プレゼンは株式会社ノボットの代表取締役社長、小林 清剛さんのオープニングから始まり、情報収集しているサイトや利用しているツールを公開!

テック系のブログまたはニュースサイト
日本語:
Startup Dating
TechCrunch Japan

英語:
Mashable!
Techmeme
PandoDaily
Tech in Asia

ベンチャー情報
AngelList
CrunchBase
Seed Accelerator (DemoDay)

チェックしているイベント
TechCrunch Disrupt
Launch
Echelon

利用しているツール
Google Reader
Google Translate(Google Chrome extension)
Eijiro(Google Chrome extension)

イベント情報
Mashable!のイベントボード
Techmeme

小林 清剛さんは「30分から1時間を毎日投資するだけで、新しいビジネスアイデアにつながるので情報収集は重要」と話した。

続いて、James Hillさん(Guest Writer at TechOrange、GlobalTaipei Curator at StartupDigest、Organizing Team Member at Startup Weekend Taipei & Hsinchu、Project Manager at Institute for Information Industry) がプレゼン。当初はユニクロで就職しようと考えたいたが、最終的には政府関連の Institute for Information Industry(III)、インキュベーターに入り台湾のスタートアップを支援している。
上記図が台湾のマーケットマップ。左上はインキュベーター、真ん中はメディア TechOrange、右上はベンチャー投資企業、右下はイベント。台湾はハードウェアメーカーで有名だが、PicCollageやFlitopのようにアメリカで資金調達できているスタートアップも増えてきている。

台湾の市場
・人口は2,300万人
・インターネットの普及率は70%
・スマートフォンの普及率は40%
・国としてもアジアで2番目または3番目に裕福
・主にアメリカのソーシャルメディアサービスを使っていて、Facebookが主流なソーシャルネットワーク、1,000万人ユーザー(人口の45%)
・ヘビーゲーマーが多い、ソーシャルゲーム、オンラインゲーム等
・優秀な技術者の賃金が比較的安い(FlitopやPicCollageはアメリカを本社に置きながら技術者は台湾にいる)
・eコマースが流行っていて、比較的購入金額が多い
・スマートフォンアプリのARPUは米$2程(アプリ購入ユーザーが多い)
・iOS用App Storeでの購入のみ可能
・Googleは台湾の法律(デジタルコンテンツ購入に関して問題があれば7日間で返金しないといけない)に従えないため、有料Androidアプリ販売はしていない

2011年〜2012年のハイライト
資金調達
・EZTable 米$1.5M(opentableの類似サービス)
・Richi 米$1M(クレジットカードのポイントを統一するサービス)
・Accupass > 米$2M(ソーシャルティケティング、QRコード、決済、ハードウェア開発)DMJやQUALCOMMが投資
・Vpon 米$8M(モバイルマーケティングカンパニー)

ユーザー数
・iPartment 2,700万ユーザー、出会い系サイト
PicCollage 500万ダウンロード、写真コラージュを作るアプリ
Burn the Corn 280万ダウンロード、ポップコーンを作るアプリ
cubie messenger、50万ダウンロード、メッセージングアプリ

海外展開している会社
Aircamel(e-commerce)、AWIND、Go!Look、iPartment、Hulihealth
国内のマーケットが限られているので海外に進出
日本の企業が台湾に進出するメリット
・中国へのリーチが簡単になるのと中国へ参入する前のテストマーケティングに良い場所
・中国マーケットの伸びに期待できる
・HTC、Acer、Asus、Quanta、BenQ等の端末メーカーにアクセスできる
・日本に似ているのでビジネスがやりやすい
7月18日~19日に台湾で1,500名が集まるIdeas Showのイベントが開催されるので、台湾マーケットに興味ある方は絶好のチャンス!
James氏によると台湾のマーケットで成功するには「Guan xi = who you know, not what you know」が重要!

最後のプレゼンはDFJ−JAIC Technology PartnersのManaging Director、北村ミッチさん。DFJ JAICはSkype(eBayに2010年5月に米$3.2Bで買収)などの投資実績を誇る。Skypeのように世界中のイノベーションをが起きていてるサービスをシリコンバレーに持ってきてバリューをつける事をメインにしている。

DFJのグローバルなネットワーク
・全世界に18のベンチャーキャピタル網
・150人の投資プロフェッショナル
・650社の投資先
最近ではMicro-VCやSuper Angelがでてきた
・Felicis
・Softtech
・K9
・IA
・HarrisMetal
・Freestyle
・Floodgate
事例:Felicis
創業者のAydin SenkutさんはGoogleに1999年に入社、2005年に退社、元Google社員が起業したベンチャーを中心にエンジェル投資、2010年には40Mのシード投資ファンドを形成されている。
コーポレートのベンチャー投資の変化
・ソーシャルを利用する新しいマーケティングなどを探すAdidasなどがベンチャーキャピタル事業に参入
・広告代理店や家庭用製品大手がインキュベーションに参入
・リテールだとWalMartやBMW
上記のY Combinatorのチャートを見る通り、続々と新しいプレーヤーの誕生しえいる。半分以上は失敗している。投資するベンチャーキャピタルですが、バブルの2001年では2300社程ありましたが、2010年には750社に減っていて、200 ~ 300社しかアクティブに投資していない。トップ機関投資家の80%のお金が特定のベンチャーキャピタル7社に行ってる

注目の領域
1. クローズなソーシャル
Pair
Everyme
Path
2. オンラインからオフラインへ
postagram、instragramをはがきにする
Sincerely、SVエンジェルから$3M集めたO2Oベンチャー
3. Eコマースとソーシャルの融合
Curebit、Eコマースとソーシャルをつなげるソーシャルアフィリエイト
VideoGenie、顧客がビデオでコメントを簡単に投稿(Levis、intuit、shoedazzleが利用中)