Ermenegildo Zegna

当たり前のことを普通にやる

最近Ermenegildo Zegna(エルメネジルドゼニア)のオーダーメイドジーンズ2枚目を注文しました。男性の衣類はミリメートル単位で違いが出ると言われている中、写真で見ると至って普通に見えますが(ポケットの部分しか撮ってない理由が大きい?w)…何箇所も測るので細部までフィッティングされていて履き心地も見た目も大変満足な品です。 Zegnaに出会ったのは高校生の時に父親に買ってもらった時が初めてで、金額は比較的に高めですが布地の質が良いので大学時代から頑張って自分で買い続けてます。ファッション業界は毎年のシーズンに合わせてデザインを新たに出してますが、Zegnaのように布地の向上やテクノジーを駆使して新たな商品作りを行っているのはレアだと思います。もちろんマーケティング観点からも企業努力として展開してますが、「当たり前のこと」を何年ものスパンで続けているのが実感できます。毎日の積み重ねがあってからこそ、できるのだと思いオーダーメイドの商品を手にする度にワクワクと感動を受けます。 さらに、先日初めて行ったラーメンの”柴崎亭”、食べログで2017年及び2018年に百名店を取ったお店ですが、味は評判通り美味しかったですが店内がとにかくキレイで驚きました。油がいっぱい出ていると思いますが、毎日満遍なくキッチン内も細かく掃除している努力が見受けられました。Zegnaもラーメン屋さんも職人的な仕事ですが、自分も事前準備を欠かさず仕事にプロ意識を持って頑張ろうと改めて思いました。

出張時大活躍するエルメネジルドゼニアクチュールのボストンバッグ

先日予約してたシャツを買いに行ったところ、、、Ermenegildo Zegna Couture(エルメネジルド ゼニア クチュール)のボストンバッグがセールになっているのを思わず発見して一目惚れ、、、出張時リュックも楽で良いですが、ジャケットを着用する時などはボストンバッグの方が良いと思いちょうど探してたところ… オリジナルの価格が高いのでだいぶ悩んでましたが、30%オフに惹かれ+大学生の時から担当して頂いている店員さんの絶妙なタイミングでのトークが入り! ”ゼニアのレザー職人が伝統のあるゼニアのウール加工工程からヒントを得て2016年に開発、発表したレザー素材です。2.2mmという極細のナッパレザーを特殊な機械を使ってウールの生地を織る様に織り上げています。これにより華やかさの中に更に上質さを醸し出す雰囲気を持ち、レザー100%なのに非常に軽い仕上がりとなりました。もちろんゼニア独自の技術で特許もとっており他では決してまねのできない最高級BAGとなっております。” と言われ仕事のモチベーションをあげるのも兼ねて思い切って買いました!セールなのに、以前イタリア大使公邸で注文したオーダーメードジャケットより少し高いぐらい。苦笑 デザインもそうですが、技術が詰まっているバッグなので、見つめながら出張できそうです。良いものを持つと上を目指そうと思い、さらに仕事を頑張れるので、この機会をバネにもっと大きく成長できればと改めて思います!

イタリア大使公邸でエルメネジルドゼニアイベント

ドメニコ・ジョルジ駐日イタリア大使がエルメネジルドゼニア2014年春夏コレクションスペシャルイベントを大使公邸で開催するとの事でご招待頂きました。 当日はゼニアのご好意でハイヤーでのお迎え!ホスピタリティーが行き届いてます。 色々な大使館にお邪魔していて、どこも豪華ですが、イタリア大使館はかっこいい! ブランドアンバサダーのエンツォ・ダレッサンドロが来日していて、アドバイスもらいながらスーツなどをオーダーメイドできるとの事で注文を決意。w メジャメントをしてもらいました、肩からウェストまで色々な箇所を測られて、ジャケットのコンセプトを一緒に考えながら微調整を加えてもらいました。最終的なコンセプトは遊びでもビジネスでも兼用できるジャケットになりました。 生地選択は時間が掛かりました…種類が豊富で、素材は大変良いが値段もピンキリ…しかしどれも高い!w オーダー後、イタリアで作るため何ヶ月か待つ形になり、ワクワクです! 先日ジャケットが届いてピックアップ時の写真、色々と微調整をかけたのでピッタリフィット。人生の中で一番高い洋服の買い物でしたが、大変満足してます。これからもっと頑張って仕事して稼がないと思いました。笑 生地が大変上品で作るのをオススメします!