オンライン旅行業界

オンライン旅行業界の国際会議WIT Japan 2015でのパネル

今年で4回目を迎えるオンライン旅行業界の国際会議WIT JAPAN(Web In Travel Japan)が6月4日と5日の2日間にわたって開催されました。テーマは”A New Dawn Rises”で世界中のオンライン旅行業、エアライン業、ホテル・旅館業における トップリーダー達をスピーカーが一同に集まり、熱い議論や将来に関して議論されました。ユーザーはモバイルに移行、ソーシャル、シェアリングエコノミーなどビッグテーマが議論されました。中でもホテルに対して、Airbnbをどのように思うかなど面白い質問も飛び交いました。更に、LCCは航空業界の中での10%のシェアを占めるようになりシェアリングエコノミーにより旅行が今後益々安値で簡単にできると思います。その中でも”エクスペリエンス”が重視される。 今回は株式会社ベンチャーリパブリック代表取締役社長の柴田啓さんの推薦によりパネリストとして参加させて頂きました。2日目最後のパネルで”新しい夜明けのアイデア”をテーマに下記メンバーとの議論でした。モバイルからの利用が増えたことにより、ユーザー動向の変化やサービスの使い方が各社変わりつつあります。ワークショップ開催場所や旅行ガイド、民家宿泊など、様々なサービスが出てきたことにより旅行が多様化しています。今回のパネルではHailoのみがリアルタイム(予約機能はありますが…)の乗車サービスでしたが、様々なサービスと移動が連動して旅行が成り立つように今後もサービス展開していければと思いました。 更にAirbnbとTravelmob、競合同士がパネルに並んだのも面白く、お互い気を使いながら話されてました。笑 最後には各自アイデアを一つだすトピックでは、バーチャル旅行の話などありましたが、私はドラえもんの”どこでもドア”を提案させて頂きました。移動時間が短縮することにより、宿の使い方や観光の使い方が変わって新たなビジネスモデルやチャンスができると思ってます。 Alan Chang, Managing Director, Northeast Asia, Airbnb Ryo Umezawa, President & CEO, Hailo Stephan Ekbergh, CEO, Spacebase Tao Tao, COO & Co-founder, GetYourGuide Turochas Fuad, CEO & Co-founder, Travelmob 記事はこちらから→http://www.travelvoice.jp/?s=WIT+Japan+2015&検索=検索する シェアリングエコノミーなどの加速により、業界が更に活発すると思いますが、世界的にもインバウンド・アウトバウンドは中国に今後影響されていくと思いますので市場動向が楽しみです!