マレーシア・ペナン州公共事業・公益事業・洪水緩和担当大臣のZairilを囲む会

マレーシア・ペナン州公共事業・公益事業・洪水緩和担当大臣のZairilを日本の政治家が囲む会

スイスで開催された40th St. Gallen Symposiumで会って以来、仲良くしている友人のZairil Khir Johari(マレーシア・ペナン州公共事業・公益事業・洪水緩和担当大臣)がプライベートで来日していたので、中谷一馬さん(世界経済フォーラム・World Economic Forum:通称ダボス会議、グローバルシェイパーズコミュニティ・Global Shapers Communityの日本代表(U-33)同期メンバーでもあり、現在は立憲民主党所属衆議院議員)を含めた立憲民主党メンバー(松平浩一氏・衆議院議員、高井崇志氏・衆議院議員、大野トモイ・横浜市会自治体議員)で囲む会を昨日行いました。紹介がメインでしたが、2時間ディスカッションしている際、同時通訳をEast Venturesの同僚、ハミルトン世菜と行ったのですがマクロ経済や政治の名称などの翻訳にとても苦戦しました。。。苦笑

話の発端としては、去年の8月中谷一馬さんが立憲民主党若手有志議員やれいわ新選組の山本太郎代表と一緒にマレーシア視察の際にマレーシア政府の大臣などとのアポ調整をZairilが行い、残念ながら予定が合わず現地で会えなかったので日本で会う会をセッティングさせて頂いた次第でした。

マレーシアは1957年の独立以来、与党連合の支配が続きましたが初の政権交代が実現しました。マハティール首相が率いる野党連合は消費税廃止を掲げ、希望連盟が勝利し、2018年6月1日より6%の消費税が事実上廃止されました。それに対して日本は消費税が2019年10月から10%に上がりましたので、Zairilを囲む会では廃止後のマレーシアの情勢などがディスカッショントピックとして上がりました。センシティブな話もあったので割愛しますが、政権交代、ジェンダーギャップ(男女平等ランキング、世界経済フォーラムによると日本は121位で史上最低)など様々なディスカッションが行われて大変勉強になりました。

Zairilとの久しぶり再会

もちろん2次回はZairilとバーで色々と語り合いました!笑 楽しい学びがある1日でした。