GMIC Tokyo 2015とSVFTでのモデレーター

  • URLをコピーしました!

GMIC Tokyo 2015

最近モデレーター依頼が立て続けで入り二つのイベントでモデレーターを務めさせて頂きました。GMIC Tokyo 2015(Global Mobile Interenet Conference)はGWCが主催で、2009年北京から始まり大手IT企業を会員組織化して大きなイベントを開催する会社として中国では大変有名です。世界のモバイルコンテンツ企業同士の架け橋となり、モバイル・エコ・システムを通じて、企業のイノベーションとグローバリゼーションを加速させることを目的として北京を始め、シリコンバレー、ニューヨーク、ジャカルタ、バンガロール、サンパオロ、台北、東京など複数の都市でGMICが開催されております。

モデレートしたセッションは”グローバルモバイルマーケティング戦略及びローカライズの成功要因”、英語と日本語のスピーカーがいたので同時に両方の言語を使う初体験でした。アメリカ、中国、インド及び日本のモバイル市場を比べる大変楽しいパネルでした。昨今モバイル市場がスマートフォンの普及により世界にアプリを簡単に同時配信できるのですが、各マーケットは独自の文化やモバイルの利用方法があるのでローカルマーケットに適応したマーケティングが求めらる、”Think Global Act Local”の重要性を各パネリストが語りました。中でも個人的に一番感心を持てたのが2億人以上モバイルユーザーがいるインド市場。Click to Call(ユーザーが広告をクリックするとフリーダイアルに繋がり広告を聞く)など独特なマーケティングスタイルでのユーザー獲得手法がユニークでした。

SVFT 2015

更にSVFT(Skyland Ventures Fest Tokyo、全て英語で行われグローバルタレントが出会うイベント)で“Korean Startup ecosystem”でのモデレート。事務局の手違いで最初はなぜかスピーカーの一人として韓国のスタートアップ市場に関して聞かれるパネリストとして扱われ冷や汗(韓国は出張ベースで行った事がなく…)をかきました。苦笑 しかし、友人パネリスト+822の創業者、Richard Minのフォローが入り最終的にはセッションのモデレートをさせて頂き盛り上がりました。Pathを買収したKakao TalkやLINEを始め、韓国からグローバル展開している会社が最近増えて来ているので注目するべきマーケットとのこと!さらに、10月にはRichardがファッション、音楽とITを融合した+822イベントを韓国で開催しますのでお見逃しなく!

モデレーターはスピーカーの良さを引き出して上手くまとめる事が求められるので、スピーカーや会社・サービスに関して徹底的に調べて事前準備をし過ぎるぐらいに徹するのが重要です。今まではパネリストやキーノートの登壇がメインでしたが、今後モデレーターを依頼された時の為にスキルを磨いておこうと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ryoのアバター ryo 何でも屋

10年間にわたるフィリピン滞在を経て、上智大学・比較文化学部を卒業。学生時代から様々な事業の立ち上げに携わり、サラリーマン、起業、国内+外資系企業社長、取締役、顧問、株主などをスタートアップ及び上場企業で経験。

目次
閉じる