ALS(筋萎縮性側索硬化症)の氷水バケツチャレンジ&募金

  • URLをコピーしました!

Ryo Umezawa ALS Challenge

今年参加したTEDxTokyo 2014でもEND ALS創設者の藤田正裕さんが講演していたのもあり、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の事を知ってて身近に感じたので、ALSが治る病気になる事を願って氷水バケツチャレンジに参加しました。今回のチャレンジはMomentum Worldwideで働いている中井ゆかさんに指名頂き、特定疾患として指定難病になっているALS、そしてルーゲリック病の認知度向上、治療発見をサポートする為の活動に賛同しました。

僕からはHailoのRon Zeghibe、大西良樹、Nicole Fernandes、Guzman Diaz、ジェイ・シード株式会社のC. ジェフリー・チャー、NHN InvestmentのWoo Kimさん、株式会社光通信の奥井大さん、株式会社アトレ代表取締役CEOの後藤将さんにチャレンジを指名したので、皆さん宜しくお願い致します!


下記が中井さんから説明受けたルールです。

氷水を頭から浴びて「ALSの現状に目を覚まして治そう」というメッセージが込められてます。
浴びてALS団体に$100寄付にする形を取っている人が多いですが、浴びるのが難しければ寄付のみも可能です。

ルール:挑戦に推薦された人は
① 誰に推薦・挑戦されて、何で参加するのか述べる。
② 氷水を頭から浴びる。
③ 次にこの挑戦を推薦する3人以上の名前を述べて、「タイムリミットは今から24時間。」と伝える。
④ 推薦された人は24時間以内に同じルールで答えるか、ALS団体に$100寄付する。

日本ALS協会 http://www.alsjapan.org/

最後に、撮影や氷水の手配に協力頂いた宿泊先、ロンドンのFour Seasons Hotel Canary Wharfの皆さん、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ryoのアバター ryo 何でも屋

10年間にわたるフィリピン滞在を経て、上智大学・比較文化学部を卒業。学生時代から様々な事業の立ち上げに携わり、サラリーマン、起業、国内+外資系企業社長、取締役、顧問、株主などをスタートアップ及び上場企業で経験。

目次
閉じる