Annual Meetings of the New Champions 2013

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、Summer Davos in Asia, Annual Meeting of the New Champions 2013(サマーダボス会議)に2年連続で参加させていただきました。世界のグローバルシェイパーズコミュニティのネットワークは256 支部、2,671名までに拡大しており、そのうち参加選出枠は62名ということで、貴重な機会を頂き大変光栄です。開催は今年の9月だったので少し前のイベントにはなりますが、去年に続き大変刺激的な時間を過ごすことができましたので内容を少しレポートしたいと思います。

Annual Meetings of the New Champions 2013_2

最近知ったのですが、グローバルシェイパーズはスポンサーの尽力により旅費を含む参加費は無料で参加させて頂いているのですが、その他、企業やYoung Global Leaderを代表して参加される方々は数百万円の年会費や、会議参加にかかる諸費用を負担した上で参加されているとのこと。参加のチャンスを頂けたことに改めて感謝しました。

世界経済フォーラムは年に2回開催されていますが、通称ダボス会議と呼ばれる所以である、スイスのダボスで冬季に開催される本会議は政治寄り、中国で夏季に開催される総会は経済寄りの内容になっています。今回のテーマは「Meeting the Innovation Imperative」、世界中の政治、経済、学術等の分野で活躍する著名人が集まり、各分野の革新的な取り組みや商品、今後のInnovationのあるべき姿、また起業家の発掘やその支援方法等についてセッションや議論が繰り広げられました。開催地の中国の大連では、この会議のために大規模な会場を新設するなど、万全の受け入れ態勢が敷かれておりダボス会議にかける意気込みを感じました。

Innovate

前回のようにセッションをホストすることはありませんでしたが、個人出資しているインタレストマーケティング社のプロダクト「Kolor」をInnovate!に応募したところ多数のInnovativeプロダクトから見事選出され、ブースをもらってプロダクトを紹介することができました。

Innovate Kolor Interview

Kolorはソーシャルメディア上の影響力や、興味関心(インタレスト)等からセグメントしたターゲットにプロモーション情報を配信できるサービスです。そのサービスモデルやO2Oへの展開などについて中国のメディアからも大変注目いただき、現地のテレビ局2社からのインタビューにもお答えしました。

Embrace

Innovateで他には知人のJane Chenさんの「Embrace」も選出されていました。こちらは寝袋型の保育器で、保育器等の十分な設備がない発展途上国で低体温症対策を行うために開発された器具です。Embraceは一定の温度で状態変化する「相変化物質」で、状態の変化に合わせて熱を吸収したり、逆に熱を放出したりするといった性質を持っています。この物質をお湯に溶かすと一定の温度を4〜6 時間保つことができ、寝袋のポケットに挿入することで赤ちゃんの保育器として機能することができます。また、再加熱すると繰り返し利用できるので、資源やコストの負担を削減することも可能です。

Annual Meetings of the New Champions 2013 Jazz

ダボス会議では、様々なトークセッションに加えジャズ演奏等の特別セッションも数多く開かれます。こういった特別セッションに参加できる参加者はダボス会議の運営メンバーのリクルーティングによって選定されるので、会議の公式ガイドには載ってないものも多数あります。前回参加時に運営メンバーとディスカッションをして僕のことを理解してもらえたこともあり、専門分野であるentreprenerurshipがテーマのフィンランド首相の特別セッションに参加することが出来ました。ダボス会議に日本の現職大臣が参加するのは今回が初となりましたが(下村博文文部科学大臣と山本一太内閣府特命担当大臣が参加)別の特別セッションでは下村博文文部科学大臣と日本の起業環境や今後の教育に関して、大臣と議論する時間を頂くこともできました。

ダボス会議は、世界経済や政治に議論する場であり、参加者の交流プラットフォームでもあります。参加者1人1人がそれぞれ大変ユニークで、毎回、Innovationを起こそうとしている活気をすごく感じます。皆さんアクション志向が強く、スタートが立ち話だったとしても、そこから具体的なアクションを起こし、様々なプロジェクトがこのプラットフォームから立ち上がっています。僕も、ダボス会議で色々なご縁を頂いて本当に感謝しています。

Yuki Ota Masashi Goto Ryo Umezawa

世界経済フォーラムは1971年から実に40年にわたって世界中のリーダーを一堂に集め、世界的課題の解決に取り組んでいます。先日、その功績をたたえられ、会議の創設者であるスイスの経済学者、クラウス・シュワブ博士が日本で叙勲を受章されました。日本人でも大臣経験者しか対象にならない旭日大綬章という名誉ある受賞で、博士による「政、財、学、官を結びつけ、世界的課題への解決を探る地道な努力と実績」が評価されてのことだそうです。この叙勲を記念した祝賀パーティーも開催され、日本の現職大臣など、政財界から参加された多くの方々と共に博士の叙勲をお祝いしました。パーティーに合わせて来日された博士は「世界的な課題に政治家、経済人、学者、ジャーナリストなど全員の力を合わせて取組み解決する時代です」と語っておられ、僕もその一員として参加することに改めて身が引き締まる思いでした。上の写真はパーティーでお会いしたフェンシングの太田雄貴選手(グローバルシェイパーズ東京ハブメンバー)と株式会社アトレの後藤将さん(グローバルシェイパーズ大阪ハブメンバー)。後藤さんが太田さんのファンだとの事で記念撮影させていただきました。

グローバルシェイパーズ任期中、ダボス会議への参加は原則1回のところ、2回も参加の機会を頂いたので次回は流石に難しいと思いますが、また来年も是非参加したいと思っています。限られた人が集まる会議ですが、大変有意義な時間が過ごせますので、招待を受け取った方は是非参加してみて下さい!

*世界経済フォーラム(ダボス会議)とは…
ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは…
世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト
第1弾:Shapers Camp 2014
第2弾:Re-Generate Japan
第3弾:はたらくママのための育児タクシー

Tags: , , , , , ,

Annual Meeting of the New Champions 2013

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、Summer Davos in Asia, Annual Meeting of the New Champions 2013(サマーダボス会議)に2年連続で招待して頂きました。世界のグローバルシェイパーズコミュニティのネットワークは256 支部、2,671名までに拡大しており、そのうち選出枠は30名ということで、貴重な機会を頂き大変光栄です。

参加カテゴリーが異なりますが、ネット業界からは株式会社エニグモ代表取締役の須田将啓さん、株式会社セプテーニ・ホールディングス代表取締役社長の佐藤 光紀さん、株式会社 D2C代表取締役社長の宝珠山卓志さんなどが日本経済を代表するリーダーとして参加される予定です。

今年で7回目を迎えるサマーダボス会議ですが、今回は「Meeting the Innovation Imperative」というテーマで9月に開催され、以下のような世界経済をリードする人材1,500人が90か国から中国の大連に集まり議論します。

New Champions
・Global Growth Companies、グローバルビジネスの観点において今後成長が期待される、または業界をリードしている人
Global Shapers、20から30歳までの若い世代で、世界の公益の為、起業家精神を分かち合える人材
Social Entrepreneurs、革新的なビジネスソリューションやパートナーシップのモデルで社会に変化をもたらす人
Technology Pioneers、人間の生き方を変える技術革新で長期的にビジネスや社会に影響を与える人
Young Global Leaders、政界や、ビジネス、メディア、文化・学術研究などの分野で実績を上げ、将来的に国際舞台で活躍が期待される40歳以下の人物
Young Scientists、科学的分野で意義ある研究をしている世界中の研究員

New Champions以外のメンバー
Foundation Members and Partners、起業家、及び企業の役員として戦略や技術を担当している人
Public Figures、エネルギー、環境に関する政策を担当している国家のリーダーや政治家
Faculty and Global Agenda Council Members、オピニオンリーダー
Media Leaders、編集長やコラムニスト

他にも世界を代表する企業のCEO等が集まります。World Economic Forumの専用SNSでは、既にSummer Davosに向けてインターネット上で議論が繰り広げられており、盛り上がっています。今から参加が楽しみです。

去年参加した模様は↓
World Economic ForumのAnnual Meeting of the New Champions 2012、Summer Davosに参加!

*世界経済フォーラム(ダボス会議)とは…
ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは…
世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト
第1弾:Shapers Camp 2014
第2弾:Re-Generate Japan
第3弾:はたらくママのための育児タクシー

Tags: , , , , ,

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)としてSummer Davos in Asia, Annual Meeting of the New Champions 2012(サマーダボス会議)に参加して参りました!

今回のテーマが「Creating the Future Economy」になり、90カ国から1,500人のメンバーが中国の天津に集まりました。そのなかでも20代の参加者はグローバルシェイパーズのみで、173カ国から20名のみ選ばれ、光栄ながらも20名の1人でした。

世界の経済界のリーダーが集まるので、とにかく豪華。会場には中国の文化に触れ合うスペース、インタビュースペース、ワーキングスペース、ミーティングスペース等が用意されてました。

エントランスや全ての会場にて上記ICタグをかざして入場する警戒態勢でした。

ホテルと会場への往復バスにはポリスエスコート!フィリピン旅行を思い出しました。笑

今回色々なタスクを任され、まずRapporteur(フランス語の由来から来ている言葉で、レポーティング等をすること)を「Forum Debate: Demystifying Asia’s Entrepreneurs」のセッションにて務めました。

モデレーター:
Vijay Vaitheeswaran, China Business and Finance Editor, Shanghai Bureau Chief, Economist, People’s Republic of China
パネリスト:
Feng Jun, Chairman, President and Chief Executive Officer, Aigo Digital Technology, People’s Republic of China
Oki Matsumoto, Chairman and Chief Executive Officer, Monex Group, Japan
Christina Lampe-Önnerud, Founder and International Chairman, Boston-Power, USA
Lin Yu, Chairman and Co-Chief Executive Officer, NQ Mobile, People’s Republic of China
John A. Quelch, Dean, China Europe International Business School (CEIBS), People’s Republic of China

豪華なるメンバーのディスカッションを必死にメモ取りながら、オーディエンス及びビデオインタビューワーとしても参加させて頂きました!書いた記事は世界経済フォーラムのホームページにも掲載されましてアクセスはこちらから。動画のインタビューはちょっと緊張気味です…笑 セッションで印象的だったのはマネックスグループ株式会社 代表取締役会長兼社長の松本大さん。松本さんは以前ゴールドマン・サックス証券会社に入社して最年少ゼネラルパートナーにも就任しておりまして、更にマネックスを1999年に創設して2000年8月に上場させて起業家です!今回のセッションはアジアの起業家は海外の起業家とは違うかのディスカッションで、松本さんが話された”environment of entrepreneurs is different but definitions are the same”の言葉が刺さり、当初思ってた意見から松本さん側の意見に同意しました。日本人が流暢な英語で、海外の起業家を圧倒しながら発言をしてオーディエンスを納得させている姿勢がかっこ良かったです!

次にideaslabのセッション、「Understanding Digital Culture with Japan’s Leading Innovators」で”Smartphone applications to drive business model innovation”のトピックをPechaKuchaスタイル(20スライド、1スライド20秒間)でプレゼンしました。

モデレーター:
インテカーの齋藤ウィリアム浩幸さん

スピーカー:
著者のRoland Keltsさん – “Discovering Japanese approaches to intellectual property”
Twitter社初代日本代表の近藤正晃ジェームスさん – “Amplifying the voice of youth through social media”
株式会社ネットプライスドットコム 代表取締役社長 兼 グループCEOの佐藤輝英さん – “Kaizen” with user participation in digital technology
ジェイ・シード株式会社 執行役員 梅澤亮 – “Smartphone applications to drive business model innovation”

上記メンバーが各自プレゼンを行い、 グループに分かれディスカッションが行われました。ディスカッション中にプレゼン内容及びまとめが上記の写真のように瞬時にまとめられました。”Smartphone applications to drive business model innovation”のトピックは個人的に出資しているアポイ株式会社をテーマに話しましたが、グローバル展開にあたりとても参考になるアドバイスを世界の起業家から得られました。

最後にピンチヒッターで「The Asia Investment Heatmap 2012」にてDiscussion Leaderを務めました。

ディスカッションリーダー
マネックスグループ株式会社 代表取締役会長兼社長の松本大さん
Victor L. L. Chu, Chairman and Chief Executive Officer, First Eastern Investment Group, Hong Kong SAR
Richard T. Pascale, Associate Fellow, Said Business School, University of Oxford, United Kingdom
ジェイ・シード株式会社 執行役員 梅澤亮

こちらのセッションでは$1Bを目標調達額としてどの地域で出資をするかのディスカッションでした。僕のグループではベンチャーキャピタル”Shaping Alpha”ファンド、投資を3つのフェーズに分けながらインターネット、モバイル、インフラ、セキュリティーの分野で若いチームや成功経験の起業家を支援しながら人口が多い東南アジア圏の投資する戦略を練りました。最後にセッション参加者がどのアイデアに投資をするか判断したところ、見事にno.1で$1.3Bを調達できました!

初めてのサマーダボス会議参加でしたが、rappoteurやプレゼン、ディスカッション等が大変刺激的でした。あと、上記写真には一部のGlobal Shaperしか写ってませんが、世界中から参加している同年代の人達が各国で活躍している話を聞けて改めて頑張ろうと思いました!最後になりますが、お酒はボーダーレスのトピックでテキーラでワイワイ、皆パーティー大好きでした。笑!

*世界経済フォーラム(ダボス会議)とは…
ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは…
世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト
第1弾:Shapers Camp 2014
第2弾:Re-Generate Japan
第3弾:はたらくママのための育児タクシー

Tags: , , , , ,

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、Summer Davos(サマーダボス会議)in Asia, Annual Meeting of the New Champions 2012に招待されました。世界のGlobal Shapers Communityからは20名しか選ばれないそうで大変光栄です!

Summer Davosは今回が6年目にあたり、中国の天津で9月に開催されます。今回のテーマが「Creating the Future Economy」になり、90カ国から1,500人の下記メンバーが参加します。

New Champions
・Global Growth Companies、グローバルのビジネス観点で今後成長が期待されるまたは業界をリードする人
・Global Shapers、20から30歳の若者で、世界の公益の為、起業家精神を分かち合える人材
・ Social Entrepreneurs、イノベーティブなビジネスソリューション及びパートナーシップのモデルを持ちながら社会的な変化をもたらす人
・ Technology Pioneers、人間の生き方等を変えるイノベーションや技術を開発して長期的にビジネスや社会に影響を与える人
・ Young Global Leaders、政界や、ビジネス、メディア、文化・学術研究などの分野で実績を上げ、将来的に国際舞台で活躍が期待される40歳以下の人物
・Young Scientists、科学的分野で偉大な研究をしている世界の研究員

New Champions以外のメンバー
・Foundation Members and Partners、世界の起業家や役員で戦略や技術を担当している人
・Public Figures、エネルギー、環境等を担当している首相、大臣や政治家
・Faculty and Global Agenda Council Members、オピニオンリーダー
・Media Leaders、編集長やコラムニスト

他にも世界を代表する会社のCEO等が集まります。Summer Davosのテーマ「Creating the Future Economy」について、下記4つのsub-themeも議論されます。
・Rethinking traditional markets and existing value chains
・Rising to societal challenges through entrepreneurial solutions
・Reinventing institutions and industries through innovative models
・Recognizing the new frontiers of science and technology

既にWorld Economic Forumの専用SNSでは、Annual Meeting of the New Champions 2012に向けてネット上で議論されてますので大変楽しみです!来月の前十字靭帯損傷手術及び入院生活を乗り越えて9月にはSummer Davosで議論して参ります!

*世界経済フォーラム(ダボス会議)とは…
ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは…
世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト
第1弾:Shapers Camp 2014
第2弾:Re-Generate Japan
第3弾:はたらくママのための育児タクシー

Tags: , , , , ,