St. Gallen Symposium

スイスで開催された44th St. Gallen Symposium参加レポート

スイスで開催された44th St. Gallen Symposium(サンガレンシンポジウム)にLeaders of TomorrowのKnowledge Pool及びスピーカーとして招待され、以前の40th St. Gallen Symposiumに続き2回目の参加でした。5月開催されたのですが、今までブログを書けてなくて…大分遅くなりました。。。 4年ぶりのSt. Gallen訪問でしたが、懐かしく以前と同じく空港では専用受付デスクが用意されてました。ボランティアの学生さんが切り盛りをしていて、空港から大学まで学生さんの運転で連れてってくれました。 Leaders of Tomorrowの初日はグループに別れ、各スポンサーオフィスを訪問してのディスカッション。僕はAccentureにてビッグデータの政府や企業の利用方法に関して議論されました。更に、ソーシャルメディアの規制や、disruptiveビジネスでUber vs. Hailo(ちょうどUberの法務担当者がいたので熱い議論になりました)などの話で盛り上がりました。 メイン会場のセッション、今年のテーマは「The Clash of Generations」、世代のギャップなどに関して議論されました。参加者最年長は88歳の経済評論家、最年少は中国のLeader of Tomorrow22歳でした。様々な文化や年齢層の人が世界中が集まり、パネルディスカッションからグループディスカッションで色々と考えさせられました。 更に、今年はパネリストとしても参加して、トピックリーダーProf. Klaus Wellershoffの元、「Older is not necessarily better」のセッションにてマネックスグループ株式会社、取締役会長の松本大さんとご一緒させて頂きました。以前ダボス会議のセッションのレポーターをした際にご一緒させて頂きましたが、毎度のように斬新なアイデアでオーディエンスを圧倒してました。日本では二人とも若手(僕が松本さんは若手でないと途中で発言して笑いを取ったり…大変失礼致しました!w)の立場として、今までの日常で”歳”で壁にぶつかった経験などを語りました。議論はビジネス、社会、政治に及びましたが、若手のエンパワーメント、がんばり及び継続的に発言して行く事で社会を変えて行く必要があると結論になりました。セッション中は年配の方 vs. 若手で議論がヒートアップして、途中ヒヤヒヤしましたがエキサイティングな時間でした。 オリンピックアスリート室伏広治選手のゴールドメダリストセッションにも参加して、記念撮影。継続的にメダルを獲得する困難や、アスリートスピリットを感じれました。懇親会にても色々とお話が聞けて楽しかったです。 St. Gallen SymposiumではJapan Nightが開催され、日本酒が沢山振る舞われました。早朝から起きて、メールや電話、日中は1日セッションに出たりパネルディスカッション、夜は交流会や飲み会に繰り出し、海外のカンファレンスは体力勝負でした。前回はイベント直後に帰国しましたが、Hailo本社イギリス出張の為、スイスのザンクト・ガレンを満喫する時間もありました。前回に続き大変充実したシンポジウムでした。しかし今年でLeader of Tomorrowの年齢制限に達したので、再度スピーカーまたはLeader of Todayで呼ばれるように頑張ろうと思います! St. Gallen Symposiumとは… 40年以上の歴史を誇り、毎年5月にスイスのSt. Gallen大学のキャンパスで開催され世界の政・官・財・学、各界のリーダー約600人、各国メディア代表約150人、各国学生200人、総勢約1,000人が参加する国際シンポジウムです。4日の開催期間中、スピーカー の発表を基に、世代、文化、国情、産業を異にする参加者各々に共通する諸問題について意見交換の場となっています。

スイスで開催される44th St. Gallen Symposiumにパネリストとして参加決定

スイスで開催される44th St. Gallen Symposium(サンガレンシンポジウム)にLeaders of TomorrowのKnowledge Pool及びスピーカーとして招待され、以前の40th St. Gallen Symposiumに続き2回目で貴重な機会を頂き大変光栄です。 St. Gallen Symposiumは、40年以上の歴史を誇り、毎年5月にスイスのSt. Gallen大学のキャンパスで開催され世界の政・官・財・学、各界のリーダー約600人、各国メディア代表約150人、各国学生200人、総勢約1,000人が参加する国際シンポジウムです。4日の開催期間中、スピーカー の発表を基に、世代、文化、国情、産業を異にする参加者各々に共通する諸問題について意見交換の場となっています。 今年のテーマは「The Clash of Generations」、世代のギャップなどに関して議論します。トピックリーダーProf. Klaus Wellershoffの元、パネリストを務めるセッションは「Older is not necessarily better」でマネックスグループ株式会社、取締役会長の松本大さんとご一緒させて頂きます。英語になりますが下記がセッションの内容です。 The seniority system remains a strong element of Japan, which can affect other developed countries as well as soon-to-be developed countries. Many believe that the seniority system was first developed because of…

no image

スイスで開催された40th St. Gallen Symposiumに参加してきました!

スイスで開催された40th St. Gallen Symposium(5月3日〜5月7日)にLeaders of TomorrowのKnowledge Poolとして招待されて参加してきました!St. Gallen Symposiumは40周年目の特別イベントで、テーマが「Entrepreneurs – Agents of Change」でした。モバイルやインターネットが普及してグローバル化しているなか、どうやって変化に応じてビジネスをするかLeaders of Today(今日のリーダー)とLeaders of Tomorrow(リーダー候補)によって議論されました。日本からは楽天株式会社の三木谷浩史さんなどがパネリストとして参加。 St. Gallen Symposiumには世界で活躍している企業のCEO(Leaders of Today)や起業家(Leaders of Tomorrow)が参加。Leaders of Tomorrowだけで、49カ国から200名が集まり、Leaders of Tomorrowの中ではアメリカで9歳から起業した方やイギリスで12歳から起業してギネスレコードを持っている人などがおりました。世界の場では役職や名前は通じないので、elevator pitchのように短時間で自己アピールがとても重要でした。 St. Gallen Symposiumは全て学生団体が運営しておりまして、お金は色々な企業からスポンサーを受けてます。このような大規模なおかつ豪華なパネリストが集まる中、ディベートやディスカッションができてとてもエキサイティングでした。特設会場、パネリスト用の高級車の手配、スイス空軍のアクロバット飛行、夕食会を含む全ての行事が用意されてました。 このようなイベントに参加できてとても光栄でして、世界の起業家に会えてとても刺激的な1週間でした! 驚いた事 ・エストニア共和国ではインターネットを使えば10分で起業できる ・インドでは登記するのに4~5ヶ月かかる ・Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学)からは毎年300社が起業されている St. Gallen Symposiumでの使われた刺激的な言葉 ・My son is now an “entrepreneur.” That’s what you’re called when you…