知り合いの藤永さん(ジェントルふじふじ)が企画しているセミナーのご案内を頂きました。参加されたい方は参加登録が必要なためメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

日時:2010年3月12日(金曜日)19:30 ~ 22:00
場所:オークタワー1階会議室(新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー1F)
定員:200名
参加費:1,000円

テーマ
・日本のモバイルの強みは何? コンテンツ、UI、課金etc…
・公式CPはどこへ向かう?
・アフィリエイトはどこへ向かう?
・もうモバイルメディアは食えない?
・「一般」クライアントという妄想はどこへ?
・ソーシャルにみんなが行ったらまた同じこと?
・ソーシャルメディアにおけるモバイル広告とは? 結局課金CPなのか?
・僕らが今、すべきこと。

パネラー
尾下 順治(エフルート / CP・メディア)
椙原 誠(mixi / メディア・PF)
井島剛志(サミーネットワークス / CP)
千島航太(オプト / 代理店)
高木誠司(ライブレボリューション / 代理店)
對馬 誠英(DeNA / ASP・メディア・PF)
佐俣アンリ(リクルート / CP)
木村新司(アトランティス / アドエクスチェンジ事業)

コーディネーター
ジェントルふじふじ(Eagle)
イセオサム(ハロ)

Tags: , ,

知り合いの藤永さん(ジェントルふじふじ)が企画しているセミナーにてジェイ・シード株式会社の投資先、Maneo株式会社(マネオ)の代表取締役社長妹尾氏が講演をします。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

日時:2010年1月25日(月曜日)20:00 ~ 21:30
場所:中野坂上校(エフルート株式会社 ハーモニータワー15階)
定員:50名
参加費:3,000円

講師:
maneo株式会社 代表取締役社長 妹尾賢俊 氏
法人顧客とは対照的に個人顧客に対してオーダーメイドのサービスを提供できていない現状の金融業界を変えたいと考え、10年勤めた銀行を退社し、現在に至る。
「2012年の市場規模はグローバルベースで10兆円」

2005年、イギリスで画期的なサービスが開始されました。Webを通じて、お金の借り手と貸し手をマッチングする「ソーシャルレンディング」。有りそうで無かった「コロンブスの卵」みたいなサービスですが、そのムーブメントはあっという間に世界に広がり、今では40以上の事業者が世界中でサービスを運営しています。ハーバードビジネスレビューでも「革新的なサービス」として取り上げられ、2012年の市場規模はグローバルベースで10兆円と推測されているこのサービス。

いったい何が魅力的なのでしょうか・・・?

次世代の金融プラットフォームとして期待されるソーシャルレンディングを日本で初めてスタートさせたmaneo株式会社の妹尾氏が、ソーシャルレンディングについて語ります!!

<講義アジェンダ>

●ソーシャルレンディングが拓くこれからの社会

・海外および国内のサービス動向
・maneoの使命と可能性
・サービス開始1年の成果と課題

●ソーシャルレンディングで創業

・融資にはどのようなものがあるか
・日本政策金融公庫のばあい
・信用保証協会のばあい
・その他の創業支援融資
・ソーシャルレンディング
・創業当初に付き合うべき金融機関

●あなたのサイト運営にソーシャルレンディングの仕組みを。

・自社会員から運営資金を調達する
・maneoと連携して、会員同士の互助システム

Tags: , ,

Mobile Yakan Daigaku

知り合いの藤永さん(ジェントルふじふじ)が企画しているセミナーにてシリコンバレー特攻プロジェクト「JIMs on the Plane」の報告会として講演をさせて頂きます。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

日時:2009年11月27日(金曜日)20:00 ~ 21:30
場所:中野坂上校(エフルート株式会社 ハーモニータワー15階)
定員:50名
参加費:3,000円

講師:梅澤亮
株式会社トラフィックゲート 自社媒体ユニットディレクター
ジェイ・シード株式会社 執行役員

学生時代から複数の事業立ち上げに携わり、上智大学・比較文化学部を2007年9月に卒業。
最近では「TG Ad for iPhone」や「コエタン!音声駅名検索 東京版」を企画。

「シリコンバレーのビジネス最新報告」
10月末に4泊6日で計6名で視察旅行をしてきました。

話の発端は「テキーラの会」であつまった、
シリコンバレーの現状を把握及び空気を吸おうという企画で、

その場で共鳴した、

尾下順治さん:エフルート株式会社 代表取締役
田中祐介さん:株式会社フラクタリスト 創業者/取締役
松本貞行さん:株式会社エクストーン 取締役
上村亮さん:株式会社エクストーン エンジニア
C.ジェフリー・チャー:ジェイ・シード株式会社 代表取締役
と、一緒に、ホットな企業の方々とお会いしてきました。

訪問企業は、Facebook、Zynga、Google、Yahooなど計20社。

それぞれの体験から得た、
アメリカでの気付きポイントについて
お話をさせて頂きます。

<お話すること>

・ソーシャルアプリの開発の裏
・モバイルビジネス
・Mediation Layer(アドネットワーク)
・海外でのビジネスの仕方

Tags: ,

Mobile Yakan Daigaku

知り合いの藤永さん(ジェントルふじふじ)が企画しているセミナーのご案内を頂きました。講演者は以前ryoが運営しておりましたMobile Monday Tokyoでもプレゼン頂いている田中祐介さんです。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

日時:2009年9月25日(金曜日)20:00 ~ 21:30
場所:中野坂上校(エフルート株式会社 ハーモニータワー15階)
定員:50名
参加費:3,000円

講師:
株式会社フラクタリスト 創業者 取締役
1996年、有限会社電脳隊を設立。2000年、同社をヤフー株式会社に売却し、株式会社フラクタルコミュニケーションズ(現株式会社フラクタリスト)を設立。

「中国に進出した企業としての苦労と気づき」
1.中国進出のケーススタディ:フラクタリストチャイナの事例をもとに
2.日本と中国のモバイルインターネット関連企業の比較と成功の仮説
3.第三世代携帯電話の開始した中国市場の概況と今後の展望

すでに7億人を超え、世界最大の携帯電話加入者を有する中国市場はモバイルインターネット関連企業にとって規模の面では魅力的な市場にみえる一方、過去数年間、日本のモバイルインターネット関連企業で中国に進出した企業が必ずしも成功をしたという話はあまり多くありません。むしろ進出したものの撤退にいたってしまった企業が少なからずあり、難しい市場という印象のほうが強いかと思います。

講演者の田中氏は2003年にフラクタリストチャイナを創業しております。
フラクタリストチャイナでは中国でのモバイルマーケティング関連事業をテーマに、2005年より現地最大手キャリアであるチャイナモバイル(中国移動)と提携して展開しています。
フラクタリストチャイナも未だに成功を収めるにはいたっていませんが、日系企業として中国での創業のきっかけから、現在に至るまでの紆余曲折してきた苦労話の中から、中国市場に日本のモバイルインターネット企業が進出する際の留意点と今後の成功にむけての仮説と問題提起についてお話させていただきます。

Tags: , ,

Mobile Yakan Daigaku

知り合いの藤永さん(ジェントルふじふじ)が企画しているセミナーのご案内を頂きました。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

日時:2009年9月29日(火曜日)20:00 ~ 21:30
場所:六本木ヒルズ校(Klab株式会社 六本木ヒルズ20階)
定員:40名
参加費:3,000円

講師:
橋本謙太郎 – 株式会社コニット 代表取締役
モバイルアプリケーションを開発を行っており、iPhone/Android/Windows Mobile/Black Berryなどのスマートフォン市場をメインターゲットとしている。

「アプリ内課金でようやく儲けのしくみを作ることができるようになりました。」

いままでiPhoneアプリ販売は、ダウンロード売り切りでした。
それゆえ、既存のモバイルコンテンツプロバイダーは入り込めない領域でしたが、いよいよチャンス到来となります。

今後は、最初から一式セットを出さなくてもいいし、継続使用料もとれることになります。
知恵次第では、ユーザからたくさんのお金をいただくことができるのです。
とはいえ、システムも一気に複雑化しています。
いまのうちに吸収しておきましょう。

アプリ内課金のしくみ
・何故アップルじゃなくコニットなのか?
・アプリ内課金の「レシート」という概念
・アップル課金認証サーバの役割
・コンテンツサーバとアプリ内ライブラリと管理画面
・コンテンツDLとレシートのみDL違い

アプリ内課金の用途事例
・雑誌、動画、きせかえ、ゲームアイテム、

アプリ内課金が可能にする3つのビジネスモデル
・コンテンツの属性
・消耗型
・恒久型(再ダウンロードOK)
・期間限定

アイデア次第で、マネタイズポイントが生まれます。
議論もまじえて、新たな方向性を探ります。

Tags: , ,