St. Gallen Symposium

スイスで開催された44th St. Gallen Symposium(サンガレンシンポジウム)にLeaders of TomorrowのKnowledge Pool及びスピーカーとして招待され、以前の40th St. Gallen Symposiumに続き2回目の参加でした。5月開催されたのですが、今までブログを書けてなくて…大分遅くなりました。。。

St. Gallen Symposium Airport

4年ぶりのSt. Gallen訪問でしたが、懐かしく以前と同じく空港では専用受付デスクが用意されてました。ボランティアの学生さんが切り盛りをしていて、空港から大学まで学生さんの運転で連れてってくれました。

St. Gallen Symposium Accenture Session

Leaders of Tomorrowの初日はグループに別れ、各スポンサーオフィスを訪問してのディスカッション。僕はAccentureにてビッグデータの政府や企業の利用方法に関して議論されました。更に、ソーシャルメディアの規制や、disruptiveビジネスでUber vs. Hailo(ちょうどUberの法務担当者がいたので熱い議論になりました)などの話で盛り上がりました。

44th St. Gallen Symposium

メイン会場のセッション、今年のテーマは「The Clash of Generations」、世代のギャップなどに関して議論されました。参加者最年長は88歳の経済評論家、最年少は中国のLeader of Tomorrow22歳でした。様々な文化や年齢層の人が世界中が集まり、パネルディスカッションからグループディスカッションで色々と考えさせられました。

44th St. Gallen Symposium Oki Matsumoto Ryo Umezawa

更に、今年はパネリストとしても参加して、トピックリーダーProf. Klaus Wellershoffの元、「Older is not necessarily better」のセッションにてマネックスグループ株式会社、取締役会長の松本大さんとご一緒させて頂きました。以前ダボス会議のセッションのレポーターをした際にご一緒させて頂きましたが、毎度のように斬新なアイデアでオーディエンスを圧倒してました。日本では二人とも若手(僕が松本さんは若手でないと途中で発言して笑いを取ったり…大変失礼致しました!w)の立場として、今までの日常で”歳”で壁にぶつかった経験などを語りました。議論はビジネス、社会、政治に及びましたが、若手のエンパワーメント、がんばり及び継続的に発言して行く事で社会を変えて行く必要があると結論になりました。セッション中は年配の方 vs. 若手で議論がヒートアップして、途中ヒヤヒヤしましたがエキサイティングな時間でした。

Koji Murofushi Ryo Umezawa

オリンピックアスリート室伏広治選手のゴールドメダリストセッションにも参加して、記念撮影。継続的にメダルを獲得する困難や、アスリートスピリットを感じれました。懇親会にても色々とお話が聞けて楽しかったです。

St. Gallen Symposium Japan Night

St. Gallen SymposiumではJapan Nightが開催され、日本酒が沢山振る舞われました。早朝から起きて、メールや電話、日中は1日セッションに出たりパネルディスカッション、夜は交流会や飲み会に繰り出し、海外のカンファレンスは体力勝負でした。前回はイベント直後に帰国しましたが、Hailo本社イギリス出張の為、スイスのザンクト・ガレンを満喫する時間もありました。前回に続き大変充実したシンポジウムでした。しかし今年でLeader of Tomorrowの年齢制限に達したので、再度スピーカーまたはLeader of Todayで呼ばれるように頑張ろうと思います!

St. Gallen Symposiumとは…
40年以上の歴史を誇り、毎年5月にスイスのSt. Gallen大学のキャンパスで開催され世界の政・官・財・学、各界のリーダー約600人、各国メディア代表約150人、各国学生200人、総勢約1,000人が参加する国際シンポジウムです。4日の開催期間中、スピーカー の発表を基に、世代、文化、国情、産業を異にする参加者各々に共通する諸問題について意見交換の場となっています。

Tags: , ,

GSC Osaka NEXT Project

World Economic Forum(世界経済フォーラム/ダボス会議) のGlobal Shapers Community(グローバルシェイパーズコミュニティ)大阪hubが8月12日から17日に「グローバルシェイパーズ・キャンプ」を開催します!自分の進路をじっくり考えたい、高校生&大学生世代のみなさん、20代で起業したり、社会課題に挑戦するNPOを立ち上げた人たちと一緒に、合宿をしてみませんか?東京hub所属ですが、キュレーターの徳瑠里香さん及び僕も参加致します。是非周りの人への告知をお願い致します。

【高校生・大学生向けグローバルシェイパーズ・キャンプ!】

グローバル・シェーパーズと共に、自分の将来について真剣に考えてみませんか?
■こんな学生さんにおすすめです!
「やりたいことがあるけど、自信がない」
「やりたいことが見つからない」
「人とは違う仕事がしたいけどどうしたらいいかわからない」
「就職活動に悩んでいる」
「就職活動はまだ先だけど不安だ」
「自分が本当にやりたいことについて悩んでいる」
もし思い当たる節があれば、ぜひ応募してみてください。

■グローバルシェイパーズ・キャンプとは?

昨年に続き、今回が第二回目。
自分の進路を考えるキャリアデザインと、社会課題を考えるソーシャルデザイン、実はつながっている2つが、このキャンプのメイン!
「自分をもっと深く知る」「自分のやりたいことに自信を持つ」「自分の将来について真剣に考える」 あなた自身がどんな思考をするのか、どんな物事に向いているのか等、自己を見つめなおすキャリアデザインの機会を提供し、多様な価値観を持ったGSC大阪hub及び東京hubのメンバーや、生の社会課題に触れることで、社会に対して自分がどのような役割を果たしていけるのかを考えるソーシャルデザインの機会を提供します。

■キャンプ詳細
・日程:2014年8月12日から17日(5泊6日)
・会場:NPO共育学舎(和歌山県新宮市熊野川町西敷屋1022 旧敷屋小学校)

舞台となる共育学舎は、廃校になった木造校舎。日常とは隔絶された場所だからこそ、集中して自分に向き合うことができます。5泊6日という短くない期間ですが、プログラムだけでなく寝食を共にすることで、今後も続いていく人間関係ができます。廃校という場所から、過疎・少子高齢化という地方における一つの社会課題も学んでいただければと思います。部屋は男女別のドミトリー形式。お風呂は毎日、近くの温泉へ。食事は共育学舎の畑でとれた新鮮な野菜を自分達で調理します。

・参加費:無料(食費、宿泊費、交通費、保険代込)
・募集人数:20名前後
※全国の学生が対象です
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
・主催:Global Shapers Community大阪hub、NPO共育学舎(会場提供)
・共催:日本コカ・コーラ株式会社
・問い合わせ先:info.globalshapers.osaka@gmail.com
・お申込み:http://goo.gl/SoxZm8
※お申込期限:7月27日(日曜日)まで
※お預かりした個人情報については本イベント、および今後の関連するイベントのみに使用するものとし、公的機関からの情報提供・開示を求められない限り情報を第三者に渡すことはありません。

GSC Osaka NEXT Project Outing

■主なプログラム
・シェイパーによるレクチャー
・ワークショップ
・起業の疑似体験
・レクリエーション
・カウンセリング・メンタリング
・フォローアップおよび継続サポート
・合宿卒業制作(Webコンテンツ)

World Economic Forumとは…
ジュネーヴに本部を置く非営利団体である。スイスのダボスで開催される年次総会が特によく知られており、選ばれた知識人やジャーナリスト、トップ経営者や国際的な政治指導者が一堂に会し、健康や環境等を含めた世界が直面する重大な問題について議論する場となっている。

Global Shapers Communityとは…
・世界160カ国において形成される若手リーダー(優れた潜在能力、または実績を持ち、社会に貢献する強い気概を持つ若者)のコミュニティ
・将来、社会のリーダーとしての潜在を要した若い人材
・20から30歳の若者で、世界の公益の為、起業家精神を分かち合える人材である

■Global Shapers Community大阪hubからの参加者
小野邦彦 株式会社坂ノ途中代表取締役
小山修平  eConnect Japan株式会社代表取締役
有村拓朗  NPO法人SPANISIMO JAPAN 代表理事
大前はるよ 兵庫県議会議員
川口加奈  NPO法人 Homedoor 理事長
後藤将 株式会社アトレ CEO
坂野晶 合同会社RDND
三田果菜  Happy Beauty Project 代表
田川香絵 NPO法人スマイルスタイル理事
谷優子 オルウィン株式会社
並河哲次 新宮市議会議員
藤井隆嗣  GEEKS株式会社代表取締役会長
藤木健史 奈良先端科学技術大学院大学
吉川雄介 株式会社ベネッセコーポレーション

■Global Shapers Community東京hubからの参加者
徳瑠里香 株式会社講談社
菅原聡 グローブプロジェクト 代表理事
梅澤亮 ジェイ・シード 株式会社 執行役員 / ヘイロー・ネットワーク・ジャパン株式会社 GM

Tags: , ,

Klaus Schwab in WEF Japan MTG 2014

先週World Economic Forum(世界経済フォーラム/ダボス会議) Japan Meeting 2014が開催されました。3年連続Global Shapers Community(グローバルシェイパーズコミュニティ)のメンバーとして出席してきました。Japan Meetingは世界経済フォーラムの日本支部会で、フォーラムの創設者クラウス・シュワブ氏の来日に合わせて日本のフォーラムメンバーが集まります。

Shinzo Abe Klaus Schwab in WEF Japan MTG 2014

今年も安倍晋三内閣総理大臣を始め複数の大臣、政治家、大手企業の経営者、起業家や各国の大使等豪華な面々が参加。前回のJapan Meetingで株式会社ドワンゴ夏野剛さんの宣言通りセッションがニコニコ生放送で放映され、ニコファーレで行われました。今年はGlobal Shapers Communityの渉外担当でもあるので、2日目セッション準備の関係上残念ながら最初のセッションから参加することはできませんでしたが、1日目はLeveraging Collective Intelligence for Unprecedented Challengesテーマのもと、アベノミクス、オリンピック、イノベーションなど様々なトピックに関して議論されました。

Ryo Umezawa WEF Japan MTG 2014

中国や韓国など、隣国との関係に関してのセッションで政治的視点など色々と議論されてましたが、Global Shapersの年代ですとビジネスや”飲みニケーション”を中心に仲良くなり経済を作りますとコメントさせて頂きました。笑

2日目はGlobal Shapersで企画したセッションを行い、オリンピック選手や起業家など、様々なお話が展開されました。

10:00~11:00 北東アジアシェイパーズとのセッション(日中関係、アジア諸国関係)
モデレーター:王遠耀氏 株式会社キング・テック 代表取締役社長
北東アジアGS:(北京Kathy)、香港Sky Siu、台湾 Kai-Cheng Ho、ソウルBumryung Yoo
吉岡利代 Global Shapers東京hub

11:15〜12:15 起業
モデレーター:宮澤弦 Global Shapers東京hub
須田将啓氏 株式会社エニグモ 代表取締役 最高経営責任者
村田雅行氏 キラメックス株式会社 代表取締役社長

12:30~13:30 投資
モデレーター:梅澤亮 Global Shapers東京hub
高宮慎一氏 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナーCSO
高岡美緒氏 マネックスグループ株式会社 執行役員 新規事業企画室長

14:45~15:45 スポーツの可能性について
モデレーター:菅原聡 Global Shapers東京hub
栗城史多 Global Shapers東京hub
遠藤謙氏 ソニーコンピュータサイエンス研究所 太田雄貴 Global Shapers東京hub
為末大氏 株式会社R.project

16:00〜17:00 音楽
モデレーター:西川翔陽 Global Shapers東京hub
Hannes Graah氏 Spotify日本支社代表
Kiel Berry氏 Machine Shop Executive Vice President

Mio Takaoka Shinichi Takamiya Ryo Umezawa
投資セッションでは高宮さん及び高岡さんの面白い経験談など大変貴重なお話をありがとうございました!全てのセッションは下記にて記事化されてます。

http://gendai.ismedia.jp/category/gsct

今回のJapan Meetingで素敵な出会いも沢山あり、充実した会議でした!

World Economic Forumとは…
ジュネーヴに本部を置く非営利団体である。スイスのダボスで開催される年次総会が特によく知られており、選ばれた知識人やジャーナリスト、トップ経営者や国際的な政治指導者が一堂に会し、健康や環境等を含めた世界が直面する重大な問題について議論する場となっている。

Tags: , ,

Ermenegildo Zegna

Italian Embassy entrance in Tokyo

ドメニコ・ジョルジ駐日イタリア大使がエルメネジルドゼニア2014年春夏コレクションスペシャルイベントを大使公邸で開催するとの事でご招待頂きました。

Toyota Century

当日はゼニアのご好意でハイヤーでのお迎え!ホスピタリティーが行き届いてます。

Italian Embassy in Tokyo

色々な大使館にお邪魔していて、どこも豪華ですが、イタリア大使館はかっこいい!

Measurement for Zegna Jacket

ブランドアンバサダーのエンツォ・ダレッサンドロが来日していて、アドバイスもらいながらスーツなどをオーダーメイドできるとの事で注文を決意。w メジャメントをしてもらいました、肩からウェストまで色々な箇所を測られて、ジャケットのコンセプトを一緒に考えながら微調整を加えてもらいました。最終的なコンセプトは遊びでもビジネスでも兼用できるジャケットになりました。

Ermenegildo Zegna Fabrics

生地選択は時間が掛かりました…種類が豊富で、素材は大変良いが値段もピンキリ…しかしどれも高い!w オーダー後、イタリアで作るため何ヶ月か待つ形になり、ワクワクです!

Ermenegildo Zegna Order Made Jacket

先日ジャケットが届いてピックアップ時の写真、色々と微調整をかけたのでピッタリフィット。人生の中で一番高い洋服の買い物でしたが、大変満足してます。これからもっと頑張って仕事して稼がないと思いました。笑 生地が大変上品で作るのをオススメします!

Tags: ,

Annual Meetings of the New Champions 2013

World Economic Forum(世界経済フォーラム)のGlobal Shapers Community(グローバルシェイパーズコミュニティ)の日本代表(U30)として、Summer Davos in Asia, Annual Meeting of the New Champions 2013(サマーダボス会議)に2年連続で参加させていただきました。世界のGlobal Shapers Communityのネットワークは256 支部、2671名までに拡大しており、そのうち参加選出枠は62名ということで、貴重な機会を頂き大変光栄です。開催は今年の9月だったので少し前のイベントにはなりますが、去年に続き大変刺激的な時間を過ごすことができましたので内容を少しレポートしたいと思います。

Annual Meetings of the New Champions 2013_2

最近知ったのですが、Global Shapersはスポンサーの尽力により旅費を含む参加費は無料で参加させて頂いているのですが、その他、企業やYoung Global Leaderを代表して参加される方々は数百万円の年会費や、会議参加にかかる諸費用を負担した上で参加されているとのこと。参加のチャンスを頂けたことに改めて感謝しました。

世界経済フォーラムは年に2回開催されていますが、通称ダボス会議と呼ばれる所以である、スイスのダボスで冬季に開催される本会議は政治寄り、中国で夏季に開催される総会は経済寄りの内容になっています。今回のテーマは「Meeting the Innovation Imperative」、世界中の政治、経済、学術等の分野で活躍する著名人が集まり、各分野の革新的な取り組みや商品、今後のInnovationのあるべき姿、また起業家の発掘やその支援方法等についてセッションや議論が繰り広げられました。開催地の中国の大連では、この会議のために大規模な会場を新設するなど、万全の受け入れ態勢が敷かれておりダボス会議にかける意気込みを感じました。

Innovate

前回のようにセッションをホストすることはありませんでしたが、個人出資しているインタレストマーケティング社のプロダクト「Kolor」をInnovate!に応募したところ多数のInnovativeプロダクトから見事選出され、ブースをもらってプロダクトを紹介することができました。

Innovate Kolor Interview

Kolorはソーシャルメディア上の影響力や、興味関心(インタレスト)等からセグメントしたターゲットにプロモーション情報を配信できるサービスです。そのサービスモデルやO2Oへの展開などについて中国のメディアからも大変注目いただき、現地のテレビ局2社からのインタビューにもお答えしました。

Embrace

Innovateで他には知人のJane Chenさんの「Embrace」も選出されていました。こちらは寝袋型の保育器で、保育器等の十分な設備がない発展途上国で低体温症対策を行うために開発された器具です。Embraceは一定の温度で状態変化する「相変化物質」で、状態の変化に合わせて熱を吸収したり、逆に熱を放出したりするといった性質を持っています。この物質をお湯に溶かすと一定の温度を4〜6 時間保つことができ、寝袋のポケットに挿入することで赤ちゃんの保育器として機能することができます。また、再加熱すると繰り返し利用できるので、資源やコストの負担を削減することも可能です。

Annual Meetings of the New Champions 2013 Jazz

ダボス会議では、様々なトークセッションに加えジャズ演奏等の特別セッションも数多く開かれます。こういった特別セッションに参加できる参加者はダボス会議の運営メンバーのリクルーティングによって選定されるので、会議の公式ガイドには載ってないものも多数あります。前回参加時に運営メンバーとディスカッションをして僕のことを理解してもらえたこともあり、専門分野であるentreprenerurshipがテーマのフィンランド首相の特別セッションに参加することが出来ました。ダボス会議に日本の現職大臣が参加するのは今回が初となりましたが(下村博文文部科学大臣と山本一太内閣府特命担当大臣が参加)別の特別セッションでは下村博文文部科学大臣と日本の起業環境や今後の教育に関して、大臣と議論する時間を頂くこともできました。

ダボス会議は、世界経済や政治に議論する場であり、参加者の交流プラットフォームでもあります。参加者1人1人がそれぞれ大変ユニークで、毎回、Innovationを起こそうとしている活気をすごく感じます。皆さんアクション志向が強く、スタートが立ち話だったとしても、そこから具体的なアクションを起こし、様々なプロジェクトがこのプラットフォームから立ち上がっています。僕も、ダボス会議で色々なご縁を頂いて本当に感謝しています。

Yuki Ota Masashi Goto Ryo Umezawa

世界経済フォーラムは1971年から実に40年にわたって世界中のリーダーを一堂に集め、世界的課題の解決に取り組んでいます。先日、その功績をたたえられ、会議の創設者であるスイスの経済学者、クラウス・シュワブ博士が日本で叙勲を受章されました。日本人でも大臣経験者しか対象にならない旭日大綬章という名誉ある受賞で、博士による「政、財、学、官を結びつけ、世界的課題への解決を探る地道な努力と実績」が評価されてのことだそうです。この叙勲を記念した祝賀パーティーも開催され、日本の現職大臣など、政財界から参加された多くの方々と共に博士の叙勲をお祝いしました。パーティーに合わせて来日された博士は「世界的な課題に政治家、経済人、学者、ジャーナリストなど全員の力を合わせて取組み解決する時代です」と語っておられ、僕もその一員として参加することに改めて身が引き締まる思いでした。上の写真はパーティーでお会いしたフェンシングの太田雄貴選手(Global Shapers東京hubメンバー)と株式会社アトレの後藤将さん(Global Shapers大阪hubメンバー)。後藤さんが太田さんのファンだとの事で記念撮影させていただきました。

Global Shapers任期中、ダボス会議への参加は原則1回のところ、2回も参加の機会を頂いたので次回は流石に難しいと思いますが、また来年も是非参加したいと思っています。限られた人が集まる会議ですが、大変有意義な時間が過ごせますので、招待を受け取った方は是非参加してみて下さい!

Tags: , , , , ,