shape-asia-pacific-2016

今年3月に世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として「SHAPE Asia Pacific 2016・シェイプ ・ アジアパシフィック2016広島」を開催しました。SHAPEは世界経済フォーラムの公式イベントとして大陸ごとの地域イベントで年1回企画案ベースに開催国が選ばれますが、G7広島外相会合推進協議会との共催もあり初めて日本が選ばれました!

第二次世界大戦終結から70 年世界各地で争いが生まれ続ける今、改めて「平和とは一体何なのか」を問い直すとともに、持続可能な社会と平和構築に向けて、原爆被爆都市である広島県にて世界37ヶ国、62ハブ、112名のグローバルシェイパーズが集まりました。2日間に渡り、feel(原爆被爆都市としての広島の歴史、僧侶による日本仏教的な視点における平和観、世界中で平和活動に従事するシェイパーの経験)→think(様々な環境で育 ち、文化や信条を持ったシェイパーたちが、自分たちの価値観を軸にしながら、平和のテーマで対話)→act(多様性、良心、共有価値創造のセッションをからのアクションアイテム)を実行しました。上記動画は今週完成して改めて見たのですが運営に携わってたのもあり感動モノです。笑

shape-asia-pacific-2016_2今回ファンドレイズチーム+Diversity(多様性を通じた持続可能な平和構築について)パネルを担当したのですが、、、開催ギリギリまでお金足りるかなとヒヤヒヤしながらなんとか開催できてホッとしました。苦笑 さらに、多様性に関しては国籍や民族等属性だけでなく、視点や対話・コミュニケーションの重要性がパネルディスカッションやグループワークにて熱く議論されました。グローバルシェイパーズとして多様性を推進して行くにあたり、多様性をテーマにした曲を作るプロジェクトも発足したのでこちらも大変楽しみ。Shape Hiroshimaは学びが大変多くエキサイティングな2日間でした、またいつか日本で開催したいです!

*世界経済フォーラム(ダボス会議)とは…
ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは…
世界経済フォーラムによって任命される、33歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400以上の拠点で 4,000名以上のシェイパーが活動しています。

*「SHAPE」イベントとは…
世界経済フォーラムの公式イベントとして、グローバルシェイパーズが主催・実施する、大陸ごとの地域イベントです。アフリカ、アジア太平洋、中国、ユーラシア、ヨーロッパ、中南米、北米及びカリブの9地域で開催され、政府関係者、 企業、起業家や市民社会の代表者など、あらゆるステークホルダーと密接に関連しながら、互いに学び合い、各地域が抱 える社会課題の解決に向けたアクションを議論する機会を創出しており、地域特化型・若者版のダボス会議ともいえます。 2016年は、アジア太平洋地域の代表開催地として日本・広島が選出されました。

*グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト
第1弾:Shapers Camp 2014
第2弾:Re-Generate Japan
第3弾:はたらくママのための育児タクシー

Tags: , , ,

andrej-nabergoj_ryo-umezawa

文部科学省+スポーツ庁+文化庁主催、世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)協力で開催されたスポーツ・文化・ワールド・フォーラム(World Forum on Sport and Culture:通称スポーツダボス?)にグローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として先月参加してきました。ラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、関西ワールドマスターズゲームズ2021など国際競技会が続けて日本で開催されるので「All Together!共に創ろう。新たな成長」のテーマで2日間に渡り開催されました。The Economistジャパン・サミットと同じ日程でしたので、、、一部のみの参加になりましたが、いつもお世話になっている起業家兼ヤング・グローバル・リーダー(Young Global Leader)のAndrej Nabergojやご無沙汰している人に多数会えて有意義な時間を過ごせました。

world-forum-on-sport-and-culture

参加したバーチャル世界と生きる(Your Health in Virtual World)セッションではスマートフォンやテクノロジーの依存症について議論されました。スマートフォンの依存で画面を見る際に下を向きますが首への負担が多く、30度の角度で頭には17kg、60度ですと27キロを載せている想定。さらに、人間は通常200度の感覚・視覚がありますがバーチャルリアリティは30度に限定するのでテクノロジー依存症は精神的なだるさを起こすそうです。もちろんテクノロジーが全て悪い訳ではなく、Andrejが以前立ち上げた会社はTalking Tom Catをリリースした際、言語障害がある人の症状改善などに役立ち、お医者さんなどに治療方法の一つとして研究され成果も出ております。改めてテクノロジーへの依存、応用方法を考慮しながらの生活を考え直す必要があると感じました。セッションも大変勉強になりましたが、世界各国から多数のヤング・グローバル・リーダーが集まりましたので楽しく交流できた2日間でした!

*世界経済フォーラム(ダボス会議)とは…
ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。

*グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは…
世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。

Tags: , , ,

florian-kohlbacher_ryo-umezawa_yoichiro-hirano

先月The Economist主催、「ジャパン・サミット:未来の仕事像」イベントにてテクノロジーの可能性:今後日本は生産性を向上できるのか?のお題でパネリストとして参加させて頂きました。HAILO株式会社(ヘイロー)顧問としての登壇でしたが、なぜかマクロの話を振られたので、、、日本が持続的成長を実現するにはテクノロジーを活用してリモートワーク、クラウドコンピューティングやAI(アーティフィシャルインテリジェンス:人工知能)などを応用すると生産性が上がると語りました。苦笑 大企業vs.中小企業、製造業vs.サービス業では内容が別れると思いますが、例えばサービス業のタクシーですとAIを活用した自動運転技術が発展することにより一部のドライバーさんの仕事スタイルは変わりますが、タクシーは人間業ですのでホスピタリティ、コンシェルジュ、介護など様々な分野では引き続きタクシー内で人は必要になるので技術+人間の融合による調和が重要になると思います。登壇の詳細はインフォテリア株式会社の広報ブログに掲載されてます。

florian-kohlbacher_ryo-umezawa_yoichiro-hirano2

パネルディスカッション後に司会のThe Economist Florian Kohlbacherさん、インフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎さんと記念写真。ガッツポーズを求められましたが、、、話したマクロ経済的な内容に不安を持ったので大人しく写りました。笑

yuriko-koike_sarah-birke

他のセッションでは経済産業大臣、一億総活躍担当大臣や日本銀行総裁をはじめ名だたる登壇者がおりましたが、東京都小池百合子知事の基調対談に聞き入りました。2020年東京オリンピック、築地問題、育ボス宣言、ワークライフバランス、社会での女性活躍など様々なトピックについて想いを語り、東京を良くしていく発言などがかっこよかったです。席も壇上目の前でしたので話し方や仕草などが細かく見れましたが、政治家は語るのが上手いと改めて思いました。笑 これから日本をはじめ東京がどう進化していくかマクロ的に楽しみに思ったイベントでした。

Tags: , , ,

hkfyg_ryo

先週Hong Kong Federation of Youth Groups(香港青年協會)が主催のLeaders to Leaders 2016に招待頂き2日間に渡り登壇、ワークショップを開催して参りました。こちらのイベントは世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の香港ハブもサポートをしており初日の講演では台風にも関わらず100名以上の香港で起業家志望の学生がオーディエンスに集まりました。

hkfyg_andrew_ryo_emmy_ernest

左2番目からErnest Chan, Founder & Project Manager, AESIR Limited:梅澤:Emmy Li, Executive Committee, Project Vision CharitableFoundation:Andrew Shirman, Founder & CEO, Education In Sight兼グローバルシェイパーズコミュニティの北京ハブと豪華なスピーカーが集まりました。学生さんはギラギラした目で真剣に聞いてたのと中学生の反応があまりなく話の途中大丈夫かなと思い心配でしたが、、、パネルディスカッションに移った際に質問も多く、投資先社長が採用手法で使っている誕生日占いなどの話をしたところ会場が大変盛り上がり一安心。

hkfyg_students

会場の皆さんとセルフィー、人が多くて写真に収まらない!笑

hkfyg_students2

登壇+パネルディスカッション後はグループに分かれて難しい質問責め。笑 中では経営者としてのタイムマネージメント手法、チームのモーチベーション上げ方、チームの採用方法など多岐に渡り質問の内容も考え抜かれていて大変驚きました。皆さん色々な中学校から選ばれた生徒だけあり、大変優秀で今後世界を代表する起業家がこのグループから育つと思います!質問を答えているだけで自分自身も考え直した部分もあり勉強になりました。笑

hkfyg_students3

さらに二日目は20名ほどで中学生から大人まで幅広く集まったメンバーでワークショップを開催。去年の“Shape China 2015″にてHAILOについてプレゼンした際に一番投資したい会社に選ばれたのもあり、、、自分が渡されたワークショップのお題は資金調達など”効果的なプレゼン”手法でした。一番ベーシックのWhy、How、Whatを考えながらそれぞれプレゼンしたいトピックについて練習を行い大変有意義な時間を過ごせました。学生のピュアな視点など色々と話も聞けて充実した2日間でした!

Tags: ,

10thArienaikai

突発的に気まぐれで行う”ありえない人”が集まる飲み会を久しぶりに開催します!以前は頻繁に開催していた為、レギュラー参加者が出てきたので少し見送ろうと思ったら5年が経ってました。苦笑 参加するにあたって、色々なルール及び条件がありますので気をつけて下さい。あくまでも気軽(役職や所属会社に捉われず)にフラットでおいしく食べて飲める会を目指しているので!笑

「ありえない会!」第10回
日時:2016年1月29日(金曜日)20:00スタート
場所:神保町
参加方法:招待制または個別にご連絡下さい!
定員:先着30名まで
参加費:男子 6,000円、女子 4,000円

参加条件:

1. ありえない程〜毎日働いている方
2. ありえない程〜イノベーションを起こしたい人
3. ありえない程〜飲める方
*参加条件の1 & 2の方は途中参加あり!
*上記1~3どれかにあたはまらないと参加NGです
*お酒飲めない方も参加OKです

当日ルール:

1. 名刺交換はNG(It’s Friday Night!!! Why work!?)
2. 英単語使用はNG(Once again, it’s TGIF!)
例:Piano、LINE、Facebookなど全てNGワード!
3. たばこはNG(お店の前のオープンスペースはokです!)
4. 色々な方とお話しましょう
5. 遅刻者は入り口で_ _ _ _を○ショット!(遅刻時間に応じて…)
*1~2の違反をされた場合は毎回罰金1,000円または_ _ _ _のショットになります。お金の使い道は半分チャリティで半分は夕食代の支払いに回させて頂きます。

ついついつられて飲む方用の事前準備+お勧め:

1. カバンは会社に置いて集まりに参加されるのがお勧めです
2. 名刺に自宅の住所を記載してタクシー代をクリップでとめて下さい

Tags: