日本政府

山本一太内閣府特命担当大臣との意見交換会、検討状況報告会

以前行われた山本一太内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策、情報通信技術・IT政策、海洋政策・領土問題も担当))との意見交換会で話されたトピックに関して検討状況報告会が開催されました。前回と同じく政府側からは遠藤政府CIOを始め、参事官などが中央合同庁舎に集まり、改めて日本政府のIT政策に関して熱い議論が繰り広げられました。写真は左から株式会社Cerevoの岩佐琢磨さん、株式会社ユビキタスエンターテイメントの清水亮さん、梅澤亮、山本一太内閣府特命担当大臣、株式会社インフォシティの岩浪剛太さん、株式会社アプレッソの小野和俊さん、株式会社jig.jpの福野泰介さんでした。 5回に分かれて開催された意見交換会の多数のアイデアから下記が採用された意見でした。 ・米国ベンチャーキャピタルの日本への招聘 → 新政策として打ち出す方向 ・技適(技術基準適合証明/認定)PSEにおける手続き上の問題 → 更なる調査を行う方向 ・国が発注するIT事業に対するベンチャー企業の参入促進 → 本年度中目途に、参加資格要件の見直しやベンチャー優先枠の設置に向けて、IT室と共同で検討・対応する予定 ・デジタル教科書の早期実現、若年層におけるプログラミング教育の推進 → 創造宣言に「プログラミング教育」を大幅に追加・明記 ・投資型クラウドファンディングに係る規制強化の問題 → IT室として引き続き状況をフォロー 今回の議論において、一番の成果は平成26年6月24日に閣議決定された世界最先端IT国家創造宣言改定に今回の意見が反映された事です。特にIII.1.(3)が幅広い分野にまたがるオープンイノベーションの推進等→起業家精神の創発とオープンイノベーションの推進等に変更された事により、シリコンバレーとの連携、ベンチャー企業、起業家支援を政府が前向きに取り込む事になりました。今後の意見交換会にも招待されて発言できるように、事業頑張ります!

山本一太内閣府特命担当大臣との意見交換会

今月前半に山本一太内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策、情報通信技術・IT政策、海洋政策・領土問題も担当)と第4回+5回若手IT経営者との意見交換会に参加させて頂きました。月曜日と金曜日に計4時間で開催されました。 山本一太さんとは世界経済フォーラムの年次総会 “Summer Davos 2013”で色々とディスカッションさせて頂いたのもあり、今回招待頂いた次第です。政府側からは遠藤政府CIOを始め、参事官などが大臣室に集まり、日本政府のIT政策に関して熱い議論が繰り広げられました。 当日は各民間経営者が10分程の自己紹介と政府へのIT政策案を出す形で、その後は議論でした。下記が個人的に提案した内容です。 1. 外貨の収入を増やす為に特化したアクセラレーター ・海外での創業支援及び海外拠点(主要国大使館)の提供 ・外務省(ビザの部分)及び経済産業省(ネットワーク)が海外で日本のstartup支援 ・民間企業経営者が長期滞在して支援 2. プログラミング教育 ・開発のベーシックを義務教育化して、日本のITリテラシー及び英語能力の向上 3. ハードウェアベンチャーと大手の提携支援 4. 社外取締役の増員、特に外人及び女性 5. 国内のwifi化 6. 政治家のIT活用促進と情報配信 山本一太大臣は熱心に提案や話を聞いて頂き、質問の数も多く、即行動に移そうとする”execution”能力が高いと感じました。その場で政府職員に確認をして、進められる具体策の議論まで行われました。また時間を開けて再度開催されるかもなので、またディスカッションできるのが楽しみです。 最後に参加者全員で記念撮影、左からミュージックセキュリティーズ株式会社の小松 真実さん、梅澤亮、山本一太内閣府特命担当大臣、インフィニティ・ベンチャーズLLPの小林雅さん、株式会社WiLの伊佐山元さんでした。