スマートフォン

株式会社アドウェイズ主催のアプリ海外進出セミナー中国マーケット

水曜日に株式会社アドウェイズが主催したアプリ海外進出セミナー、中国マーケットに関してのイベントに参加してきました。プレゼンは株式会社アドウェイズ 海外事業部(愛徳威広告(上海)有限公司)堀井良威さんから始まり、中国のマーケットについての説明をした。  中国のスマートフォンマーケットデータ ・10億人が携帯を持っている(人口13億人) ・5億人が携帯電話でインターネットに接続 ・2億人がスマートフォンを保有 ・1億人が3G回線を契約 *1億人が回線を契約しているが、100万人のマーケットが100個存在するようなイメージ ・30% iOS、70% Android ・高価格帯が高いシェア 50% 4000 RMB 30% 1500 – 4000 RMB 20% ~1500 RMB(今一番売れている、大衆向けに安い端末を販売) ・OSと月収の関係、高収入になるとiOSが多い、大衆はAndroid iOS 15% Android 33% ~3,000 RMB 44% iOS 52% Android 3001~6000RMB 41% iOS 15% Android 6001~RMB *参考値、サラリーマンの月収が6,000RMB 日本との大きな違い ・パケット通信定額制はない(主に96RMBを払い、340MB、通話240分のプランが主流) ・Wi-FI環境が整備済み、コーヒーショップなどでWifiのパスがもらえる ・移動中のゲームではなく、お店で利用 ・PC経由でアプリをダウンロードする人が多い、全ダウンロード数の約30%~40% ・iOSはJail Breakされている人が多数(Jail Breakが既にされて売れているケースが多い) ・weiboなどのソーシャルネットワークを活用してアプリのダウンロードを訴求 ・アプリ紹介ランディングページを用意するのが重要 ・ブロガーなどバイラルマーケティングも有効 中国iPhone App Storeの3月カテゴリーランキング、ゲームが圧倒的の模様。最近注目されているゲームアプリではRed Atoms社(2009年設立)が提供している三国来了、2012年3月7日にリリース後Top…

スマートフォンを使って決済できるTabbedoutアプリ

日本ではプリペイドでFelicaを採用しているEdy、Suicaやnanaco、ポストペイドではQuickPayやiDなどがある。海外ではPayPalやSquareやNFCの技術を使った決済が出てきている中、去年出張で訪問したアメリカ、オレゴン州のポートランドのBaileys Taproom(ビールバー)で試したiPhone/AndroidアプリのTabbedoutが大変便利だ。(去年書き忘れていたブログのひとつ…) バーやクラブが主な使用場所になるが、アメリカだと飲み物を注文する際”tab”にするかしないかを決める。(tabとはその日の晩に支払うべき勘定のことで、run a tabだと当日限りだが勘定をつけておく事ができる)tabにした際クレジットカードをカウンターの人に渡すが、慣れてないまたは酔っぱらうとtab及びクレジットカードを忘れて帰るケースがある。 Tabbedoutアプリの利用方法としては…   まずお店を選び新たにクレジットカードを登録するまたは登録済みのクレジットカードを選定後”Open Tab”をタッチ。 お店の定員に認証画面を見せると”tab”が開かれる。 POSのレジでも名前が表示される。 支払う際はチップを足して”pay tab”をタッチすると完了。 その他の機能: ・tabを支払ったあと、レシートをメールで送ってくれる ・Twitter、Facebook、Foursquareとの連携 Tabbedoutの強みとしては他の決済プラットフォームとは異なり、Tabbedoutはスマートフォン端末のみにクレジットカード番号を暗号化して保存するのでサーバー上で個人情報が盗まれる危険性が低い。普及の難点としてはPOSと連動させる必要があるのと、日本を考えると”tab”制度がないので日本に参入するにはローカライズが必要になる。 アメリカに行かれる際はアプリを持っているととても便利だ。 *今のところアプリはアメリカのApp Storeからしかダウンロードできない

no image

英国モバイル・コンテンツ&スマートフォン ビジネスフォーラム「英国からグローバル展開の機会を探る」

駐日英国大使館から下記ご案内を頂きました。参加されたい方は参加登録が必要なためメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2011年3月4日(金曜日)13:00 – 18:30 (午後5時~ネットワーキング・レセプション) 会場:駐日英国大使館(千代田区一番町1) 定員:120名 (受講は抽選とさせていただきます。) 特別協力:一般社団法人 モバイル・コンテンツ・フォーラム 日本でも急速な普及を見せているスマートフォン。海外スマートフォン市場でのコンテンツビジネスの成功には、現地市場に対応したローカルのマーケティング活動やビジネスモデルの構築がキーとなります。英国は、欧州ひいては米国、新興国市場へのビジネス展開の足がかりとして重要な拠点です。英国内スマートフォンユーザーの市場規模や潜在的需要の可能性、整ったWiFiインフラ整備、さらにコンテンツビジネスをサポートする出版・広告・テレコム・メディアの中心地として、安定したセールス基盤づくりに最適です。このフォーラムではモバイル・コンテンツ・フォーラム岸原氏による英国視 察報告と共に、英国のスマートフォン市場の最新情報とビジネスの機会を詳しく案内いたします。 イベント概要 「英国モバイル・コンテンツ&スマートフォン市場視察レポート:最新状況と海外展開の可能性について」 講師:一般社団法人 モバイル・コンテンツ・フォーラム 常務理事 岸原 孝昌 氏 「英国モバイル・コンテンツ&スマートフォン産業とキービジネス分野の現状:日本企業にとってのビジネスチャンス」 講師:英国貿易投資総省 デジタルテクノロジー&コンテンツ セクター・チャンピオン トニー・ヒューズ 氏 「BBC:TV放送コンテンツのモバイルビジネス展開について」TV視聴者の細分化にいかに対応するか。放送コンテンツをモバイルビジネスへ 講師:BBC フューチャーメディア&テクノロジー部 モバイル事業 ヘッド ニック・ギャロン 氏 「スマートフォン先進国・英国から見たモバイル広告市場の可能性 」スマートフォンにおけるSEO :ナショナル・クライアントを巻き込んだモバイル広告メディアの展開と収益戦略 講師:SOMO社 COO カール・ウミンスキー 氏

no image

第10回 Swedish ICT/Wireless Technology Conference

スウェーデン大使館、商務部・投資部林秀樹さんから下記ご案内を頂きました。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2010年11月9日(火曜日)13:30 ~ 20:00 会場:港区六本木スウェーデン大使館オーディトリアム+大使館展示ホール 同時通訳付き 参加費:無料 スウェーデン大使館におきましては毎年この時期恒例の「Swedish ICT/Wireless Technology Conference」を開催いたします。今回は10回目の記念すべき年となります。今年のコンフェレンスは、「New application paradigm – the world of smart」をテーマにします。革新的なインターネットデバイスであるスマートフォンの登場が引き起こすビジネス。サービス、コミュニケーション、メディアにおいて新たなスタイルを創造し、変化を要求するパラダイムシフトについて焦点をあてます。特に今回「New application paradigm – the world of smart「に関連して下記の4名の方にご講演を頂きます。 スピーカー: 株式会社NTTDoCoMo アプリケーション企画担当部長 山下 哲也氏 KDDI株式会社 サービス・プロダクト企画本部長 増田 和彦氏 日本エリクソン株式会社 CTO 藤岡 雅宣氏 日本エリクソン株式会社 小田 稔周氏 以上4名のキーノートスピーカーの方々に加えて、今回参加するスウェーデンの3社は精巧なソリューションや技術を皆様にご紹介いたします。 スウェーデン参加企業: TAT社 Brent Mori氏 Harbour Front社 Magnus Ahlden氏 Ocean Observations社 Sofia Svanteson氏 プログラムの概要 13:30 : 開場・受付開始 14:00 : スウェーデン大使による開会の挨拶 14:10 : 基調講演-1「スマートフォンが導く新世界:…

no image

Android Bazaar and Conference 2010 Spring

日本Androidの会から下記ご案内を頂きました、参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2010年6月26日(土曜日)9:30 ~ 18:00 場所:東京大学駒場キャンパス13号館1階(東京都目黒区駒場3-8-1) 参加費:無料 対象:Androidに興味をもつすべての開発者及びユーザ 主催:日本Androidの会 The NPD Group Inc.が米国時間2010年5月10日にまとめた同年第1四半期の米国スマートフォン市場調査ではAndroid端末の販売シェアが28%となり、Apple Inc.の「iPhone」を抜いて2位となりました(iPhoneは3位)。 変化は、携帯の世界だけにとどまりません。先の5月20日にGoogle I/Oにおいて発表のあったGoogle Inc.とソニー株式会社の協業は、家電業界にAndroidをより一層印象づけた出来事と言えましょう。 「スピーカー」 基調講演:Androidの現在とメディアの未来 丸山 不二夫氏 日本Androidの会 会長、早稲田大学大学院 客員教授 招待講演:Google Inc. ・未来を開く鍵:Smart & Application 山下 哲也氏 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画担当部長 ・KDDIのAndroidへの取り組みについて 上月 勝博氏 KDDI株式会社 サービス・プロダクト企画本部 オープンプラットフォーム部 課長 ・Android端末「IS01・SH-10B」における、シャープの開発方針 白石 奈緒樹氏、 重田 大助氏 シャープ株式会社 通信システム事業本部 NB商品開発センターNB第1ソフト開発部 ・アプリ・コンテンツマーケット「andronavi」の機能紹介と配信サービスについて 徳間 康晋氏 NECビッグローブ株式会社 アプライアンス事業開発本部マネージャー ・Changes 小林 弘明氏 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社 営業本部 マーケティング部 統括部長…

no image

「Future of Apps キックオフカンフェレンス」で講演致します!

株式会社ベストクリエイトが主催する次世代アプリ開発者向け、マネタイズ支援プラットフォームのFuture of Apps キックオフカンフェレンスにてパネリストとして参加させて頂きます。 日時:2010年6月4日(金曜日)19:00 ~ 21:00 場所:東京国際フォーラム ホールB7(有楽町) 参加費:無料 主催:株式会社 ベストクリエイト 後援:(株)光通信 、(株)サイバーエージェント・インベストメント、SBIインベストメント(株) 概要:Future of Appsでは、新しい発想で次世代アプリを開発していただけるクリエイターやエンジニアの方を募集します!制作時に必要な資金の支援(最大3ヵ月分)も行います。課金プラットフォームも勿論ご用意。また、アプリを作ってからの次の壁、集客(ユーザー獲得)までも最大限にバックアップ!予算10億円をかけた壮大なプロジェクト。 第一部:企画概要説明/市場予測プレゼン/協賛企業スピーチ 第二部:パネルディスカッション「どうなる!?スマートフォン」 基調講演: 赤羽 雄二氏(ブレークスルーパートナーズ株式会社) モデレーター: 田中 祐介氏(ピド株式会社 代表取締役) パネリスト: 林 信行氏(ジャーナリスト) 服部 義一氏(テレコムサービス株式会社 代表取締役) 梅澤 亮 Future of Appsとは… 次世代アプリコンテンツ市場をリードするクリエイターエンジニア発掘プロジェクト、それがFuture of Appsです。「アプリを作りたいけど資金が無い!」「コンテンツを作っても利益にならない!」そんなあなたをベストクリエイトが全面バックアップ!iPhone、Android 用アプリやGREE、mixi、モバゲータウン用のソーシャルアプリ、携帯電話用モバイルアプリ等、幅広いジャンルのアプリの開発からリリース、マネタイズまでを支援致します。あなたも次世代をリードするアプリコンテンツ開発に挑戦してみませんか?