国境を越えるパイオニアラウンドテーブルで登壇

政策研究大学院大学ラウンドテーブルの様子

政策研究大学院大学(GRIPS)のSciREXセンター(科学技術イノベーション政策研究センター)が主導する「破壊的・インクルーシブ・イノベーションプロジェクト」において、2日間に渡りGRIPSラウンドテーブルおよびGRIPSシンポジウムが開催されました。

初日・Day1のラウンドテーブルにEast Ventures(イーストベンチャーズ株式会社)を代表して登壇させて頂きました。East Venturesは2010年に設立され、世界各国のシード段階及び成長ステージIT企業に対して(主にアジアを中心)400社+投資を行っております。

ラウンドテーブルでは、SDGsで掲げられている社会課題を解決するための達成に向けた破壊的インクルーシブ・イノベーションとベンチャーの可能性・挑戦のテーマを元に飯塚倫子教授及びジェラルド・羽根非常勤講師・日立製作所がファシリテーターを務め、ベンチャー企業、起業家、ベンチャーキャピタルが参加して、大変熱い議論が交わされました。

私からはサステイナブル尚且つグローバル展開した投資先の事例などの紹介をさせて頂きました。イノベーション vs. サステイナブルと思われがちですが、サステイナブルイノベーション(社会及び企業の持続可能な成長)を目指し、グローバル展開する投資先企業の柔軟性が今以上に求められるので、今後も新たな社会価値を生み出す企業を応援できればと議論後思いました。

当日の資料や詳細に関しては下記からアクセス可能です。

http://www.grips.ac.jp/jp/oldnews/20190221_5722/