英国政府貿易・投資担当大臣と文化、メディア及びスポーツ大臣と面談

  • URLをコピーしました!

Secrety of State SajidJavid_Ryo Umezawa

11月に2週間連続でイギリス(英国政府)貿易・投資担当大臣(Minister of State for Trade and Investment)Lord Livingston氏と文化、メディア及びスポーツ大臣(Secretary of State for Culture, Media and Sport)The Rt Hon Sajid Javid MP氏が来日したのでHAILOを代表してイギリス大使館に招待されました。

HAILOはイギリスを代表する世界展開しているスタートアップでもあり、日本での事業展開やオリンピックに向けての準備、今後参入予定のイギリス企業の為のアドバイス、イギリス政府及び大使館として今後の役割についておよそ1時間程議論しました。当日はイギリス企業で日本参入している会社の代表や、イギリスに支社を設けている会社の経営者が集まりました。

Secrety of State SajidJavid_Ryo Umezawa2

世界でビジネス展開する会社は「Think Global Act Local」が常に求められます。業種にもよりますが、ビジネス習慣ではイギリスは比較的日本と似ているので他の国と比べると取引は楽かもしれませんが、どの国にも独特の文化があるので理解をするのが重要と再認識しました。大臣2名はビジネスフィルド出身者でもあり、話の理解が大変早く、具体的な質問などが飛び交いました。更に、貿易・対英投資部商務館のフォローがあり、ディスカッション後もround tableに集まったメンバーで交流の為の紹介など、イギリス大使館のイギリス企業に対しての手厚いサービスに驚きです。当日一番の驚きが、イギリス政府の大臣が若い事でした、日本も同じように今後若く民間企業出身者の大臣が増えればと思いました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ryoのアバター ryo 何でも屋

10年間にわたるフィリピン滞在を経て、上智大学・比較文化学部を卒業。学生時代から様々な事業の立ち上げに携わり、サラリーマン、起業、国内+外資系企業社長、取締役、顧問、株主などをスタートアップ及び上場企業で経験。

目次
閉じる