no-image

第138回 秋葉原デジコンサロン「デジコロジー社会とジャーナリズム」

以前参加させて頂いたイベントからご案内を頂きました。デジタル・テクノロジーについてのセミナーで意見交換などができる会です。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

テーマ:「デジコロジー社会とジャーナリズム」
日時:2010年3月24日(金曜日)18:30 ~ 21:30
場所:デジタルハリウッド大学秋葉原メインキャンパス
(〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階)
会費:1次会 500円
懇親会:20:00くらいから1時間程度(別途実費)

主催:デジコンサロン
協力:デジタルハリウッド大学

ゲストスピーカー:
西尾安裕(にしお やすひろ)氏
デジタルハリウッド大学院客員教授。デジコンサロン代表世話人

1942年生。1965年ニッポン放送入社。学生時代からテレビ、ラジオ、新聞、インターネットの各メディアを経験。特にマルチメディアやインターネットの企画とプロデュースを手がけ、「マックワールド・エキスポ東京」(1991)「デジタル・コンバージェンス」(1994)のプロデューサーを始めインターネットと放送の融合などのプロジェクトに従事。 現在デジタルハリウッド大学院客員教授。デジコンサロン代表世話人。編著書など:大衆政治家西尾末廣,昭和巨人伝;共著(文芸春秋社),デジタル社会(BNN )ほか。

概要:
毎日のニュースは私たちの生活にとって必要不可欠な存在です。最近ではニュースの主要な情報源はテレビとインターネットが上位を占め新聞のパワーダウンが目立っています。また、ケータイ電話やPDAの普及で、ニュースは時間や場所を選ばずいつでもどこでも入手できるようになりました。インターネットやモバイル環境はジャーナリズムを大きく変えようとしています。

今回のデジコンサロンでは、テレビや新聞、ラジオなどオフライン・メディアとインターネット、ツイッターなどのオンライン・メディアを比較しながらジャーナリズムの現状と未来について考えてみたいと思います。なお、デジコロジー社会とは、デジタル社会が進化したデジタルテクノロジーの活用で実現するエコロジカルな循環型社会を意味し、私の研究テーマでもあります。

デジコンサロンとは…
マルチメディア、インターネットに代表されるデジタル・テクノロジーは私たちの生活やビジネス基盤を大きく変えようとしています。「デジコン・サロン」はデジタル・テクノロジーによって実現される私たちの未来がより良い社会であることを願ってささやかにオープンいたしております。ゲストのスピーチとQ&Aという定型的な勉強会ではなく、タイムリーなテーマについて参加者全員で情報、知識、意見を交換しあいながら互いに切磋琢磨できる肩の凝らないサロンを目指しています。