no-image

第137回「秋葉原デジコンサロン」

以前参加させて頂いたイベントからご案内を頂きました。デジタル・テクノロジーについてのセミナーで意見交換などができる会です。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

テーマ:「3DCG・映画」
日時:2010年2月26日(金曜日)18:30 ~ 21:30
場所:デジタルハリウッド大学秋葉原メインキャンパス
(〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階)
会費:1次会 500円
懇親会:20:00くらいから1時間程度(別途実費)

主催:デジコンサロン
協力:デジタルハリウッド大学

ゲストスピーカー:
有限会社パムリンク
藤本 裕之氏

プログラマ兼業ライター。著書に「プログラマを笑え」その他。
最新刊は「Mac OS X/iPhoneのためのCocoaプログラミング入門」。
有限会社パムリンク勤務。

概要:
・CG(コンピュータグラフィック)と3Dの関係
CG = 3Dではありません。どのような技術を使ったCGが3DCGなのか,という基本をおさらい。
・3DCG技術進歩の概略
数学に偏りがちな技術的な解説は避け(ワタシもそこまで詳しくないので),YouTubeなどで実際の作例を見ながらどんなことがどんなふうに可能になってきたのかを概説。
・立体映像のあれこれ
話題の3D映画「アバター」などが立体に見えるのは,必ずしもCGのおかげではありません。「立体に見えること」と「3DCG」の関係について説明。
・3DCGの今後
これは時間があればなんですが,私の友人のコイケさんが作っている,全く新しいコンセプトに基づく3DCGのプログラムEmonをデモしたいと思います。

デジコンサロンとは…
マルチメディア、インターネットに代表されるデジタル・テクノロジーは
私たちの生活やビジネス基盤を大きく変えようとしています。
「デジコン・サロン」はデジタル・テクノロジーによって実現される私たちの未来が
より良い社会であることを願ってささやかにオープンいたしております。
ゲストのスピーチとQ&Aという定型的な勉強会ではなく、
タイムリーなテーマについて参加者全員で情報、知識、意見を交換しあいながら互いに
切磋琢磨できる肩の凝らないサロンを目指しています。