no-image

第134回「秋葉原デジコンサロン」

デジコンサロン

以前参加させて頂いたイベントからご案内を頂きました。デジタル・テクノロジーについてのセミナーで意見交換などができる会です。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

テーマ:「アニメーションビジネスの現状と将来(仮)」
日時:2009年9月25日(金曜日)19:00 ~ 21:30
場所:デジタルハリウッド大学秋葉原メインキャンパス(〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階)
会費:1次会 500円
懇親会:20:30くらいから1時間程度(別途実費)

主催:デジコンサロン
協力:デジタルハリウッド大学

ゲストスピーカー:
布川 郁司(ぬのかわ・ゆうじ)氏
株式会社ぴえろ 代表取締役社長
一般社団法人日本動画協会 理事長
東北芸術工科大学 客員教授

昭和22年2月11日、山形県酒田市に生まれる。
昭和42年、日本デザインスクール卒業後、アニメーション会社朋映プロ入社。
アニメーターとして、「宇宙少年ソラン」「冒険ガボテン島」等に加わる。
その後、虫プロ、スタジオジャックなどを経て、竜の子プロダクションに入社。

アニメーターから演出家となる。主な作品として、
「カバトット」「タマゴン」「いなかっぺ大将」「てんとう虫の歌」「キャシャーン」
「タイムボカン」「ヤッタ―マン」など、多数の作品を担当する。
約6年の竜の子時代を経て、昭和52年4月、スタジオぴえろを発足、
「みつばちマーヤ」を手がけ、昭和54年5月7日には、株式会社スタジオぴえろ設立に至る。

最初の作品「ニルスの不思議な旅」から数えておよそTVシリーズ72作品以上、
映画15タイトル以上を制作している。

平成14年5月の日本動画協会設立時に監事に就任し、以後も協会活動に深く関わる。
平成15年に常務理事、平成19年には副理事長を歴任後、
平成21年5月より理事長に就任、現在に至る。

概要:
1.3Dアニメーション、立体視アニメーションといった世界的な関心時への対応
2.制作会社とキャラクター販売会社との経済的な関係と日本のビジネススタイル
3.アニメーターの確保と人材育成の概要
4.ケータイやネットを利用した流通体系の進展状況
5.アニメーション周辺で起きている新規ビジネスの状況等

デジコンサロンとは…
マルチメディア、インターネットに代表されるデジタル・テクノロジーは
私たちの生活やビジネス基盤を大きく変えようとしています。
「デジコン・サロン」はデジタル・テクノロジーによって実現される私たちの未来が
より良い社会であることを願ってささやかにオープンいたしております。
ゲストのスピーチとQ&Aという定型的な勉強会ではなく、
タイムリーなテーマについて参加者全員で情報、知識、意見を交換しあいながら互いに
切磋琢磨できる肩の凝らないサロンを目指しています。