no-image

第133回「秋葉原デジコンサロン」

デジコンサロン

以前参加させて頂いたイベントからご案内を頂きました。デジタル・テクノロジーについてのセミナーで意見交換などができる会です。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

テーマ:「次世代ケータイネットワーク」
日時:2009年7月28日(月曜日)19:00 ~ 21:30
場所:デジタルハリウッド大学秋葉原メインキャンパス(〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階)
会費:1次会 500円
懇親会:20:30くらいから1時間程度(別途実費)

主催:デジコンサロン
協力:デジタルハリウッド大学

ゲストスピーカー:小檜山賢二(こひやま けんじ)氏
(慶應義塾大学名誉教授/OpenWP合同会社代表社員)
1942年4月東京生まれ。
1965年3月ニューギニア・マウントハーゲン昆虫生態調査。
1967年3月慶応義塾大学工学部電気工学科修士課程修了。
1967年4月日本電信電話公社入社。電気通信研究所において、
ディジタル無線通信方式(PHS等)の研究に従事。
1976年3月工学博士(慶応義塾大学)。
1992年7月無線システム研究所所長。
1996年6月NTT‐AT社専務取締役。
1997年10月慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科教授
現在は慶應義塾大学名誉教授/OpenWP合同会社代表社員。
【主な著書】
『ケータイ進化論』(NTT出版 2005年)
『虫をめぐるデジタルな冒険』(岩波書店 2005年)
『地球システムとしてのマルチメディア』(NTT出版 1996年)
『わかりやすいパーソナル通信技術』(オーム社 1995年:共著)
『パーソナル通信のすべて』(NTT出版 1995年:共著)
『白蝶』(グラフィック社 1989年)
『鳳蝶』(講談社 1986年)
『日本の蝶・続日本の蝶』(山と渓谷社 1971年、1972年:共著)
など

概要:
いまや携帯電話は日常生活に不可欠に存在になっていますが、
機能や技術革新のスピードも早く機能や用途の拡大と多様化は、
単なる通信機能からモバイル・コミュニケーション・デバイスとしてさらなる進化を遂げています。
並行してインフラや技術の進化も目覚ましく最近では高速無線通信技術WiMaxが注目されています。
7月のデジコンサロンは、携帯電話の草創期から現在のモバイル文化の創造と発展に貢献してこられた
慶應義塾大学名誉教授の小檜山賢二さんにWiMaxの話題や最近のモバイル環境や
近々出版予定の昆虫の写真集などについてお話をお聞きします。
小檜山さんは最近広帯域移動無線アクセスシステム(地域WiMAX)のサービスを行う
オープンワイヤレスプラットフォーム合同会社の代表社員に就任されています。
(西尾安裕記)

デジコンサロンとは…
マルチメディア、インターネットに代表されるデジタル・テクノロジーは
私たちの生活やビジネス基盤を大きく変えようとしています。
「デジコン・サロン」はデジタル・テクノロジーによって実現される私たちの未来が
より良い社会であることを願ってささやかにオープンいたしております。
ゲストのスピーチとQ&Aという定型的な勉強会ではなく、
タイムリーなテーマについて参加者全員で情報、知識、意見を交換しあいながら互いに
切磋琢磨できる肩の凝らないサロンを目指しています。