no-image

国際大学・情報発信合同セミナー2008年10月

知り合いの前田さんが企画しているイベントのご案内を頂きました。

日時:2008年10月21日(火曜日)16:00 ~ 18:00

場所:国際大学GLOCOMホール(東京都港区六本木6-15-21-2F)

参加費:無料

参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

カナダ・ケベック出身の世界的に有名な「シルク・ドゥ・ソレイユ」が今月初めに、年間を通じて公演できる専用シアターを東京ディズニーリゾートに開設して、 新しいプレイ「ZED」を披露していることはお聞き及びのことと思います。私どもはこの機会をとらえて、月例の情報発信セミナー10月会合で、日本とカナダの特別な関係(経済、資源、技術、芸術などの面)について、一方では北米NAFTAの視点から、他方ではケベックの視点から
取り上げます。

まずパート1(英語)では、カナダ・ケベック州東京事務所の経済担当官のDaniel Dignard氏に、最近の北米NAFTAおよびカナダ経済の動向、中でもケベック州の持つ特別の役割と日本との関係についてお話しいただき、それに次ぐパート2(日本語)では、このたび「日本ケベック学会」(The Japan Association for Quebec Studies)を立ち
上げられた小畑精和明治大学教授に、カナダ・ケベックの持つ魅力と日本との関係、および学会立ち上げの意義についてプレゼンをしていただきます。