Yinglan Tan

Yinglan Tanさん主催のウェブセミナー「Chinnovate」で講演しました!

本日Yinglan Tanさんが主催したChinnovate(ChinaビジネスとInnovationのミックスで主にオンライン雑誌を提供しているサイト)のウェブセミナーにパネリストして参加させて頂きました。Chinnovateのウェブセミナーのオーディエンスはアジア圏のCEOなどが参加していて、20人以上いる企業のCEOしか参加できないなどの条件があります。 テーマはInnovations by Young Entrepreneurs in AsiaでスピーカーはSimon Newstead(CEO and Co-Founder of Frenzoo)、 Etienne  Van den Bogaert(Director of SCCP Payment Service Holdings)、Collin Thompson(Co-Founder of Cipher International)及びモデレーターのShiva Venkatraman(Senior Vice President, Strategic Services of Siloon Software)とご一緒させて頂きました。 上記がウェブセミナーの模様。初めて使ったサービスですが、anymeetingsはウェブカメラとパワーポイントなどを同時に見せながらcall in番号があるので、画面をシェアしてパネルが進んでいく。パネリストは皆様々なビジネスをしており、モバイル決済、3Dファッション及びライフスタイル、モバイルのラグジュアリーライフスタイルソーシャルネットワークなどで最近のイノベーションやアジア圏のビジネスチャンスやアントレプレナーシップについてのお話をしました。土曜日の朝からでしたが、オーディエンスも熱心に質問したりとてもインタラクティブなセッションで大変貴重な体験ができた。

シンガポール政府のベンチャー支援とYinglan Tanさん

先日シンガポールでPenn Olson主催のStartup Asia Singaporeにて「sakebii」のピッチをした際、2年前から交流も持たせて頂いているYinglan Tanさんと会ってきました。Yinglanさんとは以前スイスで開催された40th St. Gallen Symposiumでお会いして、Leaders of TomorrowのKnowledge Poolとして参加した同士だ。YinglanさんはシンガポールのNational Research Foundation(NRF) / Prime Minister’s Officeにて働いていて主にベンチャー投資及びベンチャー支援を行っている。 NRFは2006年にS$50億のファンドとしてシンガポールの首相直下の組織でR&Dベンチャーやテクノロジーベンチャーに対して投資している会社だ。上記写真はNRFの敷地内のビル、ベンチャーも入居可能。シンガポールではTechnology Incubation Scheme(TIS)があり、2008年からS$360Mの予算でR&Dやイノベーションを実用化または商品化できるようにNRFがインキュベーターと一緒に共同出資を行うスキームを作った。 *S$はシンガポールドル インキュベーターとの共同出資条件の概要: ・資本比率85%までの投資または最高S$500,000.- ・投資先はシンガポールに本社または支社があるハイテックスタートアップ(CEOはシンガポールに在住) ・インキュベーターが出資する際と同じバリュエーションで転換社債での投資 ・ 創業者の株比率が投資後50%以上を維持する必要がある ・ 投資を受けた法人はバイアウトオプションとして投資時のバリュエーション1.1倍で買い戻し可能 ・3年以内にインキュベーターは株を5%の利息で買い戻す事も可能 *他にも条件はあります *良いテクノロジースタートアップがあれば 日本のインキュベーターと一緒にシンガポールにて共同出資も可能、ご興味がある方はYinglanさんをご紹介しますのでお気軽にご連絡下さい シンガポールでは優秀なベンチャーや起業家を招いて手厚いサポートを行う上記スキームなどを用意している。首相直下の組織で政府としてベンチャーを支援する制度は素晴らしい。 Yinglan Tanさん Head / Projects at National Research Foundation / Prime Minister’s Office A Member of Global Agenda Council on “Fostering Entrepreneurship”…