TED

TEDxHanedaに参加

先日開催されたTEDxHanedaに参加してきました。TEDxTokyoとは少し雰囲気が違いましたが、毎度のように視野が広がるイベントでした。更に、今回は三菱商事株式会社や日本航空株式会社(JAL)がスポンサーについてたのもあり、羽田空港国際線旅客ターミナルにあるTIAT Sky Hallで開催され200人が集まりました。 いつも飛行機に乗る時に行く羽田空港ですが、乗らないのに行くのは変わった気分でした。笑 受付には制服姿の現役キャビンアテンダンがいて、入場チケットは搭乗券。第1回目となるTEDxHanedaのテーマは「Borderless」、まさに国境を越えて異業種+肩書きが関係なく交流して「広める価値のあるアイデア」を共有するに最適なイベントでした。 諸事情により、お昼からの参加でしたが最も印象に残ったスピーカーが日本を代表する世界最速の女性レーシングドライバー、井原慶子さん。レースクイーンからドライバーへ転身し、25歳のレースデビュー以来、世界中のいくつもの道を走ってきて、世界で初めて女性としてル・マンシリーズ(耐久レース)で総合優勝。 運転免許さえ持っていなかった井原さんが頭と身体の能力をどのように最大限発揮するか?感情や神経を 論理的かつ科学的にコントロールし、ZONEという人間としての能力を最大限発揮できる緊張帯を使って時速330kmで走るドライバーになりました。感情を原動力にチームワークを育むヒントや、技術、枠組み、先入観­など数々の壁をBreakthroughするアイディアに 聴衆が湧いたストーリー。病気や色々なハプニングを乗り越えて、諦めずにチャレンジし続けて男性でも体力的に大変なスポーツに調整して快挙を果たした。 夢を叶えるのは簡単ではないですが、諦めずとにかくチャレンジ続ける!初心を大事にしていきたいと思いました。オススメですので、是非動画を見て下さい!   更にアフターパーティーでは空港整備場(ハンガー)で開催され、飛行機を目の前にしながらライブ音楽や機内食が食べれて大変ユニークな体験ができました。 TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxHaneda公式サイトから引用

新たな形のTEDxTokyo 2015に参加

先日開催されたTEDxTokyo 2015に主催者のTodd Porter(TEDx Ambassador兼TEDxTokyo Co-founder)に招待いただき3年連続で参加してきました。いつもネット業界の話やトレンドを追ってますが、前回に続き違う業界や新しい視野を持てて大変学びが多いイベントでした。更に、今回は第7回目を迎えたカンフェレンスで毎年のように大きな会場ではなく、恵比寿にあるAct*Square(エンターテインメントレストラン)で夕方から開催され今までの会にはないこぢんまりとしながら交流の時間やディナータイムが用意されてました。 今年のテーマは「Igniting Curiosity」、まさに新しい事に興味が持てました。笑 印象的なスピーカーが下記3名です。 本家のTEDでもお話をされた多方面での才能の持ち主、TEDxTokyo 2015はトークのあとにギターをユニークな弾き方で披露! ウスマン・リアス氏(Usman Riaz):パキスタン生まれのウスマン氏は、アーティストであり、演奏家であり、作曲家であり、映画製作者です。6歳でピアノを弾き始め、その後はインターネットをツールに数多くの楽器を独学で習得しました。 並外れた映画的世界を体現し続ける彼は、現代のストーリーテラー呼ぶにふさわしいでしょう。 科学とアートを融合してデザイン等に活用、日常では経験できない光景を実演! 清水陽子氏:幼少時代をNYで過ごし、アートに感銘を受けたこと、大学で生物化学を学んだこと。この2つが、彼女の理系・現代芸術家としての活動の原点。 その独特な視点から繰り出される作品の数々は、国内外問わず数々の賞を受賞。世界各国で展覧会が開かれています。 DJや同時通訳としても活躍しながら、様々なメディアを通じてアートを身近に感じてもらう活動も行っている彼女が感じている、 科学とアートの融合における可能性とは、一体どのようなものなのでしょうか。 広告代理店やNPOを得て政治の世界に入り現東京都渋谷区長、多様性ある渋谷を作り、東京を変えて日本を変えていくをモットーに”パートナーシップ証明書”を年内に発行を目指している。 長谷部健氏:常に新しい文化を創造し、そのカルチャーを世界中に発信してきた街、渋谷。 渋谷区議会議員だった長谷部さんは、全国初の「同性パートナーシップ条例」を発案し、東京都渋谷区の新しい区長に当選。今、世界中でも議論の真っ只中にある性的マイノリティ(LGBT)への理解を深めようとする動きを、日本にもたらしました。 長谷部さんが思い描く、多様性に重きを置いた街の未来は、一体どのようなものなのでしょうか。 TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxTokyo公式サイトから引用

TEDxTokyo 2014に参加

先日開催されたTEDxTokyo 2014に主催者のTodd Porter(TEDx Ambassador兼TEDxTokyo Co-founder)に招待いただき2年連続で参加してきました。前回に続き大変有意義な1日を過ごせました。第6回目を迎えたカンフェレンス、今年は「結〜Connecting the Unconnected」。YouTubeでも見れますが、リアルで見ると迫力がありますので会場で見るのをオススメします。 印象的なスピーカーが下記3名です。 プランニングディレクター兼END ALS創設者の藤田正裕さん 学生時代から海外で暮らすなど、大変有意義な生活をしてきた藤田さん、突然ALS(amyotrophic lateral sclerosis、筋萎縮性側索硬化症)に掛かり、その病は有効な治療法は確立されていない事に対してのスピーチ。人間や命とはを改めて考え直して、ALSに関しても色々と調べました。藤田さんが創設したEND ALSプロジェクトを支援されたい方は→https://end-als.com ITCの伝統士、メロウ倶楽部エグゼクティブの若宮 正子さん(マーちゃん) 大変元気な79歳、パソコンでエクセルアートを行ったりクリエイティブな画像を作り上げ、人生を楽しんでいる様子が印象的でした。”WINGS”ではばたくのが見れます! 日本ブラインドサッカー協会の松崎英吾さん、寺西一さん 目が見えないにも関わらず音でボールの場所を掴み、サッカーができるとは思ってもいませんでした。映像を見て頂くと分かりますが、目が見える人と同じまたはそれ以上にうまくプレーするのがすごいです!!! TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxTokyo公式サイトから引用

30歳になりました

2週間前の事ですが、誕生日を迎え30歳になりました。去年に続き、色々な方にお祝いしていただきました。また、誕生日前夜サプライズパーティーを開いてくれて、大切な人達と誕生日当日を迎えることができました。企画頂いた方、お集まりいただいた方、メッセージをくれた方、改めてありがとうございました!見事に途中から記憶が飛んでいます。w また、パーティーの場所を提供いただいたiDartsさん、店長の柳さんを始めスタッフの皆さん、定休日にも関わらずお店をオープンして頂きありがとうございました!!! 20代はお陰さまで色々な経験やチャレンジをさせて頂きました。ここで簡単に振り返ろうと思います。 20歳 フィリピンから帰国、上智大学に入学 21歳 テレビアニメの画像修正やスイミングスクールのコーチなどのバイト 22歳 米国商工会議所のSNS経由でジェイ・シードにインターンとして参画 23歳 グローバルのモバイルイベント東京版を毎月200名規模で開催、400人規模のチャリティーイベントの主催 24歳 上智大学卒業後、引き続きジェイ・シードにて事業支援を担当 25歳 トラフィックゲートにて、新規事業開発を担当。iPhone広告アドネットワークや音声認識検索アプリを立ち上げる 26歳 初めてシリコンバレーを訪問、多数のstartupにて刺激を受ける。飲みニケーションに目覚める! 27歳 起業にチャレンジ、St. Gallen SymposiumのLeaders of Tomorrowに選出 28歳 AllCoupon Japanへ個人出資、ベストクリエイト顧問就任(海外投資、提携担当)、Frctalist China顧問就任(日本事業、海外提携担当)。年末にはWorld Economic Forum(世界経済フォーラム)のGlobal Shapers Community(20代の若手を対象にしたコミュニティ)の日本代表に選出 29歳 アポイ、アクトキャット、インタレストマーケティングに個人出資、GREEに一時入社、アクセルビート顧問就任(海外事業推進担当) 30歳 新たなチャレンジに日々挑戦中! とにかく20代は様々な会社、プロジェクトに加え、世界経済フォーラムなどのコミュニティー参加させて頂き、世界中を飛び回ることが出来ました。人間は皆、与えられているチャンスの数はあまり変わらないと思いますが、いかに日々敏感にアンテナを張っているか、タイミング良くチャンスに乗ることができるか、という点がその先の人生を左右していると思います。 ちょうど一昨日、NHKの番組「スーパープレゼンテーション」でタイムリーな内容が放送されており感銘を受けました。Jay Meg(メグ・ジェイ)氏のTEDでのプレゼン、”30歳は昔の20歳ではありません:why 30 is not the new 20”をご紹介します。 カウンセリングが専門の臨床心理学者である彼女は、自身のカウンセリング経験と統計に基づいて、20代で家族構成や生涯賃金等、人生全体に関わる重要な事項の大半が決まると話していました。個人的に、彼女が話していた内容には全て同感で大きくうなずける点が多かったです。20代で積み重ねて来た事をこれからの30代でいかに活かせるかが、僕の今後の人生のキーになると思います。 20代は世界中で5,000人以上の人と知り合い、そのネットワークを活用して大半の情報を取りに行き(大半が飲みニケーションでしたが。w)、自分に投資をし続けて来たと思います。色々と経験してきた中でも、得意分野をインターネットとモバイルに絞り込むことができたので、これからは新たなステージで更なる挑戦をし続けて行く所存です。30代のテーマは”Think out side the box with innovation”、インターネットとモバイルを活用して世界を変えるために突き進みます! 20代で思う存分楽しんだパーティーは30歳になり卒業したので、お酒の量は激的に減りますが。。。今後とも宜しくお願い致します。

TEDxTokyo 2013に参加、刺激的でした!

先週の土曜日に開催されたTEDxTokyo 2013に主催者のTodd Porter(TEDx Ambassador兼TEDxTokyo Co-founder)に招待いただき参加してきました。前日飲み過ぎて…少しだけ遅刻しましたが、大変有意義な1日を過ごせました。 今年は「1+1=11」、当たり前のことを疑い、驚きと啓示をもたらすということがテーマです。セッションは9:30から18:30、アフターパーティーを入れると21:00までの開催です。プレゼンテーションは8分〜12分程で行われ、プログラム構成も工夫されており起業家、ダンサー、マジシャン、慈善事業家、デザイナー、ラッパーなど様々なプロフェッショナルが登場しました。 個人的には、クモの糸の人工生成を実現したスパイバー株式会社 代表取締役社長の関山和秀さん、株式会社バンダイでおもちゃの開発を行っている高橋晋平さん、フードアーティストの諏訪綾子さん、人間国宝で漆芸作家の室瀬和美さんのお話は特に良かったです。皆さん、ご自身のプロフェッショナルな領域で実績を上げられていて、とにかくチャレンジャーでした! クモの糸の人工生成を実現した関山さんは、大学の仲間と朝まで飲んでいる飲み会の席でアイデアを考えついたそうです。そのアイデア自体や発想に至ったエピソードもユニークですが、信念と情熱をもってアイデアを実用化するという実行力にも感銘を受けました。彼が開発した製品は石油から加工される化学繊維の数倍の強さと伸縮性を併せ持つ、大変タフなクモの糸のような素材です。人にぶつかっても歩行者を傷つけない自動車や、着ているのが分からないぐらい軽くて強靭な防護服、生体に影響を与えない人工血管など、あらゆるプロダクトに適応できる、まさに「次世代」の素材です。一見「クレイジー」に思えるアイデアから不可能を可能にする実行力、素晴らしいです! おもちゃ開発者の高橋さんは大変斬新な「しりとり発想法」というアイデアの発想法を共有していました。企画を考える際、過去のデータから答えを導こうとしても既存のプロダクトに似たようなアウトプットしか出てこない。それでは逆に、しりとりのようなランダムな文字列からアイデアのかけらを結び付け、まったく新しいアウトプットに導いていけばいいのではと、この発想法に行きついたそうです。僕も早速新規事業のアイデアを考える際に実践してみようと思っています。 アフターパーティは渋谷の金王八幡宮で開催されました。お茶やお琴などの日本文化に触れ合えるよう様々な演出が工夫されており、神社の中で食事やお酒を楽しむという非日常な雰囲気を楽しめました。TEDx Tokyoはこのような飲食に加え入場料も全て無料、スポンサーとTEDx Tokyoのボランティアメンバーのお陰でなりたっています。こんな意義深い、素晴らしいイベントを無料で提供いただけるのには、本当に驚きで頭が下がる思いです。大変楽しい1日でした、TEDx Tokyoの皆さん、お疲れ様でした+ありがとうございました! TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxTokyo公式サイトから引用

Trend Finding Project第6回 東京大学生兼TEDxUTokyo代表の本多正俊志さん

Trend Finding Projectの第6回目(前十字靭帯損傷手術の為Trend Finding Projectをペンディングしてましたが再開しました!)は、東京大学生兼TEDxUTokyo代表の本多正俊志さんをお招きしました!本多正俊志君は様々な活動に参加しておりWorld Economic Forum(世界経済フォーラム/ダボス会議)のGlobal Shapers Community(グローバルシェーパーズコミュニティ)のインターンでもあります。 本多君は世田谷区出身で、小さい時から長唄を国立劇場で演奏、弓道の部長、中学及び高校時代の生徒会長などを務めリーダーシップをとって組織化して行く事が多かった。東京大学入学後はマテリアル工学を専攻して、Drug Delivery System/ドラッグデリバリーシステム(体内の薬物分布を量的・空間的・時間的に制御し、コントロールする薬物伝達システムのことである。薬物輸送システムとも呼ばれる)の研究にフォーカスを当てている。科学技術を社会にどう還元するかを目指していたが、大学1年生の時になぜ様々なネットサービスやプロダクトがシリコンバレーから創出されているか興味があり「アメリカ先端産業地域と連邦政策システム ーシリコンバレーを中心にー」の論文を書いた。調べたところ1930年代まで遡りフレデリック・ターマン教授(スタンフォード大学の卒業生でもありマサチューセッツ工科大学で電気工学を教えていた)はスタンフォード周辺での起業の勧めやヒューレット・パッカード初商品の音響発振器の開発をサポートした。スタンフォード大学はモスクワ大学に続く世界第2に大きい大学である為、優秀な学生が東海岸に流れないようにフレデリック・ターマン教授はシリコンバレーで数々な雇用や起業家を生んだ。1950年以前はスタンフォード大学は無名だったが、スタンフォード大学が世界的に有名になったのは産学連携に成功したからだとも言える。日本人の起業家、伊藤穰一さんもMITメディアラボ所長を務めながら産学連携を推進している。それを見て本多君は学生として日本の大学の保守的なところから打破したくTED x UTokyoを日本で立ち上げた。 TEDとの出会いは大学1年生の時にアル・ゴア(アルバート・アーノルド “アル” ゴア・ジュニア)、1993年から2001年のビル・クリントン政権の副大統領の講演動画を見た時である。持ち前の行動力を生かし、大学の教授経由でTEDに連絡をしてライセンス提供を受けて国内では東京大学が初めてとなるTED x UTokyoを実施。世界中でTED x ○○が開催されていて(特に欧州が多い)300グループ程あるが、当時日本での認知度が限られていた為、困難を要したが企業に営業してスポンサーを自ら集めた。スポンサー企業は経費計上の理由でイベントまでにお金が振り込まれない時は自らリスクを取って借り入れを行い乗り切った。東京大学には1学年3,000人ぐらいいるが、本多君がリードを取りながら産学連携を目指す為に大学を代表してイベントのTED x UTokyoの開催を行っている姿こそがスタートアップのイノベーターだ。現在ではTED x UTokyoの開催以外に、TEDのライセンスを広める活動中、他の大学や大学生が主催するように働きかけている。今後産学連携が日本の大学で浸透する事により、アメリカのスタンフォード大学やハーバード大学のようにOBが募金を落しやすくなり、教育、施設、技術投資を日本の大学が更にできる事が可能になる。 本多君は、大学内でのベンチャーキャピタルのインターン経験を生かし、5年後には海外大学院を目指して技術やバイオテクノロジー関連の起業家になりたい夢を持っている。目の前に現れたチャンスは逃さない力及びイノベーションを起こす力を持っているので今後の本多君が楽しみ! 本多正俊志さんのプロフィール… 1991年9月3日生まれ 東京大学 工学部マテリアル工学科3年 TEDxUTokyo代表 Trend Finding Projectとは… 世界経済フォーラムのレポートによると世界の半数の⼈口が27歳以下の若者です… 2011年の年末からグローバルシェーパーズコミュニティーが設⽴され、若若者の“エンパワーメント“が推進されています。日本が今後グローバル競争で勝つには若者と共に イノベーションを起こすのが求められます。毎日IT+mobile+smartphoneの領領域で奮闘していると視野が限定される可能性がある為、今後様々な業界の方と交流を持たせて頂き勉強会兼⼣⾷の場を設けたいと思い2012年から「Trend Finding Project」を実施中。 TFP開催概要: ・月1回開催 ・

業界は問わず(しかしIT業界外)、とにかく面白い、⽀援したい、優れている物を持っているゲストをメンバーが順番に招待 ・ゲストは27歳以下が対象 過去のゲストはこちらからアクセスして下さい。 TFP開催メンバー: 間壁一晴、Next gen lifestyle-proposing artist ライスコンサルティングアーティスト 木野瀬友人、株式会社エクストーン兼株式会社ニワンゴ 取締役 鈴木仁士、Wondershake, Inc. 共同創業者、CEO 梅澤亮