HAILO

マイカーとタクシーのスマートなキャンペーンが始まります!

本日下記プレスリリースを出させて頂きました。大阪の皆さん、是非ご活用下さい! —プレスリリース— ~ 駐車場仲介アプリ「akippa(あきっぱ)」とタクシー配車アプリ「Hailo(ヘイロー)」が連携 ~ イギリス発のタクシー配車アプリ「Hailo(ヘイロー)」を日本国内で提供しているヘイロー株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:梅澤亮)は、駐車場仲介アプリ「akippa(あきっぱ)」を提供している株式会社ギャラクシーエージェンシー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:金谷元気)と連携いたします。 akippa(あきっぱ)から駐車場を予約したお客様向けに、Hailo(ヘイロー)でご使用いただける割引クーポンを提供し、マイカーとタクシーを組み合わせた新しい移動スタイルをご提案します。 キャンペーン概要 大阪市内で「akippa(あきっぱ)」から駐車場を予約したお客様向けに、Hailo(ヘイロー)でご使用いただけるタクシー乗車料金が割引となるクーポンを提供いたします。 駐車場から目的地までの移動にHailo(ヘイロー)で呼び出したタクシーを利用する際に、1乗車2,000円を割引いたします。クーポンは往路用と復路用の2種類、各1回ずつご使用いただけます。 ・期間 :2015年1月26日〜2015年12月31日 ・エリア:大阪市内 ・URL :http://www.akippa.com/akippahailo/ 現在、Hailo(ヘイロー)は約40社のタクシー会社と提携、約500名のドライバーと契約を結んでおり、大阪市域交通圏でタクシー配車サービスを提供しております。akippa(あきっぱ)は、全国の空きスペースを駐車場としてシェアできる、オンラインコインパーキングです。 週末で混み合う市内中心部や、多くの人が集まるイベント会場など、マイカーとタクシーを組み合わせて便利でスマートな移動をご体験下さい。 Hailo(ヘイロー)について Hailo(ヘイロー)とは、スマートフォンを利用した、タクシードライバーとお客様をマッチングさせるタクシー配車アプリです。タクシーを利用したいお客様は、アプリを立ち上げ、スマートフォンを2回タップするだけで、タクシーの配車を行うことができます。あらかじめ登録したクレジットトカードまたは現金でのお支払いを選択できます。タクシーの呼び出しに迎車料金は不要です。Hailo(ヘイロー)では、スムーズかつスピーディーなタクシー乗車体験を提供します。

イギリス発のスタートアップHAILO株式会社の代表取締役社長に就任

去年の10月に参画したHAILO(AtomicoやAccel Partnersなど、国内+海外の著名ベンチャーキャピタルから100億円程を調達したイギリス発のベンチャー)ですが、代表取締役社長に就任して日本法人単独での資金調達をしたので本日下記発表をさせて頂きました。世界展開しているHAILOですが、日本はタクシーとハイヤー合わせて1.8兆円市場で日本は最重要拠点の一つと位置付けられてます。 今回の資金調達+パートナーの協力を得ながら他都市展開を加速していこうと思います。経営陣も刷新し、株式会社光通信社長室経営企画室長の奥井大さんやジェイ・シード株式会社最高財務責任者の米山智子さんなどに参画頂き、新生HAILOとして再出発になりますが、これからも宜しくお願い致します! HAILO HAILO HAILO! 早速メディア様にも取り上げて頂きました http://thebridge.jp/2014/12/hailo-renews-japanese-operations https://www.techinasia.com/hailo-crashing-taxi-app-find-life-japan/ HAILO株式会社 代表取締役社長 梅澤亮 —プレスリリース— 世界で急成長するタクシー配車アプリ 「Hailo(ヘイロー)」が生まれ変わります! ~アジア市場への進出拠点を東京に設置・国内外へ事業拡大~ イギリス発・世界の主要都市でタクシー配車アプリ「Hailo(ヘイロー)」の提供を行っているHAILO NETWORK HOLDINGS LIMITED(Executive Chairman:Ron Zeghibe)は、日本法人の経営体制を刷新し、ヘイロー株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:梅澤 亮)を設立いたしました。この度、日本法人単独での資金調達を実施し、アジア市場への進出拠点として事業拡大を図ります。 今後の事業展開 現在、ヘイロー株式会社は約40社のタクシー会社と提携、約500名のドライバーと契約を結んでおり、大阪圏内でサービスを提供しております。2015年に東京でのサービス開始を目標として準備を進めており、今後はタクシー配車事業とタクシー営業支援事業を軸に、日本国内の複数都市で事業を展開してまいります。 光通信グループとの提携 ヘイロー株式会社では、タクシー営業支援事業を加速いたします。タクシーのドライバーがHailo(ヘイロ−)を利用する際に必要なスマートフォンの導入を支援するため、日本全国に情報通信サービスの販売網を築いている光通信グループと提携し、Hailo(ヘイロー)の利用拡大を図ります。 アプリケーションの刷新 利便性の向上を図るため、11月24日に公開したバージョン4.1では、インターフェースの改良に加え、タクシー料金の見積もり機能などユーザー目線での改善を行いました。Hailo(ヘイロー)は全世界で利用でき、渡航先でも日本と同様の感覚でタクシーの配車が可能です。また、日本を訪れた外国人も使い慣れたアプリケーションで日本のタクシーを呼び出すことができます。 会社名:ヘイロー株式会社 所在地:東京都豊島区西池袋一丁目4番10号 役員構成:代表取締役社長 梅澤 亮 設立日:2014(平成26)年8月20日 資本金:6,000,000円 事業内容:スマートフォンを利用したタクシー配車サービスの提供 —プレスリリース— ※日本国内のサービス提供は大阪限定、タクシーを呼ぶための操作はiPhoneまたはAndroid端末を2回タップするだけ。現金もしくはスマートフォンでの決済が可能で、大阪は迎車料金も無料!

英国政府貿易・投資担当大臣と文化、メディア及びスポーツ大臣と面談

11月に2週間連続でイギリス(英国政府)貿易・投資担当大臣(Minister of State for Trade and Investment)Lord Livingston氏と文化、メディア及びスポーツ大臣(Secretary of State for Culture, Media and Sport)The Rt Hon Sajid Javid MP氏が来日したのでHAILOを代表してイギリス大使館に招待されました。 HAILOはイギリスを代表する世界展開しているスタートアップでもあり、日本での事業展開やオリンピックに向けての準備、今後参入予定のイギリス企業の為のアドバイス、イギリス政府及び大使館として今後の役割についておよそ1時間程議論しました。当日はイギリス企業で日本参入している会社の代表や、イギリスに支社を設けている会社の経営者が集まりました。 世界でビジネス展開する会社は「Think Global Act Local」が常に求められます。業種にもよりますが、ビジネス習慣ではイギリスは比較的日本と似ているので他の国と比べると取引は楽かもしれませんが、どの国にも独特の文化があるので理解をするのが重要と再認識しました。大臣2名はビジネスフィルド出身者でもあり、話の理解が大変早く、具体的な質問などが飛び交いました。更に、貿易・対英投資部商務館のフォローがあり、ディスカッション後もround tableに集まったメンバーで交流の為の紹介など、イギリス大使館のイギリス企業に対しての手厚いサービスに驚きです。当日一番の驚きが、イギリス政府の大臣が若い事でした、日本も同じように今後若く民間企業出身者の大臣が増えればと思いました!

大阪IT飲み会でHailo

IT飲み会会長、大崎弘子さんのお誘いで10月15日開催された大阪IT飲み会でHailoとして登壇の機会を頂きました!飲み会中に「売上を上げるための情報交換」、「売上を上げるための人脈作り」、「そして飲み会中に売上をあげる」を目的として大阪で毎月開催されてます。2013年7月時点では、日本17都市、世界7都市で開催される世界最大規模の飲み会に発展中。 飲み会は18:30から始まり、初参加者は30秒間でエレベーターピッチを行い、ご飯やお酒を飲みながら交流ができます。会場の皆さんが知り合いになれるように様々な工夫がされてまして、スポンサーやオーガナイザーからの紹介があり、21:00頃からHailoに関して登壇させて頂きました。Hailoクーポンを特別に配布させて頂きましたので、帰りは皆さんHailoを利用頂いている”はず”です! 毎月開催されているので、興味がある方はこちらから→http://www.it-nomikai.jp HAILOはタクシー配車アプリを提供しているイギリス発のスタートアップで、ロンドンやニューヨークをはじめ、バルセロナ、トロントなど世界15都市以上でビジネスを展開しています。HAILOは2011年11月、イギリスのロンドンで3人のタクシー運転手と3人のネット起業家が手を組み、サービスを開始しました。「タクシー乗務員向け」と「お客様向け」のアプリケーションを提供しており、既に世界中で5万人を超えるタクシー運転手と150万ユーザー登録されています。 ※日本国内のサービス提供は大阪限定、タクシーを呼ぶための操作はiPhoneまたはAndroid端末を2回タップするだけ。現金もしくはスマートフォンでの決済が可能で、大阪は迎車料金も無料!

31歳になりました

2週間前の事ですが、誕生日を迎え31歳になりました。株式会社ニワンゴ及び株式会社エクストーン取締役の木野瀬友人さんと合同誕生日会in東京、皆さんお集まり頂きありがとうございました! Hailo大阪オフィスにてケーキを頂きました!プレートに”テキーラ”が記載。w 北京でも素敵な仲間に祝ってもらい、偶然同じタイミングに北京にいたインドネシアの起業家も合流! 30歳はお陰さまで今まで経験したことがない程のチャレンジをさせて頂きました。30歳から31歳になる1年間、後半は今まで以上に毎日出張や仕事に追われてました。経験したことがない程の責務を負い、苦渋な決断を何個もしてきました。ただし、仕事は大変楽しく、友人、社員やパートナーには大変恵まれていると再認識しました!20代のように、なんでもとりあえずチャレンジしようから集中と選択にシフトして色々な意味で人生の投資フェーズから回収フェーズに入ったと思います。扱う金額や見ているマーケットが急に広がりましたが、過去の経験から判断して、少しはスマートにリスクを取れればと思います。 Hailoを成功させる+世界のマーケットを取りに行く(上記は誕生日に合わせて飯沼舞子さんが自分をテーマに描いてくれました!)1年にしようと思います。まだまだ未熟ですが、思いっきり悩みながらも決断のスピードを上げてこれからも全力で31歳を突っ走ります!これからも宜しくお願い致します!

イギリス発のスタートアップ、HAILO(ヘイロー)イギリス本社

AtomicoやAccel Partnersなど、国内+海外の著名ベンチャーキャピタルから100億円程を調達したHAILOの本社を訪問して来まして、来週も再度行く予定です。手前味噌で恐縮ですが、本社が素敵だったので少し紹介します! Hailoロンドン本社はSomerset House、歴史的な博物館などが並ぶ場所にあります エレベーターを降りるとHailo看板と受賞したアワードが並んでます 技術チームの執務スペース、オフィス全体に吹き抜けがあり天井が高くて日中は電気を付けなくても快適です オフィスの長い廊下には各所に会議ができるスペースがあります シリコンバレーのスタートアップのようにバスケットボールリングもあります リクリエーションルームで卓球やxBoxなどのゲームも完備していて、ここではCEOが全世界のオフィスに向けて事業進捗を語る部屋でもあり、月1回社内飲み会も開かれます。 金曜日にはケーキなど廊下に置かれていて、早い者勝ちです!全ての写真をアップできませんが、他にはカフェテリア、各テーマの会議室、quiet room(集中して契約書などをチェックする際に利用)など多数の部屋があります。来週1週間ロンドンにおりますので、遊びに来たいかたはご連絡下さい〜 HAILOはタクシー配車アプリを提供しているイギリス発のスタートアップで、ロンドンやニューヨークをはじめ、バルセロナ、トロントなど世界15都市以上でビジネスを展開しています。HAILOは2011年11月、イギリスのロンドンで3人のタクシー運転手と3人のネット起業家が手を組み、サービスを開始しました。「タクシー乗務員向け」と「お客様向け」のアプリケーションを提供しており、既に世界中で3万人を超えるタクシー運転手と120万ユーザー登録されています。 日本で使っているアプリはそのままロンドンでも利用可能です。自動的に位置情報を検出しているので、ロンドンにいることを自動検出します。インターフェースも日本語のままで、何も設定変更せずにタクシーを呼ぶ事が可能な便利アプリです。ロンドンでは20,000+いるドライバーの中、15,000ドライバーがHailo登録していて、ロンドンで一番利用されているタクシー配車アプリです。更に空港に行く際は定額サービスを提供していて、2名以上で利用すれば空港行きの高速電車より安くなります。是非ご活用下さい! ※日本国内のサービス提供は大阪限定、タクシーを呼ぶための操作はiPhoneまたはAndroid端末を2回タップするだけ。現金もしくはスマートフォンでの決済が可能で、大阪は迎車料金も無料!

世界に輸出すべき京都のホスピタリティ

大阪出張の帰りに週末を京都で過ごしました。京都は旅行で今回が2回目、大学生以来でしたので当時とは違う視点で見れたのですが、京都では世界に誇れるホスピタリティを感じました。Hailo本社の創業取締役会長が一緒で、いつもよりワンランク上のお店に行けたのもあるかもしれないですが、ホスピタリティの高さに感動続きでした。 会議の関係上、大幅に遅れて京都のランチを食べるお店に到着したもののお店の外まで迎えに来てくれました。知り合い経由での予約もあり、素敵な個室でのコース料理、料理毎の細かい説明から始まり食べ物の選択肢を複数ありました。隠しカメラがどこかにあるのかと疑うぐらいちょうど食べ終わったタイミングで飲み物の補給や次の料理をだしてもらい帰りはシェフも含む4名のお見送りで、美味しいご飯と行き届くサービスを味わえたランチでした。京都の祇園にある匠 奥村はオススメです! 宿泊先は世界でも高いサービスレベルを提供する事に有名なザ・リッツ・カールトン京都。タクシーから降りてロビーのソファーに通され、名前も何も伝えてないのに用紙を記入している際に部屋の鍵を渡されました。どのように誰か判別したのか分かりませんが、到着から自然の流れで気付いたら自分の部屋に全てが揃ってチェックインが完了してました。 部屋にはウェルカムカードと盆栽があり、癒されます 2Fにある部屋で、1人で泊まりましたが広々と活用。テーブル席に座ると、電源コンセント、メモ帳やペンなど、全てが手に届くところに収納されてました 窓際からの撮影、bluetoothスピーカーを始めあったらいいなと思う物が全て完備。逆にここまで揃っているのと思うぐらい行き届いてました。早朝にハプニングがホテル側で起きましたが、そこからのホテル側のリカバリーもまた素敵で是非次回は数日滞在で行きたいと思いました。 ここまでだと、上記2事例は有名だからと思われるかもですが、タクシーは自動ドアを装備しながらも運転手さんが反対側に回り扉をあけてくれる、行くお店毎に色々な手配をしてくれるなど、とにかくかゆいところまで行き届いているサービスに驚きの連発でした。東京では味わった事のない徹底ぶりのサービスやホスピタリティで大変充実した京都旅行でした。 今回もっともホスピタリティを感じたのは京都ツアーを企画してくれたWorld Economic Forum(世界経済フォーラム)のGlobal Shapers(グローバルシェイパーズ)大阪hub兼Happy Beauty Projectの代表、三田果菜さん!京都の美味しいお茶屋から始まり歴史があるお寺や一見さんお断りのお寺にあるバーなどどれも最高でした!ありがとうございました! 京都の人の優しさ、ホスピタリティを何らかの形で海外に輸出して世界に日本を始め、京都の素晴らしさを伝えたいと思います!

イギリス発のスタートアップ、HAILO(ヘイロー)ニューヨークオフィス

AtomicoやAccel Partnersなど、国内+海外の著名ベンチャーキャピタルから7,700万ドル(77億円程)を調達したHAILOのGeneral Manager(日本事業統括)に先月に就任したのもあり先週ニューヨークオフィスに訪問してプロダクトや戦略に関して会議をして参りました。手前味噌で恐縮ですが、オフィスが素敵だったので少し紹介します! オフィスはマンハッタンにあり、Fousquare社などと同じビルに入ってます。 入ると黒板にメッセージが書かれてます。来る度にメッセージが違い今回はワールドカップですが、3月にオフィスに訪問した際は準備中のプロダクトコードネームでした。笑 ちょうど荷物が届いたところで、ダンボールなどが山積みですが会議室2つに右側は電話ボックス、テレカンなど行う際にスタッフは電話ボックスで会話してます。 オフィスは細長い感じです、オフィス全体の写真を取ると一部開発中プロジェクトなどが写るので…笑 オフィス端っこだけの写真になりますがリラックススペースと大会議です。ワールドカップ開催中は多くの人がソファーで仕事しながら試合を見てました。 オフィスでタクシーのメーターとアプリが連動できるように多数の機械を装備してテストを行ってます。 社内を歩いてたら急に犬が現れ驚き!他社の犬だそうですが、たまに遊びに来るとの事。笑 HAILOはタクシー配車アプリを提供しているイギリス発のスタートアップで、ロンドンやニューヨークをはじめ、バルセロナ、トロントなど世界15都市以上でビジネスを展開しています。HAILOは2011年11月、イギリスのロンドンで3人のタクシー運転手と3人のネット起業家が手を組み、サービスを開始しました。「タクシー乗務員向け」と「お客様向け」のアプリケーションを提供しており、既に世界中で3万人を超えるタクシー運転手と120万ユーザー登録されています。 日本で使っているアプリはそのままニューヨークでも利用可能です。自動的に位置情報を検出して、ニューヨークにいることを検出します。インターフェースも日本語のままで、何も設定変更せずにタクシーを呼ぶ事が可能な便利アプリです。是非ご活用下さい! ※日本国内のサービス提供は大阪限定、タクシーを呼ぶための操作はiPhoneまたはAndroid端末を2回タップするだけ。現金もしくはスマートフォンでの決済が可能で、大阪は迎車料金も無料!

イギリス発のスタートアップ、HAILO(ヘイロー)に参画

Atomico VenturesやAccel Partnersなど、国内+海外の著名ベンチャーキャピタルから5,000万ドル(50億円程)を調達したHAILOに10月末から参画しました。Japan & Asia Pacific Presidentの藤井清孝と直接話す機会があり、彼が語るHAILOの可能性に惹かれ参画を決めました。HAILOはタクシー配車アプリを提供しているイギリス発のスタートアップで、ロンドンやニューヨークをはじめ、バルセロナ、トロントなど世界15都市以上でビジネスを展開しています。日本では東京、大阪と2拠点を構え、今年から国内のタクシー業界に参入しましたがまだまだメンバーは少なく、僕はWIT(Whatever It Takes)で主にマーケティングや事業開発を担当します。 HAILOは2011年11月、イギリスのロンドンで3人のタクシー運転手と3人のネット起業家が手を組み、サービスを開始しました。「タクシー乗務員向け」と「お客様向け」のアプリケーションを提供しており、既に世界中で3万人を超えるタクシー運転手と130万ユーザーにダウンロードされています。 HAILOを利用することで、タクシードライバーは実車率や営業回数を向上することができ、無駄な空走距離の削減が期待できます。一方、ユーザーはタクシー会社を問わず、一番近い場所にいるタクシーをスマートフォンで呼べ、スマートフォン決済を利用することで、タクシーを降りる際の煩わしい支払い作業が不要になります。 日本では既に今年9月から大阪で試験的にサービスインしており、近々東京でもサービスインを予定しています。今後、東京のような世界最大級・最高水準を誇る市場で、タクシーという伝統的な業界にITでチャレンジできることに大変エキサイトしています。また、東京では2020年にオリンピックの開催も予定しており、外国人観光客の増加が見込めるため、複数言語に対応しているHAILOが大いに活躍するのではと期待しています。(ちなみに、日本人が外国を旅行する際に日本語で現地タクシーを予約することも可能です。) スマートフォンアプリというITの力を使って全てのタクシーとユーザーを繋げ、タクシー業界を更に加速させて行きたいと思っています。近々、大阪で実際に展開中のサービス内容を詳しくご紹介させて頂きますのでご期待下さい。 最近は、ほぼ毎日表参道のHAILO東京オフィスにおります。お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。また、大阪に行かれる機会がありましたら是非HAILOをご利用頂ければと思います。大阪出張も多いので、お近くの方は是非情報交換しましょう。タクシー関連企業との提携、マーケティングパートナーなどなども目下募集中です。ご連絡お待ちしております! 最後になりますが、ジェイシードの役員、光通信の顧問等も継続させて頂きますので、こちらも引き続き宜しくお願い致します。 *日本国内のサービス提供は大阪限定、タクシーを呼ぶための操作はiPhoneまたはAndroid端末を2回タップするだけ。現金もしくはスマートフォンでの決済が可能で、大阪は迎車料金も無料!