HAILO

Advertising Week Asiaでのパネル

東京での開催は今年で2回目となるAdvertising Week Asia(アドバタイジングウィーク)にて「グローバル志向とローカライズ」のお題でパネリストとして参加させて頂きました。モデレーターは世界経済フォーラム・グローバルシェイパーズで一緒だった株式会社アール代表取締役社長の川辺洋平さん、パネリストは株式会社Wondershake代表取締役社長の鈴木仁士さんと私でした。事前打ち合わせランチをしたのもあり、マジメに語りましたが終始楽しい雰囲気のパネルディスカッションでした! パネルの内容としては、グローバル志向及びインアウト事業(日本からインドネシア)を展開しているLocariと私が直近3社(HAILO、HomeAway、Tinder)で携わっているアウトイン事業の比較でした。グローバル志向に関して、鈴木さんと私は帰国子女ですので英語も堪能に話せ、常にグローバルを見てますがタイミングや”きっかけ”により、日本をベースにビジネスを展開してます。お互いの結論としては、日本は良くも悪くも規制(HAILOは国土交通省、HomeAwayは観光庁及び厚生労働省、Tinderは警察庁)、日本人ならでは(人間関係・信頼)及びマーケット(規模・市場)が充実しているので事業がやりやすい・起業家としてリスクを取れば成功確率が高いと結論になりました。 さらに、インアウト及びアウトインに関しては自国で成功したプロダクトをローカライズする際、どこまでカスタマイズするかがキーになります。これはどの会社にも悩ましいポイントですが、マーケティングで使い方認知または地方自治体とのケーススタディを作り政府と協力して事業を展開するのも一つの手段として活用でいると思いました。 色々なイベントで登壇させて頂いてますが、モデレーターの川辺さんの安定感及び鈴木さんの爆弾発言?!(率直の意見)が聞けて多数のイベントで登壇してますが、今までの中で一番楽しかったと思います。笑 是非またこのメンバーでいつかパネルディスカッションがしたいと思います! 最後になりましたが、川辺さん、お誘いありがとうございました!!!

2016年も楽しかった!

今年は仕事のキャリアで多数の難しい決断をしました。イギリス発のタクシー配車アプリHAILO社長を退任、バケーションレンタル最大手のHomeAwayの日本支社長として参画後会社の方針と合わず辞表を3ヶ月でだし、年末にはソーシャルマッチングアプリ最大手のTinderに日本支社長に就任。考えてみると、、、1年に3社の外資系の社長として活動したことになりました。笑 色々とありましたが、結果的に天職を見つけて最高の2016年になりました! 今年で33歳になり(上記はジェイ・シードの誕生日祝い、社長のジェフリーと誕生日が近いので同時開催w)、ライフワークでは5年活動してきた世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)の任期が完了して卒業になりました!本来であれば今年のあたまでおわりでしたが初代メンバーだったのもあり、任期が延長されましたがいよいよ卒業となりました。Shapers Camp 2014、Re-Generate Japan、はたらくママのための育児タクシー、はたらく女性のためのフォーラム2015、Shape Asia Pacific 2016など沢山のプロジェクトに携わりJapan Meetingやサマーダボス会議などにも参加、大変貴重な機会を頂きました。これからは卒業生として世界経済フォーラムのミッションを引き続き応援していきます! あと、恒例になった移動とブログトピックスは下記です。 今年は5カ国9都市で88日間東京外で過ごし85,371 kmの移動、比較的に移動距離も少なく東京でいっぱい過ごせました。笑 1月:福岡 3月:広島、シンガポール 4月:シンガポール、大阪 5月:大阪、福岡、中国(北京) 6月:大阪、福岡、シンガポール 7月:大阪、香港 8月:大阪、福岡 10月:香港 11月:アメリカ(ロサンゼルス)、福岡 ・2016年のブログでのトピックス 1月 GSC Tokyo主催「はたらく女性のためのフォーラム2015」を開催 2月 イギリス発のスタートアップHAILO株式会社の代表取締役社長を退任 3月 NASDAQ上場企業、HomeAway(ホームアウェイ)に参画 4月 New MacBook 1.3GHzデュアルコアIntel Core m7を購入 5月 パリのシンボル「エッフェル搭」にHomeAway(ホームアウェイ)が一夜限定の宿泊にご招待! 6月 北京のWestin HotelでShuck Offイベント 7月 養父市にてキャニオニングを体験! 8月 第一ホテル両国で鑑賞する隅田川花火大会 9月 メルカリに出品したら半日で6品売れた! 10月 世界経済フォーラム”SHAPE Asia 2016”参加レポート 11月 GSC Tokyo主催「SHAPE Asia Pacific 2016」を開催 12月 世界で多くの人気を集めているマッチングアプリTinderに参画 2016年Top5アクセスのブログ記事: 1位 前十字靭帯帯再建手術から1年半、ボルトの除去手術を行いました 2位 NASDAQ上場企業、HomeAway(ホームアウェイ)の日本支社長を退任 3位 イギリス発のスタートアップHAILO株式会社の代表取締役社長を退任…

The Economistジャパン・サミットでのパネル

先月The Economist主催、「ジャパン・サミット:未来の仕事像」イベントにてテクノロジーの可能性:今後日本は生産性を向上できるのか?のお題でパネリストとして参加させて頂きました。HAILO株式会社(ヘイロー)顧問としての登壇でしたが、なぜかマクロの話を振られたので、、、日本が持続的成長を実現するにはテクノロジーを活用してリモートワーク、クラウドコンピューティングやAI(アーティフィシャルインテリジェンス:人工知能)などを応用すると生産性が上がると語りました。苦笑 大企業vs.中小企業、製造業vs.サービス業では内容が別れると思いますが、例えばサービス業のタクシーですとAIを活用した自動運転技術が発展することにより一部のドライバーさんの仕事スタイルは変わりますが、タクシーは人間業ですのでホスピタリティ、コンシェルジュ、介護など様々な分野では引き続きタクシー内で人は必要になるので技術+人間の融合による調和が重要になると思います。登壇の詳細はインフォテリア株式会社の広報ブログに掲載されてます。 パネルディスカッション後に司会のThe Economist Florian Kohlbacherさん、インフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎さんと記念写真。ガッツポーズを求められましたが、、、話したマクロ経済的な内容に不安を持ったので大人しく写りました。笑 他のセッションでは経済産業大臣、一億総活躍担当大臣や日本銀行総裁をはじめ名だたる登壇者がおりましたが、東京都小池百合子知事の基調対談に聞き入りました。2020年東京オリンピック、築地問題、育ボス宣言、ワークライフバランス、社会での女性活躍など様々なトピックについて想いを語り、東京を良くしていく発言などがかっこよかったです。席も壇上目の前でしたので話し方や仕草などが細かく見れましたが、政治家は語るのが上手いと改めて思いました。笑 これから日本をはじめ東京がどう進化していくかマクロ的に楽しみに思ったイベントでした。

イギリス発のスタートアップHAILO株式会社の代表取締役社長を退任

2013年10月に参画したHAILO(ヘイロー:AtomicoやAccel Partnersなど、国内+海外の著名ベンチャーキャピタルから100億円+を調達したイギリス発・世界の主要都市でタクシー配車アプリベンチャー)ですが、先月末をもちまして日本法人の代表取締役社長を退任、後任に奥井大(光通信社長室経営企画室長)が代表就任しました。奥井は2014年からHAILO社外取締役として活躍頂き、今後HAILOシステムOEM販路を増やすには更なる光通信の協力が不可欠になり代表交代に至りました。 HAILO参画後、日本法人単独での資金調達、事業モデル転換(B to B to CからB to B)、はたらくママの育児タクシーなど世界HAILO各都市では全て初の取り組みに携わらせて頂きました。タクシー業界は歴史がありとてもユニーク、政治・利権・規制、団体など様々な調整等を肌感覚で体感して大変勉強になりました。昨今シェアリングエコノミー、ライドシェアの話題でタクシー業界での議論が活発化しておりますが、HAILOは引き続きタクシー業界の活性化、効率化、売り上げ向上の為に事業を推進して参りますので変わらぬご愛顧賜りますよう重ねてお願い申し上げます。 今後はHAILO株式会社の顧問を務めながらもプータロー生活が始まりますが(既に始まっている、、、)引き続き宜しくお願い致します。HAILO HAILO HAILO!!!

GSC Tokyo主催「はたらく女性のためのフォーラム2015」を開催

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)のはたらく女性を支援する活動の一環ではたらくママのための育児タクシープロジェクトに続き「はたらく女性のためのフォーラム2015」を去年の9月に開催して約150名の女性が集まりました。オーディエンスからアンケートを取り、パネルディスカッションの内容をまとめ、日本のはたらく女性を取り巻く環境や課題解決のための実践的なアクションプランを盛り込み「女性活躍社会への提言」として2015年11月、安倍昭恵首相夫人へと提出ができました。 上記スライドが日本の現状、こちらをベースにパネルディスカッションを行いました。 パネルディスカッション テーマ「日本の女性エンパワメントのために求められること」 ◆ 安倍昭恵氏(首相夫人) ◆ 高橋ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役) ◆ 梅澤亮(ヘイロー株式会社 代表取締役社長)※モデレーター こちらのセッションはオフレコトークもあったので残念ながら冒頭部分のみになりますが、メディアには書きおこしがありますのでこちらも是非。 http://suke10.com/women-kigyo/396/ http://goodway.co.jp/fip/htdocs/jo9rtsxiy-3242/ パネルディスカッション テーマ「はたらく女性が応援される社会への提言」 ◆ 高岡美緒氏(マネックスグループ株式会社 執行役員 新事業企画室長) ◆ 田中敬子氏(すばる交通株式会社 取締役副社長) ◆ 森本千賀子氏(株式会社リクルートエグゼクティブエージェント、エグゼクティブコンサルタント) ◆ 中野円佳氏(女性活用ジャーナリスト/研究者ChangeWAVE)※モデレーター *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

University of Maryland MBA学生へ日本のビジネスやHAILOに関してプレゼン

去年と同様University of Maryland、Robert H. Smith、School of Business MBA(経営学修士)学生へ日本のビジネスやHAILOに関してプレゼンさせて頂きました。MBA学生30名程が一堂に集まり、プレゼン最中にも多数質問を聞かれました。質問は主に歴史があるタクシー業界との関わり方、競合との差別化、日本市場の魅力か参入方法、採用基準まで幅広く関心を持たれた学生さんでした。某社長と前日飲んでいて、、、二日酔いが激しかったので”飲みニケーション”についても話し2時間半程語りました。苦笑 上記が登壇の模様、時差ボケで眠たそうな人(僕の話がつまらなかった?!)もいたので、ジョークを入れながら多々笑いを取りながら進行したので最後まで聞いてもらえました。笑 大勢の学生に話して自分自身も考え直す部分が見つかったので大変良い機会でした。今後このクラスから日本で起業したいまたはビジネスをしたいアントレプレナーが生まれるといいなと思います!

2015年のまとめ!

ライスワーク(事業)とライフワーク(社会貢献活動)のバランスに苦戦しながらも2015年は色々と悩んでいっぱい失敗をしましたが、常に120%で色々な事にチャレンジができたとても良い年でした。仕込んでいたプロジェクトも徐々に始動して、上記の写真のように少し光が見えてきた1年でしたので来年も更に攻めます! ライスワークのHAILOでは、去年グローバル拠点初事例として資金調達に続き、今年は大阪でのテストサービスを閉じ、日本独特のタクシー業界のニーズや世界タクシー市場環境を見ながらOEM事業(こちらもグローバル拠点初事例)に転換、大分チャレンジングな決断をしました。日本が良い意味でケーススタディー化しているので、今年の判断が来年大きな成功に繋がる事を信じて動いていきます! ライフワークでは世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、1年間通して実施したRe-Generate Japanプロジェクト(国内地方部の学生への機会創出)が無事終わり、はたらくママのための育児タクシー → はたらく女性のためのフォーラム2015 → 安倍昭恵首相夫人に「女性活躍社会への提言」を提出を行い日本のジェンダーギャップに関しても取り組みました。来年はジェンダーギャップのタスクフォースも作って改善に向けてプロジェクトが立ち上がる予定です。 あと、恒例になった移動とブログトピックスは下記です。 今年は7カ国12都市で103日間東京外で過ごし148,927 kmの移動、今年は国内移動が大半でした。 1月:大阪、名古屋 2月:大阪、福岡、香港 3月:イギリス(ロンドン)、スペイン(マドリード)、米国(サンフランシスコ) 4月:イギリス(ロンドン)、インドネシア(ジャカルタ)、大阪、スイス(ザンクト・ガレン)、名古屋、福岡 5月:大阪、福岡、中国(上海) 6月:大阪 7月:大阪、福岡 8月:大阪、名古屋 9月:福岡、中国(北京+大連) 10月:福岡 11月:大阪、福岡 ・2015年のブログでのトピックス 1月 University of Maryland MBA学生へ日本のビジネスに関してプレゼン 2月 オランダ製カードプロテクターウォレットのsecrid 3月 イギリス発のスタートアップ、HAILO(ヘイロー)マドリッドオフィス 4月 シリコンバレーと言えば美味しい食べ物! 5月 START Summit2015にて650名の前でプレゼン、世界経済フォーラム”East Asia 2015”参加レポート 6月 上海と言えば美味しいオイスター 7月 オンライン旅行業界の国際会議WIT Japan 2015でのパネル 8月 新たな形のTEDxTokyo 2015に参加 9月 TEDxHanedaに参加 10月 世界経済フォーラム”SHAPE China 2015”参加レポート 11月 はたらくママのための育児タクシーを東京と大阪で実施 12月 安倍昭恵首相夫人に「女性活躍社会への提言」を提出 2015年Top5アクセスのブログ記事: 1位 前十字靭帯帯再建手術から1年半、ボルトの除去手術を行いました 2位 GSC Tokyo主催「はたらく女性のためのフォーラム2015」参加者募集 3位 出張時大活躍する機内持込み適応サイズ容量最大級のスーツケース 4位 GSC Tokyo主催「Re-Generate Japan Forum…

32歳になりました

先月のことですが、誕生日を迎え32歳になりました。インターネット業界ではどんどん若い方が成功されて、老人に感じてきました。。。苦笑 今まで体力勝負でなんとかカバーしてきた部分を脱却する一環で、健康や時間管理に重点を置くようにマインドセットを変えて更なる効率性を目指しています。MTGの効率化は常に考えてますが、平均週4日程で入ってた会食や飲み会を2日〜3日減らし、前十字靭帯損傷のケガをしたあとサボっていたジムには最低でも週2日間(医者に5KG痩せなさいと言われたのもあり…)通ってます。体脂肪が気づいたら29%(女性並のレベル)に上がってたのが大分下がってきました。どんなに仕事が忙しくても人間は適度の運動が重要と数値で納得! 仕事に関しては毎日が学びです、HAILO事業は法律や規制が関わるので政治家や官僚と密接にやりとりをする機会が増えてきました。その中でラグビー日本代表コーチ、エディー・ジョーンズ(Eddie Jones)さんが言ったように、日本には「can’t do」という文化があり色々と悩まされますが、「can do」の視点で常に攻めていきたいと思います。もちろん常に相手の立場、距離感を大事にするのが前提ですが。笑 先日の東京交通新聞(写真:2015年11月9日の東京交通新聞5面”キーパーソン3氏に聞く”より、記事は2回クリックすると大きくなります)でシェアリングエコノミー、自動運転や今後のタクシー業界について聞かれ、色々と語りましたが「can do」の実行を”建設的なイノベーション”で進めて参ります。 常に新しいことにチャレンジしているので、良くも悪くも多数の失敗を重ねてます…効率化した結果(ライフワークのRe-Generate Japan、はたらくママのための育児タクシーが完了したから?)タイムマネージメントが良くなり相談をTime Ticketで積極的に受け付け始めました。宣伝…笑 知り合いの方は引き続き気楽に直接ご連絡下さい! 最近Pay It Forward(ペイ・フォワード:受けた相手に返すのではなく、次へ渡すこと)精神を大事にしてますが、“良い仕事をして世界を変えてく”をテーマに32歳を突っ走ります!

はたらくママのための育児タクシーを東京と大阪で実施

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として2015年4月に日本の働くお母さんを支援する新プロジェクト「はたらくママのための育児タクシー」を立ち上げました。世界経済フォーラムが毎年公表する「世界男女格差レポート(Global Gender Gap Report)」の 2014 年版において、日本の男女格差指数は142カ国中104位という低水準に留まっております。グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブでは、日本国内の男女格差指数の向上のため、特に「子育てをしながら働く女 性」への支援にフォーカスしました。 仕事と子育てを両立する女性の生活交通に積極的にタクシーを利用していただくことを目的にスマートフォン用のタクシー配車アプリケーション(東京:日本交通株式会社、大阪:ヘイロー株式会社)と連携し「ママタクシー認定ドライバー」が運転するタクシーを利用頂きました。上記が利用シーンの動画になります。 東京エリア及び大阪エリアで1,500円割引クーポンを総計2万5000枚配布して様々な企業に協力頂き、無事2015年8月末にプロジェクトが完了!引き続き日本国内の男女格差指数の向上の為に様々なプロジェクトを実施していくので引き続きご支援頂ければと思います。 *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

シリーズO2O第2回:加熱するタクシー業界の「滴滴快的」

前回のO2Oブログ投稿から1年以上経ってしまいましたが…苦笑 2015年のバレンタインデーにスマートフォンタクシー配車サービスで中国最大手、アリババ(Alibaba)が出資する「快的打車」(クァイディダーチャ、浙江省)と、騰訊控股(Tencent)が出資する業界2位「滴滴打車」(ディディダーチャ、北京市)が合併。両社の名前を一つに合体させた「滴滴快的(ディディ・クアイディ)」社が誕生した。新会社の企業価値は60億ドル(約7,200億円)とも言われて、中国の360都市で展開して1万人のドライバー登録に対して1日約600万配車。(uberが世界合計で1日100万配車)両社はタクシードライバーが配車を受けることに対して補助金、ユーザーにはタクシー代が割引になるクーポンを配布して多額のプロモーション費用を掛けてきたが合併することにより、海外展開の加速や新サービス提供してUberを追随するのでしょう。海外展開の一環として、滴滴快的はライドシェアサービスを提供するLyftに1億ドル(約120億円)を出資して、両社のサービスがどちらのアプリ(アメリカと中国)でも利用できる提携も組みました。更に今月には中国で初となる“Internet Car-Booking License”をShanghai Municipal Transportation Commission(SMTC)で取得したのでグレイと言われたプライベートハイヤーや自家用車ビジネスも展開可能になった。 スマートフォンタクシー配車サービスは契約しているタクシーの位置がGPSを通じてスマートフォンアプリ上に表示され、タクシーに乗りたいユーザーは配車を掛けると最寄りのタクシーが迎えに来ます。更に、予約機能を使えば特定の時間になると指定場所に迎えに来てもらう事が可能です。支払いはスマートフォンに登録したクレジットカードまたは滴滴快的の場合、騰訊控股のWeChatおさいふ機能で支払いができます。メッセージングアプリ、WechatはMAUが5.49億人(LINEの3倍程)、5人に1人がカード登録済み(中国新年でお年玉キャンペーンで81億ドルのマーケティングキャンペーンを実施した効果)なので滴滴快的利用者の多数はWeChatで決済。上記写真の通りWeChat内からもタクシーが呼べるので配車は急上昇中。中国のタクシー配車アプリ市場はこの2年で急拡大、滴滴快的は市場シェアの90を%を抑えている。 先日の中国出張で滴滴打車を使ってみました。行き先を入力して迎えに来てもらうインセンティブをドライバーに出す為にチップを設定(乗車料金の他に20元、およそ40円など設定可能)して配車を掛けると車の距離と何分で到着するかが分かります。お金で解決する人はラッシュアワー時タクシーを見つけにく時は100元などチップ設定して優先的に配車することがあるそうです。更にすごかったのが、タクシーが迎えに来たらなんと他のお客さんを乗せていました…アプリで行き先を事前に入力したのでドライバーはちょうどその方向に行くお客さんを乗せていて迎えに来たので結果なぜか知らない人とタクシーをシェアすることになりました。乗せて頂いたドライバーは途中でもう一人を下ろし、その時のメーター金額を回収してその後私の目的地で再度お金を回収されました。確かに効率は良いけどスマートフォン配車アプリならではの偶然でした…通報すればタクシードライバーは違法行為で捕まるそうです。苦笑 こちらがドライバーアプリです、事前に迎え場所と行き先が表示され、予想金額やチップが表示されて条件が良くないと時はスルーするそうです。タクシーに乗っていると1分に2~3回は鳴り、早い者勝ちなので常にドライバーはアプリを見てました…日本の場合、各社差別化を図るためにドライバーはサービスに力を入れてますが、北京ではタクシー台数が足りないのでドライバーの方が大分強気です。 スマートフォンタクシー配車サービスですが、コンセプトは簡単に見えますが、O2O(オンライン・ツー・オフライン)を成立させるのは簡単な事ではないです。ネット系サービスならではの鶏か卵が先か(今回の場合、ドライバーとユーザー獲得)をバランス良く成長させる必要があります。しかし、マーケティングを正しく効果的に実施すれば、タクシーはDoor-to-Door(ドア・ツー・ドア)サービスの特性を活かして、人々の行動ビッグデータと決済情報を活用すると様々な新しいビジネスが展開可能になると思います。今後は貨物輸送など社会インフラに大化けしていくのでHAILO(ヘイロー)も負けないように頑張ります!