GSC

世界経済フォーラム・グローバルシェイパーズコミュニティを卒業

ライフワークで5年間活動してきた世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)の任期が完了したのに伴い卒業式をしてもらいました! 初代メンバーとして選考され、Shapers Camp 2014、Re-Generate Japan、はたらくママのための育児タクシー、はたらく女性のためのフォーラム2015、Shape Asia Pacific 2016など沢山のプロジェクトに携わりJapan Meetingやサマーダボス会議などにも参加、大変貴重な機会を頂きました。 振り返ると、、、当初はスイス大使公邸への招待状が届き、当時はグローバルシェイパーズが立ち上がったばかりで情報も少なく新しい詐欺かなと疑うぐらいでしたが…参加したところグローバルシェイパーズの任命式でした。笑 世界経済フォーラムのミッション、”Improving the State of the World”:経済界から世界情勢を良くしましょうを深く考え、様々なプロジェクトの立ち上げや、多数の方との出会いに恵まれました。特にサマーダボス会議では各国の首相などとグループを組んでディスカッションの機会、山本一太内閣府特命担当大臣との意見交換会に参加して閣議決定された世界最先端IT国家創造宣言改定に貢献できたのも全てダボス会議のおかげでした。 ライスワーク(食べるために稼ぐ活動)及びライフワーク(自分の想いを実現する活動)をバランスするのは20代のグローバルシェイパーズとして大変難しさを感じましたが、時間は作ることはできますし、積み重ねが大事と改めて認識した5年間の活動でした。 最後になりましたが、多数のプロジェクトを進行する際に手伝ってくれたグローバルシェイパーズの皆さん、特に全てのプロジェクトの事務局を引き受けてくれた佐藤滉君には感謝仕切れないです!これからは卒業生として世界経済フォーラムのミッションに引き続き貢献していければと思ってます。 *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

世界経済フォーラム”SHAPE Asia 2016”参加レポート

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、去年の”SHAPE China 2015”に続き”SHAPE Asia 2016”(今年からChina→Asiaに名称変更したそうです)に参加してきました。SHAPEイベントはグローバルシェイパーズが独自で主催+企画して運営する集まりです。SHAPE Asia 2016は10月14日〜16日の2日間で開かれ、香港ハブが主催。およそ33ヶ国69ハブから140人程のグローバルシェイパーズが集まり男女格差、モビリティー、移動手段など様々なトピックが議論されました。 北京ハブのJon Rechtmanが登壇した”Future of Mobility”テーマにはLifestyle、Transportation、Socio-EconomicsとEnterpriseのサブテーマがあり、Enterpriseを私がファシリテートしました。約1時間を活用して、企業がクラウドコンピューティング、在宅ワーク、クラウドワークなどを取り入れた際の変革など各国の事例を活用して議論を行いました。 働き方に関しての議論ではMicrosoftで働いているグローバルシェイパーズが自社の事例で出社が求められてないことに対して、米国Yahoo!が在宅ワークを制限するなどの違い、社会全般ではBitcoinなどフィンテックの活用により企業のモビリティー(銀行業務が変わる)についても実際の事例で盛り上がりました。議論の結論は時間売りの時代は終わらせ、成果で今後は評価されながら報酬を決めていく企業がEnterprise Mobilityと定義付けしました。 セッション後には北京ハブのJames Flanaganにポッドキャスト用にインタビューされ近々グローバルシェイパーズのチャンネルに放送されるそうです。毎度参加すると思いますが、世界経済フォーラムの集まりは色々な国及び他業種から人が集まるのでとてもエキサイティングな2日間でした。(もちろん夜のパーティーも!笑) *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

GSC Tokyo主催「はたらく女性のためのフォーラム2015」を開催

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)のはたらく女性を支援する活動の一環ではたらくママのための育児タクシープロジェクトに続き「はたらく女性のためのフォーラム2015」を去年の9月に開催して約150名の女性が集まりました。オーディエンスからアンケートを取り、パネルディスカッションの内容をまとめ、日本のはたらく女性を取り巻く環境や課題解決のための実践的なアクションプランを盛り込み「女性活躍社会への提言」として2015年11月、安倍昭恵首相夫人へと提出ができました。 上記スライドが日本の現状、こちらをベースにパネルディスカッションを行いました。 パネルディスカッション テーマ「日本の女性エンパワメントのために求められること」 ◆ 安倍昭恵氏(首相夫人) ◆ 高橋ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役) ◆ 梅澤亮(ヘイロー株式会社 代表取締役社長)※モデレーター こちらのセッションはオフレコトークもあったので残念ながら冒頭部分のみになりますが、メディアには書きおこしがありますのでこちらも是非。 http://suke10.com/women-kigyo/396/ http://goodway.co.jp/fip/htdocs/jo9rtsxiy-3242/ パネルディスカッション テーマ「はたらく女性が応援される社会への提言」 ◆ 高岡美緒氏(マネックスグループ株式会社 執行役員 新事業企画室長) ◆ 田中敬子氏(すばる交通株式会社 取締役副社長) ◆ 森本千賀子氏(株式会社リクルートエグゼクティブエージェント、エグゼクティブコンサルタント) ◆ 中野円佳氏(女性活用ジャーナリスト/研究者ChangeWAVE)※モデレーター *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

元日に菅直人元首相宅訪問

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として一緒に活動している民主党神奈川県第7総支部長の中谷一馬さんに誘われて菅直人元首相宅にお邪魔してきました。なんと一緒に行った若手4名でお酒を飲みながら菅さんを囲んでおよそ3時間弱に渡り独占した大変貴重な機会でした。あと偶然にも4年前に続きお酒を持ちながら写真を撮らせて頂きました。笑 「原発ゼロと平和な未来」をモットーに政治活動している事もあり、原発に関しては特に熱く語って頂きましたが、政治、教育、経済、イノベーション(HAILO・タクシー配車アプリ)など様々なトピックの意見を聞いたり議論ができました。ぶっちゃけ話も多数あったので、細かい内容は省略しますが…GSCメンバーでもあるNPOティーチ・フォー・ジャパン創設代表の松田悠介さんが質問した”成功する秘訣”の菅さん回答が「想い続けるのが半分、努力と運が半分」が印象的でした。人により、割合が違うと思いますが、要するに想い続ける→人に公言する→応援軍団が集まる→成れる!の流れで目標が達成できると思います。個人的にも大きく目標を持って成功する秘訣を早速実行したいと思います! 帰り際には「総理とお遍路 (角川新書)」の本にサイン頂きました。 元首相ともあり、色々な人にあったり知恵をお持ちで色々な話を聞かせて頂いたので、自分が今後どうなりたいか、どのように年を取っていけばいいのかを考えるきっかけ+今年更に突っ走る思いを持てた元日でした。 中谷さん、改めてお誘い頂きありがとうございました!!! *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

安倍昭恵首相夫人に「女性活躍社会への提言」を提出

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)のはたらく女性を支援する活動の一環ではたらくママのための育児タクシープロジェクトに続き「はたらく女性のためのフォーラム2015」を開催、フォーラムから意見を集めて安倍昭恵首相夫人に「女性活躍社会への提言」を提出して参りました。 安倍昭恵首相夫人は熱心に日本が置かれている現状や提案内容を聞いて頂き、ご賛同頂きました!今後は文部科学省、厚生労働省と一緒にプロジェクトチームを組んで日本の男女格差指数改善(世界経済フォーラム・ジェンダーギャップレポートによると2013年は105/136位、2014年は104/142位と先進国として極めて低い)を行って参ります。 上記提言では女性活躍推進法案が目的とする女性の管理職登用増加のための方策として教育プログラムの制度化を提案。 提言提出後、主要メンバーの神山まりあさんと佐藤滉さんで首相公邸をバックに記念撮影。笑 提言作成にあたり特にご協力頂いたGSCメンバーの中谷一馬さん(民主党神奈川県第7総支部 総支部長)、GSCサポート役の光井達彦さん(法政大学生)ありがとうございます!!!これから実行フェーズに入り更に大変なると思いますが引き続き宜しくお願い致します! *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

はたらくママのための育児タクシーを東京と大阪で実施

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として2015年4月に日本の働くお母さんを支援する新プロジェクト「はたらくママのための育児タクシー」を立ち上げました。世界経済フォーラムが毎年公表する「世界男女格差レポート(Global Gender Gap Report)」の 2014 年版において、日本の男女格差指数は142カ国中104位という低水準に留まっております。グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブでは、日本国内の男女格差指数の向上のため、特に「子育てをしながら働く女 性」への支援にフォーカスしました。 仕事と子育てを両立する女性の生活交通に積極的にタクシーを利用していただくことを目的にスマートフォン用のタクシー配車アプリケーション(東京:日本交通株式会社、大阪:ヘイロー株式会社)と連携し「ママタクシー認定ドライバー」が運転するタクシーを利用頂きました。上記が利用シーンの動画になります。 東京エリア及び大阪エリアで1,500円割引クーポンを総計2万5000枚配布して様々な企業に協力頂き、無事2015年8月末にプロジェクトが完了!引き続き日本国内の男女格差指数の向上の為に様々なプロジェクトを実施していくので引き続きご支援頂ければと思います。 *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

GSC Tokyo主催「Re-Generate Japan Forum 2015」参加者募集

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として日本の次世代リーダーを生むために「Re-Generate Japan」プロジェクトを2014年12月に立ち上げました。2014年12月オープンフォーラム開催時には600名の学生応募から130名が選出、2015年3月スタートアップチャレンジでは130名から14名が選出、最後に勝ち残った2名が最終発表会の「Re-Generate Japan Forum 2015」でプレゼンします! Re-Generate Japanは日本全国の行動を起こしたい学生対象に起業支援プログラムを行い、「IT」や「教育」の分野で地域活性化に手足を動かして取り組む若者をサポートして参りました。200万円の賞金付き起業コンテストで計画立案から事業化までを合宿プログラムと継続的インキュベーションで完全バックアップ。3月から外部及びGSCの起業家をメンターとして招いたり、私自身が毎週末2チームに計2時間メンタリングしながら学生と二人三脚で進めてきた事業が「Re-Generate Japan Forum 2015」にてお披露目されます。起業家のパネルディスカッションもありますのでコンテンツ満載です、是非ご参加下さい! 【GSC Tokyo「Re-Generate Japan Forum 2015」開催要項】 日時:2015年11月18日(水曜日)19:00〜22:20 場所:東京都港区六本木6−10−1 六本木ヒルズ・森タワー 49F アカデミーヒルズ(スカイスタジオ) 参加人数:座席定員100名 参加費用: 無料 主催:世界経済フォーラム・グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブ 後援:文部科学省 後援申請中 *社会人も参加できます 19:00 開場 19:30 – 19:35 オープニングセッション 19:35 – 19:50 スポンサーセッション 19:50 – 20:30 パネルディスカッション1「地方の若者へのエンパワメントと投資」 木野瀬友人氏(株式会社エクストーン 取締役兼株式会社ニワンゴ共同創業者) 森山和彦氏(株式会社CRAZY 代表取締役) 神山まりあ氏(モデレーター、G.M.Image Consulting代表) 20:30 – 21:10 Re-Generate最優秀賞者プレゼンピッチ 島田舜介氏(EVERY DENIM代表/岡山大学環境理工学部3年) 小山優輝氏(Mana Lab 代表/大阪府立箕面高等学校2年) 21:10…

世界経済フォーラム”SHAPE China 2015”参加レポート

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、”SHAPE China 2015”に参加してきました。SHAPEイベントはグローバルシェイパーズが独自で主催+企画して運営する集まりです。SHAPE China 2015は9月6日〜8日の2日間で開かれ、中国の北京ハブと大連ハブが共同で”Annual Meeting of the New Champions 2015″(通称:サマーダボス会議)に合わせて開催。およそ70ヶ国から160人のグローバルシェイパーズ、政治家、起業家などが集まりホテルのボールルームがいっぱいで立ち見が発生する程盛況!トータルで22セッションが開かれインターネット、シェアリングエコノミー、ソーシャルイノベーションなど様々なトピックに関して議論されました。 HAILOに携わっているので、”Changing the Way the World Moves”のセッションリーダーを務めて今後の移動手段に関して議論。 インターネット X 交通でアイデア出しを行い、セグウェイからドローンなど様々なO2O(オンライン・ツー・オフライン)に関して熱く議論して上記の写真のようにまとまりました。本業ですのでHAILOのように、配車アプリのアルゴリズムを活用しての未来の車のあり方をセッションスポンサーであるFord社に提案をしてアピール。笑 国により交通手段等は様々あるので他の国の事情や事例を聞き、大変勉強になりました。 更にStartup Project Workshopでは8社のスタートアップが投資家の前でピッチを行いました。コーヒーマシーン、サーバー事業など様々な企業が参加する中、HAILOを代表してプレゼン。中国のスマートフォンタクシー配車サービス滴滴快的(ディディ・クアイディ)のお話もしたのでオーディエンスが急に写真を撮り始めて驚きでした。 現地のテレビ局が入る中接戦のピッチでしたが、なんと!HAILOが一番投資したい会社に選ばれ、優勝トロフィーも頂きながら記念撮影。 SHAPE China 2015では社会貢献活動の一環でチャリティーランも開催。世界経済や事業のディスカッション以外にも運動をしながら皆で仲良くなれました。企画満載で様々なところまで行き届いていてすごい! グローバルシェイパーズコミュニティ大阪ハブのeConnect Japan株式会社、代表取締役の小山修平さんと一緒に早歩きをしてましたが途中で逸れるハプニング…涙 皆で水色のチャリティーシャツを着て仲良く完走できました。 SHAPE China 2015のフィナーレは皆が一同に集まり表彰や2日間のまとめが行われました。毎度の事ですが、中国のスケール感とおもてなしに感動しました。世界のグローバルシェイパーズに負けないようにライフワークの活動を頑張ります! *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

GSC Tokyo主催「はたらく女性のためのフォーラム2015」参加者募集

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)のはたらく女性を支援する活動の一環ではたらくママのための育児タクシープロジェクトに続き「はたらく女性のためのフォーラム2015」を主催します! 背景としては日本には女性の就業者数は2,701万人おり、過去18年間で約85万人増加しております。一方男性の就業者数は3,610万人おり、過去18年間で約230万人減少しております。* 日本の男女格差は、OECD加盟国中最下位レベルで推移しており、世界経済フォーラム・ジェンダーギャップレポートによると2013年は105/136位、2014年は104/142位と先進国として極めて低いです。働いている女性は増えている一方、男女格差は是正の兆しを見せない状況です。 女性にとって働きやすいよう、社会環境が変化・適応することが必要であると考えます。 *平成7年〜平成25年、厚生労働省・「働く女性の実情」平成25年度版 世界経済フォーラムのイニシアティブである「グローバルシェイパーズ」では、地域情勢の改善のため具体的なアクションプランを実行する為にもはたらく女性が働きやすい社会環境づくりに向けた提言をつくるためのフォーラムを開催します。日本のはたらく女性を取り巻く環境について、様々なステークホルダーを交えて議論して、課題解決のための実践的なアクションプランを盛り込み提言としてまとめ首相夫人の安倍昭恵様に渡してフォーラム参加者の決意表明を目的にします。 【はたらく女性のためのフォーラム2015開催要項】 日時:2015年9月17日(木曜日)19:30〜21:30 場所:株式会社セプテーニ・ホールディングス カンファレンスルーム(住友不動産新宿グランドタワー27F) 参加人数:先着150名 参加費用: 無料 応募資格:就労や性別、年齢を問いません。本フォーラムにご関心をお持ちの方は、ぜひご参加下さい。 主催:世界経済フォーラム グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブ 後援:内閣府男女共同参画局 後援申請中 19:00 開場 19:30 – 19:35 オープニングセッション 19:35 – 19:45 スポンサーセッション 「コカ・コーラと女性支援」 後藤由美氏(日本コカ・コーラ株式会社 副社長 広報・パブリックアフェアーズ) 19:45 – 20:35 パネルディスカッション1 「日本の女性エンパワメントのために求められること」 安倍昭恵氏(首相夫人) 高橋ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役) 梅澤亮(モデレーター、ヘイロー株式会社 代表取締役社長) 20:40 – 21:20  パネルディスカッション2 「はたらく女性が応援される社会への提言」 高岡美緒氏(マネックスグループ株式会社 執行役員 新事業企画室長) 田中敬子氏(すばる交通株式会社 取締役副社長) 森本千賀子氏(株式会社リクルートエグゼクティブエージェント、エグゼクティブコンサルタント) 中野円佳氏(モデレーター、女性活用ジャーナリスト/研究者ChangeWAVE) 21:25 – 21:30 クロージングセッション *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは……

世界経済フォーラム”East Asia 2015”参加レポート

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、World Economic Forum on East Asia 2015に参加させて頂きました。世界のグローバルシェイパーズコミュニティのネットワークは約500ハブ、5,000名までに拡大しており、そのうちグローバルシェイパーズ参加選出枠は30名(グローバルシェイパーズはスポンサーの尽力により旅費を含む参加費は無料で参加可能)の中に選ばれました。気付けば、Summer Davos 2012 + 2013、Japan Meeting 2012 + 2013 + 2014と今回が6回目の世界経済フォーラムイベントで貴重な機会を頂き大変光栄です。 世界経済フォーラムは年に2回開催されている通称ダボス会議と呼ばれるイベントがメインですが、定期的に今回のような地域版も開催されてます。テーマは「East Asia in the New Global Context」、50カ国から約700名(世界中の政治、経済、学術等の分野で活躍する著名人や起業家)が一同に集まり、各分野の革新的な取り組みや商品、今後のInnovationのあるべき姿、また起業家の発掘やその支援方法等についてセッションや議論が繰り広げられました。主催国のインドネシア大統領も登壇され、東南アジアの発展に関して熱く語られました。 グローバルシェイパーズ専用セッションでは、30名(27ハブ、12カ国)がハブのプロジェクトや進めているグローバルイニシアチブの議論、情報交換も行われました。更に、スポンサーのコカ・コーラ社やAbraaj Groupなどの特別セッションもあり、大変充実してました。オフレコのセッションなども多数ありましたので、詳細レポートはWorld Economic Forum on East Asia 2015からアクセス頂ければと思います。 イベントの一番のハイライトはAir Asia CEO、Tony Fernandesさんのセッションでした。経営破綻状態のAir Asiaを30円(1リンギット)で2001年に買収、格安航空会社(LCC)としてマレーシア国内や海外のフライトのシェアを伸ばし2003年には黒字化。貯金2,000万円で事業を成功に導いた彼だからこそ言える、”Don’t let anyone tell you what you can or cannot do”、”Never take no for an…