Continuous Passive Movement

前十字靭帯再建手術後の入院生活10日間

前十字靭帯再建の手術が成功して早くも入院してから10日間が過ぎました。当初は月末まで入院する予定でしたが、脚とリハビリ状況が良いそうでもしかしたら少し早めに退院できるかもです。手術前は高血圧の可能性があるため、血圧を下げる薬を飲んでいて食事制限(減塩食)などもありましたが今では異常ないようで食べ物も自由に食べれる状態です! 入院生活の1日のある日のスケジュール 6:00   起床、検温 6:10 ~ 8:00 再度寝る。笑 8:00   朝食 8:15 ~ 9:00 再度寝る。笑 9:00   着替え等、シャワー予約いっぱいの場合は頭や顔を洗い、体はタオルで拭く 9:30 ~ 10:00 再度寝る。笑 10:00   医師の回診 10:10   Continuous Passive Movement CPM(膝の屈伸運動の機械)を1時間程 11:30   リハビリを1時間程 12:30   昼食 13:30    Continuous Passive Movement CPM(膝の屈伸運動の機械)を1時間程 14:00   検温 14:30   リハビリを1時間程 16:00    面会(平日の場合15:00~20:00)、メールチェック 18:00   夕食 19:00   検温 21:00   消灯 消灯後はデスクライトで作業…どうしてもリハビリの後は疲れるので寝てしまったり、脚が痛くて作業できない時もありますが毎日びっしりスケジュールが組まれてます。。。結構ハードな生活です。 脚の腫れも大分引いてきてますが、毎日欠かさずアイシングを行ってます。Continuous Passive Movement CPM(膝の屈伸運動の機械)は最初は20度から40度までしか脚を曲げてませんでしたが10日目にて95度になっております。手術直後は脚を毎度曲げるために激痛でしたが今では我慢できる程度になりました。あと、トイレには車椅子で行ってましたが今週の月曜日から1/3の体重を掛けながら松葉杖で歩けるようになりました。 前十字靭帯(ACL)再建手術の主治医をして頂いた福島一雅先生、米国ピッツバーグ大学整形外科スポーツ医学センター客員研究員、日本オリンピックのチームドクターやヴェルディ・クリニック院長など多数の肩書きを持つ先生です。6月にケガした時にも書きましたが、経験豊富で信頼できる先生に診断や手術はしてもらうことが大変重要だと今回改めて思いました。優秀な先生の周りに優秀な人がいるので、手術のチームも最高だったと思います。 入院先の世田谷下田総合病院でリハビリ科の篠原科長にリハビリ前にストレッチをして頂いてます。写真には写ってませんが上島さんにもリハビリを担当して頂いてます。手術+入院生活では多数のお医者さん、看護婦さんにお世話になっておりますが、さすがに皆さんの写真は撮れてません…笑 撮る機会があったらまたアップします! ここからは毎度のお見舞いに来て頂いた方のご紹介です〜笑 こちらは5日目から10日目版で、来て頂いた順です!皆さんお忙しいところ遠いところまで遊びに来て頂きましてありがとうございました!!! 左からZenlok株式会社の大貫紀子さん(International School Manila中学校の時の同期)、MissingLink株式会社の代表取締役 原田大輔さん、アポイ株式会社の取締役 蒼山桜子さん(投資先)、アクセルマーク株式会社兼アクセルビート株式会社の小宮冴香さん、リンクシェア・ジャパン株式会社の吉田悠紀さん(トラフィックゲート時代の同僚) 左からスタイリストのパクスギャンさん、日本ロマンチスト協会の宣教師兼副事務局長八田雅也さん、サイトコア株式会社の平井千晶さん アクセルマーク株式会社の執行役員事業開発本部長兼アクセルビード株式会社の代表取締役川野尚吾さん 左から株式会社キング・テックの代表取締役社長 王遠耀さん、株式会社キング・テックの森川さん、 飛拓無限信息技術有限公司(Fractalist China日本支社)代表取締役 唐先智さん 上智大学時代の同期、井上顕さん 小田急不動産株式会社の大岡亜沙美さん Ronen Mense, Vice…

前十字靭帯再建の手術が成功!と入院生活4日間

6月にフットサルで前十字靭帯損傷(ACL)をしまして、火曜日から入院してましたが水曜日にライズシティクリニックの院長である福島一雅先生に世田谷下田総合病院にて手術をして頂き成功しました!!!ケガをしてからは計15人のお医者さん、トレーナー、理学療法士等に見て頂いて、最終的には経験及び知識豊富で日本オリンピックチームドクターを勤める福島一雅先生に手術してもらえて大変良かったです! 再建手術では膝の内側にある「膝屈筋腱」の一部を使用して靭帯のようにひも状に束ねて移植でした。膝をまげるための腱ですが、抜いても膝への影響は少なく、リハビリテーションを行えば筋力は回復するとの事です。これでもまだトレーニングさえすればバレリーナとしてオリンピックはまだ目指せるかな?笑    手術は全身麻酔だったので気づいたら終わっていて、起きたら酸素マスク、脚は包帯でぐるぐる、保冷マシーンで脚を冷やされてました。直後は麻酔で意識があまりなかったですが徐徐に麻酔が解けると今度は激痛で意識がモウロウとなりました。とにかく脚を動かさなくても激痛で術後当日は身動きが取れず、2日目は今まで使っていた赤い装具を装着してトイレなどは車椅子で行けるようになりました。しかし、ちょっとでも動くと激痛が走り痛すぎて笑っちゃうほどです。更に体を動かせずベッドに寝たきりなので、腰痛で脚も痛い、腰も痛いでどうしようもならないペアが発生…本日3日目からリハビリトレーニングを初めまして、術前からライズシティクリニックの福島一雅先生のトレーナーに鍛えられていた為、トレーニングメニューを比較的簡単にこなせましたがやはり毎回動かす度に痛みは走ります。 今日ガーゼを取って消毒されている時に撮りましたが、比較的に傷後も少なかったです。さすがにホッチキスの針のような物で止められてたのを見たときはショックでしたが…T.T 10日後程に外すので…また痛い予感が… あと、脚のトレーニングの一環でContinuous Passive Movement CPM(膝の屈伸運動の機械)を利用して、本日は午前中に20度から40度、午後には20度から45度に曲げるマシーンを活用。1時間ですが、自動的に曲げてくれるので待っているだけです。 2日目と3日目のお見舞いは株式会社ニワンゴ及び株式会社エクストーン取締役の木野瀬友人さん(通称キノッピー)、株式会社マクロミル事業企画部の佐藤真希子さん、Klab株式会社中国担当の劉歓さん、お忙しいところありがとうございました! 前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい! あと、10日間で無事に退院してWorld Economic ForumのAnnual Meeting of the New Champions 2012、Summer Davosに参加しないと!