Apple

パスワード管理

今までExcelにロックを掛けてdropboxで同期しながらパスワードを管理してましたが、オンラインサービスも大分増えて限界を感じてたので新しいソリューションを探していたところ知り合いが1Passwordを使ってたのでダウンロードしてみると大変便利!Appleユーザーは標準でkeychainが入っていて、ネットサービスのパスワードであれば保管できるかもですが、クレジットカード、銀行カードやその他で必要な2段階認証等のパスワードも個別に保存可能。パスワードを自動作成機能も付いているのでユニークなパスワードをサービス毎に作れます。 iPhone用であれば指紋認証にも対応していて、iPhoneのブラウザーでサービスにログインする時も指紋認証をするだけでuser IDやPassword欄に自動入力が可能。複雑なパスワードを使ってても、覚える+入力する手間が省けます。 デスクトップの場合、ブラウザーにプラグインをインストールすると、サイト毎に1Passwordがどのuser IDとPasswordが必要か自動検出して入力をサポートしてくれる賢いツールです。さらに、dropboxとも連携していて、リアルタイムにパスワード変更も同期されます。パスワード管理専用ソフトなので、とにかくかゆいところまで全てが行き届いているサービス。有料ツールですが、セキュリティも向上して、大変便利なのでオススメです。

操作感が新しい!facebookの新アプリ「Paper」を使ってみました

facebookが先月30日に新しいニュースリーダーアプリ「Paper」を発表しましたが、予告通り昨日リリースされていたので早速ダウンロードして使ってみました。このアプリはいわばfacebook版Flipboardのようなもので、facebook上のフィードと、Web上のニュース等の他のコンテンツをごちゃまぜに表示するアプリです。Apple出身のエンジニアが開発したそうですが、ガラケーからスマートフォンへの移行が加速度的に進み、更にリッチなデザインを求められている中、スタイリッシュなフラットデザインや、流行のぬるっとした操作感など、特徴的なUIで大変良く仕上がっていると思います。今年に入り、25億円(累計77億円)調達したPathも秀逸なデザインによりファンを増やしていますが、やはりこちらも開発チームに元Apple出身者が含まれています。 さて、このPaperですが、インストールして起動するとイメージビデオが流れ、最初から大変リッチな演出が施されています。動画に続くチュートリアルも、画像だけでなく音声によるガイダンスがあり、親切かつスタイリッシュに設計されていてとてもワクワクしました。 使い方は、最初に自分の興味のある「セクション」を9個まで選び設定します。例えば「Tech」、「Ideas」、「Planet」などののセクションを選ぶことで、それぞれのテーマに沿ったニュース、コンテンツ等が配信されるようになります。機能としては、既存のfacebookアプリのタイムライン上でフィードされる情報にセクションごとのコンテンツが加わっただけに思いますが、上下左右のスワイプ操作が基本になっており、アニメーションと絡んで動作したりティルトして写真を「見渡す」ことができたりと、新鮮な操作感がおもしろいです。使い始めてしばらくは所々で画面上のチュートリアルと音声ガイダンスによる案内がありますし、どれも直観的な操作なのですぐに慣れると思います。Paperは現状US版しかないので日本語入力に若干問題がありますが、既存のfacebbokアプリのメッセージ機能やフレンド申請機能も搭載しているので、大抵のことはこのアプリでまかなえそうな気がしています。 上が自分のプロフィールページを開いた時の画面です。デザインや操作性等UIが全く違うので、コンテンツ自体は一緒ですが新しい世界観が味わえました。今後は既存のfacebookアプリとPaperをどう使い分けていくか、共存できるのか、ちょっと不思議です。笑  友達のアップデートとニュースを組み合わせたことでニュースリーダーとしての地位を築いていきそうですが、更に日本のGunosy、Antenna、Smartnewsなどのキュレーション系のメディアがセクションとして加わると個人的に良いなと思います。現状ではUS AppStoreのみで配布されているので、日本版の登場と今後のアップデートにも期待です。

iPhone 5Sをゲット!

今月台湾に出張した際、ドコモのSony Xperia SX SO-05Dを盗まれたため、iPhone 5Sシルバーをゲットしました。ラッキーな事に、ドコモショップに行ったら在庫もあり、機種変更で即購入できました。iPhone 3から買い続けているので、今回でiPhone 6台目になりました。iPhone 5に比べると、多少ですが電池の持ち、カメラの画質が良くなり、また、やはり一番のポイントである指紋認証機能が便利です。 長い間、AndroidとiOSの2台持ちをしてましたが、固定費を下げる為にソフトバンクの回線を解約してドコモ回線でiPhone 5Sの1台持ちにしました。ドコモ同士であればiPhone Xi カケ・ホーダイのお陰で無料、ドコモ以外のキャリアに発信する場合は楽天電話を利用しこれからは従来の通話料の半額に抑えられるのではと思います。 あと、驚いたのがドコモメールのspモードのプロファイル設定をしたところ、上記の写真のようにドコモサービスのbookmarkが自動でdockに追加されました。。。Appleに関してはAndroidのように独自マーケットを持てないので、dマーケットが今後どのように機能するのか見ていきたいです。 Apple「iPhone 5S」スペック ディスプレイ:4インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ、Retinaディスプレイ サイズ:123.8 mm x 58.6 mm x 7.6 mm 重量:112 g 容量:16GB カメラ:8メガピクセル(1.5ミクロンのピクセル)、サファイアクリスタル製レンズカバー、True Toneフラッシュ、裏面照射型センサー、5枚構成のレンズ、ハイブリッド赤外線フィルタ、パノラマ、HD(1,080p)ビデオ撮影 センサー:3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、指紋認証センサー

iPhone 5をゲット!

ディスプレイが大きく、20%軽く、18%薄く、LTEに対応したiPhone 5をゲットしました! 以前持ってたiPhone 4SはソフトバンクのキャンペーンでSIM発行料、月額料無料の新しい番号で電話を掛けたら都度課金のSIMと一緒に親に渡しました。 とにかくiPhone 5は早い!LTEの効果もありサクサクメールなども読み込み、技術進歩に驚きです。ガジェットが好きな身分としては新しいiPhoneでワクワクです。気づいたらiPhone 3、iPhone 3S、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5と今回でiPhone 5台目でした。 日常的に持ち歩く端末はドコモのSony Xperia SX SO-05Dと2台持ちになりました。しかし、今後の海外出張でnano SIM対応のiPhone SIMゲタが必要になりますが…大きいSIMの場合は動作保証がないので…ローミング代が高くる予感が… Apple「iPhone 5」スペック ディスプレイ:4インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ、Retinaディスプレイ サイズ:123.8 mm x 58.6 mm x 7.6 mm 重量:112 g 容量:16GB カメラ:8メガピクセルiSightカメラ、パノラマ、HD(1,080p)ビデオ撮影 センサー:3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

iPhone 4Sをゲット!

会社のスマートフォン購入補助制度を使ってiPhone 4Sをゲットしました!以前持ってたiPhone 4は去年中国で盗まれました…その後iPad2を買って、親に渡してしまい最近はドコモのSony Ericsson Xperia ray SO-03Cの1台持ちだったのですが業務上持ってないとさすがに辛いのでiPhone 4Sをなぜかこのタイミング(次期iPhoneが近々発表される予感)で買いました。急に思い立ったので即買い…笑 Sony Ericsson Xperia ray SO-03Cに慣れてしまったので、iPhoneがとても大きく感じました。しかし、iPhone 4Sはとてもサクサク動きSiriも楽しいですね! Apple「iPhone 4S」スペック ディスプレイ:3.5インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ、Retinaディスプレイ サイズ:115.2 mm x 58.6 mm x 9.3 mm 重量:140 g 容量:16GB カメラ:8メガピクセルiSightカメラ センサー:3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

iPad 2をゲット!

AppleのiPhone 4を中国の西安にて盗難にあったので去年9月の事ですがiPad2をWifiをゲット!その後会社からiPad2 3G版を支給されました。iPad2はとにかくバッテリーが長持ちするのでとても便利です。今までは毎日のようにMacBook Airを持ち歩いてましたが、最近データをクラウド化(ファイルはDropbox、メモはEvernote、メールはGoogle Apps)できたのでiPad2+ドコモのXperia ray SO-03Cのみを持ち歩いてます。鞄も軽くなりスマートフォンとパッドの最高ペアです。 Apple「iPad 2」スペック ディスプレイ:IPSテクノロジー搭載9.7インチ サイズ:241.2mm x 185.7mm x 8.8mm 重量:613g 容量:16GB プロセッサー:1GHzデュアルコアApple A5カスタムデザイン高性能、省電力SoC センサー:3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、環境光センサー あと知り合いの会社、Robot Invader社のアプリになりますが最近「ねじ巻きナイト」(英語:Wind-up Knight)にハマってます。 Android+iOS(iPhone+iPad版)が出てますが、iPad 2の大画面で遊ぶと楽しいです。ゲームはナイトが自動的に進むのでタイミングを合わせてジャンプ、攻撃、ローリング、防御などをしながら全てのコインと隠されているカードを取得しながらゴールを目指す。比較的アクションが苦手でも簡単にプレイができるのが特徴だ。 ちょっとやり込んだので、ステージのクリア事にクリアしたポイントで下記のようにナイトをフル装備にした。ちなみに3-1と4-7がどうしてもパーフェクトでクリアできないのでクリアできた人は教えて下さい!

no image

Apple Universal Dockをゲット!

先月誕生日を迎えたのですが、本日マカビーからApple Universal Dockをプレゼントしてもらいました!B&W CM7につなげて聞くのに最高なツールです!リモコンもついているのでとても便利です。

no image

iPhoneアプリ勉強会第5回「iPhoneアプリ市場におけるB2Bとは」

Eagle株式会社の藤永さんから下記ご案内を頂きました。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2010年10月22日(金曜日)19:00 ~ 20:00 会場:Apple Store銀座 3Fシアター(東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館) 参加費:無料 Apple Store銀座店にて毎月1回「iPhoneアプリ勉強会」と題してディベロッパーが集まるAppBank主催イベント。 今回のテーマは「iPhoneアプリ市場におけるB2Bとは」。iPhoneアプリ市場におけるB2B(企業間取引)について考えます。ダイヤモンド社の書籍アプリの開発を手掛ける高山恭介氏およびEagle Inc.の藤永真至氏が、これまでの携帯電話ビジネスとの比較、コンテンツホルダーとの協業などのテーマについてプレゼンテーションを行います。 プレゼンター 高山恭介氏 横浜iPhoneアプリ開発勉強会の主催してます。アプリはSkyBook,EasyCameraやダイヤモンド社等。 「青空キンドル」や「iPhoneSDK開発のレシピ」の中の人。 開発したアプリ例: ポケット文庫 SkyBook、適当日記 藤永真至氏 Eagle株式会社 創業者 1999年、友人の起業に誘われ、i-modeビジネスに携わる。 自らが主催する、企業の垣根を飛び越えた勉強会(粋な勉強会/モバイル夜間大学)は、過去4年間で計400回、6,000人の参加人数にのぼる。2010年、iPhoneアプリ世界一のレーベルを作るべくEagleを創業。ジークラウド株式会社が主催する「レインボーアップススクールiPhoneアプリ講座(iPhoneアプリ開発講座/講習/スクール/作り方 初心者 入門 」の運営を担当。すでに受講者は600名を超え、世界最大のiPhoneアプリクリエイター集団を目指す。 開発したアプリ例: Talk Writer、イケメン弁護士、新幹線の車窓:東海道新幹線 (iPhone4)

no image

iPhone 4をゲット!

AppleのiPhone 3GSからの乗り換えでiPhone 4をゲットしました!iPhone 4ホワイトの発売を待つ予定でしたが、待てずに買いました。画面がとてもキレイでバッテリーの持ちが良いです。やはり新製品はいいですね。 Apple「iPhone 4」スペック ディスプレイ:3.5インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ、Retinaディスプレイ サイズ:115.2 mm x 58.6 mm x 9.3 mm 重量:137 g 容量:16GB センサー:3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

no image

AirMac Expressをゲット!

初期のAir Mac Expressを持ってましたが、今回は新しいAirMac Express 802.11n Wi-Fiをゲットしました。これでg+b+n対応です。Wifiの到達範囲も広くなりましたが、Air Mac Expressが2台になったのでWireless Distribution System(WDS)でネットワークを広げてみます。