After ACL Surgery

フットサルのプレー中に前十字靭帯(ACL)を損傷し、再建手術を受けたのが2012年8月、約3年4ヶ月前の事でした。その後、再建箇所に固定していたボルトを除去してから約2年が経ちましたが、幸い冬も脚は痛くなく(人によっては痛くなる人がいるとの事…)過ごせていて週2回ジムで泳いだり何の不自由もなく前と変わらず過ごせてます。ボルトは除去しましたが、再建時に使ったパーツは小さいので上記右写真の通り、脚のところに残ってます。笑

After ACL Surgery suture removal

抜糸は2014年1月に行いました

After ACL Surgery infection

抜糸から2ヶ月後…海外出張が多く、通常はお風呂に入っていれば自然に抜糸後剥がれるシールがシャワー生活で剥がれず+自分で剥がす事を知らず…シールから感染してしまいました…涙

3 years after ACL surgery

一時期広がりましたが今はこんな感じ。なんとかお嫁に行けるかな!?笑 手術の跡も次第に消えるとの事。当時は複数の医者に相談して手術するかしないか色々と不安で大分悩みましたが…結果手術して良かったです!

前十字靭帯の過去のブログ投稿は下記からアクセスして下さい。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!
フットサルで前十字靭帯損傷、来月手術します!
本日から入院、初めての入院生活
前十字靭帯再建の手術が成功!と入院生活4日間
前十字靭帯再建手術後の入院生活10日間
退院しました!前十字靭帯再建手術後の入院生活16日間
前十字靭帯再建手術後2ヶ月半経ちました+世田谷下田総合病院での入院費用
前十字靭帯再建手術後3ヶ月半経ちまして順調に回復中
前十字靭帯再建手術後から9ヶ月半経ちました
前十字靭帯帯再建手術から1年半、ボルトの除去手術を行いました

Tags: , ,

Hospitalized in Setagaya Shimoda Hospital

フットサルのプレー中に前十字靭帯を損傷し、再建手術を受けたのは約1年半前、2012年8月の事でしたが、今週、再建箇所に固定していたボルトを除去する再手術を受け無事に成功しました。靭帯の再建手術では膝の内側にある「膝屈筋腱」の一部を抜き取り、膝の部分に穴を開けて、靭帯のように紐状に束ねてボルトで固定し移植していたので今回はその固定用のボルトの除去と経過観察を目的に全身麻酔下で内視鏡を使用した視下手術を行いました。

再度入院して、2回もメスを入れられるのは嫌だったのでボルトを抜かないという選択肢もありましたが、体内に異物が残ったままになるのがそれ以上に嫌だったのと、再建した靭帯の状況確認も行えるため再手術を決断しました。ボルトを固定したままにしておくと、その周りを骨が覆い始め癒着が進んでしまうため、取るのであれば癒着が始まる術後1年くらいのタイミングが望ましいのですが、昨年の8月頃はバタバタしていたので1回目の手術から1年半程たったこのタイミングでの除去手術となりました。

Desk in Setagaya Shimoda Hospital

今回の主治医も前回と同様、福島一雅先生にお願いしました。米国ピッツバーグ大学整形外科スポーツ医学センター客員研究員であり、オリンピックのナショナルチームやプロサッカーチーム東京ヴェルディのチームドクターなどを歴任されているスポーツドクター界の第一人者です。今回も前回同様、福島先生が唯一手術を行う世田谷下田総合病院に入院させていただきこちらも前回同様、PCやWifiルーターを病室に持ち込んでの万全の体制で事環境を作りました。

Injection for drip infusion

入院スケジュールとしては手術前日の14:00から入院して、レントゲンなどの諸検査を行い、手術をする脚部分の剃毛、点滴用の針挿入等の処置を行いました。

Food in Setagaya Shimoda Hospital

その後夕食を摂り、翌朝に手術を控えているため00:00から水分補給含む飲食は禁止となりました。

Titanium bolt for ACL

手術当日は6:00に起床、検温などがあり、朝から点滴を開始して、10:30にはさらに抗生物質の点滴を行いました。手術は予定通り11:00から全身麻酔で行われ、1時間程で終了したようです。手術室で麻酔をかけられて、気が付いたら病室のベッドの上で酸素マスクを付けている状態でした。全身麻酔の影響で、午後まで意識が混濁していたのでベッドで寝ていましたが、徐々に意識もはっきりし始め、18:00頃から水分及び食事の摂取が可能になりました。上が摘出したチタン製のボルトです。記念に福島先生にもらいました。1年間以上お世話になったボルトなので、近々ネックレスでも作ろうかと思います。笑

After removing ACL bolt

前回に比べると腫れも痛みも少なく、夜間も我慢できる程度でした。多少熱を持っている感じはありますが、アイシングを行い対処しています。手術の次の日(本日)はトレーナーに脚の状況を確認してもらい終了。2泊3日の短期で退院し、退院後は歩いて帰宅することができました。数日は安静にする必要がありますが、今後は福島先生のライズシティクリニックで経過観察をしてもらい、2週間程度で抜糸できる予定です。今回の入院費用は10万円弱でした。

Regenerated ligaments after ACL surgery

上の写真に写っているのが再建した靭帯で、経過確認の為に引っ張ってもびくともしなかったそうです。手術とはお医者さんに命を預けてメスを入れてもらうということなので、今回も福島先生のように実績があり、知識も経験も豊富で信頼が置ける医師に手術してもらえて本当に良かったです。福島先生に改めて感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

Tags: , , , ,

ACL bolt

前十字靭帯再建の手術をしてから9ヶ月半が経ちました。月1回、ライズシティクリニックで検診及びリハビリを継続していますが、その他はほぼ通常通りの生活に復帰しています。時間がある時に軽く走ったり、アポに遅れそうな時に階段の1段飛ばしや小走りをしたりするくらいはできるようになりました。相変わらず手術した右足の太ももの太さが以前や左足に比べると細いので、時間を作って筋力トレーニングを行うことが必要だと感じています。

上の写真は移植した膝屈筋腱を固定しているボルトを日立メディコ社のエコー機器「HI VISION Preirus」で確認している様子です。ボルトの感覚は最近ではほとんど気にならなくなりましたが、今年の8月以降、ボルトを外す手術が再度必要になるので、それまでに筋力トレーニングを頑張ろうと思います!
前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

Tags: ,

 

6月16日に前十字靭帯損傷をしてから半年が経ちまして前十字靭帯再建の手術をしてから3ヶ月半が経ちました。順調に回復していて、赤い装具の24時間装着もお酒飲む時、激しい動きまたはコンタクトスポーツをやる時以外は解除されたのですが…比較的装具を外して行動できる日が限られそうです。笑 上記はトレーナーさんに日立メディコ社「HI VISION Preirus」を利用して筋肉のハリやコリといった組織の硬さを確認できます。英語ではReal-time Tissue Elastographyと言い、血や水がどこに溜っているなどリアルタイムに確認ができす。妊婦さんが妊娠の時に利用するエコーと似ている感じです。

上記は主治医のライズシティクリニックの福島一雅先生が独自開発したRise Tron。前十字靭帯再建の手術後や肉離れ等の筋肉をほぐす際に活躍する機械。ランダムアクセス波を出しているそうで、ヨーロッパでも似たような機械があり、プロスポーツ選手も利用しているそうですが従来の機械は鉄版をお腹や腰に当てたりが必要でしたが、独自開発で医療器具として日本初で鉄版等が必要ないとのことで治療に使いました!トレーナーに利用してもらいましたが、治療中は暖かく治療後は筋肉がほぐれてました。

前十字靭帯再建手術後3ヶ月半のレントゲン、ボルトのようなものが再建した靭帯を抑えているのが見れます。手術後、海外出張が続いていてあまりリハビリができてませんでしたが順調な回復で一安心。徐徐にスポーツ、ジョギングや水泳などをして細くなってしまった右足の筋肉を戻そうと思います!

前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

Tags: , ,

6月16日に前十字靭帯損傷をしてから5ヶ月弱、前十字靭帯再建の手術をしてから2ヶ月半が経ちました。相変わらず赤い装具は24時間装着(シャワー浴びる時以外)してますが、上記の写真の通り手術の傷跡は良くなってきました。今週の主治医のライズシティクリニックの福島一雅先生に診てもらったところ”順調!”と言われました。脚の筋肉は落ちているのでリハビリを頑張らないとですが…順調にいけば、あと2週間程(手術の3ヶ月後)で装具が外せるそうです。直近では海外出張(北京→サンフランシスコ→ニューヨーク→タイ)が続いておりまして、診察に3週間程行けてなかったので心配でしたが結果okで良かったです。

脚の状況としては1ヶ月半ぐらいのタイミングでライズシティクリニックのトレーナーにマッサージや電気を通しもらったところ曲がる角度が良くなり今までは階段を1段ずつ右脚から降りてましたが、両脚で降りれるようになりました。あと、今まではカメさん速度でしたが周りの人が前十字靭帯再建の手術をしたの忘れるぐらい早く歩けるようになりました。

手術後から2ヶ月半も経った事もあり、やっと保険の申請や各種書類手続きが終わりそうです。

入院費用ですが、30%負担で合計30万円程の予定でしたが関東ITソフトウェア健康保険組合の健康保険限度額適応認定証のおかげで入院費用+手術費用が合計10万円弱で済みました。あとは各自保険の申請に応じて数万円戻ってくるそうなので実費負担が7万円強で済むと思います。あと、傷病手当金(会社を休んだ日が連続して3日、4日目以降休んだ日に対して支給)が給料日額の2/3程が支給されました。しかし、保険対象外で世田谷下田総合病院では強制的に加入させられるアメニティセットの請求が12,000円程掛かりました。アメニティセットとは寝巻、タオル、入院時に必要な日用品(石鹸、シャンプー、歯ブラシ、ティッシュ、コップ)。寝巻きやタオルは衛生上等の関係上理解できるのですが、日用品は自分がいつも使っている物を利用したいので(衛生上の問題が発生しない為)請求される事に理解できず抗議しましたが1日100円引きのみの対応でした。

手術後2ヶ月半の経過を見ると、コスト負担がほとんどないのと脚も良くなっているので前十字靭帯損傷の手術はオススメします。入院前後や平日の定期診断やリハビリでは業務上色々な人に迷惑は掛かりまますが、長い目でみると不自由なく動ける脚にしておく事は重要だと思います!

おまけですが、世田谷下田総合病院での入院風景です。

世田谷下田総合病院のナースステーション、なんと看護婦さんのシフトが2交代制で9:00~16:00、16:00~9:00。16:00~9:00の人は17時間勤務。とてもハードだし、違法じゃないのかな?と疑問に思いました…

こちらがシャワールーム、洗面所、トイレへの入り口。手術後は車椅子だったのですが、スレスレで通るのと病院なのになぜが段差があり術後直後は振動でも脚の痛みが響くので毎回この入り口を通る時は苦痛でした…ちなみに右に置いてあるのは移動可能なレントゲンの機械。日本の医療現場は色々と大変そうです…

前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

Tags: , , , ,