Android

スマートフォンアプリ改善策とマーケティング手法公開!by 株式会社アクトキャット

個人で出資している株式会社アクトキャットは今年の5月10日に設立されたホヤホヤのベンチャーですが、複数のiPhone+Androidアプリを展開中です。先日代表取締役の角 幸一郎さんと取締役の米本 剛士さんに会いに青山一丁目のオフィス訪問した際、直近でリリースした「お願いカンパニー」アプリに関して各ページの読み込みスピードが遅いとボソっと言ったところ!なんと3日後に改善されていました。後で聞いてみたところ作業自体は1人日で終わったとのこと。手前味噌ですが、進化版アプリは絶好調です!w アクセス速度も100%アップ!下記がナレッジ共有資料「スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果」です。 とにかくこのスピード間こそベンチャーだな〜と感じました。あと、下記がナレッジ共有資料「スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜」です。 スマートフォンで広告出稿される方は参考にして下さい! あと、おまけですが下記が今日の代表取締役の角 幸一郎さん。 ドラマの主人公みたい。w

株式会社アクトキャットの創業者、角 幸一郎さんと米本 剛士さん

個人で出資している株式会社アクトキャットは今年の5月10日に設立されたホヤホヤのベンチャーですが、複数のiPhone+Androidアプリを展開中です。ただいま力いれているアプリは「AppBottle」、無料アプリケーションをインストールすると独自通貨であるポイントを貯めて、貯めたポイントはiOSアプリやAmazonギフト券、iTunesCardなどのいずれかと交換する事ができます。 株式会社アクトキャットではただいま一緒に働いて頂けるメンバーを募集中です!ウェブデザイナー・UXデザイナー・グラフィックデザイナー・イラストレーター、Webエンジニア・スマートフォンアプリエンジニア・インフラエンジニアと営業のポジションがあります。オフィスは青山一丁目、役員はスーパーエンジニアの二人です、応募お待ちしております! 代表取締役の角 幸一郎さんとは僕がトラフィックゲート在籍時代にTG Ad for iPhoneをリリースした際、初期デベロッパーとして登録頂いたきっかけで知り合い、当時はまだ角さんは大学生でしたが複数のアプリをTG Ad for iPhoneの広告SDKを導入してリリースしてます。それ以来、sakebiiの開発等でお世話になってます。少しシャイな一面もありますが大変優秀で有望な起業家兼エンジニアです。 プロフィール: 徳島大学工学部卒業。在学中からフリーランスとしてiPhoneアプリを複数リリース、累計199万DL超。 新卒として入社した楽天株式会社を2010年末に退職後、株式会社サイバーエージェント、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社などでサービスを企画・設計・開発。 また、スマートフォン向けアドエクスチェンジ事業「SmAdd」などもリリース。 2012年に株式会社アクトキャットを設立し、代表取締役。 取締役の米本 剛士さんとは角さん経由で知り合い、初めましてがホームパーティーで激しい飲み会の時でした。笑 大変明るいキャラクターの持ち主で、角さんと組むとスーパーエンジニアコンビになります! プロフィール: 徳島大学工学部大学院卒業。iPhone3G発売当初からiPhoneアプリを複数リリース、各種アドネットワークを活用、収益化。 代表作は「AppBottle」「標高ワカール」など。AppStoreにて無料総合ランキング3位獲得。 2012年に株式会社アクトキャットに参画、取締役。

株式会社メタップス主催、スマートフォンアプリの海外進出マーケティング&マネタイズセミナー

2週間程前になりますが、株式会社メタップスが主催したスマートフォンアプリの海外進出マーケティング&マネタイズセミナーに参加してきました。プレゼンは株式会社dango、ディレクターの櫻井文恵さん(日本ジュニア選手権優勝、陸上競技円盤投げ)のiOS・Android共に大ヒットアプリである「マジモン」(2011年7月にサービス開始、2012年2月には70万ダウンロード)開発秘話から始まり、株式会社メタップス、プラットフォーム事業部ディレクターの原周平さんがGooke Playのマーケティングに関してお話した。 Google Playマーケティング全般: ・AndroidマーケットランキングロジックはDL+DAU+MAU ・DAUとMAUの指数も絡むので順位は一度上昇すると変動しにくい 上記スライドで見る通り、Google Playのロジックが変更されてGoogle Mapのストリートビューアプリが端末にプリインストールされている数値もカウントし始めた。このロジック変更により影響を受けた有名アプリだと人気無料アプリのTop 20に入ってたmixiが急降下。 上記スライドで見る通り、Top 20にプリインされているアプリが多数出現。ランキングはプリインストールのアプリがほとんどなので、上記カテゴリーに対するユーザーの注目度が低下したのと人気無料アプリランキングに入るには、今まで以上にランキングをあげる事が難しくなった。 Google Playに関してのマーケティング攻略法: 1. 「最新」での上位表示を狙う:1週間で6,000~8,000ダウンロードをする事によりファーストビュー圏内に入る可能性が高い* 2.  「人気の新着(無料)」カテゴリー別での上位表示を狙う:直近2週間のダウンロード数とレイティングやDAUなどが影響。少々難易度は高い* *リリースから1ヶ月を過ぎるとランキングの対象外になる 3. 「おすすめ」への掲載を狙う:デイリーで最低1万件のダウンロードを獲得することが可能。条件としてはGoogleの規約を順守している、UIの最適化、ハードキーの有効活用の3つの要素になる。 上記スライドで見る通り、フリーミアムモデルがAndroidでは主流になっている。しかし、リワード広告の場合無料かつCPI案件の掲載数がキーになり、1ヶ月あたりのコンバージョンは2,000倍にもなる。有料アプリや月額課金等の収益性は比較的に低い。 上記スライドはリワード広告導入実績の初月データの事例。 アプリのデザインに関して: 海外と比べ日本では細かいデザインが要求されている。例えばアプリのアイコンを変更してから、伸び悩んでいたダウンロード数が一気に伸びたともあるのでデザインは色々なテストを実施した方が良い。以前の住宅系のアプリプロモーションでは期間中にアイコンを変更した結果、ダウンロード数が1/5まで低下した事例もある。 次に株式会社 ディーツー コミュニケーションズ 、コンシューマビジネス本部担当部長の河﨑伸明さんがお話して、「関ヶ原演義」や「障子ぽすぽす」など数多くのヒットアプリを持つ、言わずと知れたトップディベロッパー。最後にはInmobi Japan、Business Development ディレクターの天野耕太さんがグローバル広告のマーケットに関してプレゼンした。Inmobiは世界最大の独立系モバイルアドネットワークで世界934億imp/月を13,000+アプリ/サイト経由で165カ国にて配信している。 上記スライドは日本とアメリカのスマートフォンからのインターネットにアクセスするグラフ。面白いのが アメリカは朝のピークと夜のピークがない。 上記スライドは地域に応じて広告出稿の比率を表示しているグラフ。 Inmobi社はグローバルでの広告出稿を扱っているので、他にも面白いデータを多数保有しておりました。スマートフォンは世界中で売られているので、今までに考える必要がなかった文化や携帯の使用パターン等を分析しないと最適化がうまくいかないと感じました。

スマートフォンを使って決済できるTabbedoutアプリ

日本ではプリペイドでFelicaを採用しているEdy、Suicaやnanaco、ポストペイドではQuickPayやiDなどがある。海外ではPayPalやSquareやNFCの技術を使った決済が出てきている中、去年出張で訪問したアメリカ、オレゴン州のポートランドのBaileys Taproom(ビールバー)で試したiPhone/AndroidアプリのTabbedoutが大変便利だ。(去年書き忘れていたブログのひとつ…) バーやクラブが主な使用場所になるが、アメリカだと飲み物を注文する際”tab”にするかしないかを決める。(tabとはその日の晩に支払うべき勘定のことで、run a tabだと当日限りだが勘定をつけておく事ができる)tabにした際クレジットカードをカウンターの人に渡すが、慣れてないまたは酔っぱらうとtab及びクレジットカードを忘れて帰るケースがある。 Tabbedoutアプリの利用方法としては…   まずお店を選び新たにクレジットカードを登録するまたは登録済みのクレジットカードを選定後”Open Tab”をタッチ。 お店の定員に認証画面を見せると”tab”が開かれる。 POSのレジでも名前が表示される。 支払う際はチップを足して”pay tab”をタッチすると完了。 その他の機能: ・tabを支払ったあと、レシートをメールで送ってくれる ・Twitter、Facebook、Foursquareとの連携 Tabbedoutの強みとしては他の決済プラットフォームとは異なり、Tabbedoutはスマートフォン端末のみにクレジットカード番号を暗号化して保存するのでサーバー上で個人情報が盗まれる危険性が低い。普及の難点としてはPOSと連動させる必要があるのと、日本を考えると”tab”制度がないので日本に参入するにはローカライズが必要になる。 アメリカに行かれる際はアプリを持っているととても便利だ。 *今のところアプリはアメリカのApp Storeからしかダウンロードできない

no image

第4回 iPhone・iPad・Android交流会「スマートやろうぜ!」

下記交流会のご案内を神田さんから頂きました。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 次世代デバイス(iPhone・iPad・Android)をフィーチャーした新しい形でのセミナー+エンターテインメント+交流会を恵比寿のライブハウスで実現!未来デバイスの今後を感じ、共有する新しいカタチでの交流会です!iPhone・iPad・Android関連のビジネスに携わっている方、ユーザの方、これらの未来に興味がある方、是非お誘いあわせの上ご参加ください! 日時:2010年3月2日(水曜日)19:30 ~ 23:00 会場:LIVEGATE(東京都渋谷区東3-14-19 オークヒルズB1F) 会費:5,000円(飲み放題/軽食あり) イベント概要 セミナー:「2011年スマートフォン市場の今後を占う」 ジャーナリスト 石川 温 氏 2011年春にドコモ、au、ソフトバンクから多数のスマートフォン端末が発売される。 今後の端末動向と2011年2月にバルセロナで開催されるモバイルワールドコングレスのお土産話を語っていただきます! ・「ボクなんかのド素人でも1位をとれる世界なんだ「SM診断」 2011年2月13日から有料総合1位を獲得した「SM診断」の開発者 臼井れんと氏登壇決定! ・iPhone iPad android ライトニングトーク(限定10名) スマートフォンアプリをプロデュースする 各企業の方々にサービスを紹介いただきます! ・「iPhoneバンドやろうぜ大会」

no image

GALAXY Tab SC-01Cをゲット!

2010-2011冬春モデルの大画面7インチディスプレイのGALAXY Tabをゲットしました。個人で買う初タブレット及びAndroid端末です。これから鞄の中にMacBook Air、iPhone 4、amadana brownのN-07B、Pocket WiFi D25HWも持ち運ぶ為重くなりそうです… サムスンGALAXY Tab SC-01C スペック ディスプレイ:7.0インチ サイズ:190 mm × 120 mm × 12.1mm 重量:382 g

no image

第3回 iPhone・iPad・Android交流会「スマートやろうぜ!」

下記交流会のご案内を神田さんから頂きました。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 次世代デバイス(iPhone・iPad・Android)をフィーチャーした新しい形でのセミナー+エンターテインメント+交流会を実現!未来デバイスの今後を感じ、共有する新しいカタチでの交流会です!iPhone・iPad・Android関連のビジネスに携わっている方、ユーザの方、これらの未来に興味がある方、是非お誘いあわせの上ご参加ください! 日時:2010年11月24日(水曜日)19:30 ~ 23:00 会場:MUSE(東京都港区西麻布4-1-1 B1) 会費:4,000円(飲み放題/軽食あり) イベント概要 セミナー:「スマートフォンの未来」 ヤフー株式会社 R&D統括本部 フロントエンド開発本部 本部長 松本 真尚氏 スマートフォンの今後の展開に併せたサービス提供方法についてお話いただきます。 トークセッション:「既存ケータイビジネスからのシフトチェンジ」 電通の「iButterfly」を位置ゲームに進化させたバタフライ社、「ちゃぶ台返し」以来、コンスタントにアプリを投入するアイフリーク社、「バーコードカノジョ」でモノチェックインという新境地を開拓したサイバード社、各社ならではの新しいビジネスへの挑戦の経験談を語っていただきます。 株式会社アイフリーク 代表取締役社長 伊藤 幸司氏 株式会社バタフライ 取締役副社長COO 北川 敦司氏 株式会社ライブドア メディア事業部モバイルビジネス部 部長 久野 憲明氏 株式会社サイバード BtoC事業本部 プロデューサー 岩崎 公洋氏 協賛セミナー:「iPadを会社の受付電話にする」 iPadの企業活用事例として、自家製iPad受付アプリのご紹介いたします。 テックファーム株式会社 長 大地氏 テックファーム株式会社 矢吹 通康氏 ・iPhoneトップクリエイター集結。懇談スペース。 ・iPhone iPad Android ライトニングトーク ・Zen Artist 水墨画ライブアート

no image

Android Bazaar and Conference 2010 Spring

日本Androidの会から下記ご案内を頂きました、参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2010年6月26日(土曜日)9:30 ~ 18:00 場所:東京大学駒場キャンパス13号館1階(東京都目黒区駒場3-8-1) 参加費:無料 対象:Androidに興味をもつすべての開発者及びユーザ 主催:日本Androidの会 The NPD Group Inc.が米国時間2010年5月10日にまとめた同年第1四半期の米国スマートフォン市場調査ではAndroid端末の販売シェアが28%となり、Apple Inc.の「iPhone」を抜いて2位となりました(iPhoneは3位)。 変化は、携帯の世界だけにとどまりません。先の5月20日にGoogle I/Oにおいて発表のあったGoogle Inc.とソニー株式会社の協業は、家電業界にAndroidをより一層印象づけた出来事と言えましょう。 「スピーカー」 基調講演:Androidの現在とメディアの未来 丸山 不二夫氏 日本Androidの会 会長、早稲田大学大学院 客員教授 招待講演:Google Inc. ・未来を開く鍵:Smart & Application 山下 哲也氏 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画担当部長 ・KDDIのAndroidへの取り組みについて 上月 勝博氏 KDDI株式会社 サービス・プロダクト企画本部 オープンプラットフォーム部 課長 ・Android端末「IS01・SH-10B」における、シャープの開発方針 白石 奈緒樹氏、 重田 大助氏 シャープ株式会社 通信システム事業本部 NB商品開発センターNB第1ソフト開発部 ・アプリ・コンテンツマーケット「andronavi」の機能紹介と配信サービスについて 徳間 康晋氏 NECビッグローブ株式会社 アプライアンス事業開発本部マネージャー ・Changes 小林 弘明氏 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社 営業本部 マーケティング部 統括部長…

no image

Tokyo GTUG Night #3 「Android」

下記イベントのご案内を頂きました!今回はAndroidについてになります。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2009年10月7日(水曜日)18:30 ~ 21:00 場所:リクルートアネックス1 (東京都中央区銀座 7-2-6 B1F) 参加費:無料 定員:100名 主催:Tokyo GTUG 後援:Mashup Awards 実行委員会 プログラム 19:00 ~ 19:10 ご挨拶 19:10 ~ 19:50 「アプリケーション間連携のススメ」 by 江川 崇氏, a Google Maps API Expert Androidには、アプリが緩やかに繋がっており連携しやすいという特長があります。他のアプリと連携できるように作られているアプリは、とてもAndroidっぽいです。そして不思議なことに、Androidっぽいアプリが端末にたくさんインストールされていると、端末そのものもAndroidっぽく見えてきます。一口にアプリ間連携と言っても、様々な実現方法がありますので、ここでは各々の特徴を含めてご紹介します。Androidっぽいアプリを作ってみませんか。 20:00 ~ 20:30 「Androidはこんなにヒドい」 by てんてす 時代はすっかりiPhoneですね。良く比較されますが、Androidなんて実は全然相手にならないんですね。 Androidの劣っている部分を挙げていけばどんな人もiPhoneに軍配を上げるのは確定的に明らか。 何も知らずにAndroidの開発を続けるなんてことをしては寿命がストレスでマッハ。 20:30 ~ 21:00 Lightning Talks [参加条件] 1.本ミーティングの様子は写真・ビデオ撮影します。写真・動画は、Tokyo GTUG が関与するWebサイト等の広報手段、資料、書籍等に許諾なく用いられる 場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供すること があります。 2.本イベントで剰余金が発生した場合は、Tokyo…

no image

モバイル夜間大学セミナー「通信キャリアのアンドロイド戦略を知る1時間」

知り合いの藤永さん(ジェントルふじふじ)が企画しているセミナーのご案内を頂きました。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2009年7月21日(火曜日)20:00 ~ 21:30 場所:株式会社コンテクスト事務所(渋谷区千駄ヶ谷3-52-8 コージュビル4F) 参加費:3,000円 講師: 菊池 隆裕氏 – 株式会社 日経BP 日経コミュニケーション副編集長 1990年に日経BP社に入社。以来,日経メカニカル(製造業),日経コミュニケーション(通信業界),日経エレクトロニクス(電機業界),日経コンピュータ(IT業界)の記者を経て,現在,再び日経コミュニケーションに。モバイルには1998年くらいから注目,iモードやJavaケータイ,おサイフケータイなど進化の歴史を継続的にウォッチしています。 セミナー内容: 「モバイルのオープン化をビジネスチャンスに」をテーマに始めた「オープンモバイル・コネクションズ」は,2009年6月19日に3回目のイベントを開催しました。今回のテーマは,具体化し始めた通信事業者のオープン化戦略。特に,NTTドコモからは,7月10日に発売するAndroid端末にプリインストールされているアプリ「ポケット羅針盤」を,開発秘話を含めていち早く紹介してもらいました。今回は,過去2回を含めたハイライトと,今後予想されるモバイルの方向性をお話したいたいと思います。