起業家

Trend Finding Project第9回 株式会社セブンセンス代表取締役社長の吉田拓巳さん

久しぶりのTrend Finding Project第9回目は福岡在住の起業家兼VJ兼クリエイター、株式会社セブンセンス代表取締役社長の吉田拓巳さん。インタビュー後から投稿までに大分時間があいてしまいましたが…初めての出会いは3年程前、吉田さんが17歳の時でした。当時から様々なサービスを立ち上げ、壁にぶつかれば回避またはなるチャレンジをするシリアルアントレプレナー。現在は21歳になり、多忙の日々を過ごす起業家はライブ、舞台の演出、ファッションショー、ブランドのレセプションに7割の時間を割き、残りの3割はウェブ側のコンテンツ、プロモーションサイトなどを制作中。 元々、映像制作からスタートした吉田さん。 小学校の時はサッカー選手を目指してましたが、お父さんの友人の結婚式に参加した際、参列している人が作った映像を見て(当時は珍しく、映像制作にはコスト、スタッフが多数必要と思い込んでいた先入観が壊れた)衝撃をうけたのが、その世界へ入るきっかけだったそうです。 当時Apple Storeで開催されていたキッズのワークショップに親御さんに連れて行ってもらい、何度も断られ続けながらも交渉してiMacアルミボディーを買ってもらったと話してくれました。ちなみに、映像制作用のFinal Cut Proなど当時10万円程するソフトは親と折半して購入したそう。 ワークショップで得た知識から、 11歳から趣味で映像を制作、CG(コンピューターグラフィックス)を活用してVJ(ビデオジョッキー)の活動を開始。 そして彼は2年後の13歳(中学校2年生)で、福岡のApple Storeからオファーを受け、レギューラーイベントを行いました。 アップルストアがそのような契約するのは珍しく、当時の契約者は吉田さんのみ。 更に、大型ファッションショー、父親の会社の友人ホームページ制作、レッドブルのコンテンツを次々に手掛けていくうちに、 趣味が徐々に仕事になり、それに伴って、お小遣い以上に稼ぐほどになったといいます。それまでは個人での活動でしたが、表現の幅を広げるためにも一緒に動くチームの必要性を感じ、当時最年少15歳で法人格を設立、メンバー探しをスタートさせました。 法人設立後はライブの演出(映像体感:手の音に反応して映像がインタラクティブに変化する、粒子をぶつけるなどを応用)や大手広告代理店からの「バズるコンテンツをつくって欲しい」とのリクエストに対し、ネット選挙プラットフォームを立ち上げ広告業協会大賞を受賞したことも大きな話題になりました。(代理店ではない大賞受賞者は彼が唯一で、そこから大きな企業から仕事をもらえるようになったそう) 今では会社のメンバーが増え、23歳から~37歳の年上役員をとりまとめています。最近では、SpotifyやAWAなどのサービス進出によりストリーミングが主流になった風潮をうけ、気分に適したプレイリスト(東京/雨の日/ドライブしている時に聴きたいなど)が選択できるような、細分化されたプレイリストキュレーションメディアを自社メディアとしてリリース。 今後10年のビジョンを聞いたところ、「趣味をお金にしているので仕事とプライベートの境界線がない。10年後はどうなっているか明確には固定化出来ないが、あえて言うなれば、引き続き楽しく過ごすことになると思う。時代の変化・速度が上がっているため、その場その場で重要な事を判断してやっていくことを目指したい。昔はひとつの事をしっかりやりきるのが求められていた社会だが、今はネットのおかげで何でも一回チャレンジする環境がある。アウトプットができれば、同時に2つ物事をこなしても良いように、チャレンジすることを叩かないような環境に日本がなっていくといいなと思う。」とのこと。 最近では有田焼日本酒グラスのコンセプトメイキングなどのプロデュース、多数の賞を受賞、テレビやラジオなどにも出演等、忙しい日々を送っておられるようですが、彼は趣味を仕事に変える=楽しくお金を稼いでいて、常に笑顔+チャレンジ精神豊富。会う度に色々な学びを与えてくれるので自分も更に頑張りたいと思います! 吉田拓巳さんのプロフィール… 1995年6月29日生まれ 福岡県出身 ・2007 年11歳でVJ活動開始 ・Apple Storeレギュラーイベントを中心に全国各地のイベントに出演 ・2011年6月(15歳)、株式会社セブンセンスを日本最年少社長として創業 「お年玉.me」「10代のネット擬似投票サイ トTees Opinion」をリリース ・エフエム福岡レギュラー生番組「VJ TKMi Digital Native Meeting」出演 ・MINMI主催フェス「FREEDOM」MINMI全国ライブツアー、 DEEP、ULTRA JAPAN等で映像演出。 ・飲食店や店舗等の空間プロデュース、ファッションブランドや企業のブランディングも展開 ウェブサイト http://www.tkmi-vj.com Trend Finding Projectとは… 世界経済フォーラムのレポートによると世界の半数の⼈口が27歳以下の若者です… 2011年の年末から日本国内にも世界経済フォーラムのU-33メンバーで構成されるグローバルシェーパーズコミュニティーが設⽴され、若若者の“エンパワーメント“が推進されていますが、日本が今後グローバル競争で勝つにはこういった若者と共に イノベーションを起こすことが求められます。毎日IT+mobile+smartphoneの領域で奮闘していますがそれだけでは視野が限定されると感じているため、様々な業界の方と交流を持つための場として2012年から「Trend Finding Project」を実施中です。 TFP開催概要: ・

業界は問わず(しかしIT業界外)、とにかく面白い、⽀援したい、優れている物を持っているゲストをメンバーが順番に招待 ・ゲストは27歳以下が対象 ・過去のゲストはこちらからアクセスして下さい。 TFP開催メンバー:…

TEDxTokyo 2014に参加

先日開催されたTEDxTokyo 2014に主催者のTodd Porter(TEDx Ambassador兼TEDxTokyo Co-founder)に招待いただき2年連続で参加してきました。前回に続き大変有意義な1日を過ごせました。第6回目を迎えたカンフェレンス、今年は「結〜Connecting the Unconnected」。YouTubeでも見れますが、リアルで見ると迫力がありますので会場で見るのをオススメします。 印象的なスピーカーが下記3名です。 プランニングディレクター兼END ALS創設者の藤田正裕さん 学生時代から海外で暮らすなど、大変有意義な生活をしてきた藤田さん、突然ALS(amyotrophic lateral sclerosis、筋萎縮性側索硬化症)に掛かり、その病は有効な治療法は確立されていない事に対してのスピーチ。人間や命とはを改めて考え直して、ALSに関しても色々と調べました。藤田さんが創設したEND ALSプロジェクトを支援されたい方は→https://end-als.com ITCの伝統士、メロウ倶楽部エグゼクティブの若宮 正子さん(マーちゃん) 大変元気な79歳、パソコンでエクセルアートを行ったりクリエイティブな画像を作り上げ、人生を楽しんでいる様子が印象的でした。”WINGS”ではばたくのが見れます! 日本ブラインドサッカー協会の松崎英吾さん、寺西一さん 目が見えないにも関わらず音でボールの場所を掴み、サッカーができるとは思ってもいませんでした。映像を見て頂くと分かりますが、目が見える人と同じまたはそれ以上にうまくプレーするのがすごいです!!! TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxTokyo公式サイトから引用

世界経済フォーラム Japan Meeting 2013

6月11日に世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議) Japan Meeting 2013が開催され、昨年に続きグローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として参加してきました。Japan Meetingは世界経済フォーラムの日本支部会で、フォーラムの創設者クラウス・シュワブ氏の来日に合わせて日本のフォーラムメンバーが集まります。 今年も安倍晋三内閣総理大臣を始め、政治家、大手企業の経営者、起業家や各国の大使等豪華な面々が参加。今回は新しい試みとして、一部のセッションがニコニコ生放送で放映されました。残念ながら最初のセッションから参加することはできませんでしたが、シュワブ氏が日本及び世界各国のグローバルシェイパーズコミュニティとSkypeで中継したセッションではシュワブ氏の考えるワークライフバランスや、リーダーに求められる4つの重要な要素など素晴らしいお話を伺うことができました。中でも4つの要素、”seoul, heart, brains, nerves”は私自身にとっても欠かせない行動指標であり、進むべき方向性を見極めながら情熱をもって頑張ろうと勇気づけられました。75歳のシュワブ氏は”若さや歳”といったワードを常に強調していて、”You have to shape the world. It’s your world.”と20代のグローバルシェイパーズに熱く語りかけていました。彼自身にも、予期せずしてフランスの大統領と電話が通じて思わず切ってしまったような若い時代があったそうです。 更に今回はグローバルシェイパーズコミュニティの大阪hubメンバーにも会うことができました。大阪hubも東京hubと同様、政治家や起業家など様々なメンバーで構成されています。今回お会いした中では、Happy Beauty Projectの代表、三田果菜さんが新しく始めたCanBe(キャンビー)に関して熱く語られたことが印象的で、一緒に記念撮影をしました。CanBeはCancer Beauty(がんになってもキレイに)の略で、Can Be myself(自分らしくなれる)Can Be a supporter(サポーターになれる)といった想いを叶えるサポートプロジェクトで「自分ができること」を通して、みんなのsmile & Happyを作っていくムーブメントです。三田さんは京都で美容室を経営していて、美容の視点から患者さんサポートをしています。今後はがん患者をサポートしたいと考えている美容室や百貨店等をネットワーク化して、患者さんがサービスを受けたい施設を簡単に見つけられるようにする計画とのことです。CanBeは世界経済フォーラム Japan Meeting 2013と同日に立ち上がってばかりですが、Facebookのlikeを募集中です。 応援したい方は→こちらから Japan Meeting 2013のclosing receptionでは株式会社ローソンの代表取締役CEO、新波剛史さんにお会いすることもできました。「NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」など、様々なテレビ番組で拝見していたので、近くでお話させて頂くことができ光栄であり、また大変強いパワーを感じられました。今回も色々な出会いや様々な気づきを与えてもらい実り多いJapan Meeting 2013となりました。 *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。…

TEDxTokyo 2013に参加、刺激的でした!

先週の土曜日に開催されたTEDxTokyo 2013に主催者のTodd Porter(TEDx Ambassador兼TEDxTokyo Co-founder)に招待いただき参加してきました。前日飲み過ぎて…少しだけ遅刻しましたが、大変有意義な1日を過ごせました。 今年は「1+1=11」、当たり前のことを疑い、驚きと啓示をもたらすということがテーマです。セッションは9:30から18:30、アフターパーティーを入れると21:00までの開催です。プレゼンテーションは8分〜12分程で行われ、プログラム構成も工夫されており起業家、ダンサー、マジシャン、慈善事業家、デザイナー、ラッパーなど様々なプロフェッショナルが登場しました。 個人的には、クモの糸の人工生成を実現したスパイバー株式会社 代表取締役社長の関山和秀さん、株式会社バンダイでおもちゃの開発を行っている高橋晋平さん、フードアーティストの諏訪綾子さん、人間国宝で漆芸作家の室瀬和美さんのお話は特に良かったです。皆さん、ご自身のプロフェッショナルな領域で実績を上げられていて、とにかくチャレンジャーでした! クモの糸の人工生成を実現した関山さんは、大学の仲間と朝まで飲んでいる飲み会の席でアイデアを考えついたそうです。そのアイデア自体や発想に至ったエピソードもユニークですが、信念と情熱をもってアイデアを実用化するという実行力にも感銘を受けました。彼が開発した製品は石油から加工される化学繊維の数倍の強さと伸縮性を併せ持つ、大変タフなクモの糸のような素材です。人にぶつかっても歩行者を傷つけない自動車や、着ているのが分からないぐらい軽くて強靭な防護服、生体に影響を与えない人工血管など、あらゆるプロダクトに適応できる、まさに「次世代」の素材です。一見「クレイジー」に思えるアイデアから不可能を可能にする実行力、素晴らしいです! おもちゃ開発者の高橋さんは大変斬新な「しりとり発想法」というアイデアの発想法を共有していました。企画を考える際、過去のデータから答えを導こうとしても既存のプロダクトに似たようなアウトプットしか出てこない。それでは逆に、しりとりのようなランダムな文字列からアイデアのかけらを結び付け、まったく新しいアウトプットに導いていけばいいのではと、この発想法に行きついたそうです。僕も早速新規事業のアイデアを考える際に実践してみようと思っています。 アフターパーティは渋谷の金王八幡宮で開催されました。お茶やお琴などの日本文化に触れ合えるよう様々な演出が工夫されており、神社の中で食事やお酒を楽しむという非日常な雰囲気を楽しめました。TEDx Tokyoはこのような飲食に加え入場料も全て無料、スポンサーとTEDx Tokyoのボランティアメンバーのお陰でなりたっています。こんな意義深い、素晴らしいイベントを無料で提供いただけるのには、本当に驚きで頭が下がる思いです。大変楽しい1日でした、TEDx Tokyoの皆さん、お疲れ様でした+ありがとうございました! TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxTokyo公式サイトから引用

no image

第5回Open Network Live!「日米の起業家が語るインターネットビジネスの近未来」

下記Open Network Live!のご案内をOpen Network Lab事務局の前田さんから頂きました。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2010年8月24日(火曜日)18:15 ~ 21:15 会場:渋谷区恵比寿南 代官山DGビル 9F 参加料:無料 定員:200人 対象:インターネットサービスの開発に興味があるエンジニア、世界に向けたサービスの開発/運営を考えている起業家 参加申込方法:Open Network Live!イベントに参加ご希望の方は、8月23日(月)の正午までにONLのTwitterアカウント「@on_lab」をフォローして、「8月の@on_labに参加します!」とつぶやいて下さい。 「日米の起業家が語るインターネットビジネスの近未来」 今回は米国と日本の起業家が、インターネットビジネスの近未来についてディスカッションします。米国からは、フィリピンとインドでサービスを立ち上げた実績があり「Y Combinator」などを通じた起業家の育成にも力を入れているNils Johnson氏が参加します。日本の起業家として、いま注目を集めているフラッシュマーケティングを始めとしたさまざまなインターネットビジネスを手がける、ネットプライスドットコム代表取締役社長の佐藤輝英氏が参加します。大きく変化していくインターネットビジネス、それと共に変化していくベンチャーキャピタルのこと等を熱く語っていただきます。 スピーカー Nils Johnson氏 メークアップ技術や商品レビューなどについて紹介する美容関連サイト「Beautylish」の共同創業者。以前は、フィリピンとインドで国際携帯電話の料金を送金するサービスを展開するArytyの創業者 兼 CEOを務めていた。Arytyを立ち上げる前には、通信分野と金融分野で仕事をしていた。 現在は、十数社におよぶアーリーステージのスタートアップ企業(*)への投資やアドバイスを行っている。 *Blippy社、Mochi Media社、Mixer Labs社、WePay社、RethinkDB社、Kiss Metrics社。 佐藤 輝英氏 1975年生まれ。2000年、株式会社ネットプライス社長就任。インターネット上における国内初の共同購入サービス「ネットプライスギャザリング」を開始。2004年マザーズ上場。2007年に米国最大手オークション企業eBay、2008年中国最大手EC企業アリババグループとの提携を果たし、世界の商品を日本へ、日本の商品を世界へ、グローバルなプラットフォーム創りを進めている。現在は、グループ10社を統括し、設立以来インターネット「ならでは」の強みをフルに活かし、ニッチで新しい市場と、流通モデルの創造に邁進中。