福島一雅

前十字靭帯帯再建手術から1年半、ボルトの除去手術を行いました

フットサルのプレー中に前十字靭帯を損傷し、再建手術を受けたのは約1年半前、2012年8月の事でしたが、今週、再建箇所に固定していたボルトを除去する再手術を受け無事に成功しました。靭帯の再建手術では膝の内側にある「膝屈筋腱」の一部を抜き取り、膝の部分に穴を開けて、靭帯のように紐状に束ねてボルトで固定し移植していたので今回はその固定用のボルトの除去と経過観察を目的に全身麻酔下で内視鏡を使用した視下手術を行いました。 再度入院して、2回もメスを入れられるのは嫌だったのでボルトを抜かないという選択肢もありましたが、体内に異物が残ったままになるのがそれ以上に嫌だったのと、再建した靭帯の状況確認も行えるため再手術を決断しました。ボルトを固定したままにしておくと、その周りを骨が覆い始め癒着が進んでしまうため、取るのであれば癒着が始まる術後1年くらいのタイミングが望ましいのですが、昨年の8月頃はバタバタしていたので1回目の手術から1年半程たったこのタイミングでの除去手術となりました。 今回の主治医も前回と同様、福島一雅先生にお願いしました。米国ピッツバーグ大学整形外科スポーツ医学センター客員研究員であり、オリンピックのナショナルチームやプロサッカーチーム東京ヴェルディのチームドクターなどを歴任されているスポーツドクター界の第一人者です。今回も前回同様、福島先生が唯一手術を行う世田谷下田総合病院に入院させていただきこちらも前回同様、PCやWifiルーターを病室に持ち込んでの万全の体制で事環境を作りました。 入院スケジュールとしては手術前日の14:00から入院して、レントゲンなどの諸検査を行い、手術をする脚部分の剃毛、点滴用の針挿入等の処置を行いました。 その後夕食を摂り、翌朝に手術を控えているため00:00から水分補給含む飲食は禁止となりました。 手術当日は6:00に起床、検温などがあり、朝から点滴を開始して、10:30にはさらに抗生物質の点滴を行いました。手術は予定通り11:00から全身麻酔で行われ、1時間程で終了したようです。手術室で麻酔をかけられて、気が付いたら病室のベッドの上で酸素マスクを付けている状態でした。全身麻酔の影響で、午後まで意識が混濁していたのでベッドで寝ていましたが、徐々に意識もはっきりし始め、18:00頃から水分及び食事の摂取が可能になりました。上が摘出したチタン製のボルトです。記念に福島先生にもらいました。1年間以上お世話になったボルトなので、近々ネックレスでも作ろうかと思います。笑 前回に比べると腫れも痛みも少なく、夜間も我慢できる程度でした。多少熱を持っている感じはありますが、アイシングを行い対処しています。手術の次の日(本日)はトレーナーに脚の状況を確認してもらい終了。2泊3日の短期で退院し、退院後は歩いて帰宅することができました。数日は安静にする必要がありますが、今後は福島先生のライズシティクリニックで経過観察をしてもらい、2週間程度で抜糸できる予定です。今回の入院費用は10万円弱でした。 上の写真に写っているのが再建した靭帯で、経過確認の為に引っ張ってもびくともしなかったそうです。手術とはお医者さんに命を預けてメスを入れてもらうということなので、今回も福島先生のように実績があり、知識も経験も豊富で信頼が置ける医師に手術してもらえて本当に良かったです。福島先生に改めて感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。 前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

前十字靭帯再建手術後3ヶ月半経ちまして順調に回復中

  6月16日に前十字靭帯損傷をしてから半年が経ちまして前十字靭帯再建の手術をしてから3ヶ月半が経ちました。順調に回復していて、赤い装具の24時間装着もお酒飲む時、激しい動きまたはコンタクトスポーツをやる時以外は解除されたのですが…比較的装具を外して行動できる日が限られそうです。笑 上記はトレーナーさんに日立メディコ社「HI VISION Preirus」を利用して筋肉のハリやコリといった組織の硬さを確認できます。英語ではReal-time Tissue Elastographyと言い、血や水がどこに溜っているなどリアルタイムに確認ができす。妊婦さんが妊娠の時に利用するエコーと似ている感じです。 上記は主治医のライズシティクリニックの福島一雅先生が独自開発したRise Tron。前十字靭帯再建の手術後や肉離れ等の筋肉をほぐす際に活躍する機械。ランダムアクセス波を出しているそうで、ヨーロッパでも似たような機械があり、プロスポーツ選手も利用しているそうですが従来の機械は鉄版をお腹や腰に当てたりが必要でしたが、独自開発で医療器具として日本初で鉄版等が必要ないとのことで治療に使いました!トレーナーに利用してもらいましたが、治療中は暖かく治療後は筋肉がほぐれてました。 前十字靭帯再建手術後3ヶ月半のレントゲン、ボルトのようなものが再建した靭帯を抑えているのが見れます。手術後、海外出張が続いていてあまりリハビリができてませんでしたが順調な回復で一安心。徐徐にスポーツ、ジョギングや水泳などをして細くなってしまった右足の筋肉を戻そうと思います! 前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

退院しました!前十字靭帯再建手術後の入院生活16日間

前十字靭帯再建の手術の為に入院してましたが、16日間の入院生活が終わり無事水曜日に世田谷下田総合病院から退院しました!!!退院日にもハードなリハビリメニューをこなし、縫い目を止めているステープラー針をとってもらいました(抜鈎)。福島一雅先生からお酒のokもらったので、早速木曜日退院祝いで祝福してもらい飲んだところ…脚が熱を持ったのでなんと…アイシングしながらお酒を飲む形になりましたが、なんとか大丈夫でした!笑 上記が退院当日の脚、腫れも比較的ひいて脚のお皿が見えるようになってきました。退院当日に歩行練習も行い、週末からは通常の歩行スピードと比べると1/4のスピード、階段は一段ずつしか上り下りできないですが松葉杖なしで歩行可能になりました。今まで使ってた装具は寝るときも含め24時間装着しておりますが、徐々になれてきました。自宅でリハビリストレッチは毎日、病院に通ってのリハビリは週1または週2が引き続き必要です。予定としては3ヶ月後に装具から解放され、6ヶ月後にはある程度スポーツも軽くできるようになるそうです。完全復帰は1年後ぐらいなので、まだまだ長い道のりですがこれから頑張ろうと思います! 入院2週間程で色々と考える時間や本などを読んでゆっくりする時間があると思ってましたが…結局はリハビリ、メールチェック、電話会議などなどで良い事だったのか分かりませんが日常生活とほとんど同じでした。笑 もちろん術後は激痛で何もできない期間もありましたが…ある程度座ってても脚が痛まないときは上記のような形で作業、入院見舞いに東さんからもらった「おいくして、楽しくて、踊れるお酒、それがテキーラ!」の本もほとんど読めませんでした… ここからは毎度のお見舞いに来て頂いた方のご紹介です〜笑 こちらは11日目から16日目版で、来て頂いた順です!皆さんお忙しいところ遠いところまで遊びに来て頂きましてありがとうございました!!! 貝塚敦子さん、電通ヤング・アンド・ルビカム株式会社の東将光さん ジェイ・シード株式会社の代表取締役、C.ジェフリー・チャー あと、お約束で…東さんが病院でテキーラタイム!笑 飲み足りなかったそうでお見舞い後飲みにいったとのこと…   今回はケガの為、多数の方にご迷惑をおかけ致しました。あと、サポート頂いた多数の皆様ありがとうございました!無事退院できましたので、これから皆さんにお返しできるように頑張ります! 前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

前十字靭帯再建手術後の入院生活10日間

前十字靭帯再建の手術が成功して早くも入院してから10日間が過ぎました。当初は月末まで入院する予定でしたが、脚とリハビリ状況が良いそうでもしかしたら少し早めに退院できるかもです。手術前は高血圧の可能性があるため、血圧を下げる薬を飲んでいて食事制限(減塩食)などもありましたが今では異常ないようで食べ物も自由に食べれる状態です! 入院生活の1日のある日のスケジュール 6:00   起床、検温 6:10 ~ 8:00 再度寝る。笑 8:00   朝食 8:15 ~ 9:00 再度寝る。笑 9:00   着替え等、シャワー予約いっぱいの場合は頭や顔を洗い、体はタオルで拭く 9:30 ~ 10:00 再度寝る。笑 10:00   医師の回診 10:10   Continuous Passive Movement CPM(膝の屈伸運動の機械)を1時間程 11:30   リハビリを1時間程 12:30   昼食 13:30    Continuous Passive Movement CPM(膝の屈伸運動の機械)を1時間程 14:00   検温 14:30   リハビリを1時間程 16:00    面会(平日の場合15:00~20:00)、メールチェック 18:00   夕食 19:00   検温 21:00   消灯 消灯後はデスクライトで作業…どうしてもリハビリの後は疲れるので寝てしまったり、脚が痛くて作業できない時もありますが毎日びっしりスケジュールが組まれてます。。。結構ハードな生活です。 脚の腫れも大分引いてきてますが、毎日欠かさずアイシングを行ってます。Continuous Passive Movement CPM(膝の屈伸運動の機械)は最初は20度から40度までしか脚を曲げてませんでしたが10日目にて95度になっております。手術直後は脚を毎度曲げるために激痛でしたが今では我慢できる程度になりました。あと、トイレには車椅子で行ってましたが今週の月曜日から1/3の体重を掛けながら松葉杖で歩けるようになりました。 前十字靭帯(ACL)再建手術の主治医をして頂いた福島一雅先生、米国ピッツバーグ大学整形外科スポーツ医学センター客員研究員、日本オリンピックのチームドクターやヴェルディ・クリニック院長など多数の肩書きを持つ先生です。6月にケガした時にも書きましたが、経験豊富で信頼できる先生に診断や手術はしてもらうことが大変重要だと今回改めて思いました。優秀な先生の周りに優秀な人がいるので、手術のチームも最高だったと思います。 入院先の世田谷下田総合病院でリハビリ科の篠原科長にリハビリ前にストレッチをして頂いてます。写真には写ってませんが上島さんにもリハビリを担当して頂いてます。手術+入院生活では多数のお医者さん、看護婦さんにお世話になっておりますが、さすがに皆さんの写真は撮れてません…笑 撮る機会があったらまたアップします! ここからは毎度のお見舞いに来て頂いた方のご紹介です〜笑 こちらは5日目から10日目版で、来て頂いた順です!皆さんお忙しいところ遠いところまで遊びに来て頂きましてありがとうございました!!! 左からZenlok株式会社の大貫紀子さん(International School Manila中学校の時の同期)、MissingLink株式会社の代表取締役 原田大輔さん、アポイ株式会社の取締役 蒼山桜子さん(投資先)、アクセルマーク株式会社兼アクセルビート株式会社の小宮冴香さん、リンクシェア・ジャパン株式会社の吉田悠紀さん(トラフィックゲート時代の同僚) 左からスタイリストのパクスギャンさん、日本ロマンチスト協会の宣教師兼副事務局長八田雅也さん、サイトコア株式会社の平井千晶さん アクセルマーク株式会社の執行役員事業開発本部長兼アクセルビード株式会社の代表取締役川野尚吾さん 左から株式会社キング・テックの代表取締役社長 王遠耀さん、株式会社キング・テックの森川さん、 飛拓無限信息技術有限公司(Fractalist China日本支社)代表取締役 唐先智さん 上智大学時代の同期、井上顕さん 小田急不動産株式会社の大岡亜沙美さん Ronen Mense, Vice…

フットサルで前十字靭帯損傷、来月手術します!

先月の16日にフットサル中に、シュートを少し飛びながらボールを蹴ったあとの着地で右足の膝近辺から”ポキッ”と音がして激痛が走りました…痛みで立てなくなり、一旦休憩して15分程で歩けるようになりましたので再度プレイ続行したところ、また激痛が走り歩けなくなる程の痛みでした。 RISE(Rest:安静、Icing:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上)をしたのですが、痛みが引かないのでビッコ君の状態で緊急外来で整形外科が出頭している世田谷下田総合病院に行きました。レントゲンを撮られた後、脚を触りながらの診断で、半月板損傷かも知れませんがそのうち治るので大丈夫でしょうと最初のお医者さんに診断されました。もし細かくチェックしたければ時間がある時にMagnetic Resonance Imaging:MRI(核磁気共鳴画像法)と言われましたが、心配だったので月曜日に再度病院に行く事にしました。 月曜日に世田谷下田総合病院の2人目のお医者さんはMRIの手続きをしてくれて、松葉杖を貸してくれました。 *疑問点1、なぜ最初のお医者さんは松葉杖を貸してくれなかったんだろう… 火曜日にMRIを取り、再度2人目のお医者さんに診てもらったところ右膝前十字靭帯損傷(断裂):Anterior Cruciate Ligament(ACL)と診断されました。色々と説明を受けたのですが、詳細は水曜日に来る手術担当医の先生に会って聞いて下さいと言われました。とにかく最初の2人の医者は頼れなく2nd opinonをもらおうと徹底的にネットで前十字靭帯損傷に調べところ、保存療法(放置)、装具療法、再建手術(国内及び海外の事例、海外は主にHarvard大学やStanford大学の事例)のオプションがあり調べた病院の予約等を行いました。 *疑問点2、最初のお医者さんがが話されていた半月板損傷ではなかったんだ… 水曜日も電話で装具療法に関して複数の病院に問い合わせている中、順天堂大学も採用している治療法と聞き電話したところ急いで来て下さいと言われたのですが…なんと!着いて1時間以上待たされたあとに看護婦から診察前の質問された時に再確認すると装具療法はやってないと言われました… *疑問点3、電話で確認した際は看護婦と話したのですが 皆の知識が一致してないのだろうか… おなじく水曜日、世田谷下田総合病院の手術医師である福島一雅先生に相談をしました。再建手術の説明を受けたのですが、個人的に手術を避けたかったので装具療法を進めるにあたり色々と説明を受けて、日本では唯一装具療法をしている北九州市小倉南区にある九州労災病院の井原秀俊スポーツ整形外科部長と群馬県前橋市にある善衆会病院の木村雅史院長に会いに行く事に決断。それにあたり福島一雅先生はギブス及び脚に負担掛けないようにとアドバイスを頂いた。 *疑問点4、なぜ最初の2人のお医者さんはギブスや負担掛けないようにと教えてくれなかったんだろうか… 木曜日は群馬の善衆会病院、金曜日は福岡の九州労災病院の予約をして群馬に行きました。群馬の善衆会病院では装具療法に関しての説明を受けて、レントゲンを複数の角度から取り、KT-2000(脛骨の前方のゆるみを測定する器具)を使い、MRI及びラックマンテストの結果前十字靭帯が切断状況が良くなく、装具療法は適応できない診断になりました。おそらく3時間程色々な手法に関しての説明や相談に乗ってもらいました。最終的には東京で福島一雅先生に手術をしてもらう方向で勧められました。 金曜日は福岡の九州労災病院の予約をキャンセルして、福島一雅先生が院長をしている池袋にあるライズシティクリニックにて再度診断頂き、最新のエコー診断を含め確認して最終的に手術を依頼する事に決断しました。靭帯が切れた場合、自然にはくっ付く事がないので手術では取っても大丈夫な腱を使って、靱帯を模倣した移植腱を作製し、関節内に移植します。手術前にあたり、リハビリのトレーナーについて頂いたりサポーター装具型を装具士の永田英雄さんにとってもらいました。 福島一雅先生のプロフィール 日本大学大学院医学研究科博士課程卒業 米国ピッツバーグ大学整形外科スポーツ医学センター客員研究員 日本大学医学部整形外科講師、医局長、外来医長、教育医長 NEC陸上部チームドクター Xリーグ鹿島ディアーズ チームドクター 日本工学院八王子専門学校講師 東京慈恵会医科大学救急医学講座講師 Jリーグ東京ヴェルディ チームドクター ヴェルディ・クリニック 院長 資格 医学博士、日本整形外科学会専門医・スポーツ認定医・リウマチ認定医・脊椎脊髄病認定医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本体育協会公認スポーツ医、日本リハビリテーション学会専門医、日本リウマチ学会専門医、厚生省義肢装具等判定医 ざっと1週間が秒速の用に進み、ネットで調べたり色々な人に医者、理学療法士、トレーナー、大学教授を紹介頂き計15人以上の医療関係者に相談ができました。ご協力頂いた皆様、ありがとうございます!そのなかの数名が福島一雅先生を勧めてくれたので、福島先生に来月手術してもらいます。ちょうどケガした次の日にLinkedIn創業者Reid Hoffmanのパネルで話されたネットワークの重要性を、知り合いにお医者さん等を紹介頂く時に実感しました。当初は診断が変わったりしてたので、ブルーになってましたが福島一雅先生は海外での治療方法や国内の治療方法を全て熟知していて、ネットで調べた事に対して全ての回答及びアドバイスを頂けました。 今回のケガで学べて色々な気付きがありました。やはりお医者さんも専門分野が人によって異なるので適任な医者を見つけ出すのと、手術の場合自分と話があって状況(仕事のスケジュール等)を理解して頂ける方を探すのが重要と気づきました。あるお医者さんに「医療も会社と一緒で、現場の営業部長やマネージャー、またはオペレーションから離れてる社長や役員に診断してもらうによって色々と変わります」と言われたのが大変勉強になりました。 この度ケガしたなかで、会社の同僚や知り合いには大変助けられましたが、2週間程病院を駆け回ってたりリハビリ治療によりメールのレス遅延やアポのリスケでご迷惑をお掛けしました!今週からは日常生活に復帰して”倒けない”程度のお酒は許可(外出時上記装具の装着及び下り坂や階段を降りる際の制限はありますが…)をもらってますのでこれからも宜しくお願い致します! 来月手術+入院して更に仕事でアクセル踏めるように頑張ります! 前十字靭帯損傷(ACL)に関する他の投稿はこちらから。もし質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!