中国

北京のWestin HotelでShuck Offイベント

北京+上海と福州でオイスターバーを経営しているRudy Guoが先月北京のWestin HotelでShuck Offイベントを開催しておよそ300名程が集まり大盛況。オイスターshucking審査員としてEamon Clark(2回世界チャンピョン、7回カナダチャンピョン)が行い、12個のオイスター(牡蠣)を開けるスピード勝負大会でした。 世界チャンピョンのEamonは1分16秒で18個のオイスターを開けられる超人(以前自分でもオイスター開けをチャレンジしてみたのですが、1分間で3個が限界でした、、、)ですが上記のビデオでは踊ってます。笑 もちろん競技のあとにはオイスターを美味しく頂きました!フランス産オイスターが特に美味しかったです。 もちろん夜は仲良いメンバーで飲み会。笑

世界経済フォーラム”SHAPE China 2015”参加レポート

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、”SHAPE China 2015”に参加してきました。SHAPEイベントはグローバルシェイパーズが独自で主催+企画して運営する集まりです。SHAPE China 2015は9月6日〜8日の2日間で開かれ、中国の北京ハブと大連ハブが共同で”Annual Meeting of the New Champions 2015″(通称:サマーダボス会議)に合わせて開催。およそ70ヶ国から160人のグローバルシェイパーズ、政治家、起業家などが集まりホテルのボールルームがいっぱいで立ち見が発生する程盛況!トータルで22セッションが開かれインターネット、シェアリングエコノミー、ソーシャルイノベーションなど様々なトピックに関して議論されました。 HAILOに携わっているので、”Changing the Way the World Moves”のセッションリーダーを務めて今後の移動手段に関して議論。 インターネット X 交通でアイデア出しを行い、セグウェイからドローンなど様々なO2O(オンライン・ツー・オフライン)に関して熱く議論して上記の写真のようにまとまりました。本業ですのでHAILOのように、配車アプリのアルゴリズムを活用しての未来の車のあり方をセッションスポンサーであるFord社に提案をしてアピール。笑 国により交通手段等は様々あるので他の国の事情や事例を聞き、大変勉強になりました。 更にStartup Project Workshopでは8社のスタートアップが投資家の前でピッチを行いました。コーヒーマシーン、サーバー事業など様々な企業が参加する中、HAILOを代表してプレゼン。中国のスマートフォンタクシー配車サービス滴滴快的(ディディ・クアイディ)のお話もしたのでオーディエンスが急に写真を撮り始めて驚きでした。 現地のテレビ局が入る中接戦のピッチでしたが、なんと!HAILOが一番投資したい会社に選ばれ、優勝トロフィーも頂きながら記念撮影。 SHAPE China 2015では社会貢献活動の一環でチャリティーランも開催。世界経済や事業のディスカッション以外にも運動をしながら皆で仲良くなれました。企画満載で様々なところまで行き届いていてすごい! グローバルシェイパーズコミュニティ大阪ハブのeConnect Japan株式会社、代表取締役の小山修平さんと一緒に早歩きをしてましたが途中で逸れるハプニング…涙 皆で水色のチャリティーシャツを着て仲良く完走できました。 SHAPE China 2015のフィナーレは皆が一同に集まり表彰や2日間のまとめが行われました。毎度の事ですが、中国のスケール感とおもてなしに感動しました。世界のグローバルシェイパーズに負けないようにライフワークの活動を頑張ります! *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは… ビジネス界、政界、学界および社会におけるその他のリーダーと連携し世界情勢の改善に取り組む国際機関です。1971 年にスイスのジュ ネーブに本部を置く非営利財団として設立された世界経済フォーラムは、いずれの利害関係にも関与しない独立・公正な組織です。あらゆ る主要国際機関と緊密に連携して活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ(GSC)とは… 世界経済フォーラムによって任命される、33 歳以下の若者によるコミュニティです。優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する 強い気概を持つ人々によって構成され、コミュニティのメンバーはシェイパーと呼ばれます。地域における社会課題を解決するプロジェク トなどを行うことを目的とし、全世界 400 以上の拠点で 4,000 名以上のシェイパーが活動しています。 *グローバルシェイパーズコミュニティ東京ハブプロジェクト 第1弾:Shapers Camp 2014 第2弾:Re-Generate Japan 第3弾:はたらくママのための育児タクシー

シリーズO2O第2回:加熱するタクシー業界の「滴滴快的」

前回のO2Oブログ投稿から1年以上経ってしまいましたが…苦笑 2015年のバレンタインデーにスマートフォンタクシー配車サービスで中国最大手、アリババ(Alibaba)が出資する「快的打車」(クァイディダーチャ、浙江省)と、騰訊控股(Tencent)が出資する業界2位「滴滴打車」(ディディダーチャ、北京市)が合併。両社の名前を一つに合体させた「滴滴快的(ディディ・クアイディ)」社が誕生した。新会社の企業価値は60億ドル(約7,200億円)とも言われて、中国の360都市で展開して1万人のドライバー登録に対して1日約600万配車。(uberが世界合計で1日100万配車)両社はタクシードライバーが配車を受けることに対して補助金、ユーザーにはタクシー代が割引になるクーポンを配布して多額のプロモーション費用を掛けてきたが合併することにより、海外展開の加速や新サービス提供してUberを追随するのでしょう。海外展開の一環として、滴滴快的はライドシェアサービスを提供するLyftに1億ドル(約120億円)を出資して、両社のサービスがどちらのアプリ(アメリカと中国)でも利用できる提携も組みました。更に今月には中国で初となる“Internet Car-Booking License”をShanghai Municipal Transportation Commission(SMTC)で取得したのでグレイと言われたプライベートハイヤーや自家用車ビジネスも展開可能になった。 スマートフォンタクシー配車サービスは契約しているタクシーの位置がGPSを通じてスマートフォンアプリ上に表示され、タクシーに乗りたいユーザーは配車を掛けると最寄りのタクシーが迎えに来ます。更に、予約機能を使えば特定の時間になると指定場所に迎えに来てもらう事が可能です。支払いはスマートフォンに登録したクレジットカードまたは滴滴快的の場合、騰訊控股のWeChatおさいふ機能で支払いができます。メッセージングアプリ、WechatはMAUが5.49億人(LINEの3倍程)、5人に1人がカード登録済み(中国新年でお年玉キャンペーンで81億ドルのマーケティングキャンペーンを実施した効果)なので滴滴快的利用者の多数はWeChatで決済。上記写真の通りWeChat内からもタクシーが呼べるので配車は急上昇中。中国のタクシー配車アプリ市場はこの2年で急拡大、滴滴快的は市場シェアの90を%を抑えている。 先日の中国出張で滴滴打車を使ってみました。行き先を入力して迎えに来てもらうインセンティブをドライバーに出す為にチップを設定(乗車料金の他に20元、およそ40円など設定可能)して配車を掛けると車の距離と何分で到着するかが分かります。お金で解決する人はラッシュアワー時タクシーを見つけにく時は100元などチップ設定して優先的に配車することがあるそうです。更にすごかったのが、タクシーが迎えに来たらなんと他のお客さんを乗せていました…アプリで行き先を事前に入力したのでドライバーはちょうどその方向に行くお客さんを乗せていて迎えに来たので結果なぜか知らない人とタクシーをシェアすることになりました。乗せて頂いたドライバーは途中でもう一人を下ろし、その時のメーター金額を回収してその後私の目的地で再度お金を回収されました。確かに効率は良いけどスマートフォン配車アプリならではの偶然でした…通報すればタクシードライバーは違法行為で捕まるそうです。苦笑 こちらがドライバーアプリです、事前に迎え場所と行き先が表示され、予想金額やチップが表示されて条件が良くないと時はスルーするそうです。タクシーに乗っていると1分に2~3回は鳴り、早い者勝ちなので常にドライバーはアプリを見てました…日本の場合、各社差別化を図るためにドライバーはサービスに力を入れてますが、北京ではタクシー台数が足りないのでドライバーの方が大分強気です。 スマートフォンタクシー配車サービスですが、コンセプトは簡単に見えますが、O2O(オンライン・ツー・オフライン)を成立させるのは簡単な事ではないです。ネット系サービスならではの鶏か卵が先か(今回の場合、ドライバーとユーザー獲得)をバランス良く成長させる必要があります。しかし、マーケティングを正しく効果的に実施すれば、タクシーはDoor-to-Door(ドア・ツー・ドア)サービスの特性を活かして、人々の行動ビッグデータと決済情報を活用すると様々な新しいビジネスが展開可能になると思います。今後は貨物輸送など社会インフラに大化けしていくのでHAILO(ヘイロー)も負けないように頑張ります!

上海と言えば美味しいオイスター

北京+上海と福州でオイスターバーを経営しているRudy Guoのお店で美味しいオイスター(牡蠣)を食べる為に上海に行ってきました。笑(半分以上本当です!)中国で牡蠣が美味しいの!?って思うかもしれませんが、絶品です。 お店は細い路地を入ったところで、2日連続で行きましたが少し迷子になりました…中国の場合、VPN経由でもGoogle Mapが上手く機能しないので… ルーフトップスペースでも食べれますが、店内も広く、全てのテーブルにキャンドルがあり雰囲気がとても良いです。北京店のように個室はないですが、ソファ席、カウンター席、奥には会食に使えるスペースもありまして利用シーンに応じて選べます。 オイスターはフランス、南アフリカ、オーストラリア、カナダ産など独自のルートを持っていて、直取引しているのもあり日本だとあまり見かけない種類など多数揃えてます。注文後にオイスターを開いてくれて、お水で洗わずそのまま食べるので海水も味わえます。(洗う要望もだせます) アペタイザーには生ハムとメロン、カプレーゼ。上海に在住韓国人の方が作っているモッザレーラが絶品、なんとも言えない食感と味、イタリアから輸入しているのかなと最初食べた時に思いました。また食べたいです! ロブスター刺身に海老、最高でした! フランスのオイスター!様々な種類を持って来てもらい、食べ比べましたがこちらが一番でした。おそらく二日間で30個以上食べました。。。 トマトとナッツ入りのバジルソース、マッシュルームのクリームソースパスタ 最後にスペイン産のイベリコ豚ステーキ、フランス産の100%フォアグラ焼き!2日行きましたので、他にもラムチョップなど多数美味しく頂きました。カロリーが…笑 お店:The Plump Oyster 住所:3/F, 301, Lane 171, Jianguo Zhong Lu, near Ruijin Lu, Shanghai, China 電話:+86-10-5418 3175 上海に行った際は是非立ち寄ってみて下さい!

北京で美味しいオイスター

上海と福州でオイスターバーを経営しているRudy Guoが新たに北京で開き、福州のオープニングパーティーに続きRudyの開店祝いは2回目でした。笑 繁華街で外資系ホテル等が多数並ぶ中心部にある3階建てのお店! 1Fはお茶店のShang Tea(上茶)とコラボして入り口で福州の高いお茶の試食も可能 入り口はオープンキッチンで、様々な料理を調理予定 2Fは螺旋階段で上がり、カウンター越しでオイスター(牡蠣)を選び目の前で開けてくれます 上海店舗の店長Xiaopiがヘルプで北京でオイスターシャッキング フランス産のオイスター、2種類とも大変美味しかったです! お店:CPearl 住所:No. 14 Shun Yuan Li, Xin Yuan Street, Yan Sha Bridge, Chao Yang District, Beijing, China 100027 電話:+86-10-5724-5886、+86-10-5724-5408 email:cpearlbeijing(at)hotmail.com *スパム対策の為に(at)を@に変えて下さい 日本でもレアなフランス産オイスターも食べれて、個室完備、ワインも多数あり、ロブスターなども特別に注文できます。北京に行った際は是非立ち寄ってみて下さい、上記写真の真ん中が経営者のRudyですので、遭遇すればサービスしてくれます!笑

中国の福州にあるRudyの「OSTRAS」訪問とパンダ!

仲の良い友人であるRudyが最近新しいオイスターバーを中国の福州にオープンしたと聞いて、ゴールデンウィークの最初の三連休を活用してお祝いに駆けつけました。Rudyは以前上海でもオイスターバーを経営していて、今回はRudyの生まれ故郷である福州に、新しく「OSTRAS」を開店することにしたとのこと。福州は、日本では烏龍茶で馴染みのある福建省の省都で、東シナ海にほど近い中堅都市です。Netease Global Mobile Media Summit、世界経済フォーラムのSummer Davos、China Mobile Developer Conference、APEC Incubation Conferenceなど、ビジネス、プライベート含め北京、西安、上海には計10回以上訪問していますが、福州は今回初めての訪問となりました。東京から福州へ行くには北京か上海経由でtransitする必要があり、今回は羽田ー北京ー福州の航路でANA、China Air便を利用し到着まで計12時間程掛かりました。 RudyのOSTRASは4月末にオープン、地下1Fから地上2Fのロフト的なスペースの3フロアの他、お店の外のオープンエアテーブルでも食事をすることができ、上海のお店と同じように世界各国のオイスターが食べれる素敵なお店です。シャンパンやワインも厳選されていて、雰囲気も抜群でした。 今回は観光の時間もあったので、まずは福州に訪れる日本人は良く立ち寄る観光地、「大熊猫世界」:「パンダワールド」に行きました。たまたま日本語が話せるガイドさんがいらっしゃり、色々と好意で教えて下さったため興味深い時間を過ごすことができました。上の動画のパンダは、現役時代はショーで色々な曲芸をしたりと活躍していたものの、今では33歳、人間に例えると100歳は超えている高齢で、人間のサポートが必要になっているそうです。高齢の今でも食事は大量に必要で、高齢の彼女専用の特別ミールを飼育員に食べさせてもらっています。ご飯が入っているボールは抱えていますが、自分では食べずに口を開けて運んでもらうのを待っているのがcuteです。 訪問時には5匹のパンダや、たくさんのレッサーパンダを観察でき、まさに「パンダワールド」でした。豆知識ですが、上野動物園などに代表される日本の動物園にいるパンダは全てこの福州パンダワールド出身とのこと。とにかく日本では考えられない程とても近くから、パンダが無心に笹やにんじんなどを食べている様子が見られて迫力がありました。 また、今回は丁度タイミングが合い、顧問先のFractalist China経営陣も急遽福州旅行に参戦!経営陣は福州出身なので地元への帰省も兼ねて歓迎するために集まってくれました。北京だろうが福州だろうが、やはりどこにいても中国式の飲み方で、シャンパン、ワイン、ビール、紹興酒、ブランデーのmix styleで”カンペイ”コールが飛び交う一気飲み大会でした。Fractalist Chinaの経営陣をはじめ、Rudy、地元のビジネスマンのPeterなど、公使ともにパワフルな友人達に囲まれた刺激的且つ愉快な夜を過ごすことができ、改めて仕事を頑張ろうと決意を新たにすることができました。 高校時代に中国語を2年弱勉強したことがあり当時は会話できていたものの、この10年程ほとんど使ってないため最近ではほとんど話せなくなっています。しかし、伝えたいという気持ちや姿勢を見せること、また違う形のアプローチを使うことで、なんとてもなると思いました。もちろん中国で意味する”違う形のアプローチ”は大量にお酒を飲むのも含まれます。笑 今回はいつも以上に刺激的な中国訪問でした!ゴールデンウィークは今日で終わってしまいますが、明日からまた攻めて行きます!

中国の西安で開催された2011 APEC Incubation Conferenceで講演

去年、2011年9月6日から8日まで中国の西安(Xi’an)で開催された2011 Asia-Pacific Economic Cooperation(APEC)Incubation Conferenceで講演してきました。(ちょっと時間経ってしまってからのブログ投稿ですが…) 今回のミッションはアジア圏及びシリコンバレー等のインキュベーターを集めてCo-Incubation Networkの構築で、ジェイ・シード株式会社のメンバーとして招待されました。上記写真はミッションボードにサインしている模様、下記がミッションの詳細になります。 1. To enhance the outward development strategies of local incubatees/SME’s and help them integrate in a regional and global market place. 2. To foster a healthy growth environment for APEC technology-based incubatees/SMEs. 3. To work with other international organizations and networks to promote the co-incubation business. 4. To help foreign enterprises…

China Mobile Developer Conference 2011での講演

去年11月3日及び4日に北京のOlympic ParkにあるNational Convention Centerで開催されたChina Mobile Developer Conference 2011(CMDC)にてパネリストとして参加させて頂きました。(去年書いてなかったので…)イベントはCSDN(中国のITコミュニティー)及びInnovation Works(モバイルインターネットの分野のインキュベーター)が共同主催。CMDCは中国で年1回開催されるモバイル業界向けの大規模イベントで、去年は通信キャリア、スタートアップ、プラットフォーマー含め4,000人の参加者が集まった。今年は50以上のセッションがありモバイルの市場や今後の動きについてのお話が聞ける。 パネル形式でYoulu社の創業者、Mobile Monday Beijing & Shanghaiの創設者のRichard RobinsonがモデレーターとしてTapjoyのLarry Berkin氏、GeaxGameのFox Jiang氏、EA(エレクトロニック・アーツ)のMike Pagano氏とパネルをご一緒させて頂いた。パネルのテーマは「Enter The Dragon」で中国の会社がどのように海外進出を進めるかだ。 パネルで話された”ゲームをグローバル展開する際、重要な要素” ・ネイティブスピーカーに利用している言葉または用語で変な箇所であったり文化的に侮辱する言葉が入ってないかのチェック ・説明がなくても簡単に利用できるゲーム ・プロモーションや広告出稿の重要さ(海外だと認知がない会社だと難しいので) ・レビューや問い合わせのサポート ・複数のプラットフォームを同時にターゲット 驚いたのはパネル終了後、速攻会場の皆さんが各パネリストに名刺交換の為前に集まりました。15分ぐらいのスパンでなんと30名の方と名刺交換させて頂きまして、スマートフォン及びグローバル進出のテーマでの関心が中国で大変感じられました。中国での講演は初めてだったので大変貴重な経験でした。

no image

2011年のまとめ

毎年の事ですが、今年も色々な事がありました。サマリーとしては…全て書き出せてないですが… ・海外旅行+出張、とにかく移動しました!月に2回アメリカ行く事もあり、大体海外100日滞在で330,000kmの移動でした 3月インドネシア 6月アメリカ(ポートランド) 7月カナダ(モントリオール)、アメリカ(ポートランド、サンフランシスコ) 、中国(北京) 8月アメリカ(シカゴ、サンフランシスコ)、カナダ(バンクーバー) 9月中国(上海、西安、北京)、アメリカ(ロスアンゼルス、サンフランシスコ)、韓国(ソウル) 10月シンガポール、アメリカ(サンフランシスコ、ニューヨーク、ポートランド)、中国(北京) 11月アメリカ(サンフランシスコ)中国(上海、北京) 12月韓国(ソウル) ・日本初、日替りクーポンサイト「Piku(ピク)」 の代表取締役にジェイ・シードの代表C.ジェフリー・チャーが就任した為、マーケティングのサポート ・フラッシュマーケティングのアグリゲートサイト、 オールクーポンジャパン株式会社の立ち上げに携わる ・ピドの役員を退任 ・sakebiiプロジェクトの立ち上げ ・2011 APEC Incubation Conference(中国西安政府主催インキューベーションをテーマとしたイベント)やCSDNのMDCC(中国で一番大きいモバイルイベント)での講演も含め、中国との関わりが増えた ・多数の海外投資や提携等のディールに携わり(主にアメリカと中国)、海外のイベントにも多数参加 ・おばあちゃんの入院により、お見舞いの日々(無事退院しました!) ・ World Economic ForumのGlobal Shapers Communityに選出 今年は多数のシリコンバレーのベンチャーとのやりとりがあり、とても刺激的でした。あと、今年はほとんどブログを書けなかったので、来年は今年よりは書ければと思います。皆さん一年お疲れさまでした! 2011年Top5アクセスのブログ記事: 1位. New MacBook Air 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5購入! 2位. ピド株式会社の役員を退任 3位. 起業しました!ピド株式会社 4位. B&W CM7 スピーカーをゲット! 5位. ドコモのXperia ray SO-03Cをゲット!

no image

中国出張とOPhone MIRO O1

3月3日(水曜日)から6日(土曜日)の4日間初中国、北京出張へ行ってきましてとても充実した時間でした! 気づいたポイント ・AndroidOSをベースにChina Mobile(チャイナモバイル)が開発したOPhoneを採用した端末がSymbian携帯などと一緒にならんで販売されている ・Wifiスポットがほとんどない ・YouTube、Facebook、Twitter、bit.lyが使えませんでした ・mixi、Yahoo、Google、Linkedin、Wordpress、Skypeが使えました ・ヨーロッパ車が多い OPhone MIRO O1 初のChina Mobile(チャイナモバイル)の TD-SCDMA ネットワーク向け 3G の「OPhone」をいじってきました。Lenovo Mobile Communications Technology Ltd.(レノボ・モバイル)の 3G OPhone 一号機である「MIRO O1(ミロ・オーワン)」の「MIRO」はレノボ・モバイルのモバイルインターネットをターゲットにした新ブランドの名前である。 OPhone とは、Open Handset Allianceの「Android」として知られるオープンソースの OS をベースに、China Mobile によってカスタマイズされたプラットフォーム「OMS(Open Mobile System)」を搭載した端末。 下記からOPhone MIRO O1起動画面からの動画が見れます、China MobileのMM Storeやモンターネットも利用できました。 OPhone MIRO O1動画 OPhone MIRO O1のスペック 通信方式:GSM、TD-SCDMA パネル: 3.5インチ、320×480(HVGA) CPU: 624MHz メモリ:MicroSD 8GB 音声ファイル:mp3、aac、amr、wma 入力方法:手書き、英文、中文…