ichita yamamoto and entrepreneurs2

以前行われた山本一太内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策、情報通信技術・IT政策、海洋政策・領土問題も担当))との意見交換会で話されたトピックに関して検討状況報告会が開催されました。前回と同じく政府側からは遠藤政府CIOを始め、参事官などが中央合同庁舎に集まり、改めて日本政府のIT政策に関して熱い議論が繰り広げられました。写真は左から株式会社Cerevoの岩佐琢磨さん、株式会社ユビキタスエンターテイメントの清水亮さん、梅澤亮、山本一太内閣府特命担当大臣、株式会社インフォシティの岩浪剛太さん、株式会社アプレッソの小野和俊さん、株式会社jig.jpの福野泰介さんでした。

5回に分かれて開催された意見交換会の多数のアイデアから下記が採用された意見でした。

・米国ベンチャーキャピタルの日本への招聘
→ 新政策として打ち出す方向
・技適(技術基準適合証明/認定)PSEにおける手続き上の問題
→ 更なる調査を行う方向
・国が発注するIT事業に対するベンチャー企業の参入促進
→ 本年度中目途に、参加資格要件の見直しやベンチャー優先枠の設置に向けて、IT室と共同で検討・対応する予定
・デジタル教科書の早期実現、若年層におけるプログラミング教育の推進
→ 創造宣言に「プログラミング教育」を大幅に追加・明記
・投資型クラウドファンディングに係る規制強化の問題
→ IT室として引き続き状況をフォロー

今回の議論において、一番の成果は平成26年6月24日に閣議決定された世界最先端IT国家創造宣言改定に今回の意見が反映された事です。特にIII.1.(3)が幅広い分野にまたがるオープンイノベーションの推進等→起業家精神の創発とオープンイノベーションの推進等に変更された事により、シリコンバレーとの連携、ベンチャー企業、起業家支援を政府が前向きに取り込む事になりました。今後の意見交換会にも招待されて発言できるように、事業頑張ります!

Tags: , , , ,

Connect the Dots

 

起業に興味がある大学生を対象にした期間集中の講義プログラムConnect the Dots 2013が8月5日(月曜日)から8月9日(金曜日)までの5日間の日程で開催されます。ジェイ・シード株式会社が支援しているこのプログラムは、起業やイノベーションに興味があり、世界をもっと面白くしたいという情熱ある学生を求めており、日本の大学生・大学院生であれば誰でも参加できるものです。

参加者の方は、ベンチャー企業が新たなビジネスを創造するために必要なテクニックなど実践的な講義を実際にシリコンバレーで成功している起業家から直接受ける事ができる他、プログラム期間中には今話題の企業を訪問する機会もあります。

ビジネスアイデアをどのように生み出すかという方法論や、実際に開発を行いアイデアを実現するまでの過程、更には新しいビジネスアイデアのテストなど、ビジネスを始めるにあたって必要な知識を学ぶことで、「自身のビジネスの作り方」を身につけることができます。これらはおそらく一般の大学の講義からは学ぶことのできない内容です。

参加するには所定の選考を受ける必要がありますが、選考を通過すれば参加費、宿泊費ともに無料でプログラムに参加することができます。ただし、参加者は自身の食費及び交通費を支払う必要があり、期間中の自己負担額は15,000円程度が想定されます。

Connect the Dotsは大学生・大学院生ならどなたでも参加できます。申し込みは下記から受け付けているので興味のある学生は是非応募してみてはいかがでしょうか。
Facebookページはこちら→ https://www.facebook.com/connecttd
下記がAppleの創業者、Steve Jobsの”connect the dots”に関しての引用です。
“You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.”
 – Steve Jobs

Tags: , , ,

Yoshihiko Kinoshita

Skyland Ventures、代表パートナーの木下慶彦さんの「シード・アーリースタートアップのためのストック・オプション講座」に先週参加して来ました。ストックオプション(新株予約権: 株式会社に対して行使することにより、その株式会社の株式の交付を受けることができる権利をいう)の仕組みを理解するに最適な勉強会でした。下記がAZX総合法律事務所、パートナー弁護士の雨宮美季さんが当日使われたスライドです。

上記スライドに記載されてますが、 株式は売却しないとキャッシュは得られないのが原則、ストックオプションは上場しないとほとんどの場合意味がないとのこと。 税制適格など、テクニカルな部分の話も聞けました、レギュレーションが常に変わるので直近1~2年ないでストックオプションを発行した起業家または弁護士さんに確認するのがベスト。

Miki Amemiya Taiga Matsuyama Fumiaki Koizumi

プレゼン後はAZX総合法律事務所、パートナー弁護士の雨宮美季さん、株式会社ミクシィ顧問の小泉文明さん、East Ventures/クロノスファンドの松山太河さんのパネルでは裏話等もでました。

シード・アーリーステージベンチャーのストックオプション発行のタイミングに関して

→ 会社の業績が上がっているタイミングがベスト、ストックオプションは株主から見ればダイリューションするので売り上げが立っている状態でないと株主も納得しにくい。ベンチャーキャピタルとはいつストックオプションを設計するかについて資金調達時に話しておくのがオススメ。

M&Aの場合、ストックオプションの行方
→ 買収したあとに経営陣に残ってほしいと買収側が思えば、新株予約権を買い取りまたは株式交換の事例やストックオプションは買いつつ、会社を継続して一定の業績に伸びた場合インセンティブを提供する事例もある。救済合併の場合は消却のケースが多い。

ベスティングに関して
→シリコンバレーの場合、ベスティングが75%まで完了した場合辞めるケースがある。反対に会社のステージが変わり会社の状況に不適切な人材がベスティングが終わるまで居座るケースもある。
その他のメモ:
・会社のステージにより必要な人材が違うのでストックオプション等は慎重に考えるべき
・目論見書を見れば、誰が何株を持っているか把握できるので平等にストックオプションの設計は必要
・ストックオプション=株主になること(権利行使した際)
・税制適格を受けれない場合、会社や経営者が税金分を負担したり生株を譲渡して税金分のキャッシュまで用意する事例もある
・ストックオプション億万長者を生むには上場時の価格が50億以上でないと持っている比率にもよるが数百万円程だけしか手元に残らない
・税制適格を得られないと

大変勉強になる会でした、今後も木下慶彦さんはベンチャー周りに役立つ情報勉強会を開催予定ですので参加させて頂こうと思います。

Tags: , , , , ,

Youth Venture Summit(インキュベイトファンドの木下慶彦さん主催)イベント、に参加してきました。

プレゼンは株式会社ノボットの代表取締役社長、小林 清剛さんのオープニングから始まり、情報収集しているサイトや利用しているツールを公開!

テック系のブログまたはニュースサイト
日本語:
Startup Dating
TechCrunch Japan

英語:
Mashable!
Techmeme
PandoDaily
Tech in Asia

ベンチャー情報
AngelList
CrunchBase
Seed Accelerator (DemoDay)

チェックしているイベント
TechCrunch Disrupt
Launch
Echelon

利用しているツール
Google Reader
Google Translate(Google Chrome extension)
Eijiro(Google Chrome extension)

イベント情報
Mashable!のイベントボード
Techmeme

小林 清剛さんは「30分から1時間を毎日投資するだけで、新しいビジネスアイデアにつながるので情報収集は重要」と話した。

続いて、James Hillさん(Guest Writer at TechOrange、GlobalTaipei Curator at StartupDigest、Organizing Team Member at Startup Weekend Taipei & Hsinchu、Project Manager at Institute for Information Industry) がプレゼン。当初はユニクロで就職しようと考えたいたが、最終的には政府関連の Institute for Information Industry(III)、インキュベーターに入り台湾のスタートアップを支援している。
上記図が台湾のマーケットマップ。左上はインキュベーター、真ん中はメディア TechOrange、右上はベンチャー投資企業、右下はイベント。台湾はハードウェアメーカーで有名だが、PicCollageやFlitopのようにアメリカで資金調達できているスタートアップも増えてきている。

台湾の市場
・人口は2,300万人
・インターネットの普及率は70%
・スマートフォンの普及率は40%
・国としてもアジアで2番目または3番目に裕福
・主にアメリカのソーシャルメディアサービスを使っていて、Facebookが主流なソーシャルネットワーク、1,000万人ユーザー(人口の45%)
・ヘビーゲーマーが多い、ソーシャルゲーム、オンラインゲーム等
・優秀な技術者の賃金が比較的安い(FlitopやPicCollageはアメリカを本社に置きながら技術者は台湾にいる)
・eコマースが流行っていて、比較的購入金額が多い
・スマートフォンアプリのARPUは米$2程(アプリ購入ユーザーが多い)
・iOS用App Storeでの購入のみ可能
・Googleは台湾の法律(デジタルコンテンツ購入に関して問題があれば7日間で返金しないといけない)に従えないため、有料Androidアプリ販売はしていない

2011年〜2012年のハイライト
資金調達
・EZTable 米$1.5M(opentableの類似サービス)
・Richi 米$1M(クレジットカードのポイントを統一するサービス)
・Accupass > 米$2M(ソーシャルティケティング、QRコード、決済、ハードウェア開発)DMJやQUALCOMMが投資
・Vpon 米$8M(モバイルマーケティングカンパニー)

ユーザー数
・iPartment 2,700万ユーザー、出会い系サイト
PicCollage 500万ダウンロード、写真コラージュを作るアプリ
Burn the Corn 280万ダウンロード、ポップコーンを作るアプリ
cubie messenger、50万ダウンロード、メッセージングアプリ

海外展開している会社
Aircamel(e-commerce)、AWIND、Go!Look、iPartment、Hulihealth
国内のマーケットが限られているので海外に進出
日本の企業が台湾に進出するメリット
・中国へのリーチが簡単になるのと中国へ参入する前のテストマーケティングに良い場所
・中国マーケットの伸びに期待できる
・HTC、Acer、Asus、Quanta、BenQ等の端末メーカーにアクセスできる
・日本に似ているのでビジネスがやりやすい
7月18日~19日に台湾で1,500名が集まるIdeas Showのイベントが開催されるので、台湾マーケットに興味ある方は絶好のチャンス!
James氏によると台湾のマーケットで成功するには「Guan xi = who you know, not what you know」が重要!

最後のプレゼンはDFJ−JAIC Technology PartnersのManaging Director、北村ミッチさん。DFJ JAICはSkype(eBayに2010年5月に米$3.2Bで買収)などの投資実績を誇る。Skypeのように世界中のイノベーションをが起きていてるサービスをシリコンバレーに持ってきてバリューをつける事をメインにしている。

DFJのグローバルなネットワーク
・全世界に18のベンチャーキャピタル網
・150人の投資プロフェッショナル
・650社の投資先
最近ではMicro-VCやSuper Angelがでてきた
・Felicis
・Softtech
・K9
・IA
・HarrisMetal
・Freestyle
・Floodgate
事例:Felicis
創業者のAydin SenkutさんはGoogleに1999年に入社、2005年に退社、元Google社員が起業したベンチャーを中心にエンジェル投資、2010年には40Mのシード投資ファンドを形成されている。
コーポレートのベンチャー投資の変化
・ソーシャルを利用する新しいマーケティングなどを探すAdidasなどがベンチャーキャピタル事業に参入
・広告代理店や家庭用製品大手がインキュベーションに参入
・リテールだとWalMartやBMW
上記のY Combinatorのチャートを見る通り、続々と新しいプレーヤーの誕生しえいる。半分以上は失敗している。投資するベンチャーキャピタルですが、バブルの2001年では2300社程ありましたが、2010年には750社に減っていて、200 ~ 300社しかアクティブに投資していない。トップ機関投資家の80%のお金が特定のベンチャーキャピタル7社に行ってる

注目の領域
1. クローズなソーシャル
Pair
Everyme
Path
2. オンラインからオフラインへ
postagram、instragramをはがきにする
Sincerely、SVエンジェルから$3M集めたO2Oベンチャー
3. Eコマースとソーシャルの融合
Curebit、Eコマースとソーシャルをつなげるソーシャルアフィリエイト
VideoGenie、顧客がビデオでコメントを簡単に投稿(Levis、intuit、shoedazzleが利用中)

Tags: , , , ,

先日シンガポールでPenn Olson主催のStartup Asia Singaporeにて「sakebii」のピッチをした際、2年前から交流も持たせて頂いているYinglan Tanさんと会ってきました。Yinglanさんとは以前スイスで開催された40th St. Gallen Symposiumでお会いして、Leaders of TomorrowのKnowledge Poolとして参加した同士だ。YinglanさんはシンガポールのNational Research Foundation(NRF) / Prime Minister’s Officeにて働いていて主にベンチャー投資及びベンチャー支援を行っている。

NRFは2006年にS$50億のファンドとしてシンガポールの首相直下の組織でR&Dベンチャーやテクノロジーベンチャーに対して投資している会社だ。上記写真はNRFの敷地内のビル、ベンチャーも入居可能。シンガポールではTechnology Incubation Scheme(TIS)があり、2008年からS$360Mの予算でR&Dやイノベーションを実用化または商品化できるようにNRFがインキュベーターと一緒に共同出資を行うスキームを作った。
*S$はシンガポールドル

インキュベーターとの共同出資条件の概要:
・資本比率85%までの投資または最高S$500,000.-
・投資先はシンガポールに本社または支社があるハイテックスタートアップ(CEOはシンガポールに在住)
・インキュベーターが出資する際と同じバリュエーションで転換社債での投資
・ 創業者の株比率が投資後50%以上を維持する必要がある
・ 投資を受けた法人はバイアウトオプションとして投資時のバリュエーション1.1倍で買い戻し可能
・3年以内にインキュベーターは株を5%の利息で買い戻す事も可能
*他にも条件はあります
*良いテクノロジースタートアップがあれば 日本のインキュベーターと一緒にシンガポールにて共同出資も可能、ご興味がある方はYinglanさんをご紹介しますのでお気軽にご連絡下さい

シンガポールでは優秀なベンチャーや起業家を招いて手厚いサポートを行う上記スキームなどを用意している。首相直下の組織で政府としてベンチャーを支援する制度は素晴らしい。

Yinglan Tanさん
Head / Projects at National Research Foundation / Prime Minister’s Office
A Member of Global Agenda Council on “Fostering Entrepreneurship” at World Economic Forum
Fellow at Kauffman Fellows Program
Adjunct Assistant Professor at Nanyang Technological University

Yinglanさんは様々な活動をしており、Chinnovation(アジアの社長及び会長のネットワーク)も運営しており今週の土曜日ウェブセミナーで「Innovations from Young High Potential Entrepreneurs in Asia」のタイトルでパネル参加させて頂きます。Yinglanさんはシンガポールのコネクターでもあり、とても知り合いが多い方です。

おまけ…

シンガポールに滞在中SingtelのSIM及びプリペイドカードを買いました。 利用していると様々なマーケティング通知を受け取る事に驚き!(上記写真)利用後クレジットのバランス通知や、データ利用のオススメ、あと5回SMS送ると次の日〇〇回無料SMSゲットなどなど。このようにARPUを上げるマーケティング手法はユニークだと思いました。

Tags: , , ,