ベンチャー

山本一太内閣府特命担当大臣との意見交換会、検討状況報告会

以前行われた山本一太内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策、情報通信技術・IT政策、海洋政策・領土問題も担当))との意見交換会で話されたトピックに関して検討状況報告会が開催されました。前回と同じく政府側からは遠藤政府CIOを始め、参事官などが中央合同庁舎に集まり、改めて日本政府のIT政策に関して熱い議論が繰り広げられました。写真は左から株式会社Cerevoの岩佐琢磨さん、株式会社ユビキタスエンターテイメントの清水亮さん、梅澤亮、山本一太内閣府特命担当大臣、株式会社インフォシティの岩浪剛太さん、株式会社アプレッソの小野和俊さん、株式会社jig.jpの福野泰介さんでした。 5回に分かれて開催された意見交換会の多数のアイデアから下記が採用された意見でした。 ・米国ベンチャーキャピタルの日本への招聘 → 新政策として打ち出す方向 ・技適(技術基準適合証明/認定)PSEにおける手続き上の問題 → 更なる調査を行う方向 ・国が発注するIT事業に対するベンチャー企業の参入促進 → 本年度中目途に、参加資格要件の見直しやベンチャー優先枠の設置に向けて、IT室と共同で検討・対応する予定 ・デジタル教科書の早期実現、若年層におけるプログラミング教育の推進 → 創造宣言に「プログラミング教育」を大幅に追加・明記 ・投資型クラウドファンディングに係る規制強化の問題 → IT室として引き続き状況をフォロー 今回の議論において、一番の成果は平成26年6月24日に閣議決定された世界最先端IT国家創造宣言改定に今回の意見が反映された事です。特にIII.1.(3)が幅広い分野にまたがるオープンイノベーションの推進等→起業家精神の創発とオープンイノベーションの推進等に変更された事により、シリコンバレーとの連携、ベンチャー企業、起業家支援を政府が前向きに取り込む事になりました。今後の意見交換会にも招待されて発言できるように、事業頑張ります!

起業に興味がある大学生向けの5日間集中プログラム「Connect the Dots 2013」

  起業に興味がある大学生を対象にした期間集中の講義プログラムConnect the Dots 2013が8月5日(月曜日)から8月9日(金曜日)までの5日間の日程で開催されます。ジェイ・シード株式会社が支援しているこのプログラムは、起業やイノベーションに興味があり、世界をもっと面白くしたいという情熱ある学生を求めており、日本の大学生・大学院生であれば誰でも参加できるものです。 参加者の方は、ベンチャー企業が新たなビジネスを創造するために必要なテクニックなど実践的な講義を実際にシリコンバレーで成功している起業家から直接受ける事ができる他、プログラム期間中には今話題の企業を訪問する機会もあります。 ビジネスアイデアをどのように生み出すかという方法論や、実際に開発を行いアイデアを実現するまでの過程、更には新しいビジネスアイデアのテストなど、ビジネスを始めるにあたって必要な知識を学ぶことで、「自身のビジネスの作り方」を身につけることができます。これらはおそらく一般の大学の講義からは学ぶことのできない内容です。 参加するには所定の選考を受ける必要がありますが、選考を通過すれば参加費、宿泊費ともに無料でプログラムに参加することができます。ただし、参加者は自身の食費及び交通費を支払う必要があり、期間中の自己負担額は15,000円程度が想定されます。 Connect the Dotsは大学生・大学院生ならどなたでも参加できます。申し込みは下記から受け付けているので興味のある学生は是非応募してみてはいかがでしょうか。 http://bit.ly/ctd2013 Facebookページはこちら→ https://www.facebook.com/connecttd 下記がAppleの創業者、Steve Jobsの”connect the dots”に関しての引用です。 “You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life,…

シード・アーリースタートアップのためのストック・オプション講座に参加

Skyland Ventures、代表パートナーの木下慶彦さんの「シード・アーリースタートアップのためのストック・オプション講座」に先週参加して来ました。ストックオプション(新株予約権: 株式会社に対して行使することにより、その株式会社の株式の交付を受けることができる権利をいう)の仕組みを理解するに最適な勉強会でした。下記がAZX総合法律事務所、パートナー弁護士の雨宮美季さんが当日使われたスライドです。 上記スライドに記載されてますが、 株式は売却しないとキャッシュは得られないのが原則、ストックオプションは上場しないとほとんどの場合意味がないとのこと。 税制適格など、テクニカルな部分の話も聞けました、レギュレーションが常に変わるので直近1~2年ないでストックオプションを発行した起業家または弁護士さんに確認するのがベスト。 プレゼン後はAZX総合法律事務所、パートナー弁護士の雨宮美季さん、株式会社ミクシィ顧問の小泉文明さん、East Ventures/クロノスファンドの松山太河さんのパネルでは裏話等もでました。 シード・アーリーステージベンチャーのストックオプション発行のタイミングに関して → 会社の業績が上がっているタイミングがベスト、ストックオプションは株主から見ればダイリューションするので売り上げが立っている状態でないと株主も納得しにくい。ベンチャーキャピタルとはいつストックオプションを設計するかについて資金調達時に話しておくのがオススメ。 M&Aの場合、ストックオプションの行方 → 買収したあとに経営陣に残ってほしいと買収側が思えば、新株予約権を買い取りまたは株式交換の事例やストックオプションは買いつつ、会社を継続して一定の業績に伸びた場合インセンティブを提供する事例もある。救済合併の場合は消却のケースが多い。 ベスティングに関して →シリコンバレーの場合、ベスティングが75%まで完了した場合辞めるケースがある。反対に会社のステージが変わり会社の状況に不適切な人材がベスティングが終わるまで居座るケースもある。 その他のメモ: ・会社のステージにより必要な人材が違うのでストックオプション等は慎重に考えるべき ・目論見書を見れば、誰が何株を持っているか把握できるので平等にストックオプションの設計は必要 ・ストックオプション=株主になること(権利行使した際) ・税制適格を受けれない場合、会社や経営者が税金分を負担したり生株を譲渡して税金分のキャッシュまで用意する事例もある ・ストックオプション億万長者を生むには上場時の価格が50億以上でないと持っている比率にもよるが数百万円程だけしか手元に残らない ・税制適格を得られないと 大変勉強になる会でした、今後も木下慶彦さんはベンチャー周りに役立つ情報勉強会を開催予定ですので参加させて頂こうと思います。

Youth Venture Summit主催の「シリコンバレーと台湾の急成長ベンチャートレンド」のイベントレポート

Youth Venture Summit(インキュベイトファンドの木下慶彦さん主催)イベント、に参加してきました。 プレゼンは株式会社ノボットの代表取締役社長、小林 清剛さんのオープニングから始まり、情報収集しているサイトや利用しているツールを公開! テック系のブログまたはニュースサイト 日本語: Startup Dating TechCrunch Japan 英語: Mashable! Techmeme PandoDaily Tech in Asia ベンチャー情報 AngelList CrunchBase Seed Accelerator (DemoDay) チェックしているイベント TechCrunch Disrupt Launch Echelon 利用しているツール Google Reader Google Translate(Google Chrome extension) Eijiro(Google Chrome extension) イベント情報 Mashable!のイベントボード Techmeme 小林 清剛さんは「30分から1時間を毎日投資するだけで、新しいビジネスアイデアにつながるので情報収集は重要」と話した。 続いて、James Hillさん(Guest Writer at TechOrange、GlobalTaipei Curator at StartupDigest、Organizing Team Member at…

シンガポール政府のベンチャー支援とYinglan Tanさん

先日シンガポールでPenn Olson主催のStartup Asia Singaporeにて「sakebii」のピッチをした際、2年前から交流も持たせて頂いているYinglan Tanさんと会ってきました。Yinglanさんとは以前スイスで開催された40th St. Gallen Symposiumでお会いして、Leaders of TomorrowのKnowledge Poolとして参加した同士だ。YinglanさんはシンガポールのNational Research Foundation(NRF) / Prime Minister’s Officeにて働いていて主にベンチャー投資及びベンチャー支援を行っている。 NRFは2006年にS$50億のファンドとしてシンガポールの首相直下の組織でR&Dベンチャーやテクノロジーベンチャーに対して投資している会社だ。上記写真はNRFの敷地内のビル、ベンチャーも入居可能。シンガポールではTechnology Incubation Scheme(TIS)があり、2008年からS$360Mの予算でR&Dやイノベーションを実用化または商品化できるようにNRFがインキュベーターと一緒に共同出資を行うスキームを作った。 *S$はシンガポールドル インキュベーターとの共同出資条件の概要: ・資本比率85%までの投資または最高S$500,000.- ・投資先はシンガポールに本社または支社があるハイテックスタートアップ(CEOはシンガポールに在住) ・インキュベーターが出資する際と同じバリュエーションで転換社債での投資 ・ 創業者の株比率が投資後50%以上を維持する必要がある ・ 投資を受けた法人はバイアウトオプションとして投資時のバリュエーション1.1倍で買い戻し可能 ・3年以内にインキュベーターは株を5%の利息で買い戻す事も可能 *他にも条件はあります *良いテクノロジースタートアップがあれば 日本のインキュベーターと一緒にシンガポールにて共同出資も可能、ご興味がある方はYinglanさんをご紹介しますのでお気軽にご連絡下さい シンガポールでは優秀なベンチャーや起業家を招いて手厚いサポートを行う上記スキームなどを用意している。首相直下の組織で政府としてベンチャーを支援する制度は素晴らしい。 Yinglan Tanさん Head / Projects at National Research Foundation / Prime Minister’s Office A Member of Global Agenda Council on “Fostering Entrepreneurship”…

no image

恵比寿会議ver16.0

恵比寿会議の事務局をされている矢田さんから下記ご案内を頂きました。事前登録が必要なため、下記の対象者で参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 恵比寿会議ver.16.0開催概要 日時:2011年3月9日(水曜日)20:15 ~ 22:45 場所:渋谷~恵比寿 参加費:4500円を予定 恵比寿会議のメンバー: 恵比寿会議メンバーは次のような方々で構成され、新規メンバーは既存メンバーの紹介で参加しています。 ・団塊ジュニア世代前後の方(20代後半〜30代後半ぐらい) ・ベンチャー立ち上げ経験がある方、近々立ち上げ予定の方 ・現在ベンチャー立ち上げて経営陣になられている方 (ITに限らず、様々なインダストリーの集合体であることが特徴!) ・ベンチャー企業を支援、応援する方、人とのネットワーキングで相乗効果を生み出すことに興味のある方 恵比寿会議はメンバーで作り上げていく会です。コンセプトにご賛同いただける方々とともに、パワーアップしてまいります! 恵比寿会議とは… ・恵比寿会議は、「ベンチャー企業がお互いの強みを補完しながら、自己の成長とともに共生していく」ことを目的に組成・開催されております。(まったくの非営利のサークル団体です) ・2010年5月20日開催で15回目を迎え、これまでのご参加メンバーがユニークで480名を超える会となっております

no image

恵比寿会議ver15.0

恵比寿会議の事務局をされている矢田さんから下記ご案内を頂きました。事前登録が必要なため、下記の対象者で参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 恵比寿会議ver.15.0開催概要 日時:2010年5月20日(木曜日)20:15 ~ 22:45 場所:恵比寿 ZESTキャンティーナ3階(東京都渋谷区恵比寿1-22-19) 参加費:5500円(22:15まで飲み放題+フード) 内容: ・みなさま同士の交流会+参加企業プレゼンテーション ・事務局よりご紹介・ご案内 恵比寿会議のメンバー: 恵比寿会議メンバーは次のような方々で構成され、新規メンバーは既存メンバーの紹介で参加しています。 ・団塊ジュニア世代前後の方(20代後半〜30代後半ぐらい) ・ベンチャー立ち上げ経験がある方、近々立ち上げ予定の方 ・現在ベンチャー立ち上げて経営陣になられている方 (ITに限らず、様々なインダストリーの集合体であることが特徴!) ・ベンチャー企業を支援、応援する方、人とのネットワーキングで相乗効果を生み出すことに興味のある方 恵比寿会議はメンバーで作り上げていく会です。コンセプトにご賛同いただける方々とともに、パワーアップしてまいります! 恵比寿会議とは。。。 ・恵比寿会議は、「ベンチャー企業がお互いの強みを補完しながら、自己の成長とともに共生していく」ことを目的に組成・開催されております。(まったくの非営利のサークル団体です) ・2010年1月21日開催で14回目を迎え、これまでのご参加メンバーがユニークで450名を超える会となっております

no image

恵比寿会議ver14.0

恵比寿会議の事務局をされている矢田さんから下記ご案内を頂きました。事前登録が必要なため、下記の対象者で参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 恵比寿会議ver.14.0開催概要 日時:2009年1月21日(木曜日)20:15 ~ 22:45 場所:恵比寿 ZESTキャンティーナ3階(東京都渋谷区恵比寿1-22-19) 参加費:5500円(22:15まで飲み放題+フード) 内容: ・みなさま同士の交流会+参加企業プレゼンテーション ・事務局よりご紹介・ご案内 恵比寿会議のメンバー: 恵比寿会議メンバーは次のような方々で構成され、新規メンバーは既存メンバーの紹介で参加しています。 ・団塊ジュニア世代前後の方(20代後半〜30代後半ぐらい) ・ベンチャー立ち上げ経験がある方、近々立ち上げ予定の方 ・現在ベンチャー立ち上げて経営陣になられている方 (ITに限らず、様々なインダストリーの集合体であることが特徴!) ・ベンチャー企業を支援、応援する方、人とのネットワーキングで相乗効果を生み出すことに興味のある方 恵比寿会議はメンバーで作り上げていく会です。コンセプトにご賛同いただける方々とともに、パワーアップしてまいります! 恵比寿会議とは。。。 ・恵比寿会議は、「ベンチャー企業がお互いの強みを補完しながら、自己の成長とともに共生していく」ことを目的に組成・開催されております。(まったくの非営利のサークル団体です) ・2009年9月10日開催で13回目を迎え、これまでのご参加メンバーがユニークで400名を超える会となっております。 ・2008年末、ついに恵比寿会議オリジナルのSNSが稼動しまじめました。 そのSNSの目的としては、 ・メンバー間のアライアンスや新規事業企画、JV ・非メンバー・メンバーによるアライアンス ・メンバー企業への人材提供 ・・・など を考えております。

no image

恵比寿会議ver13.0

恵比寿会議の事務局をされている矢田さんから下記ご案内を頂きました。事前登録が必要なため、参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 恵比寿会議ver.13.0開催概要 日時:2009年9月10日(木曜日)20:15 ~ 22:45 場所:恵比寿 ZESTキャンティーナ3階(東京都渋谷区恵比寿1-22-19) 参加費:5500円(22:15まで飲み放題+フード) 内容: ・みなさま同士の交流会+参加企業プレゼンテーション ・事務局よりご紹介・ご案内 恵比寿会議のメンバー: 恵比寿会議メンバーは次のような方々で構成され、新規メンバーは既存メンバーの紹介で参加しています。 ・団塊ジュニア世代前後の方(20代後半〜30代後半ぐらい) ・ベンチャー立ち上げ経験がある方、近々立ち上げ予定の方 ・現在ベンチャー立ち上げて経営陣になられている方 (ITに限らず、様々なインダストリーの集合体であることが特徴!) ・ベンチャー企業を支援、応援する方、人とのネットワーキングで相乗効果を生み出すことに興味のある方 恵比寿会議はメンバーで作り上げていく会です。コンセプトにご賛同いただける方々とともに、パワーアップしてまいります! 恵比寿会議とは。。。 ・恵比寿会議は、「ベンチャー企業がお互いの強みを補完しながら、自己の成長とともに共生していく」ことを目的に組成・開催されております。(まったくの非営利のサークル団体です) ・2009年5月14日開催でついに第12回目(ver.12.0)を迎え、これまでのご参加メンバーがユニークで350名を超える会となっております。 ・2008年末、ついに恵比寿会議オリジナルのSNSが稼動しまじめました。 そのSNSの目的としては、 ・メンバー間のアライアンスや新規事業企画、JV ・非メンバー・メンバーによるアライアンス ・メンバー企業への人材提供 ・・・など を考えております。

no image

第23回ベンチャーマッチング交流会

経営者向けベンチャーマッチング交流会の下記ご案内を早川さんから頂きました。今月のイベントテーマは「成功には、理由と法則がある」です。事前登録が必要なため、参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。 ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   *** 日時:2009年7月30日(木曜日)18:30 ~ 21:00 参加費:10,000円(食事・飲み物付) 場所:ユナイテッドラウンジ西麻布(港区西麻布2-24-7 Nishiazabu Show Case2F) 内容:交流会+プレゼン <プレゼンルームA> ・19:30-:20:00 株式会社アイフリーク 取締役 伊藤 幸司 (2社のモバイル上場企業の経営を経験する) ・20:00-20:30 福井克明氏(数々の大型M&A案件などを成功させた剛腕CFO) ・20:30-21:00 池本克之氏(ドクターシーラボ等を上場させた) <プレゼンルームB> ・19:00-:19:30 株式会社企画塾 最高顧問塾長 高橋憲行氏(ヒット商品の仕掛け人) ・19:30-20:00 ディー・ブレイン証券株式会社 代表取締役会長兼社長 出縄 良人氏(グリーンシート市場での圧倒的な主幹事シェアを持つ) ・20:00-20:30 KLab株式会社 代表取締役社長 真田哲弥氏(株式会社サイバードの創業者) ・20:30-21:00 株式会社いかしあい隊 取締役会長 牛久保洋次氏(レンタルレコード、デリバリーピザ1100店舗を展開) ベンチャーマッチング交流会とは。。。 「ビジネスのマッチング」「経営者のストレス解消」をコンセプトにした交流会。ベンチャーの特徴でもあるスピード感を重視した決済権を持つ者同士の出会いの場です。