東京での開催は今年で2回目となるAdvertising Week Asia(アドバタイジングウィーク)にて「グローバル志向とローカライズ」のお題でパネリストとして参加させて頂きました。モデレーターは世界経済フォーラム・グローバルシェイパーズで一緒だった株式会社アール代表取締役社長の川辺洋平さん、パネリストは株式会社Wondershake代表取締役社長の鈴木仁士さんと私でした。事前打ち合わせランチをしたのもあり、マジメに語りましたが終始楽しい雰囲気のパネルディスカッションでした!

パネルの内容としては、グローバル志向及びインアウト事業(日本からインドネシア)を展開しているLocariと私が直近3社(HAILO、HomeAway、Tinder)で携わっているアウトイン事業の比較でした。グローバル志向に関して、鈴木さんと私は帰国子女ですので英語も堪能に話せ、常にグローバルを見てますがタイミングや”きっかけ”により、日本をベースにビジネスを展開してます。お互いの結論としては、日本は良くも悪くも規制(HAILOは国土交通省、HomeAwayは観光庁及び厚生労働省、Tinderは警察庁)、日本人ならでは(人間関係・信頼)及びマーケット(規模・市場)が充実しているので事業がやりやすい・起業家としてリスクを取れば成功確率が高いと結論になりました。

さらに、インアウト及びアウトインに関しては自国で成功したプロダクトをローカライズする際、どこまでカスタマイズするかがキーになります。これはどの会社にも悩ましいポイントですが、マーケティングで使い方認知または地方自治体とのケーススタディを作り政府と協力して事業を展開するのも一つの手段として活用でいると思いました。

色々なイベントで登壇させて頂いてますが、モデレーターの川辺さんの安定感及び鈴木さんの爆弾発言?!(率直の意見)が聞けて多数のイベントで登壇してますが、今までの中で一番楽しかったと思います。笑 是非またこのメンバーでいつかパネルディスカッションがしたいと思います!

最後になりましたが、川辺さん、お誘いありがとうございました!!!

Tags: , , , , , ,

GMIC Tokyo 2015

最近モデレーター依頼が立て続けで入り二つのイベントでモデレーターを務めさせて頂きました。GMIC Tokyo 2015(Global Mobile Interenet Conference)はGWCが主催で、2009年北京から始まり大手IT企業を会員組織化して大きなイベントを開催する会社として中国では大変有名です。世界のモバイルコンテンツ企業同士の架け橋となり、モバイル・エコ・システムを通じて、企業のイノベーションとグローバリゼーションを加速させることを目的として北京を始め、シリコンバレー、ニューヨーク、ジャカルタ、バンガロール、サンパオロ、台北、東京など複数の都市でGMICが開催されております。

モデレートしたセッションは”グローバルモバイルマーケティング戦略及びローカライズの成功要因”、英語と日本語のスピーカーがいたので同時に両方の言語を使う初体験でした。アメリカ、中国、インド及び日本のモバイル市場を比べる大変楽しいパネルでした。昨今モバイル市場がスマートフォンの普及により世界にアプリを簡単に同時配信できるのですが、各マーケットは独自の文化やモバイルの利用方法があるのでローカルマーケットに適応したマーケティングが求めらる、”Think Global Act Local”の重要性を各パネリストが語りました。中でも個人的に一番感心を持てたのが2億人以上モバイルユーザーがいるインド市場。Click to Call(ユーザーが広告をクリックするとフリーダイアルに繋がり広告を聞く)など独特なマーケティングスタイルでのユーザー獲得手法がユニークでした。

SVFT 2015

更にSVFT(Skyland Ventures Fest Tokyo、全て英語で行われグローバルタレントが出会うイベント)で“Korean Startup ecosystem”でのモデレート。事務局の手違いで最初はなぜかスピーカーの一人として韓国のスタートアップ市場に関して聞かれるパネリストとして扱われ冷や汗(韓国は出張ベースで行った事がなく…)をかきました。苦笑 しかし、友人パネリスト+822の創業者、Richard Minのフォローが入り最終的にはセッションのモデレートをさせて頂き盛り上がりました。Pathを買収したKakao TalkやLINEを始め、韓国からグローバル展開している会社が最近増えて来ているので注目するべきマーケットとのこと!さらに、10月にはRichardがファッション、音楽とITを融合した+822イベントを韓国で開催しますのでお見逃しなく!

モデレーターはスピーカーの良さを引き出して上手くまとめる事が求められるので、スピーカーや会社・サービスに関して徹底的に調べて事前準備をし過ぎるぐらいに徹するのが重要です。今まではパネリストやキーノートの登壇がメインでしたが、今後モデレーターを依頼された時の為にスキルを磨いておこうと思います!

Tags: , , , ,

去年11月3日及び4日に北京のOlympic ParkにあるNational Convention Centerで開催されたChina Mobile Developer Conference 2011(CMDC)にてパネリストとして参加させて頂きました。(去年書いてなかったので…)イベントはCSDN(中国のITコミュニティー)及びInnovation Works(モバイルインターネットの分野のインキュベーター)が共同主催。CMDCは中国で年1回開催されるモバイル業界向けの大規模イベントで、去年は通信キャリア、スタートアップ、プラットフォーマー含め4,000人の参加者が集まった。今年は50以上のセッションがありモバイルの市場や今後の動きについてのお話が聞ける。

パネル形式でYoulu社の創業者、Mobile Monday Beijing & Shanghaiの創設者のRichard RobinsonがモデレーターとしてTapjoyのLarry Berkin氏、GeaxGameのFox Jiang氏、EA(エレクトロニック・アーツ)のMike Pagano氏とパネルをご一緒させて頂いた。パネルのテーマは「Enter The Dragon」で中国の会社がどのように海外進出を進めるかだ。

パネルで話された”ゲームをグローバル展開する際、重要な要素”
・ネイティブスピーカーに利用している言葉または用語で変な箇所であったり文化的に侮辱する言葉が入ってないかのチェック
・説明がなくても簡単に利用できるゲーム
・プロモーションや広告出稿の重要さ(海外だと認知がない会社だと難しいので)
・レビューや問い合わせのサポート
・複数のプラットフォームを同時にターゲット

驚いたのはパネル終了後、速攻会場の皆さんが各パネリストに名刺交換の為前に集まりました。15分ぐらいのスパンでなんと30名の方と名刺交換させて頂きまして、スマートフォン及びグローバル進出のテーマでの関心が中国で大変感じられました。中国での講演は初めてだったので大変貴重な経験でした。

Tags: , , , ,