アントレプレナー

シリコンバレーと言えば美味しい食べ物!

IT業界人として見れば、シリコンバレー=Apple、Googleや様々なスタートアップを想像すると思いますが…シリコンバレー(Silicon Valley)出張が決まると一番最初にやることがレストランの予約です。笑 特にアメリカ出張は時差で日中眠くなり厳しいですが、体力勝負なので美味しい物を食べてガッツリ睡眠を摂るのが重要です。仕事で色々な都市を毎年回りますが、一番食べ物でワクワクするのがパロアルト(Palo Alto)のレストラン。次はいつ訪問するか分からないので、メニュー選択も一大事です。笑 中でも一番のお気に入りが… Evvia!姉妹店でサンフランシスコダウンタウンの金融街にEvviaオーナーのお母さんが運営するKokkariもありますが、Evviaは店内の雰囲気からメニュー全てがオススメです。日本ではあまり食べれないギリシャ料理でヨーグルトを使ったりスパイスを使うことにより、素材を活かして大変美味しく食べれます。オープンキッチンでグリルも見れて、食べ物が出てくるまでシェフを見ながら更に楽しめます。 オススメのアピタイザーは左からラムのミートボール(トマトソースにオリーブ添え)、ズッキーニフライ(ヨーグルト添え)、アスパラ炭火焼(チーズ掛け)、タコの炭火焼(レモン掛け)。簡単に見えますが独特な調理法、simple is the bestで他では味わえない素敵な料理がどんどん並びます。 オススメのメインディッシュは左からラムの炭火焼ステーキと白身魚の蒸し・炭火焼。絶妙なスパイス調合で香ばしい匂いを味わいながらレモンを掛けて食べます。サンフランシスコでは運転移動ですので、毎度ワインを飲み過ぎないように我慢するのが大変です。。。 もう一つのオススメがOsteria、1986年から同じオーナー及びスタッフで経営されているイタリアンレストランです。日本では多数のイタリアンレストランがありますが、Osteriaならではの家庭的な料理がカジュアルに食べれます。左からカルパッチョ(玉ねぎ、マヨネーズ、ケッパ、パセリ、レモンを混ぜて食べます)、手打ちトマトソースパスタ。 あと、アメリカと言えば外せないのがIn-N-Out Burger。ガッツリ野菜が入っていますが、一つだけでも大分ヘビーなハンバーガーです。 今回も元株式会社光通信取締役CFO、現M&S Partnersの眞下弘和さんに大分ご馳走になり色々と一緒に回らせて頂きました、いつもありがとうございます! 最後になりましたが、少し仕事の話を…(食べる以外にもちゃんと仕事しました!笑)Y CombinatorのW2015 Demo Dayにも参加して参りました。2日間でおよそ100社のベンチャーが5分ずつ登壇して、会場に集まっている投資家に対してエレベーターピッチ、その後即時投資判断が行われてました。大半がプロダクトのプロトタイプができていて、最初のクライアントが獲得できているので将来の見込みをベースに10億円の時価総額で1~2億を調達募集中と大分強気の会社が多かったです。一部非公開会社もあるのと交渉中の会社もあるので、詳しくは書けないですが今後この中からAppleやGoogleを超える会社が出てくると思うとワクワクして楽しみです。アントレプレナーとして負けずに常に先を見越してグローバルでインパクトを与えるプロジェクトに携わろうと改めて思いました。突き進めるように頑張ります!!!

Yinglan Tanさん主催のウェブセミナー「Chinnovate」で講演しました!

本日Yinglan Tanさんが主催したChinnovate(ChinaビジネスとInnovationのミックスで主にオンライン雑誌を提供しているサイト)のウェブセミナーにパネリストして参加させて頂きました。Chinnovateのウェブセミナーのオーディエンスはアジア圏のCEOなどが参加していて、20人以上いる企業のCEOしか参加できないなどの条件があります。 テーマはInnovations by Young Entrepreneurs in AsiaでスピーカーはSimon Newstead(CEO and Co-Founder of Frenzoo)、 Etienne  Van den Bogaert(Director of SCCP Payment Service Holdings)、Collin Thompson(Co-Founder of Cipher International)及びモデレーターのShiva Venkatraman(Senior Vice President, Strategic Services of Siloon Software)とご一緒させて頂きました。 上記がウェブセミナーの模様。初めて使ったサービスですが、anymeetingsはウェブカメラとパワーポイントなどを同時に見せながらcall in番号があるので、画面をシェアしてパネルが進んでいく。パネリストは皆様々なビジネスをしており、モバイル決済、3Dファッション及びライフスタイル、モバイルのラグジュアリーライフスタイルソーシャルネットワークなどで最近のイノベーションやアジア圏のビジネスチャンスやアントレプレナーシップについてのお話をしました。土曜日の朝からでしたが、オーディエンスも熱心に質問したりとてもインタラクティブなセッションで大変貴重な体験ができた。

no image

TAC シリコンバレー アントレプレナーシップ&イノベーションセミナーに参加

アメリカ大使館の東京アメリカンセンター(TAC)主催、TAC シリコンバレー アントレプレナーシップ&イノベーションセミナーに招待されましてアン・カンバラ氏(東京アメリカンセンター館長)及び嶋谷明江氏(東京アメリカンセンター経済担当企画官)の同行の元、リクルートの佐俣アンリさんと他4名と参加してきました。セミナーは、米国のアントレプレナーや専門家の方々と会い、今後の日本におけるアントレプレナーシップ及びイノベーションの啓発を目的とされてました。 訪問はアメリカのアントレプレナー、ベンチャーキャピタル、ベンチャーインキュベーター等を1週間で回るツアーでして、ハイライトを下記にピックアップしました。 ・Y Combinator アメリカのエンジェル投資家の標準投資額は50,000ドルから500,000ドルだが、Y Combinatorのエンジェル投資は14,000ドルから20,000ドルを提供して6%の株を取得する。(創業者が1人の場合:14,000ドル、2人:17,000ドル、3人:20,000)この投資金額は4ヶ月間の生活費に当てる目的です。4ヶ月以降はビジネスを黒字化を目指すか新たな資金を他社から調達している必要がある。前回の資金調達ラウンドで、825万ドルを調達した。驚きなのが14,000ドルから20,000ドルの投資決断を10分で決めます!決める基準はDetermination(決心)と創業者の人格との事。 Y Combinatorに投資を受けるメリットはお金だけではなく、Y Combinatorのコミュニティに参加する事でもある。コミュニティに参加するとメーリングリストに入れて、メーリングリスト内で情報共有からサポートを受ける事が可能だ。 メーリングリストを活用したケーススタディ: iPhone同士で携帯の番号やメールアドレスを交換できる「Bump iPhoneアプリ」がApple社のテレビCMにて紹介されたあとにサーバーがクラッシュする程の集中的なアクセスがありました。そこでメーリングリストで助けを求めたところ次の日にはCloudkick社(Y Combinatorの投資先)がBump Technologies社のサーバーを確認して復旧させた。 Y Combinatorの施設(上記写真)には投資を受けた会社は1社も席を設けず起業家は皆自社のオフィスを構えている。毎週火曜日の夜にはY Combinatorが主催するイベントがあります。19:00頃に皆さんが集まり夕飯を食べて交流をしながら著名人(過去にはFacebookやTwitterの創業者)が講演して実体験を語ります。終わりの時間が決まっていないので、議論が熱くなった際は夜中まで続く事もあります。火曜日以外ではいつでもY Combinatorのネットワークや投資家に相談をする事も可能。定期的にDemo Dayも開催して投資家を集めている。 この4年間で232社がY combinatorから投資を受けていて、2週間前には36社、1月から3月は27社と10分で投資決断をするので多くの会社が投資を受けている。 ・Stanford University – Technology Ventures Program Dr. Tina Seelig(What I Wish I Knew When I Was 20の著者)との時間は好きなquote「Silicon Valley is a place of scarcity and abundance」から始まりグループワークでした。 グループワークでは2人でペアを組み、新規ビジネスのベストアイデア及びワーストアイデアを7分で考えるお題でした。7分後に紙を提出してDr. Tinaはすぐベストアイデアの紙を破り、10分間以内でワーストアイデアをベストアイデアに変えるエクササイズでした。起業家は「Opportunity ObsessedとKnow How to Make Things…