海外

no image

TAC シリコンバレー アントレプレナーシップ&イノベーションセミナーに参加

アメリカ大使館の東京アメリカンセンター(TAC)主催、TAC シリコンバレー アントレプレナーシップ&イノベーションセミナーに招待されましてアン・カンバラ氏(東京アメリカンセンター館長)及び嶋谷明江氏(東京アメリカンセンター経済担当企画官)の同行の元、リクルートの佐俣アンリさんと他4名と参加してきました。セミナーは、米国のアントレプレナーや専門家の方々と会い、今後の日本におけるアントレプレナーシップ及びイノベーションの啓発を目的とされてました。 訪問はアメリカのアントレプレナー、ベンチャーキャピタル、ベンチャーインキュベーター等を1週間で回るツアーでして、ハイライトを下記にピックアップしました。 ・Y Combinator アメリカのエンジェル投資家の標準投資額は50,000ドルから500,000ドルだが、Y Combinatorのエンジェル投資は14,000ドルから20,000ドルを提供して6%の株を取得する。(創業者が1人の場合:14,000ドル、2人:17,000ドル、3人:20,000)この投資金額は4ヶ月間の生活費に当てる目的です。4ヶ月以降はビジネスを黒字化を目指すか新たな資金を他社から調達している必要がある。前回の資金調達ラウンドで、825万ドルを調達した。驚きなのが14,000ドルから20,000ドルの投資決断を10分で決めます!決める基準はDetermination(決心)と創業者の人格との事。 Y Combinatorに投資を受けるメリットはお金だけではなく、Y Combinatorのコミュニティに参加する事でもある。コミュニティに参加するとメーリングリストに入れて、メーリングリスト内で情報共有からサポートを受ける事が可能だ。 メーリングリストを活用したケーススタディ: iPhone同士で携帯の番号やメールアドレスを交換できる「Bump iPhoneアプリ」がApple社のテレビCMにて紹介されたあとにサーバーがクラッシュする程の集中的なアクセスがありました。そこでメーリングリストで助けを求めたところ次の日にはCloudkick社(Y Combinatorの投資先)がBump Technologies社のサーバーを確認して復旧させた。 Y Combinatorの施設(上記写真)には投資を受けた会社は1社も席を設けず起業家は皆自社のオフィスを構えている。毎週火曜日の夜にはY Combinatorが主催するイベントがあります。19:00頃に皆さんが集まり夕飯を食べて交流をしながら著名人(過去にはFacebookやTwitterの創業者)が講演して実体験を語ります。終わりの時間が決まっていないので、議論が熱くなった際は夜中まで続く事もあります。火曜日以外ではいつでもY Combinatorのネットワークや投資家に相談をする事も可能。定期的にDemo Dayも開催して投資家を集めている。 この4年間で232社がY combinatorから投資を受けていて、2週間前には36社、1月から3月は27社と10分で投資決断をするので多くの会社が投資を受けている。 ・Stanford University – Technology Ventures Program Dr. Tina Seelig(What I Wish I Knew When I Was 20の著者)との時間は好きなquote「Silicon Valley is a place of scarcity and abundance」から始まりグループワークでした。 グループワークでは2人でペアを組み、新規ビジネスのベストアイデア及びワーストアイデアを7分で考えるお題でした。7分後に紙を提出してDr. Tinaはすぐベストアイデアの紙を破り、10分間以内でワーストアイデアをベストアイデアに変えるエクササイズでした。起業家は「Opportunity ObsessedとKnow How to Make Things…

no image

スイスで開催された40th St. Gallen Symposiumに参加してきました!

スイスで開催された40th St. Gallen Symposium(5月3日〜5月7日)にLeaders of TomorrowのKnowledge Poolとして招待されて参加してきました!St. Gallen Symposiumは40周年目の特別イベントで、テーマが「Entrepreneurs – Agents of Change」でした。モバイルやインターネットが普及してグローバル化しているなか、どうやって変化に応じてビジネスをするかLeaders of Today(今日のリーダー)とLeaders of Tomorrow(リーダー候補)によって議論されました。日本からは楽天株式会社の三木谷浩史さんなどがパネリストとして参加。 St. Gallen Symposiumには世界で活躍している企業のCEO(Leaders of Today)や起業家(Leaders of Tomorrow)が参加。Leaders of Tomorrowだけで、49カ国から200名が集まり、Leaders of Tomorrowの中ではアメリカで9歳から起業した方やイギリスで12歳から起業してギネスレコードを持っている人などがおりました。世界の場では役職や名前は通じないので、elevator pitchのように短時間で自己アピールがとても重要でした。 St. Gallen Symposiumは全て学生団体が運営しておりまして、お金は色々な企業からスポンサーを受けてます。このような大規模なおかつ豪華なパネリストが集まる中、ディベートやディスカッションができてとてもエキサイティングでした。特設会場、パネリスト用の高級車の手配、スイス空軍のアクロバット飛行、夕食会を含む全ての行事が用意されてました。 このようなイベントに参加できてとても光栄でして、世界の起業家に会えてとても刺激的な1週間でした! 驚いた事 ・エストニア共和国ではインターネットを使えば10分で起業できる ・インドでは登記するのに4~5ヶ月かかる ・Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学)からは毎年300社が起業されている St. Gallen Symposiumでの使われた刺激的な言葉 ・My son is now an “entrepreneur.” That’s what you’re called when you…

no image

中国出張とOPhone MIRO O1

3月3日(水曜日)から6日(土曜日)の4日間初中国、北京出張へ行ってきましてとても充実した時間でした! 気づいたポイント ・AndroidOSをベースにChina Mobile(チャイナモバイル)が開発したOPhoneを採用した端末がSymbian携帯などと一緒にならんで販売されている ・Wifiスポットがほとんどない ・YouTube、Facebook、Twitter、bit.lyが使えませんでした ・mixi、Yahoo、Google、Linkedin、Wordpress、Skypeが使えました ・ヨーロッパ車が多い OPhone MIRO O1 初のChina Mobile(チャイナモバイル)の TD-SCDMA ネットワーク向け 3G の「OPhone」をいじってきました。Lenovo Mobile Communications Technology Ltd.(レノボ・モバイル)の 3G OPhone 一号機である「MIRO O1(ミロ・オーワン)」の「MIRO」はレノボ・モバイルのモバイルインターネットをターゲットにした新ブランドの名前である。 OPhone とは、Open Handset Allianceの「Android」として知られるオープンソースの OS をベースに、China Mobile によってカスタマイズされたプラットフォーム「OMS(Open Mobile System)」を搭載した端末。 下記からOPhone MIRO O1起動画面からの動画が見れます、China MobileのMM Storeやモンターネットも利用できました。 OPhone MIRO O1動画 OPhone MIRO O1のスペック 通信方式:GSM、TD-SCDMA パネル: 3.5インチ、320×480(HVGA) CPU: 624MHz メモリ:MicroSD 8GB 音声ファイル:mp3、aac、amr、wma 入力方法:手書き、英文、中文…