グルメ

ドミノ・ピザのニーズ調査

炎上マーケティング、エイプリルフール、LINEで注文を完結させたり様々なマーケティングを積極的に展開しているドミノ・ピザ(Domino’s Pizza)ですが、偶然ネット注文をする際にニーズ調査に遭遇しました。新商品が出たのかと思い、サクカクboxを選ぶと通常のフローと同じく商品ページに推移します。 遷移後、通常と同じく詳細とカートに入れるボタンが表示されます。 なんと!カートに入れようとするとニーズ調査協力のお詫びとお礼クーポンが表示。市場調査などサービス立ち上げ前もしくは立ち上げ後の初期フェーズなどでは重要になると思いますが、一定のユーザー数が出た場合、既存ユーザーに聞くのが一番効果的なのは理解してますがこれをキレイに実行しているドミノ・ピザには驚き思わずスクリーンショットを撮ってしまいました!笑 このようなマーケティング思考はとても素敵だと思います。

北京のWestin HotelでShuck Offイベント

北京+上海と福州でオイスターバーを経営しているRudy Guoが先月北京のWestin HotelでShuck Offイベントを開催しておよそ300名程が集まり大盛況。オイスターshucking審査員としてEamon Clark(2回世界チャンピョン、7回カナダチャンピョン)が行い、12個のオイスター(牡蠣)を開けるスピード勝負大会でした。 世界チャンピョンのEamonは1分16秒で18個のオイスターを開けられる超人(以前自分でもオイスター開けをチャレンジしてみたのですが、1分間で3個が限界でした、、、)ですが上記のビデオでは踊ってます。笑 もちろん競技のあとにはオイスターを美味しく頂きました!フランス産オイスターが特に美味しかったです。 もちろん夜は仲良いメンバーで飲み会。笑

上海と言えば美味しいオイスター

北京+上海と福州でオイスターバーを経営しているRudy Guoのお店で美味しいオイスター(牡蠣)を食べる為に上海に行ってきました。笑(半分以上本当です!)中国で牡蠣が美味しいの!?って思うかもしれませんが、絶品です。 お店は細い路地を入ったところで、2日連続で行きましたが少し迷子になりました…中国の場合、VPN経由でもGoogle Mapが上手く機能しないので… ルーフトップスペースでも食べれますが、店内も広く、全てのテーブルにキャンドルがあり雰囲気がとても良いです。北京店のように個室はないですが、ソファ席、カウンター席、奥には会食に使えるスペースもありまして利用シーンに応じて選べます。 オイスターはフランス、南アフリカ、オーストラリア、カナダ産など独自のルートを持っていて、直取引しているのもあり日本だとあまり見かけない種類など多数揃えてます。注文後にオイスターを開いてくれて、お水で洗わずそのまま食べるので海水も味わえます。(洗う要望もだせます) アペタイザーには生ハムとメロン、カプレーゼ。上海に在住韓国人の方が作っているモッザレーラが絶品、なんとも言えない食感と味、イタリアから輸入しているのかなと最初食べた時に思いました。また食べたいです! ロブスター刺身に海老、最高でした! フランスのオイスター!様々な種類を持って来てもらい、食べ比べましたがこちらが一番でした。おそらく二日間で30個以上食べました。。。 トマトとナッツ入りのバジルソース、マッシュルームのクリームソースパスタ 最後にスペイン産のイベリコ豚ステーキ、フランス産の100%フォアグラ焼き!2日行きましたので、他にもラムチョップなど多数美味しく頂きました。カロリーが…笑 お店:The Plump Oyster 住所:3/F, 301, Lane 171, Jianguo Zhong Lu, near Ruijin Lu, Shanghai, China 電話:+86-10-5418 3175 上海に行った際は是非立ち寄ってみて下さい!

Bitcoinで美味しい鉄板焼きを食べました

マネックスグループ株式会社取締役会長兼代表執行役社長、松本大さんが出資をしているOKIDOKI(オキドキ)にて美味しい鉄板焼きを頂きました。以前一度松本さんに連れてって頂いたのを含めると今回が3回目の訪問、Google Mapに住所を入れると違う場所にピンが置かれるので毎度迷子者が発生するリアルな隠れ家。笑 今回は黒毛和牛スタンダードコースを注文。 前々菜:国籍にこだわらず、素材の良さが味わえるアミューズ。この日は鴨でした! ある人の影響で…あまり泡が好きではないのですが、ご飯食べるとき1杯目シャンパンを飲む習慣が続いている… 前菜盛り合わせ:柚子胡椒風味のポテトサラダや、フルーツトマトのカプレーゼなど、和洋取り混ぜて。 和野菜の白だしサラダ:白だしベースのノンオイルドレッシングで仕上げました。 海鮮焼(他も選択可能):ズワイ蟹と焼きトマトジェノベーゼソース(上記写真) もちろん美味しいステーキ!他も選択可能ですが熟成赤身肉ステーキ(黒毛和牛の赤身肉を専用の熟成庫で40日間ドライエイジング)を選定。ソースや大根おろしとも食べれるので、色々な味わい方ができて美味しい!あと、最後にガーリックライス(高温の鉄板で、パラパラ仕上げ)も絶品ですが写真を撮り忘れました…涙 極みだし汁(カツオとアゴでとった上品な出汁)や イタリアで修業した松尾氏が作るオリジナルジェラートも付きます。コストパフォーマンスも良く、美味しいワインが多数ありますのでオススメのお店です! お店情報: OKIDOKI (オキドキ) 03-6272-3775 東京都千代田区麹町4-8-19 キャトル・セゾン麹町1F http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13161272/ さて、本題ですがOKIDOKIでは支払いにBitcoin(ビットコイン)が利用できます。諸事情により、支払いの時に写真撮れなかったので松本さんのfacebookから引用。笑 bitocoinの解説はこちらから→http://jp.techcrunch.com/2015/03/31/bitcoin-essay/ 今回鉄板焼き代金を一部Bitcoinで払わせて頂きましたが簡単でした〜 Bitcoin購入はcoincheck(他にも買えるサイトはあります)を利用しましてfacebook認証で登録でき50,000円以内であれば個人認証せず振り込めばすぐ買えます。購入はスマートフォンでも可能で、上記の通りBitcoinの数を指定して即口座に反映されます。今だと手数料無料期間中! 最後になりましたが、世界経済フォーラムのイベント登壇など様々なお仕事でいつもお世話になっているマネックスグループ株式会社執行役員新事業企画室長、高岡美緒さんのお誕生日お祝い。お祝いが遅くなりましたが…Happy Birthday!

福岡と言えばラーメンタクシー

ロンドン視察でご一緒させて頂いた大稲タクシーさんと最近色々と情報交換をしているなかでラーメンタクシーを紹介されました。10年程前から続く取り組みで、福岡の美味しいラーメンをタクシー(2時間貸切)に乗って2店舗〜4店舗食い倒れツアー。ちょうど顧問先役員のBenが中国から来日したので本日一緒にラーメンタクシーでグルメツアーをしてきました。今日は11:00スタートでホテルのロビーに降りるとラーメンタクシーのハッピを着た大稲タクシーの運行管理をされている次長の南裕一朗さんにいらして頂いておりました!(管理職の方なので今回は特別です) 早速タクシーに向かうとフロントグラスにはラーメンに詳しいドライバーしか持てない証のラーメンタクシーマスコット、どんタク君が置かれてます。なんとなく…見たことのあるようなキャラクター。笑 1軒目は元祖赤のれん節ちゃんラーメン天神本店 独特な柔らかさで美味しい麺がなんとも言えない美味しさ *六本木でも何度も夜中にお世話になっているお店の本店 http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40035496/ 2軒目はラーメン海鳴清川店 魚介豚骨スープなのでさっぱり食べれる一品でした http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40020958/ 3軒目は元気一杯 入り口に看板がなく、スープが命でスープから食べて欲しいこだわりのお店 http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40000488/ タクシーで到着後ドアサービスはもちろん、ドライバーさんがお店へラーメンタクシーで来ている旨をお店の人に伝達してくれるので(上記の写真通り)ハーフサイズオーダーやフルサイズの場合はシェアができるように調整してくれます。 更に今回は特別にラーメンの間を挟んで福岡の市場を案内頂き大稲タクシー会長オススメのギョロッケを食べました。これもまた美味しい! 観光も含めて回れ+ドアツードアで巡れるので大変便利でした。更に、運転手さんとも仲良くなれ福岡の事を色々と知れるので大変有意義な時間を過ごせました。今回は4杯を目指してましたが、3杯でギブアップ…ラーメンタクシーの終盤ではサプライズも含めて、ポータブルプリンターで今日の思い出を写真でもらいました。大稲タクシーさんのおもてなしに驚き! ラーメンタクシーは事前予約が必要ですので、下記からお願い致します、オススメです! https://www.daitotaxi.jp/service/ramen/ ラーメンタクシーで美味しい食べ物を食べ過ぎたので、お茶を飲みに株式会社7sense代表取締役の吉田拓巳さんがプロデュースしているSweet Brooklyn(ニューヨークスタイルカフェ)でゆっくりしました。お腹いっぱいで食べれなく残念でしたがニューヨークで流行しているドーナツをオリジナルアレンジした「パイドーナツ」がオススメとのこと!今度また行って食べます!

レストランで女性を口説くサービス

以前ブログに取り上げたFlypayと類似サービスVelocityがちょうどロンドン出張中に訪問したペルー・日本料理レストランChotto Matteで採用されていたので使ってみました。偶然にもサービス利用初日に遭遇して、まだトライアル中だったのでVelocityの社員とも会話ができました。 Chotto Matteレストランは和とラテンが混ざって独特の味があり、お刺身を独特のスパイスが効いたソースなどでも食べれるので大変ユニークなお店で大変美味しかったです。ロンドンで大人気なので、行く際は事前の予約をオススメします。特に気に入ったのが炭火焼ラムチョップ、レモンを掛けて食べますが独特のスパイスで香ばしく味わえました。 さて、本題のVelocityですが”利用方法”次第で女性を口説くサービスとして利用できます。笑 海外のバーですと、open tab(クレジットカードを預けて、都度払いではなく最後にまとめて支払う)が良く見かけますが…Velocityアプリだとopen tabの会計がスマホ画面で見れて(サービス利用初日だったので、まだ他の人は使っていない模様でした)facebookの実名と写真で確認できるので、近場にいる口説きたい女性の支払いを済ましてアプローチする”ネタ”になるアプリです! もちろん通常利用方法はお店検索、スマートフォン決済、リワードを提供するアプリです。笑 上記の通り、open tabを選んでスマートフォンから支払いできるので会計時にウェイターさんを待たなくても帰れます。便利なのが割り勘機能が付いているのとチップも支払う方が個別に設定可能です。更にアプリを使うと次回利用可能なポイントが貯まります。 更にスマートに帰る際はHailoを利用すると一番です!ロンドンですとHailoアプリを立ち上げて配車をすれば2分ほどでタクシーが迎えに来ますが、上記(空港に行く際は定額制で事前に見積もり金額も表示します)のように予約機能も付いてますので時間しても可能です。 Hailoとは… タクシー配車アプリを提供しているイギリス発のスタートアップで、ロンドンやマドリッドをはじめ世界9都市でビジネスを展開しています。HAILOは2011年11月、イギリスのロンドンで3人のタクシー運転手と3人のネット起業家が手を組み、サービスを開始しました。「タクシー乗務員向け」と「お客様向け」のアプリケーションを提供しており、既に世界中で5万人を超えるタクシー運転手と180万ユーザー登録されています。日本で使っているアプリはそのままロンドンでも利用可能です。自動的に位置情報を検出して、滞在都市を検出します。インターフェースも日本語のままで、何も設定変更せずにタクシーを呼ぶ事が可能な便利アプリです。是非ご活用下さい! スマートフォンアプリ、Android及びiPhoneはHAILOからダウンロードできます。タクシーを呼ぶための操作はiPhoneまたはAndroid端末を2回タップするだけ。現金もしくはスマートフォンでの決済が可能!

シリコンバレーと言えば美味しい食べ物!

IT業界人として見れば、シリコンバレー=Apple、Googleや様々なスタートアップを想像すると思いますが…シリコンバレー(Silicon Valley)出張が決まると一番最初にやることがレストランの予約です。笑 特にアメリカ出張は時差で日中眠くなり厳しいですが、体力勝負なので美味しい物を食べてガッツリ睡眠を摂るのが重要です。仕事で色々な都市を毎年回りますが、一番食べ物でワクワクするのがパロアルト(Palo Alto)のレストラン。次はいつ訪問するか分からないので、メニュー選択も一大事です。笑 中でも一番のお気に入りが… Evvia!姉妹店でサンフランシスコダウンタウンの金融街にEvviaオーナーのお母さんが運営するKokkariもありますが、Evviaは店内の雰囲気からメニュー全てがオススメです。日本ではあまり食べれないギリシャ料理でヨーグルトを使ったりスパイスを使うことにより、素材を活かして大変美味しく食べれます。オープンキッチンでグリルも見れて、食べ物が出てくるまでシェフを見ながら更に楽しめます。 オススメのアピタイザーは左からラムのミートボール(トマトソースにオリーブ添え)、ズッキーニフライ(ヨーグルト添え)、アスパラ炭火焼(チーズ掛け)、タコの炭火焼(レモン掛け)。簡単に見えますが独特な調理法、simple is the bestで他では味わえない素敵な料理がどんどん並びます。 オススメのメインディッシュは左からラムの炭火焼ステーキと白身魚の蒸し・炭火焼。絶妙なスパイス調合で香ばしい匂いを味わいながらレモンを掛けて食べます。サンフランシスコでは運転移動ですので、毎度ワインを飲み過ぎないように我慢するのが大変です。。。 もう一つのオススメがOsteria、1986年から同じオーナー及びスタッフで経営されているイタリアンレストランです。日本では多数のイタリアンレストランがありますが、Osteriaならではの家庭的な料理がカジュアルに食べれます。左からカルパッチョ(玉ねぎ、マヨネーズ、ケッパ、パセリ、レモンを混ぜて食べます)、手打ちトマトソースパスタ。 あと、アメリカと言えば外せないのがIn-N-Out Burger。ガッツリ野菜が入っていますが、一つだけでも大分ヘビーなハンバーガーです。 今回も元株式会社光通信取締役CFO、現M&S Partnersの眞下弘和さんに大分ご馳走になり色々と一緒に回らせて頂きました、いつもありがとうございます! 最後になりましたが、少し仕事の話を…(食べる以外にもちゃんと仕事しました!笑)Y CombinatorのW2015 Demo Dayにも参加して参りました。2日間でおよそ100社のベンチャーが5分ずつ登壇して、会場に集まっている投資家に対してエレベーターピッチ、その後即時投資判断が行われてました。大半がプロダクトのプロトタイプができていて、最初のクライアントが獲得できているので将来の見込みをベースに10億円の時価総額で1~2億を調達募集中と大分強気の会社が多かったです。一部非公開会社もあるのと交渉中の会社もあるので、詳しくは書けないですが今後この中からAppleやGoogleを超える会社が出てくると思うとワクワクして楽しみです。アントレプレナーとして負けずに常に先を見越してグローバルでインパクトを与えるプロジェクトに携わろうと改めて思いました。突き進めるように頑張ります!!!

北京で美味しいオイスター

上海と福州でオイスターバーを経営しているRudy Guoが新たに北京で開き、福州のオープニングパーティーに続きRudyの開店祝いは2回目でした。笑 繁華街で外資系ホテル等が多数並ぶ中心部にある3階建てのお店! 1Fはお茶店のShang Tea(上茶)とコラボして入り口で福州の高いお茶の試食も可能 入り口はオープンキッチンで、様々な料理を調理予定 2Fは螺旋階段で上がり、カウンター越しでオイスター(牡蠣)を選び目の前で開けてくれます 上海店舗の店長Xiaopiがヘルプで北京でオイスターシャッキング フランス産のオイスター、2種類とも大変美味しかったです! お店:CPearl 住所:No. 14 Shun Yuan Li, Xin Yuan Street, Yan Sha Bridge, Chao Yang District, Beijing, China 100027 電話:+86-10-5724-5886、+86-10-5724-5408 email:cpearlbeijing(at)hotmail.com *スパム対策の為に(at)を@に変えて下さい 日本でもレアなフランス産オイスターも食べれて、個室完備、ワインも多数あり、ロブスターなども特別に注文できます。北京に行った際は是非立ち寄ってみて下さい、上記写真の真ん中が経営者のRudyですので、遭遇すればサービスしてくれます!笑

僕はやっぱり日本人、和食最高

昨日から宣伝のようにお店の紹介をしてますが、一切広告費や書いて下さいと頼まれず勝手に書いてます。笑 渋谷にある素敵な和食屋さんの紹介です、2~3年程前から通っていて、先日世界を旅する美食家兼カメラマンと一緒にご飯に行った際の写真を共有頂いたのでちょうど金曜日の夕飯前に共有します。w 始めは日本酒と生牡蠣 珍しい野菜と自家製トマトみそ お刺身盛り合わせ だし巻きたまご 白子のフライ さつま揚げ メインの和牛と鶏肉ステーキ アンコールで鶏肉と卵のスモーク 絞めに海鮮パエリア Tanveer BadalとKelly Phillips Badal夫妻、旦那さんが写真撮り過ぎてちょっと怒り始めそう。。。Tanveeerは世界を旅行して、ネット系の会社をやりながらカメラマンでもあります。写真撮って欲しいまたは彼の活動に興味がある方こちらから→Tanveeer このお店に行くと、日本食があまりにおいしてくて日本人で生まれてきて良かったと思います。和食は語らずにも伝わると思うので説明は短めにしました。さて、これから食幹(東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビルB1F)に行って参ります!笑