ガジェット

New MacBook Air 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5を購入

先日新MacBookやApple Watchと発表されたNew MacBook Airの11 inchが届きました。今回も前回に続きマイナーチェンジであり、スペックの変更は1.4GHzデュアルコア→1.6GHzデュアルコア、Intel HD Graphics 5000→Intel HD Graphics 6000、Thunderbolt→Thunderbolt2、為替の関係上256GBモデル:108,800円→256GBモデル:126,800円でした…前回に続き、RAMは8GBに変更。 コンピューターは車と同様、新しい商品が出ると価値が下がります。毎回新しいモデルが出ると買い換えていますが、大きく値下がりする前にsofmap買い取りを使って古いモデルを売却しています。今回も同じ手続き予定ですが…出張が続くので、いつ売却できるか… データの移行は完全にクラウド化(データ、メール等)しているので、2時間ぐらいで新しいコンピューターを使ってました。まだ初日ですが、バッテリーの持ちが感覚的に良くなった気がします。やはり新しいコンピューターは良いですねw 上手く活用して頑張って稼ぎます! Mac Book Air 11inch 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5モデル ・1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、3MB共有L3キャッシュ ・8GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ ・256GB PCIeフラッシュストレージ ・Intel HD Graphics 6000 ・11.6インチ(対角)LEDバックライトクリアワイドスクリーンディスプレイ、数百万色以上対応 ・720p FaceTime HDカメラ ・802.11ac Wi-Fiネットワーク接続、IEEE 802.11a/b/g/nに対応 ・Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー ・45W MagSafe 2

オランダ製カードプロテクターウォレットのsecrid

Spotify日本代表のHannes Grahとランチを食べている際にオランダ製カードプロテクターウォレットsecrid(セクリッド )を愛用しているのを見て、ガジェットが大好きなので速攻真似して買いました。w とにかく小さいのに機能的なお財布で欠かせないアイテムになりました。 特徴としては内部のアルミニウムカードホルダーがスキミングを防いでくれます。外部からの電波を遮断し、収納されたカードの情報が読み取られないように作られてます。二つ折りで胸ポケットに入れてもかさばらない仕様。カードはアルミニウムホルダーにお財布の側面から差して入れて、厚さにもよりますが5~6枚入ります。カードを出すには底のタブを引っ張るとマジックのように綺麗に取り出しやすいように並んでカードが出てきます。カードを収納する際にはカードを押すだけで戻ります。 他に紙幣やカード2枚を収納スペースがあります。いつも使うSUICAや家のICカードは革ポケットに入れる事により、そのままタッチして利用できます。折ると手のひらに収まるサイズで、値段がなんと8,500円+税でお買い得です。このお財布に切り替えてからほとんど現金を持ち歩かなくなり、カードが使えないお店では多少苦労しますが海外出張の際はどこでもカードが使えるので大変便利です。 何種類かありますが、買ったのは下記です。革にワックスを染み込ませたvintageシリーズは、使い込むほどに色合いの変化を楽しめます。 商品名:Secrid Slim Wallet Vintage 商品番号:SE-003VBK 値段:8,500円+税 色:Black サイズ:W68 × D102 × H16mm 素材:アルミニウム、牛革 製造:オランダ URL:http://www.marcs.co.jp/items/secrid-slim-wallet-vintage/

iPhone 6を購入

出遅れましたが、本日iPhone 6が届き早速利用してます。iPhone 3から買い続けているので、今回でiPhone 7台目になりました。iPhone 5Sに比べると、画面がとにかく大きい、使っていると慣れるとは思いますがまだ違和感を感じます。乗り遅れた感満載ですが、IT業界で働いている限り、すぐ新しい商品を試すのは重要だと改めて感じました。 今回は店頭ではなく、初めてドコモOnline Shopで予約したのですが、入荷済みの連絡がメールで来なくて発売日の翌日、20日にログインして気づきました。。。ネットから機種変更で申し込み、端末が自宅にゆうパックで届いてiPhone 5S SIMを差し替えて、iPhoneをアクティベーションしたら利用可能でした。 アプリに関してはiCloudにバックアップしているので、wifi環境にいれば自動的に復元インストールされました。唯一事前に作業が必要だったのはメッセンジャーアプリやGoogle Authenticator。 WeChat: facebookと連携して、メールアドレスとパスワードをメモしておく LINE: http://official-blog.line.me/ja/archives/17894627.html Kakao: http://blog.kakao.co.jp/information-talk/6915 Google Authenticator googleアカウントにログインして下記ステップを踏む。 アカウント→セキュリティ→2 段階認証プロセス→設定→別の携帯端末に移動→別の携帯端末に移動 新しい端末でQRコードを読み込めば完了、HailoとJ-SeedがGoogle Appsを採用していて、Google Authenticator経由で会社メールのログイン認証を行っているので古い端末のコンテンツを削除する前にやる事が重要! あとは今まで使っていたiPhone 5Sを知り合いが運営しているサービス、スマホ買取ネットで買い取ってもらい移行完了です! およそ1時間弱で全て使えるようになりました。今日は休日なので、これから使い倒します。笑 Apple「iPhone 6」スペック ディスプレイ:IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ、Retina HDディスプレイ、LEDバックライトワイドスクリーンマル、チタッチディスプレイ サイズ:138.1 mm x 67.0 mm x 6.9 mm 重量:129 g 容量:16GB チップ:64ビットアーキテクチャ搭載A8チップ、M8モーションコプロセッサM8モーションコプロセッサ カメラ:新しい8メガピクセルiSightカメラ(1.5ミクロンのピクセルを使用) センサー:Touch ID、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

New MacBook Air 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5を購入

先日購入したNew MacBook Airの11 inchが届きました。今回も前回に続きマイナーチェンジであり、スペックの変更は唯一使われているチップが0.1GHz早くなっただけでした…あまりにも違いがなく、次のMacBook Airが出るのを待ってたのですが、Hard Diskの容量が足りなく結局新モデルを購入してしまいました。 MacBook Airの購入はこれで7台目、いつもは一番安いモデルにカスタマイズせず購入してましたが、今回はHard Diskの容量が256GBでRAMもアップグレードしました。今まで使ってたMacBook Airだと、上記のようにHard Diskの容量ギリギリ使ってたので、何度もHard Diskがいっぱいですと警告がでてました。キャッシュを消したり、ファイルを整理したり色々なアプリを使って整理したのですが、限界でした。RAMを追加したので色々なアプリを同時に開いても以前あったモサモサ感が解消しました。古いマシンからのデータ移行はThunderboltで今回は手動でコピーしたので、キャッシュとかも全てリセットできたのでコンピューターが快適です。 コンピューターは車と同様、新しい商品が出ると価値が下がります。僕は毎回新しいモデルが出ると買い換えていますが、大きく値下がりする前にsofmap買い取りを使って古いモデルを売却しています。今回も旧モデルをsofmapで買い取り査定をしてもらったところ約40,000円の評価額でしたので、売却すれば今回の購入額との差額が8万円程と手軽に新しいモデルを購入することができます。古いモデルは1年程使用したのにも関わらず、値下がりは6万円程だったので、アップルの市場価値の高さを感じます。 とにかくHard Diskの容量を増やしたので、当分いっぱいになる事を気にせず作業ができます。 今回購入したMac Book Air 11inch 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5モデルのスペックは以下 ・1.4GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、3MB共有L3キャッシュ ・8GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ ・256GB PCIeフラッシュストレージ ・Intel HD Graphics 5000 ・11.6インチ(対角)LEDバックライトクリアワイドスクリーンディスプレイ、数百万色以上対応 ・720p FaceTime HDカメラ ・802.11ac Wi-Fiネットワーク接続、IEEE 802.11a/b/g/nに対応 ・Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー ・45W MagSafe 2

出張時大活躍する機内持込み適応サイズ容量最大級のスーツケース

出張時に活躍するアイテムとして以前「海外出張時の必需品と利用しているサービス!」とBose QuietComfort 20i(ボーズ クワイアットコンフォート 20i)に関してのブログを以前書きましたが、追加でエース株式会社(ACE)のMAXPASS H(マックスパス エイチ)02311スーツケースが必需品になりました。 海外出張時は色々な事を想定する必要があり(例:スーツケースが届かない…特にトランジットの短い場合)、最近ではチェックインの荷物を持たずに長期海外出張もこなしてます。(マネックスグループ株式会社、取締役会長の松本大さんの真似。笑)100ml以上の”お酒”や香水などが持ち込めなくなりますが、荷物が出てくる時間を待ったり紛失した時の対応に時間が割かれないので時間の有効活用ができます。最近月1回は海外に出ているので、待ち時間を足すと相当な時間の短縮になります。 本題の機内持込み適応サイズ容量最大級のACEのMAXPASS H 02311スーツケースですが、Geometric Body Designでフロントポケット付きのハード型スーツケーツとしてはレア商品です。ポケットにはパスポートやラップトップなど入れられるので移動中の荷物の出し入れが簡単です。ハンドルも4段階で調整できて、車輪も4つあり、機能満載な日本製スーツケースです。今週はロンドン出張の長旅(5泊6日)になりますが、このスーツケースで行ってきます! 詳細はこちらから→http://www.proteca.jp/series/maxpass_h.php

Bose QuietComfort 20iが出張時大活躍

以前「海外出張時の必需品と利用しているサービス!」に関してブログを書きましたが、追加でBose QuietComfort 20i(ボーズ クワイアットコンフォート 20i)が最近の必需品になりました。前からノイズキャンセリング・ヘッドホンは気になってましたが、大きいヘッドホンについているのが主流でインイヤータイプだとあまり効果がないと勝手に思い込んでました。。。しかし、先日マネックスグループ株式会社、取締役会長の松本大さん出張時のコツを聞いたところ、勧められ速攻購入しました。 先日の13時間滞在バリ島フライトで試しましたが、コンパクトな外観からは想像がつかない圧倒的な消音性能です。iPhoneで音楽を聞かないで、ヘッドホンの電源を入れているだけでもノイズキャンセリングができるので、寝る時は音楽を再生せずイヤホンを付けたままでした。ボーズ独自のStayHear+(ステイヒア・プラス)チップ搭載で長時間装着しても気にならないです。フライト前のラウンジでのアナウンスメントを聞き逃さない為には「Awareモード」を利用して、周囲の音が聞き取りやすい機能も搭載してます。長時間フライトでも、これだけ静かであれば移動疲れも軽減されましたので、旅行や出張が多い人には買う事をオススメします。価格はお店にもよりますが、およそ30,000円です。Boseのオフィシャルホームページから詳細はご確認下さい。→ BOSE ご参考までにですが、オススメされた松本さんは日経ビジネス「社長の鞄の中身」も取り上げられています。

3Dプリンターがすごい

先日同志社大学で起業に関して講演した際に、お誘い頂いた同志社大学院ビジネス研究科の須貝フィリップ教授の部屋に3DプリンターのMakerBot Replicator 2がありデモしてもらいました。 ネット上にアップされているデザインまたは自信で書き出したデザインをSDカードに保存して、機械で操作すれば即印刷可能です。MakerBot Replicator 2ですと出力層の厚さ僅か0.10mm、410立方インチの印刷可能領域に加え、頑丈な鋼製のフレームを備えています。 印刷開始すると230度までヒーティングして、機械が全自動でデータをベースにプロダクトを1レイヤーづつ作り上げます。今回はサメを作ってもらいましたが、10分程で完成しました。 様々な形、伸ばせるブレスレットなど丈夫なプロダクトが色々と作れます。デザインの試作品や日用品など、すぐ印刷できるので優れてます。仮に何かのパーツが壊れても、お店に買いにいかずに印刷する文化が普及したらすごいですね。利用方法に応じて可能性は無限大に感じました。ニュースで最近話題になってますが、実物が動いているのを見た際はワクワクでした。笑

iPhone 5Sをゲット!

今月台湾に出張した際、ドコモのSony Xperia SX SO-05Dを盗まれたため、iPhone 5Sシルバーをゲットしました。ラッキーな事に、ドコモショップに行ったら在庫もあり、機種変更で即購入できました。iPhone 3から買い続けているので、今回でiPhone 6台目になりました。iPhone 5に比べると、多少ですが電池の持ち、カメラの画質が良くなり、また、やはり一番のポイントである指紋認証機能が便利です。 長い間、AndroidとiOSの2台持ちをしてましたが、固定費を下げる為にソフトバンクの回線を解約してドコモ回線でiPhone 5Sの1台持ちにしました。ドコモ同士であればiPhone Xi カケ・ホーダイのお陰で無料、ドコモ以外のキャリアに発信する場合は楽天電話を利用しこれからは従来の通話料の半額に抑えられるのではと思います。 あと、驚いたのがドコモメールのspモードのプロファイル設定をしたところ、上記の写真のようにドコモサービスのbookmarkが自動でdockに追加されました。。。Appleに関してはAndroidのように独自マーケットを持てないので、dマーケットが今後どのように機能するのか見ていきたいです。 Apple「iPhone 5S」スペック ディスプレイ:4インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ、Retinaディスプレイ サイズ:123.8 mm x 58.6 mm x 7.6 mm 重量:112 g 容量:16GB カメラ:8メガピクセル(1.5ミクロンのピクセル)、サファイアクリスタル製レンズカバー、True Toneフラッシュ、裏面照射型センサー、5枚構成のレンズ、ハイブリッド赤外線フィルタ、パノラマ、HD(1,080p)ビデオ撮影 センサー:3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、指紋認証センサー

New MacBook Air Haswell 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5を購入

先日購入したNew MacBook Airの11 inchが届きました。今回も前回に続きマイナーチェンジであり、スペックの変更は使われているチップ、グラフィックカードとバッテリー持続時間くらいだったので、発表当日は買わず我慢をしていましたが…結局購入してしまいました。 今回でMacBook Airは6代目ですが、いつものようにキーボードはUSキーボードにカスタマイズしています。これまでに購入してきたのは、初期MacBook Air、MacBook Air 1.86Ghz、MacBook Air 1.86Ghz(フラッシュメモリー)、+MacBook Air 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5、MacBook Air 1.7GHzデュアルコアIntel Core i5です。 コンピューターは車と同様、新しい商品が出ると価値が下がります。僕は毎回新しいモデルが出ると買い換えていますが、大きく値下がりする前にsofmap買い取りを使って古いモデルを売却しています。今回も旧モデルをsofmapで買い取り査定をしてもらったところ約53,000円の評価額でしたので、売却すれば今回の購入額との差額が4万円程と手軽に新しいモデルを購入することができます。古いモデルは1年程使用したのにも関わらず、値下がりは4万円程だったので、アップルの市場価値の高さを感じます。 今回のモデルを旧モデルと比較して一番良かったのが、バッテリーの持続時間です。何日か使ってみましたが、平均で7時間程持続しました。Intelの新しいチップ、Haswellの採用によるところだと思います。古いマシンからのデータ移行はThunderboltでMigration Assistantを利用し、15分弱で100GB程の移行作業が完了しました。 とにかくバッテリーが長持ちするし、RAMのサイズは以前利用していたモデルと変わらないものの、動作がサクサクで快適です。 今回購入したMac Book Air 11inch 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5モデルのスペックは以下 ・Haswell 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.6GHz)、3MB共有L3キャッシュ ・4GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ ・128GBフラッシュストレージ ・Intel HD Graphics 5000 ・11.6インチ(対角)LEDバックライトクリアワイドスクリーンディスプレイ、数百万色以上対応 ・720p FaceTime HDカメラ ・802.11ac Wi-Fiネットワーク接続、IEEE 802.11a/b/g/nに対応 ・Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー ・45W MagSafe 2

新AirMac Expressをゲットして、旧AirMac Expressとブリッジ環境構築!

先日ヨドバシカメラでふらふらしてところ、遅れながらも新AirMac Expressが発売されているのに気づき購入しました。ネットを見たところ去年のWWDC2012で発表されてましたが、全然知りませんでした。。。 Apple Storeのオンラインショップで注文して届いたので早速設置!5GHzと2.4GHzのデュアルバンドの802.11n Wi-Fiに対応していて、複数のチャンネルを使って高速な通信を行う場合にでも電波干渉の発生しにくい5GHz帯が利用可能です。iPhoneや古いデバイスは2.4Ghzを利用して、できるだけスピードが速くなるように、利用できる一番速い帯域に自動的に接続する優れもの。 以前使っていた旧AirMac Expressは新AirMac Expressとブリッジ設定を行いWifiの利用可能範囲を広げました。これもAppleならではの自動的に検出して接続するか聞かれるだ簡単でした。 更に!愛用しているBowers & Wilkins CM7をAirMac ExpressのAirPlayで接続して、iMacやiPhoneからiTunes経由で音楽をWifiで飛ばして聞く事ができるようになりました。あと、ブログを書いてて気づきましたが日本ではAirMac Expressと呼ばれているところ、アメリカではAirPort Expressと呼ばれているようです。 とにかく快適なネット及び音楽環境ができました。