イベント

TEDxHanedaに参加

先日開催されたTEDxHanedaに参加してきました。TEDxTokyoとは少し雰囲気が違いましたが、毎度のように視野が広がるイベントでした。更に、今回は三菱商事株式会社や日本航空株式会社(JAL)がスポンサーについてたのもあり、羽田空港国際線旅客ターミナルにあるTIAT Sky Hallで開催され200人が集まりました。 いつも飛行機に乗る時に行く羽田空港ですが、乗らないのに行くのは変わった気分でした。笑 受付には制服姿の現役キャビンアテンダンがいて、入場チケットは搭乗券。第1回目となるTEDxHanedaのテーマは「Borderless」、まさに国境を越えて異業種+肩書きが関係なく交流して「広める価値のあるアイデア」を共有するに最適なイベントでした。 諸事情により、お昼からの参加でしたが最も印象に残ったスピーカーが日本を代表する世界最速の女性レーシングドライバー、井原慶子さん。レースクイーンからドライバーへ転身し、25歳のレースデビュー以来、世界中のいくつもの道を走ってきて、世界で初めて女性としてル・マンシリーズ(耐久レース)で総合優勝。 運転免許さえ持っていなかった井原さんが頭と身体の能力をどのように最大限発揮するか?感情や神経を 論理的かつ科学的にコントロールし、ZONEという人間としての能力を最大限発揮できる緊張帯を使って時速330kmで走るドライバーになりました。感情を原動力にチームワークを育むヒントや、技術、枠組み、先入観­など数々の壁をBreakthroughするアイディアに 聴衆が湧いたストーリー。病気や色々なハプニングを乗り越えて、諦めずにチャレンジし続けて男性でも体力的に大変なスポーツに調整して快挙を果たした。 夢を叶えるのは簡単ではないですが、諦めずとにかくチャレンジ続ける!初心を大事にしていきたいと思いました。オススメですので、是非動画を見て下さい!   更にアフターパーティーでは空港整備場(ハンガー)で開催され、飛行機を目の前にしながらライブ音楽や機内食が食べれて大変ユニークな体験ができました。 TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxHaneda公式サイトから引用

GSC Tokyo主催「はたらく女性のためのフォーラム2015」参加者募集

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)のはたらく女性を支援する活動の一環ではたらくママのための育児タクシープロジェクトに続き「はたらく女性のためのフォーラム2015」を主催します! 背景としては日本には女性の就業者数は2,701万人おり、過去18年間で約85万人増加しております。一方男性の就業者数は3,610万人おり、過去18年間で約230万人減少しております。* 日本の男女格差は、OECD加盟国中最下位レベルで推移しており、世界経済フォーラム・ジェンダーギャップレポートによると2013年は105/136位、2014年は104/142位と先進国として極めて低いです。働いている女性は増えている一方、男女格差は是正の兆しを見せない状況です。 女性にとって働きやすいよう、社会環境が変化・適応することが必要であると考えます。 *平成7年〜平成25年、厚生労働省・「働く女性の実情」平成25年度版 世界経済フォーラムのイニシアティブである「グローバルシェイパーズ」では、地域情勢の改善のため具体的なアクションプランを実行する為にもはたらく女性が働きやすい社会環境づくりに向けた提言をつくるためのフォーラムを開催します。日本のはたらく女性を取り巻く環境について、様々なステークホルダーを交えて議論して、課題解決のための実践的なアクションプランを盛り込み提言としてまとめ首相夫人の安倍昭恵様に渡してフォーラム参加者の決意表明を目的にします。 【はたらく女性のためのフォーラム2015開催要項】 日時:2015年9月17日(木曜日)19:30〜21:30 場所:株式会社セプテーニ・ホールディングス カンファレンスルーム(住友不動産新宿グランドタワー27F) 参加人数:先着150名 参加費用: 無料 応募資格:就労や性別、年齢を問いません。本フォーラムにご関心をお持ちの方は、ぜひご参加下さい。 主催:世界経済フォーラム グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブ 後援:内閣府男女共同参画局 後援申請中 19:00 開場 19:30 – 19:35 オープニングセッション 19:35 – 19:45 スポンサーセッション 「コカ・コーラと女性支援」 後藤由美氏(日本コカ・コーラ株式会社 副社長 広報・パブリックアフェアーズ) 19:45 – 20:35 パネルディスカッション1 「日本の女性エンパワメントのために求められること」 安倍昭恵氏(首相夫人) 高橋ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役) 梅澤亮(モデレーター、ヘイロー株式会社 代表取締役社長) 20:40 – 21:20  パネルディスカッション2 「はたらく女性が応援される社会への提言」 高岡美緒氏(マネックスグループ株式会社 執行役員 新事業企画室長) 田中敬子氏(すばる交通株式会社 取締役副社長) 森本千賀子氏(株式会社リクルートエグゼクティブエージェント、エグゼクティブコンサルタント) 中野円佳氏(モデレーター、女性活用ジャーナリスト/研究者ChangeWAVE) 21:25 – 21:30 クロージングセッション *世界経済フォーラム(ダボス会議)とは……

新たな形のTEDxTokyo 2015に参加

先日開催されたTEDxTokyo 2015に主催者のTodd Porter(TEDx Ambassador兼TEDxTokyo Co-founder)に招待いただき3年連続で参加してきました。いつもネット業界の話やトレンドを追ってますが、前回に続き違う業界や新しい視野を持てて大変学びが多いイベントでした。更に、今回は第7回目を迎えたカンフェレンスで毎年のように大きな会場ではなく、恵比寿にあるAct*Square(エンターテインメントレストラン)で夕方から開催され今までの会にはないこぢんまりとしながら交流の時間やディナータイムが用意されてました。 今年のテーマは「Igniting Curiosity」、まさに新しい事に興味が持てました。笑 印象的なスピーカーが下記3名です。 本家のTEDでもお話をされた多方面での才能の持ち主、TEDxTokyo 2015はトークのあとにギターをユニークな弾き方で披露! ウスマン・リアス氏(Usman Riaz):パキスタン生まれのウスマン氏は、アーティストであり、演奏家であり、作曲家であり、映画製作者です。6歳でピアノを弾き始め、その後はインターネットをツールに数多くの楽器を独学で習得しました。 並外れた映画的世界を体現し続ける彼は、現代のストーリーテラー呼ぶにふさわしいでしょう。 科学とアートを融合してデザイン等に活用、日常では経験できない光景を実演! 清水陽子氏:幼少時代をNYで過ごし、アートに感銘を受けたこと、大学で生物化学を学んだこと。この2つが、彼女の理系・現代芸術家としての活動の原点。 その独特な視点から繰り出される作品の数々は、国内外問わず数々の賞を受賞。世界各国で展覧会が開かれています。 DJや同時通訳としても活躍しながら、様々なメディアを通じてアートを身近に感じてもらう活動も行っている彼女が感じている、 科学とアートの融合における可能性とは、一体どのようなものなのでしょうか。 広告代理店やNPOを得て政治の世界に入り現東京都渋谷区長、多様性ある渋谷を作り、東京を変えて日本を変えていくをモットーに”パートナーシップ証明書”を年内に発行を目指している。 長谷部健氏:常に新しい文化を創造し、そのカルチャーを世界中に発信してきた街、渋谷。 渋谷区議会議員だった長谷部さんは、全国初の「同性パートナーシップ条例」を発案し、東京都渋谷区の新しい区長に当選。今、世界中でも議論の真っ只中にある性的マイノリティ(LGBT)への理解を深めようとする動きを、日本にもたらしました。 長谷部さんが思い描く、多様性に重きを置いた街の未来は、一体どのようなものなのでしょうか。 TED(テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています TEDx(テデックス)は、TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。 ※TEDxTokyo公式サイトから引用

GMIC Tokyo 2015とSVFTでのモデレーター

最近モデレーター依頼が立て続けで入り二つのイベントでモデレーターを務めさせて頂きました。GMIC Tokyo 2015(Global Mobile Interenet Conference)はGWCが主催で、2009年北京から始まり大手IT企業を会員組織化して大きなイベントを開催する会社として中国では大変有名です。世界のモバイルコンテンツ企業同士の架け橋となり、モバイル・エコ・システムを通じて、企業のイノベーションとグローバリゼーションを加速させることを目的として北京を始め、シリコンバレー、ニューヨーク、ジャカルタ、バンガロール、サンパオロ、台北、東京など複数の都市でGMICが開催されております。 モデレートしたセッションは”グローバルモバイルマーケティング戦略及びローカライズの成功要因”、英語と日本語のスピーカーがいたので同時に両方の言語を使う初体験でした。アメリカ、中国、インド及び日本のモバイル市場を比べる大変楽しいパネルでした。昨今モバイル市場がスマートフォンの普及により世界にアプリを簡単に同時配信できるのですが、各マーケットは独自の文化やモバイルの利用方法があるのでローカルマーケットに適応したマーケティングが求めらる、”Think Global Act Local”の重要性を各パネリストが語りました。中でも個人的に一番感心を持てたのが2億人以上モバイルユーザーがいるインド市場。Click to Call(ユーザーが広告をクリックするとフリーダイアルに繋がり広告を聞く)など独特なマーケティングスタイルでのユーザー獲得手法がユニークでした。 更にSVFT(Skyland Ventures Fest Tokyo、全て英語で行われグローバルタレントが出会うイベント)で“Korean Startup ecosystem”でのモデレート。事務局の手違いで最初はなぜかスピーカーの一人として韓国のスタートアップ市場に関して聞かれるパネリストとして扱われ冷や汗(韓国は出張ベースで行った事がなく…)をかきました。苦笑 しかし、友人パネリスト+822の創業者、Richard Minのフォローが入り最終的にはセッションのモデレートをさせて頂き盛り上がりました。Pathを買収したKakao TalkやLINEを始め、韓国からグローバル展開している会社が最近増えて来ているので注目するべきマーケットとのこと!さらに、10月にはRichardがファッション、音楽とITを融合した+822イベントを韓国で開催しますのでお見逃しなく! モデレーターはスピーカーの良さを引き出して上手くまとめる事が求められるので、スピーカーや会社・サービスに関して徹底的に調べて事前準備をし過ぎるぐらいに徹するのが重要です。今まではパネリストやキーノートの登壇がメインでしたが、今後モデレーターを依頼された時の為にスキルを磨いておこうと思います!

オンライン旅行業界の国際会議WIT Japan 2015でのパネル

今年で4回目を迎えるオンライン旅行業界の国際会議WIT JAPAN(Web In Travel Japan)が6月4日と5日の2日間にわたって開催されました。テーマは”A New Dawn Rises”で世界中のオンライン旅行業、エアライン業、ホテル・旅館業における トップリーダー達をスピーカーが一同に集まり、熱い議論や将来に関して議論されました。ユーザーはモバイルに移行、ソーシャル、シェアリングエコノミーなどビッグテーマが議論されました。中でもホテルに対して、Airbnbをどのように思うかなど面白い質問も飛び交いました。更に、LCCは航空業界の中での10%のシェアを占めるようになりシェアリングエコノミーにより旅行が今後益々安値で簡単にできると思います。その中でも”エクスペリエンス”が重視される。 今回は株式会社ベンチャーリパブリック代表取締役社長の柴田啓さんの推薦によりパネリストとして参加させて頂きました。2日目最後のパネルで”新しい夜明けのアイデア”をテーマに下記メンバーとの議論でした。モバイルからの利用が増えたことにより、ユーザー動向の変化やサービスの使い方が各社変わりつつあります。ワークショップ開催場所や旅行ガイド、民家宿泊など、様々なサービスが出てきたことにより旅行が多様化しています。今回のパネルではHailoのみがリアルタイム(予約機能はありますが…)の乗車サービスでしたが、様々なサービスと移動が連動して旅行が成り立つように今後もサービス展開していければと思いました。 更にAirbnbとTravelmob、競合同士がパネルに並んだのも面白く、お互い気を使いながら話されてました。笑 最後には各自アイデアを一つだすトピックでは、バーチャル旅行の話などありましたが、私はドラえもんの”どこでもドア”を提案させて頂きました。移動時間が短縮することにより、宿の使い方や観光の使い方が変わって新たなビジネスモデルやチャンスができると思ってます。 Alan Chang, Managing Director, Northeast Asia, Airbnb Ryo Umezawa, President & CEO, Hailo Stephan Ekbergh, CEO, Spacebase Tao Tao, COO & Co-founder, GetYourGuide Turochas Fuad, CEO & Co-founder, Travelmob 記事はこちらから→http://www.travelvoice.jp/?s=WIT+Japan+2015&検索=検索する シェアリングエコノミーなどの加速により、業界が更に活発すると思いますが、世界的にもインバウンド・アウトバウンドは中国に今後影響されていくと思いますので市場動向が楽しみです!

世界経済フォーラム”East Asia 2015”参加レポート

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)として、World Economic Forum on East Asia 2015に参加させて頂きました。世界のグローバルシェイパーズコミュニティのネットワークは約500ハブ、5,000名までに拡大しており、そのうちグローバルシェイパーズ参加選出枠は30名(グローバルシェイパーズはスポンサーの尽力により旅費を含む参加費は無料で参加可能)の中に選ばれました。気付けば、Summer Davos 2012 + 2013、Japan Meeting 2012 + 2013 + 2014と今回が6回目の世界経済フォーラムイベントで貴重な機会を頂き大変光栄です。 世界経済フォーラムは年に2回開催されている通称ダボス会議と呼ばれるイベントがメインですが、定期的に今回のような地域版も開催されてます。テーマは「East Asia in the New Global Context」、50カ国から約700名(世界中の政治、経済、学術等の分野で活躍する著名人や起業家)が一同に集まり、各分野の革新的な取り組みや商品、今後のInnovationのあるべき姿、また起業家の発掘やその支援方法等についてセッションや議論が繰り広げられました。主催国のインドネシア大統領も登壇され、東南アジアの発展に関して熱く語られました。 グローバルシェイパーズ専用セッションでは、30名(27ハブ、12カ国)がハブのプロジェクトや進めているグローバルイニシアチブの議論、情報交換も行われました。更に、スポンサーのコカ・コーラ社やAbraaj Groupなどの特別セッションもあり、大変充実してました。オフレコのセッションなども多数ありましたので、詳細レポートはWorld Economic Forum on East Asia 2015からアクセス頂ければと思います。 イベントの一番のハイライトはAir Asia CEO、Tony Fernandesさんのセッションでした。経営破綻状態のAir Asiaを30円(1リンギット)で2001年に買収、格安航空会社(LCC)としてマレーシア国内や海外のフライトのシェアを伸ばし2003年には黒字化。貯金2,000万円で事業を成功に導いた彼だからこそ言える、”Don’t let anyone tell you what you can or cannot do”、”Never take no for an…

START Summit2015にて650名の前でプレゼン

去年スイスでLeader of Tomorrowとして参加したSt. Gallen Symposiumより歴史があり、St. Gallen大学の学生団体が運営しているSTART Summit2015に唯一のアジア人キーノートスピーカーとして招待され登壇して参りました。START Summitは毎年2日間開催されていて、今回が過去最高に大きいイベントで800名の参加者がおりました。大変驚いたのが、30名の学生でイベント全てが企画・運営されていて、多数のスポンサーにも支えられてます。 オフィシャルカースポンサーのBMWが最新型の車を提供していて、空港+会場送迎まで手配されていました。 会場入り口には大きなバナーが貼られていて驚き! Hailoはヨーロッパの会社で認知度が高いなか、なぜ日本法人は31歳若手経営者が選ばれたやuberとの比較など様々な質問を登壇前にインタビューされ、ドイツの有名新聞(日本で言うと日経新聞?)にも取り上げられました。記事はHailoとuber比較記事。 プレゼン前には自己紹介動画が作成されていて、ジワっと来ました。 登壇者に対してのおもてなしが徹底されていて期待値が高く、650名の前での登壇は大分緊張しました。汗 北米での講演は何度か経験してますが、大勢のヨーロッパ人を前にしてキーノートは初めてだったので準備する際に下記の要素を取り入れました。 ・世界共通の写真を用意する ・映像を取り込む ・インパクトがあるキャッチフレーズ ・サプライズを入れる ・笑いを入れる(ヨーロッパ人には笑ってもらえるか不安でしたが攻めました。笑) スピーチは50分で、日本の起業環境、Hailo Japan(ヘイロー)としてのユニークな日本参入戦略(日本法人単体での資金調達)、日本のマーケットの魅力・マイナス点などを広く語り、プレゼン後には大変多くの質問を頂けました。会場には学生も含む、スタートアップ起業家も多数おりまして、日本のマーケット参入を考えている方も多くいたので今後ヨーロッパ企業の日本参入加速を楽しみにしております!

はたらくママのための育児タクシーを東京と大阪で展開

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)に選出されて4年が経ちますが、3つのプロジェクトを担当してます。今回は第3弾で日本の働くお母さんを支援する新プロジェクト「はたらくママのための育児タクシー」を立ち上げました。このプロジェクトを通して、少しでも世の働く女性を楽にできればと思います。 本日プレス発表会を開催しまして、下記がプレスリリースになります。 —–プレスリリース—– スマホで呼べる!安心・安全なタクシーが働く女性の子育てをサポート 「はたらくママのための育児タクシー」を東京と大阪で展開 世界経済フォーラム(本部:スイス・ジュネーブ)により組織される、グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブで は、コカ・コーラ財団(本部:アメリカ・アトランタ)の支援を受け、働きながら育児を行う女性の移動を支援するプロジェク ト「はたらくママのための育児タクシー」を始動し、東京と大阪で展開いたします。 本プロジェクトは、仕事と子育てを両立する女性の生活交通に積極的にタクシーを利用していただくことを目的に実施するも のです。スマートフォン用のタクシー配車アプリケーションと連携し、「ママタクシー認定ドライバー」が運転するタクシーを ご利用いただけます。 本プロジェクトは、グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブが運営し、東京では日本交通株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:川鍋一朗)、大阪ではヘイロー株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:梅澤亮)と連携いたし ます。 ■ 背景 世界経済フォーラムが毎年公表する「世界男女格差レポート(Global Gender Gap Report)」の 2014 年版において、日本の 男女格差指数は 142 カ国中 104 位という低水準に留まっております。 グローバルシェイパーズコミュニティ・東京ハブでは、日本国内の男女格差指数の向上のため、特に「子育てをしながら働く女 性」への支援にフォーカスし、本プロジェクトを始動いたしました。 また、グローバルシェイパーズコミュニティのグローバル・コミュニティー・パートナーであるザ コカ・コーラ カンパニー は、「5by20」プログラムを通じて、2020 年までに全世界で 500 万人の女性の経済的なエンパワメントを支援しています。本プ ロジェクトは、コカ・コーラ財団からの支援のもと、世界水準の女性活躍社会の実現の一助となることを目的に展開してまいりま す。 ■ 概要 「はたらくママのための育児タクシー(以下、ママタクシー)」は、子育てをしながら働く女性と、タクシードライバー、双方 にとって価値のあるプログラムを展開いたします。 利用者は、スマホ用タクシー配車アプリのインストールと利用者情報の登録で、「ママタクシー」がご利用いただけます。 タクシードライバーは「ママタクシー認定ドライバー」に指定されることで、より安心・安全なタクシーとして利用者からの信 頼を得ることができます。 ・子育てをしながら働く女性の移動を支援 小さいお子さんをお持ちのお母さんは、移動に多くの不安を抱えていらっしゃいます。 「子供の夜間の急病などでの移動が困難…」「通勤にあわせて保育園への送り迎えをしなければ…」 この他にも様々なシーンで、生活交通の選択肢にタクシーを加えることで、子育てをしながら働いている女性の負担軽減のみな らず、子育てがハードルとなり働くことができなかった女性の職場への復帰や新たな就業を期待します。 ・「ママタクシー認定ドライバー」がタクシー利用の不安を解消 お子さん連れでのタクシーの利用に対する不安の解消のため、本プロジェクトが作成するマニュアルの内容を理解したドライバ…

学生向けプロジェクト「Re-Generate Japan」GSC Tokyoオープンフォーラム2014

世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)の日本代表(U-33)に選出されて3年が経ちますが、今年は東京ハブの広報及び3つのプロジェクトを担当してます。今回は日本の次世代リーダーを生むために新プロジェクト「Re-Generate Japan」を立ち上げました。今年のライフワークで一番力を入れているプロジェクトです! 日本全国の行動を起こしたい学生対象に起業支援プログラムを行い、「IT」や「教育」の分野で地域活性化に手足を動かして取り組む若者をサポートします。200万円の賞金付き起業コンテストを開催し、計画立案から事業化までを合宿プログラムと継続的インキュベーションで完全バックアップ。 12月14日(日曜日)キックオフイベントでは、起業支援プログラムの説明会に加え、IT業界と教育界で活躍するリーダーによる基調講演やパネルディスカッションを開催します。キャリアプランを考えるためにも、新しいビジネスプランのタネを得るためにも、またとない機会です。東京に集まり、新しい人生への一歩を踏み出してみませんか?(地方から参加する学生には、交通費を補助) まずは、12月14日(日曜日)のキックオフイベント・GSC Tokyo オープンフォーラム2014に是非ご応募下さい! http://www.gsctokyo.com/regenerate/openforum2014.html 【キックオフイベント開催要項】 名称: GSC Tokyo オープンフォーラム2014 日時: 2014年12月14日(日曜日)13時~18時45分 場所:東京新宿区 12:30 開場・各自集合 13:00 – 13:40 オリエンテーション(地域ビジネス創造プログラム・説明会) 13:50 – 14:20 基調講演 島田亨氏(楽天株式会社 代表取締役副社長執行役員) 14:25 – 15:15 パネルディスカッション テーマ「大企業視点による、10年後のIT業界展望」 奥井大氏(株式会社光通信 社長室 経営企画室長)※モデレーター 秋元信行氏(株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ 取締役副社長) 高岡 美緒氏(マネックスグループ株式会社 執行役員 新事業企画室長) 吉羽 一高氏(株式会社電通ブルー 代表取締役社長) 15:25 – 16:15 パネルディスカッション テーマ「アントレプレナーシップ」 梅澤亮(ヘイロー株式会社 代表取締役社長)※GSC/モデレーター 尾下順治氏(アクセルマーク株式会社 代表取締役社長) 川鍋一朗氏(日本交通株式会社 代表取締役社長) 高橋ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役) 16:45 – 17:35 パネルディスカッション テーマ「教育にイノベーションを 〜これから10年の教育市場の展望〜」…

大阪IT飲み会でHailo

IT飲み会会長、大崎弘子さんのお誘いで10月15日開催された大阪IT飲み会でHailoとして登壇の機会を頂きました!飲み会中に「売上を上げるための情報交換」、「売上を上げるための人脈作り」、「そして飲み会中に売上をあげる」を目的として大阪で毎月開催されてます。2013年7月時点では、日本17都市、世界7都市で開催される世界最大規模の飲み会に発展中。 飲み会は18:30から始まり、初参加者は30秒間でエレベーターピッチを行い、ご飯やお酒を飲みながら交流ができます。会場の皆さんが知り合いになれるように様々な工夫がされてまして、スポンサーやオーガナイザーからの紹介があり、21:00頃からHailoに関して登壇させて頂きました。Hailoクーポンを特別に配布させて頂きましたので、帰りは皆さんHailoを利用頂いている”はず”です! 毎月開催されているので、興味がある方はこちらから→http://www.it-nomikai.jp HAILOはタクシー配車アプリを提供しているイギリス発のスタートアップで、ロンドンやニューヨークをはじめ、バルセロナ、トロントなど世界15都市以上でビジネスを展開しています。HAILOは2011年11月、イギリスのロンドンで3人のタクシー運転手と3人のネット起業家が手を組み、サービスを開始しました。「タクシー乗務員向け」と「お客様向け」のアプリケーションを提供しており、既に世界中で5万人を超えるタクシー運転手と150万ユーザー登録されています。 ※日本国内のサービス提供は大阪限定、タクシーを呼ぶための操作はiPhoneまたはAndroid端末を2回タップするだけ。現金もしくはスマートフォンでの決済が可能で、大阪は迎車料金も無料!