世界に輸出すべき京都のホスピタリティ

大阪出張の帰りに週末を京都で過ごしました。京都は旅行で今回が2回目、大学生以来でしたので当時とは違う視点で見れたのですが、京都では世界に誇れるホスピタリティを感じました。Hailo本社の創業取締役会長が一緒で、いつもよりワンランク上のお店に行けたのもあるかもしれないですが、ホスピタリティの高さに感動続きでした。

Takumi Okumura Restaurant

会議の関係上、大幅に遅れて京都のランチを食べるお店に到着したもののお店の外まで迎えに来てくれました。知り合い経由での予約もあり、素敵な個室でのコース料理、料理毎の細かい説明から始まり食べ物の選択肢を複数ありました。隠しカメラがどこかにあるのかと疑うぐらいちょうど食べ終わったタイミングで飲み物の補給や次の料理をだしてもらい帰りはシェフも含む4名のお見送りで、美味しいご飯と行き届くサービスを味わえたランチでした。京都の祇園にある匠 奥村はオススメです!

The Ritz-Carlton Kyoto

宿泊先は世界でも高いサービスレベルを提供する事に有名なザ・リッツ・カールトン京都。タクシーから降りてロビーのソファーに通され、名前も何も伝えてないのに用紙を記入している際に部屋の鍵を渡されました。どのように誰か判別したのか分かりませんが、到着から自然の流れで気付いたら自分の部屋に全てが揃ってチェックインが完了してました。

The Ritz-Carlton Kyoto Bonsai

部屋にはウェルカムカードと盆栽があり、癒されます

The Ritz-Carlton Kyoto2

2Fにある部屋で、1人で泊まりましたが広々と活用。テーブル席に座ると、電源コンセント、メモ帳やペンなど、全てが手に届くところに収納されてました

The Ritz-Carlton Kyoto3

窓際からの撮影、bluetoothスピーカーを始めあったらいいなと思う物が全て完備。逆にここまで揃っているのと思うぐらい行き届いてました。早朝にハプニングがホテル側で起きましたが、そこからのホテル側のリカバリーもまた素敵で是非次回は数日滞在で行きたいと思いました。

ここまでだと、上記2事例は有名だからと思われるかもですが、タクシーは自動ドアを装備しながらも運転手さんが反対側に回り扉をあけてくれる、行くお店毎に色々な手配をしてくれるなど、とにかくかゆいところまで行き届いているサービスに驚きの連発でした。東京では味わった事のない徹底ぶりのサービスやホスピタリティで大変充実した京都旅行でした。

Ron Zeghibe Kana Sanda

今回もっともホスピタリティを感じたのは京都ツアーを企画してくれたWorld Economic Forum(世界経済フォーラム)のGlobal Shapers(グローバルシェイパーズ)大阪hub兼Happy Beauty Projectの代表、三田果菜さん!京都の美味しいお茶屋から始まり歴史があるお寺や一見さんお断りのお寺にあるバーなどどれも最高でした!ありがとうございました!

京都の人の優しさ、ホスピタリティを何らかの形で海外に輸出して世界に日本を始め、京都の素晴らしさを伝えたいと思います!