no-image

第141回 秋葉原デジコンサロン「ジョイント・イノベーション・ラボから見る携帯市場」

以前参加させて頂いたイベントからご案内を頂きました。デジタル・テクノロジーについてのセミナーで意見交換などができる会です。今月はソフトバンク、チャイナモバイル、ボーダフォン、ベライゾン・ワイヤレスの4社で、携帯電話端末を利用する 新しいテクノロジーやアプリケーションサービスの開発を推進する「ジョイント・イノベーション・ラボ」の活動を中心に中国携帯市場の現状と世界の携帯最新事情のお話です。参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

テーマ:「ジョイント・イノベーション・ラボから見る携帯市場」~発足から世界が意識する中国市場~
日時:2010年6月25日(金曜日)18:30 ~ 21:30
場所:デジタルハリウッド大学秋葉原メインキャンパス
(〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階)
会費:1次会 500円
懇親会:20:00くらいから1時間程度(別途実費)

主催:デジコンサロン
協力:デジタルハリウッド大学

ゲストスピーカー:
久保 芳之(くぼ よしゆき、Yoshiyuki Kubo )氏
ソフトバンクモバイル株式会社

1961年東京生まれ。15歳で渡米し、1987年にソフトウエア会社アルダス(シアトル)に入社し、日本語、中国語、韓国語(2バイト文字)向け商品のプロダクトマネージャーとなる。アルダス製品のAdobe PageMaker、FreeHand、パースエージョン、プレプリントや1990年にアルダスが買収したシリコンビーチソフトウエアのスーパーペイント等を日本語化した。1999年にパームへ入社し日本でパーム普及とデベロッパーコミュニティーを立ち上げ、その後はPalmSourceにてパームOSのライセンス部でプラットフォームの普及活動をしていた。PalmSouce退職後は携帯電話業界。Vodafoneの3Gの日本立ち上げ、Opera Softwareでは携帯電話用のモバイルウィジットを発表。2008年よりソフトバンクモバイルに復帰しジョイント・イノベーション・ラボの参加メンバーとなる。

概要:
2008年にジョイント・イノベーション・ラボが発足された。そして、ガラパゴスと言われる日本市場では総務省が音頭をとり
国際化を目指すものの、SIM Lockや販売奨励金制度廃止が見せる市場の変化。世界最大規模の通信会社が集ったジョイント・イノベーション・ラボを通して世界市場が見え隠れする。そして、急成長を見せる中国の携帯電話市場をどう変えるのか?

デジコンサロンとは…
マルチメディア、インターネットに代表されるデジタル・テクノロジーは私たちの生活やビジネス基盤を大きく変えようとしています。「デジコン・サロン」はデジタル・テクノロジーによって実現される私たちの未来がより良い社会であることを願ってささやかにオープンいたしております。ゲストのスピーチとQ&Aという定型的な勉強会ではなく、タイムリーなテーマについて参加者全員で情報、知識、意見を交換しあいながら互いに切磋琢磨できる肩の凝らないサロンを目指しています。