no-image

Toyko 2.0 第27回目 検索エンジン&デジタルコンテンツ

Tokyo 2.0

友達のAndrew Shuttleworth氏が開催しているイベントのご案内を頂きました。Web2.0のサービスを紹介するイベントでインターネットに興味がある方はご参加下さい。事前登録が必要なため、参加されたい方はメールまたはコメント欄にメッセージを残して下さい。

***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***

日時:2009年8月24日(月曜日)19:00 ~ 22:30
場所:Super Deluxe@六本木(東京都港区西麻布3-1-25)
参加費: 2,000円

プレゼンター:
Baidu(百度)バイドゥ株式会社
添田武人/前川英之
百度は中華人民共和国のBaidu, Inc.が運営する検索エンジンである。創業は2000年1月。本社は北京市にある。全世界の検索エンジン市場において、BaiduはGoogleに続き第2位のシェアを誇る(米comScore社、2009年8月調べ)。2006年12月に日本法人であるバイドゥ株式会社を設立し、2007年3月には日本語版サイト「Baidu.jp」のベータ版サービスを開始している。

1.Baiduのサービスおよびその特徴の紹介
2.日本市場における新サービス展開の展望について

Naver
矢嶋 聡氏 マーケティング・PR担当
「NAVER」は、韓国国内で75%、世界5位の検索マーケットシェアを持つ韓国No.1検索ポータルです。現在は韓国のみならず、世界165カ国からアクセスされています。この度、7月1日に、NAVERは日本版サービス「NAVER.jp」をロウンチいたしました。Yahoo! JapanとGoogleの二大検索エンジンが過半数のマーケットシェアを持っている日本市場において、NAVERはどのような戦略を描いているのでしょうか。

今回矢嶋聡氏が、NAVERの強み・競争力、現在の検索エンジンが抱える課題・イシュー、それに対するNAVERのソリューション・戦略などを含めた、NAVERの日本戦略についてプレゼンテーションいたします。

Gerd Leonhard氏
世界の無料、有料のデジタルコンテンツ及びメディアの将来について語ります。
Tokyo 2.0 とは。。。

最新インターネット事情や、WEBに関して皆さんのおもしろいアイデアやプロジェクトを共有する場、それが『Tokyo 2.0』です。ビジネスやITの分野で働く方々が、ビールなどを飲みながら、気軽にアイデアを共有したり、意見交換をする目的で開催しております。外国人の参加者も非常に多いため、海外への配信によりフォーカスを置きたい方にもお勧めです!その他、IT関連・WEBにご興味のある方など、どなたでも参加可能。